気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

ファミ通文庫

暇人、魔王の姿で異世界へ 時々チートなぶらり旅3

ico_grade6_3

「……手紙が届くのが、随分と遅かったみたいだ。文句は配達人に言ってくれ」

 

BOOKWALKER読み放題にて読了。WEB未読。

王国での問題を(力技で)解決し、次の大陸に向かう事となったカイヴォンとリュエ。

リュエが船酔いするというハプニングがあったものの、道中では釣りや料理をして他の乗客と交流したり、楽しそうで何よりです。

こういうのを見ていると、リュエがあの山から離れられて良かったなぁ、と思うんですよね。

 

SSランクとしての権限もあり、たまたまギルドを訪問していた領主と顔を合わせたり。

意外と話が通じる人で、彼の良く通う店へと連れて行ってもらったり。

中々いいスタートを切れたかなぁ、と思ったところでカイヴォンとリュエは何か引っ掛かりを覚える美女と出会う。

気がかりだったために、情報収集も兼ねてしばらくその街に滞在していましたが。

 

この二人はスペックが常軌を逸しているから、大概のトラブルサクッと解決できるのでテンポ良くて読みやすいですね本当。

でも、お互いを大事にしすぎていて「相手に何かあったら街ごと滅ぼす」と口にするし、実際可能なのが恐ろしいですけど。

 

この街に縛り付けられていたグランドマザーと、カイヴォンがしっかり向き合って開放の手助けをしていたのは良かったです。

その後、彼女を慕う人々とカイヴォンが決闘騒ぎをしていたのも、笑えて好き。

今回、特に笑ったのはアイド嬢の護衛にたいして強権発動したシーンでしたが。「ほら、ばっちこい!」じゃないんだよなぁ。


暇人、魔王の姿で異世界へ 時々チートなぶらり旅2

ico_grade6_3

「存分に、貴方の存在をこの国に魅せつけて下さい」

 

BOOKWALKER読み放題にて読了。WEB未読。

魔物の氾濫が起きた街の防衛に尽力した、カイヴォンとリュエ。

そんな二人の下に、ギルドの総帥を務める女性がやってきて……。

彼女の物言いから、カイヴォンと同じく現実世界を知っているプレイヤーだと発覚。

かつて一緒に遊んでいた仲間との再会、特に1000年もの間孤独に封印を守ってきていたリュエと会話しているシーンは良かったですね。

 

しかし、転移には時間差があるようで。

1年前にこちらに来たカイヴォンに対して、30年前に来て大変な目にあったとか。

それでも諦めずに仲間を探していた彼女の努力や、造り上げていた「絆」に乾杯。

巻末の番外編が、その仲間オインク視点で情報の補足が出来ていい感じでしたね……。

 

調査の為別行動となったオインクと別れ、二人は一路王都へと向かうことに。                

どうせだからと護衛の依頼を受けていましたが、典型的な俗物でまぁ……。

今回、カイヴォンが敵と味方の割り切りが凄い、と言う話題が出ていましたけど。

着々と敵対ポイントを稼いでいって、カイヴォンを怒らせるんだから、地雷原でのタップダンスがお上手だって言う感想にしかならないというか。

レベル399で、スキルの付け替えで万能に慣れるカイヴォンの存在知ってると、あと何ページ持つ(生き残る)のかなってつい思ってしまいましたね……意外と持った。

 

魔王様の評判は最早ぬぐえないでしょうけど、ある程度知れ渡った方が効果的ではあるでしょう。

今回鼻っ面を折られた解放者君、カイヴォンがチャンスを残していましたし、せっかくなら頑張ってほしい所ですが。

暇人、魔王の姿で異世界へ 時々チートなぶらり旅

ico_grade6_3

『ねぇ、聞こえる? 私は救われたよ』

 

BOOKWALKER読み放題にて読了。WEB未読。

サービス終了が発表されたMMORPG『グランディアシード』。

最も、最終盤は過疎っていた上に、人が居た時期でもクソゲー呼びされていたらしいですけど。チャットツール程度に使ってる勢もいたようですが。

 

主人公は、アクション部分を楽しんでいて。倒した相手からアビリティを奪えるという特殊な武器を愛用していた。

最終日もせっかくだからと戦闘を満喫していたら、運営が設定をいじったのかやたらとレアなスキルばっかり獲得できて。七星と呼ばれる大ボスを単独討伐して魅せるほど楽しんでいて、良い最終日だな……って思いました。

 

それで終わるはずだったけれど。主人公が気が付くと、ゲームで使っていたPCカイヴォンの姿となって見知らぬ場所に立っていた。

茫然としている状態で魔物に襲われ……彼を助けてくれたのは、どうしてか自分の意識を持ち活動している彼のセカンドキャラクターであるリュエだった。

彼女にこの世界での戦い方や常識などを教えてもらいながら、穏やかな時間を過ごしていた。

 

一年が過ぎた後、彼は旅に出る事を決めますが、リュエは同行できないと告げて。

彼女を縛り付けていた原因をあっさりと倒して、連れ出してくれるんだから格好いいヒーローだと思いましたね。

……ゲーム時代から愛用していた装備の関係で、どうあがいても「魔王様」ルックになってしまって、ギャップが笑える。

異世界を満喫しつつ「変わり種のアビリティとか欲しい」と魔物討伐したり、なんだかんだでこの世界楽しんでるなぁと言うのが伝わってきます。

魔術学院を首席で卒業した俺が冒険者を始めるのはそんなにおかしいだろうか

ico_grade6_3

「そういった魔術師もいるだろうな。だが俺は、そのような愚者は真っ先に死ぬと考えている。無駄な早死には御免被りたいというのが本音だ」

 

BOOKWALKER読み放題にて読了。

長文タイトルがすべて系ラノベ。

学院教授や宮廷魔導士といったエリートコースが約束されていたのに、それを蹴って冒険者になった青年・ウィリアム。

彼は、それらの収入がよいものの国などに縛られてしまう立場に魅力を感じず、自分の夢に邁進することに。

 

親からは勘当を言い渡されて。それは受け入れるが、学費などの恩をいずれ利子をつけて一度だけ跨がせてくれとか言う辺り、自分を曲げないというか。

相手の態度によって価値基準がぶれないのは良いことだと思いますよ。実際、冒険者になってから生き生きしてますし。

 

可愛い女子ばっかりのパーティーから声をかけられて、一緒にゴブリン討伐とかしてましたが。

念には念を入れすぎて、ヌルゲーと化してるのは正直笑った。下手打てば死ぬわけで慎重なのは悪いことじゃないですけどね。

大抵の事をわりと困らず解決できるので、安心して読める作品ではあるかと。読み放題で読んだから甘め。

放課後の図書室でお淑やかな彼女の譲れないラブコメ

ico_grade6_3

「こういうこと言うのもなんだけど、あんたってどこか歪だよね」

 

母子家庭で育った主人公、真壁静流。

しかし交通事故で母が亡くなり……彼の前に、父親が現れて「一緒に暮らさないか」と提案される。

道ならぬ恋ではあったそうですが、父親の本妻も亡くなっていて、娘さんと二人暮らしになっていたとかで。

 

寄る辺を失くしてしまったこともあり、静流は1か月ほどその提案に乗らせてもらうことに。その娘さんが同じ学校に通う先輩で、おまけに容姿から人気のある人物であったのは、運が良いやら悪いやら。

ま、静流は何も悪い事してないんですけどね。概ね父親が悪い。

あらすじを見るに、同棲する事となった異母姉の紫苑先輩がメインのようですが(実際、今回は家族問題がテーマなので間違ってはない)。

 

……ヒロインは、以前から静流にアピールかけてる瀧浪先輩の方ですよね。表紙も彼女だし。

静流と(彼が渋々だったとはいえ)デートの約束取り付けたり、迷っている時に助力したりで、良い活躍してると思うんですけど。

なかなかアピールが実を結んでないようなので、今後も頑張ってほしい。

 

やたらと静流と仲が良く、理解度も高い奏多先輩って言うダークホースも居ますが。

彼女は彼女で謎が多いというか。静流とどういう関係なんでしょうね。

過去の評判はかなり悪かったものの今は図書室の常連だそうですし。とりあえず、静流が唯一買っているという時代小説作家さんの正体ではあると思うんですが。

それはそれで繋がりが読めないんだよなぁ……

 

番外編では、過去作から『佐伯さん』が登場。

というか彼女達が経営しているカフェが近くにあり、今作のキャラ達が不定期に訪れているような距離感のようで。

番外編でもBOOKWALKER限定書き下ろしSSでも、佐伯さん(旧姓)が楽しそうで何より、って感じでした。

むすぶと本。『外科室』の一途

 ico_grade6_3h

『忘れません。ずっと』

 

『文学少女』などのシリーズを書かれた、野村美月先生の新作。

本の声を聴くことのできる少年、むすぶ。

彼は「本の味方」を自称し、悩みのある本達の声に耳を傾け、解決の為に行動する。

なんというかまっすぐで青くて、眩しいなぁ。

 

かなり行動力はありますけど、入れ込み具合も中々で、危うい雰囲気も感じる。

本と話せること隠す気もそんななさそうと言うか。必要であれば口にしてますし。

迫害とか、そうでなくてもいじめの標的になりそうですけど……大丈夫だったのだろうか。

頼りになって、能力への理解もある先輩が居るようですし、そこまで心配はしてませんけど。

 

駅の貸本コーナーにあった、かつてある少女が持っていた『長くつ下のピッピ』。

図書館で声を発し続けていた『十五少年漂流記』や『外科室』。

そうした本の声に触れて、人を探したり、時には冒険をしたり。はたまた、想いを告げる手助けをしたり。

『外科室』の結末に関しては、妻科さんの意見に近いんですが。

そうなるんだ、と思ったのはありますが。選んだならば貫き通してほしいものです。


不殺の不死王の済世記

ico_grade6_3

「私の目的は、人が理不尽に死んだり殺されたりする事のない、千年続く平和な世界を築く事です」

 

伝染病で滅びかけた村。

感染力が強いため、他所の町へ助けを求めに出た村人は、騎士たちによって殺された。

村に残ったのは、病に侵された数名の子供のみ。

じきに命を終えるだろう、その間際。村に現れた不死王テリオスが、薬を与え彼女達を救った。テリオスは子ども達に様々な知識を与え、生活を助けますが……

 

魔術を扱う動く骸骨が、ボーンゴーレムを配置した村で、子供たちを囲んでいる。

……そりゃあ、傍から見ると怪しい事この上ないですよね。

当然、調査の為に騎士が派遣されてきて、ひと騒動あったりするのですが。

テリオスのスペックが高いので割とあっさり解決。と言うか、大抵の問題はテリオスが魔法でパーっと解決出来てしまうので、ちょい盛り上がりには欠ける。

 

崇高な理想があって、その為に困難な手段を用いる事を決めて。

実行するのも大変だし、成し遂げた後維持するのも難しい。だからこそ、寿命がない不死王になったテリオス。

悪い骨じゃないですけど。肉体を失ったこともあってか、こう、微妙に人間を分かってない辺りが異形種っぽいよなぁ、とは思いました。だから貴方かつて信じた人に裏切られたんだろ……

 

人を殺さずに目的を果たす。とは言え、非道をしないってわけでもないんですよね。今回の落としどころは、正直微妙というか。初手でこれだと、他国が絡んできたときの処理とか凄い悩ましいと思うんですが、どうするんでしょうね。

天才少女Aと告白するノベルゲーム

ico_grade6_3

〈楽しい時間を過ごすことが、無駄なわけない。そんな当たり前のことを、わかってない大人が多すぎる〉

 

大好きなフリーゲーム制作者は、同年代の学生だった。

それを知った少年水谷湊は、高校進学を期に桜山学園ゲーム制作部へ入部。

しかし、ゲーム制作部は部長の菖蒲が不登校になり、休部の危機にあった。

菖蒲の幼馴染の少女と協力し、菖蒲を連れ出そうとするも失敗。

更には、湊のもとに『バッドエンドを探せ』という不気味なゲームが送り付けられてきて。

 

そのゲームの中は、制作部で実際に会った出来事を下敷きにした物語が紡がれていて……トラブルの種にもなっていましたが。

プレイを通して、言えなかった事や見えていなかった物に向き合い、制作部が新しく踏み出すための物語でした。

 

いやまぁ、色々とドロドロとしてましたけどね。特に湊の過去。

母親との関係だったり、田舎で過ごしていた彼が外に行くことをよく思わない相手から嫌がらせを受けたり。

制作部の面々も、それぞれに呑み込めないものを抱え続けていて、今回の件で少し楽になったならいいんですが。

しぐれうい先生のイラストも可愛かったです。304P309Pの由井が特に好き。



暗黒騎士様といっしょ!3 ~嘘つきは恋泥棒の始まり~

ico_grade6_3

「自由とは己の意志で選択し、その責任を背負うという事であって、あらゆる束縛を拒む事でも、何をしても許されるという事でもあるまい」

 

後書きによると、続刊は売れ行き次第で、現状では難しいとのことです。

だからか、いくつかの謎を残した状態でも話を畳む方向に進んでます。

具体的には、皇帝との対決。

 

まぁ、その前にガーネットの婚約者騒動があるんですけどね。

親から縁談を持ち込まれて。ドワーフらしからぬガーネット、だからこそ良いという性癖の持ち主で。ガーネットからは変態呼ばわりされてましたが……

それでも引かない辺り、優良物件ではあったのでは。

 

ガーネット本人が拒否反応出してしまったのと、実は裏で皇帝が手を回していた辺り、回避は正解だったんですが。

アルバに偽恋人を演じてもらい乗り切ってました。必要だったとはいえ、思い切りがあるな……

 

そして、裏工作では終わらない事が明らかになり、皇帝本人が出陣。

自分を愚かな凡夫、臆病者と言いますが。皇帝として清濁併せ呑む程度の器はあるんですよねぇ。どちらかと言うと濁り寄りというか、毒みたいな一面が際立ってましたが。

迷宮から魔物が溢れるという異常事態に際し、解決したものに皇帝位を譲ると宣言するあたり、実は権力に飽き飽きしてるでしょう……

 



魔法学校主席になったら嫁と娘と一軒家がついてきたんだが

 ico_grade6_3

「うぐぐ…………ま、まあ、美人であることは認めよう」

 

タイトル通りの展開をしていくオーソドックスなラノベですね。

ある魔法学校では主席をとったら、一軒家に住まう権利がもらえるそうで。

主人公のミジョアは、なんとか主席に。

……とはいえ、「魔法学校」で魔法学と一般教養があるなかで、一般教養での逆転首席って……周囲からもツッコミもらいまくってましたが。

 

ウキウキの一人ぐらしと思いきや、教師側の手違いで、魔法学トップの少女エルキッサと同居する羽目に。

さらには、魔法植物が変な成長して子どもの姿になって……

アットホーム要素もあるけど、コメディが強い感じですかねー。

ミジョア、やる気が空回りしてる秀才って感じで、嫌いじゃないですよ。


プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ