気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

ファミ通文庫

クーデレすぎる未来の嫁の面倒な7日間 First Step

 ico_grade6_3

「麻友、俺のそばにいてくれ。いてほしいんだ。俺の、わがままだ」

 

電子書籍専門レーベル「オシリス文庫」から刊行されていたシリーズのリメイク版?なのかな。

オシリス文庫もKADOKAWA系だったんですねぇ、と書店員としてどうなんだみたいな感想を抱いたりしましたが。

 

電子のみ、ってのも増えてきてるのは分かってますが覚えきれてない。

……元々あそこって、官能系メインのレーベルだったのでは……?

結構はっきりエロい事しててコレをファミ通で出せるんだ、ってところに関心してしまった。

 

家出少女を拾ったフリーター。二人の交流を描くラブコメ。

お互いに心に傷を負っていて、それ故に距離がどんどんと近づいていくわけですが。

まぁ、最終的には上手くまとまった感じになってますが。

ガッツリ手を出している以上、克樹下手したら捕まってたのでは……? とか思ってしまいますが。ま、創作物にあまり突っ込みすぎるのも野暮か。

割れ鍋に綴じ蓋というか、なんだかんだ良いカップルといえるのでは。

 



詩葉さんは別ノ詩を詠みはじめる

ico_grade6_3

「過去は取り戻せる、か……。そいつは分からねえけど、二回目は同じ間違いを繰り返さない。そのために過去はあるのかも知れないな」

 

大切な思いや言葉が形となった影。

幽霊みたいな存在が見える主人公。

同じように、その姿が見える女性――詩葉と出会い、彼女に色々と教えてもらっています。

誰かが発した、届けられなかった言葉。それが形を持ったものだ、と。

故に「迷い言」と呼んでいると語っていましたが。

 

数年前の事故で無くした幼なじみの「迷い言」を見つけてしまった事もあり、詩葉に助力してもらって色々と手を打っていますが。

彼女に頼りきりになるのではなく、彼自身も動いているのは好感が持てますかね。

事故以来疎遠になっていた幼なじみたちと連絡を取る、なんていうのは中々踏み出しにくいことだと思いますが。

それを実行して、言葉を聞きだせたのは、感心した。

 

しかしまぁ、幼なじみ達の心は少し軽くなったでしょうけど……

誰も彼も重たいもの背負ってるなかで、詩葉自身も何か抱えて混んでいそうだからなぁ。

続きが出るとしたら、その辺りをつまびらかにする話になるでしょうが……ビターな展開になりそう。



僕の珈琲店には小さな魔法使いが居候している

ico_grade6_3

「そうなんだ。だから、僕はいつでも君の側にいるよ。君が困っていたら、真っ先に助けにいく」

 

……タイトルに難があるのでは。

文章系のタイトルはまぁ、良いとして。別に「僕」の珈琲店じゃないし。あくまで主人公バイトだし。

魔法使いの少女も居候じゃなくて、このコーヒー店の常連客に過ぎないような。

 

大学浪人となった主人公、篤志がバイトをしている珈琲店ロッコ。

そこには、まともに豆の補充もせず、珈琲を入れれば劇的な不味さにしてしまうマスターと、常連客である彼の姪が居て。

まだランドセルを背負っている少女――亜理寿の事を、篤志は結構気にしているようで。

 

まぁ、学校があるだろう時間に、小学生が親戚の目の届くところとはいえ、珈琲店に入り浸っていたら気にもするか。

彼は、かなり善良なんですよねぇ。亜理寿が困っているとみれば、それをフォローしようとしますし。

ただ、彼女は普通の少女ではなく。制限があるものの、魔法を扱うことが出来て。

ゲーム的な派手な出来事を引き起こすものではなく、古めかしい「おまじない」みたいなものですが。

 

篤志自身にも、普通ではない事情があったりするようですが。

彼自身はどこまでも普通の青年で。だからこそ亜理寿に懐かれているんだろうなぁ。

篤志が後輩の緋美子の悩みを解決し、彼女と仲良くしている場面を見た時の亜理寿が可愛かったです。

なんか最後には大団円みたな雰囲気になっていましたけど……それまでの展開と最後の逆転劇は温度差が激しかった気がしてならない。



死神少女と最期の初恋

ico_grade6_3

「死ぬのが怖くないのですか?」

「さあ?」

 

大学生の波多野景はある日、死神を名乗る少女に出くわして。

唐突に「貴方は7日後に死にます」と言われてすんなり納得できる人は、少し頭のネジを落としてると思いますが。

信じさせるためにナイフ持ち出して、自分を刺して怪我してないでしょう? と振る舞う少女は怖い。

 

良く話を聞く気になったというか、恐怖で逃げてもおかしくないのでは。

まぁ、その辺り死神側で加味して、「自らの死」を明かされても影響が少ないという事で選出されているようですけど。

未練を亡くして死んでもらいたい。だから死ぬ日を教えます! って言うのは中々にぶっ飛んだ思想のような。

 

景の前にやって来た死神・供花はかなり堅物というか「死神とはかくあるべし」という枠に収まっている感じがしたので、よく死神側からそういうキャンペーンの案が出てきたなぁ、と感心してしまった。

一応他にも思惑があったらしいですけどねぇ。

 

未練なく逝ってもらうために、ひとつだけ死神が希望を聞いてくれる、という話になって。

景は、最期の7日間を供花と一緒に過ごしてほしいと告げた。

残りわずかだと分かっているから、これまでとは違う行動をしたりもしていますが……確かに充実した時間を過ごしていたと思います。

いつ死ぬかが分からないから、いつ死んでもいいように、後悔を遺したくはないものだなぁ、とか少し思いましたが。それが叶わないのも人生なんだよなぁ……

 

この作者さんの作品は実は初めて読んだんですが、結構読みやすかったので、既刊にもその内手を出してみたいところ。

……あの積読の山がもう少し減ったら。


近すぎる彼らの、十七歳の遠い関係2

ico_grade6_3

「ああ、煮るなり約也好きにしてくれ」

「こんがり焼いてあげる」

 

積読消化。

これを積読の山に埋めている間に新作がでて、そっちの感想は書いている辺り、読み切れる量を買え、と我ながら思いました(実行できるとはいってない)。

 

閑話休題。

幼馴染として一番近くにいた彼女からキスをされて。

戸惑いの中にある健一。同棲することとなった、里奈への感情も入り混じり、答えを返せずにズルズルと時間を過ごしていって。

 

これはまた格好悪いというか。由梨子は良く待っていてくれたよ、としか言えない。

距離を測り間違えているというか、自分の立ち位置が全く定まらずに、フラフラと八方美人な態度を取り続けている感じは、見ていて気分は良くない。

見かねた後輩の女子から指摘されるくらいには、迷いまくっていましたけど。

 

まぁ、これで里奈の方に振れたら鬼畜の所業も良い所ですが。

里奈との交流とかで、少し健一自身にも変化があって、ちゃんと答えを出せたのは、良かったんじゃないでしょうか。

由梨子は気苦労が耐えなそうとか、ちょっと思いましたが。幸いあれかし。



女神の勇者を倒すゲスな方法4 お気の毒ですが変人は増えてしまいました

ico_grade6_3

(女神エレゾニア。貴様だけはどんな手を使おうとも、必ず滅ぼしてやる!)

 

色々と策を練り、女神教との停戦を成し遂げた真一。

その停戦期間を活かして、女神そのものについて調べていきますが……

リノ達がついて行ったのに気が付いたサンクティーヌが、直後真一たちを追いかけているらしく、旅人から噂が聞こえてきたり。

5日に一度は『瞬間移動』で帰っているのに愛娘がそばにいないことで魔王が日に日にやつれていったりと、ネタには事欠かない状況になっていますが。

 

(疲れたら『治癒』、眠くなったら『覚醒』、死んでも女神さまのお力で『死者蘇生』をされて二十四時間働き続けるというのは、この歳だと中々に厳しいものがありましたね)

(ブラック企業ってレベルじゃねえぞ)

みたいな会話が女神教の貴腐人と真一の間で交わされていましたが……いや本当にブラック企業どころの騒ぎじゃねーぞ。

女神教、腐りきってるから打倒したほうがいいとかを超えて、一度本気で体制とかぶち壊した方がいいのでは……

 

いやまぁ、女神教の真のトップの女神さまがアレだからな……

かつて女神が破壊を命じたという「エルフの墓所」という存在をしった真一たちは、そこに近づいて。

色々と女神教の真実に近い情報を得ていた感じがしますが……同時に女神にも気取られてしまっていて。

かなり危機的な状況に陥ってましたが、魔王の機転で真一たちは無事でしたが……女神直々に出てこられたとなると、へt内時間もかけていられないような感じですけど。

遂に登場したリノの母が、状況を打破する助けとなってくれればいいんですが、どうなるやら。



佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I’ll have Sherbet! 4

 ico_grade6_3

「唐突ですが――僕は君の事が好きです」

 

少し離れていたものの、元に戻った二人。

まぁ、問題を乗り越えた事もあって仲は深まった、のかなぁ。

弓月君が少し内心を打ち明けるようにはなったでしょうか。

佐伯さんが弱気になっていたのを励まして、傍にいると理解して調子を取り戻すあたりはもう……ごちそうさまです。

 

ああいう事があっても桑島先輩との交流が続くあたりお人よしというか。

いやまぁ、あっちにも事情があったとはいえなぁ……

弓月のお節介で収まるところに収まったのは良いことなんでしょうが……ここに収まるんだったら、他所のカップルに変なちょっかい出してくんなよ……という想いも少し沸き上がります。

 

弓月君の家の事情も明らかになりましが……

よくもまぁコレでちょっと荒れて、元通りになったというか。

普段通りに接することが出来るものだなぁ。この辺りの割り切りが出来るのは悪いことではないでしょうけど……割り切りすぎてるのが問題ではあるのか。

弱音を吐ける相手がそばにいてくれたのは、良かったですかね。



佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I’ll have Sherbet! 3

ico_grade6_3

「今までと同じように。それで僕は安心できます」

 

佐伯さんの友人に誘われて、友人たちとプールにきた弓月君。

こうしたイベントは気乗りしないと言いながらも、ちゃんと参加してる辺り付き合いが良いと言いますか。

佐伯さんの友人、京子がナンパされるトラブルがありましたが、矢神が瞬殺。いや、本当に強かったんだ……

というかそこまで技量ある人が、友人が殴られたとはいえ、公衆の面前で技奮っていいのか……?

 

弓月君は家に、というか母親に思う所があるらしく実家に帰りたがっていないようですが。

父からの連絡があり、心配していて下手するとそっちに乗り込んでいくから顔を出せ、とのことで帰省して。

どうにも、ギクシャクしている感じがありますねぇ。

 

ギクシャクといえば、今回は、家の事情もあって弓月君と佐伯さんの2人も微妙にすれ違っていたと言いますか。

隠し事をして、それが分かっていて後ろめたいから、距離を取るような状況がありましたけど、和解できたとは良かった。

……とはいえ、佐伯父も、桑島も、もうちょっと言葉を尽くすべきだとは思いましたけど。

まぁ、それを言ったら弓月君と佐伯さん自身も、もっと踏み込むべきではあったんだろうなぁ、とは。



佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I’ll have Sherbet! 2

ico_grade6_3

「弓月くんこそ、わたししか見えてないくせに」

 

ゴールデンウィークも明けて、同棲生活も一部を除いてばれることなく継続中。

学校でも佐伯さんは弓月くんに接近して。

弓月を警戒している雀女史は色々と警戒していたようですが、宝龍さんが事情を打ち明けた事で態度が軟化してました。

ちゃんと事情を知った後謝ってくれた辺り、真面目ですねぇ。

 

同棲している二人がもう順調にイチャイチャしていて、目に毒だな。

佐伯さんと宝龍さんが火花を散らしている場面とかもあって、それはそれで胃に悪そうですけど……

宝龍と付き合い、別れた後の悪評を気にせず流していた弓月くんには余り響かないだろうか。

二人の事を毒に例えてる場面はありましたけどね。毒をもって毒を制す。「……単に毒が二倍になるだけのような気もするな。下手をすれば二乗だ」みたいな感じで。

あの場面は少し笑った。

 

佐伯さんの猛攻に弓月くんがタジタジで。

最終的に「これからは君を不安にさせないよう努力しますよ」と返事している辺りかなりほだされている様子。

終盤のトラブルとして、佐伯さんの父親が襲来し、二人の関係について色々と口を出してくる場面も。まぁ、親として当然言わずにはいられない事ですし、相談もせず勢いのまま同棲を始めたのは二人だからなぁ。

ちゃんと距離を取ろうと判断し、思い直した後、父親を説得するために言葉を尽くしたのは、何よりかな。



廻る学園と、先輩と僕 Simple Life

ico_grade6_3h

「……か、帰ろうか?」

少し硬い発音で先輩が聞いてくる。

「そう、ですね。帰りましょう。……その、一緒に」

 

「佐伯さんと、ひとつ屋根の下」の作者さんの……新作?

これも小説家になろうで掲載していた作品で、時期的にはこっちの方が先に書いているから、過去作というべきなのだろうか。

ともあれ、商業的には新シリーズ。絵師が和遥キナさんだったのもあり購入。

 

学園一のアイドルと称される片瀬司。

その彼女とある事件をきっかけに知り合った千秋那智、二人の交流の物語。

司が3年で、那智が1年って言う歳の差がまたいいですねぇ。学生時代の2歳差は大きいですよ。

 

そして、司が割とヤキモチ焼きな性格で。

那智の事が気になって仕方がない様子がもう、砂糖吐けそう。

司の友人の円のキャラが立っていて結構好きです。

雨の日に傘を忘れた円が、那智から傘を分捕って逃走し、その結果として司と那智が相合傘していった流れには笑った。

いや、実際のところ傘強奪されたらもうちょっと憤っていいと思いますけど。

司視点だと那智の姿は「拗ねたように訴えてくるその姿がかわいらしい。そどうしてくれようか」と映っているので、もう。

 

ラブコメと帯にはありますが……割とラブ要素の方が強めでしょうか。

傘を強奪する追い剥ぎが現れたりと、コメディ要素がないとは言わない。

じれったくて、とっとと付き合ってしまえよ、って気分になります。

実のところ『佐伯さん~』で作者さんを知って、他のシリーズ追い切れてなかったので、なろうの方の他作品もちょっと目を通してみようかな、と思いました。



プロフィール

ちゃか

 友人に「活字中毒っていうか読書中毒」と評される程度には本が好き。適当に感想を書いていく予定。リンクはフリーでコメントはご自由に。悪質と判断したものについては削除する場合があります。

アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索