気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

ファルまろ

天才王子の赤字国家再生術~そうだ、売国しよう~7

ico_grade6_4

『いやあお見事。初戦は負けたよ。本当にピンチだ。このまま負けちゃうかもしれないなぁ。だから――もっと掛け金を吊り上げようぜ』

 

皇帝崩御から三年。

未だに皇子たちの争いには決着がつかず、民の中にも倦んだ気配がじわじわと広がり……

焦れた第一皇子が、他陣営の承認を得ないまま、皇帝になるべく戴冠式を行うと通達をだして、帝国内で騒動が勃発することに。

 

第二・第三皇子は一時的に結託して、第一皇子を継承戦から脱落させようとしますし。

ロウェルミナは憂国派閥の長として各所に介入しつつ、自らの望みを叶えようと暗躍しています。

そして全ての陣営から、協力あるいは静観の要請を受けたウェインは、現地で情報を得ようと帝国に向かう。

 

最も第一皇子は泥舟なので与するつもりもなかったようですが、罠が仕掛けられていて、第一皇子と行動を共にする羽目になってたのには、笑うしかなかった。

ウェイン、また鼻からジャガイモ喰う羽目になるなんて……いい加減学習しないのか。

いやぁ、最近名を知らしめているナトラの王太子と言う看板を、こう活用して来るのか。そして、誰かに踊らされるばかりではないウェインの頭の巡りが恐ろしい。

 

各陣営が本格的にぶつかるということは、それぞれに分かれたウェインの友人たちとも競争する流れとなるわけで。

ウェインとロワが策謀に磨きをかけているように、グレンもストラングも得意分野を伸ばしているのは良かったですね。

恐ろしいのは帝国の層の厚さで、グレンの突破力もストラングの盤外戦術も恐ろしかったのに、彼ら以外にも手札が豊富にあるんだものな……

 

そりゃあウェインも一度は従属を検討するはずだ。

……いや、本人多分まだ悠々自適の隠居生活諦めてないと思いますけど。ここまで実績積み立てたら無理だろ……

 

終盤が怒涛の展開過ぎて、最初は置いて行かれましたね。ディメトリオの臣下たちが茫然としたのも頷ける。

第一皇子の決断には、感服する。あぁ、呪いは解かれたんだな……あるいは、最初からこうであったら、また違う道があったのかもしれないですが。その仮定は無粋かな。

フラーニャも帝国に赴いた際に、新しい家臣を迎え入れたようですし。まーたおっかない人を迎えましたね。彼女の決断とその理由も語られてましたので、納得ですが。

東で動乱があった次は、西で会議。こちらもこちらで魔窟なんですよねぇ。今度はどこと戦争になるのやら。


天才王子の赤字国家再生術~そうだ、売国しよう~6

ico_grade6_3h

「さあどうだ、ウェイン・サレマ・アルバレスト! 船、人、技術、そして歴史! これらを前にして、貴殿は私に賭けるだけの価値を見いだすか!?」

 

ソルジェスト王国との一戦に勝利し、港の一部使用権を得たウェインたち。

しかし、選聖侯と戦ったという事実や、ウェインの名が良くも悪くも響くようになったために警戒され、交易を断られて。

せっかく得た港を活用できずにいるところに、トルチェイラ王女が大陸南方にある海洋国家への紹介、という話を持ってきて。

 

いやぁ、ソルジェスト王家強かですねホント。グリュエール王が良い性格していて結構好きです。

ウェインも傑物ですけど、青い部分もあるんだなと言うのを実感する。……アレでまだ成長の余地残してるとか怖いわぁ。そりゃ他国も警戒するわ。

 

そしていざパトゥーラに辿り着いてみたら、トラブルに巻き込まれてウェインは投獄される羽目に。

獄中にあっても動じずに自分を貫いて、良い待遇を勝ち取っている辺りには笑いました。

しっかりと手を打って早々に脱出している辺りも流石。その過程で、重要人物を保護して。

優秀な兄が居たために凡庸とみなされていた弟王子。いやはや、未熟ではあれど交渉してウェインを引きずりこんだ辺りとかは、中々の手腕だと思いましたよ。

追い込まれている状況ゆえに、政治家としてよりはギャンブラーみたいなイメージがありますが。見事乗り切ってましたし、今後に期待ができそうです。

 

日常回を書こうとしたものの、筆が乗らず本編を進行させたそうですが。

ニニムの水着挿絵を織り込んできたのはグッジョブ。

しかし、相変わらず西方諸国からの横やりがあったり、今度は帝国の方で動きがありそうだったりと、穏やかな時間は遠そうですねぇ。


天才王子の赤字国家再生術5 ~そうだ、売国しよう~

ico_grade6_4

「こんな交渉があってたまるか! 貴様は、民を何だと思っている!?」

「もちろん大切に思っているし、信頼しているとも。彼らはどこにあろうと、自らの力で未来を切り開くだろう。それが民というものだ」

 

ミールタースで、ウェインとフラーニャの知名度が上がったこと。

マーデンを併合し、大陸西側への窓口が出来たこと。

そうした積み重ねで、ナトラは稀に見る好景気に恵まれていた。

しかし西の交易に頼り切った発展は、元より王国であったマーデン領とナトラ王国との間で不均衡を生じる事となって。

 

今はまだいいが、この調子で力を蓄えればいずれ徒となるかもしれない。真っ当に発展したからこその悩みに頭を抱えてるウェインがちょっと新鮮。

好景気に調子に乗ってましたしね。掌返しも早かったのは流石ウェインって感じでしたけど。

 

これまで何度かウェインと邂逅した、グリュエール王。

ウェインは彼を評価し、手を組もうとしていましたが……グリュエール王の方は、ウェインを格好の獲物と定めて喰らおうとしていた。

グリュエール王からの正体を受け、彼の国にウェインたちは足を運び、結果として争いが勃発。

かなり追い込まれてましたね。これまで華々しい戦績を上げて来ては居ても、ナトラが小国というのがよくわかる。

 

というか、今回はソルジェストが強すぎるんですけどね……

不凍港を持ち、交易が盛ん。グリュエール王は肥え太り神輿で移動するような御仁ですが、それを為し得るだけの成果を上げ続けてきた訳ですから。

特に力を入れているらしい料理に、ウェインが言葉を失っているのには驚きました。交渉忘れるなよ……。

 

けれど、そんな大国の仕掛けて来た策謀を乗り越えて、窮地を脱する辺り相変わらず凄まじい才気ですね。彼の抱えているもの。今回明かされなかった獣の本音。

グリュエール王の決断を変えさせるほどのソレが、表舞台に上がる時を楽しみに待ちたい。

 


天才王子の赤字国家再生術2~そうだ、売国しよう~

ico_grade6_3h

「場合によっては死に至るでしょう、ウェインの方法は」

「だがやらなければ今の社会に屈することになる。それはすなわち魂の死だ。そう考えれば気が楽だろ? 肉体が死ぬか魂が死ぬか、好きな方を選べばいいのさ」

「全く気楽になれませんよ……」

 

帝国から新しい大使が派遣されてきて。

金鉱山をとったナトラにどうにかして一枚噛んで功績としたい御仁で。

交渉は失敗したもののウェインの婚約者を紹介するという事で顔を売ろうとして。

問題は、帝国の皇女が釣れてしまったところなんですよねぇ。

大物がかかりすぎて、大使扱いかねてるじゃない……人間分不相応の手を打っちゃいけませんな……

 

いかにウェインが戦争で勝利をおさめ、才気を見せたとはいえ、通常ならありえない縁談。

「今の状況、全部夢オチってことでどうにかなりませんかねニニムさん!?」とか叫んでる場面には思わず笑いがこぼれます。

間違いなく罠と断言していて――実際に裏があったところには笑いました。多重に意味を持たせていたので、100%罠とも言い切れない按配でしたし。

皇女ロウェルミナ。彼女には、ウェインやニニムと過去に接点を持っていて。

相手のやり口をよくわかっているというか、腹黒同士で探り合いをしてるのは正直見ていて楽しかったです。

 

この二人が頭脳明晰なのは間違いありませんが。

だからこそ、常識はずれの行動をとる放蕩息子には手を焼くことに。

完全に策をぶち壊されて、今回はロワ側からお手上げ声明が出て。

ただ、一杯食わされて終わるウェインではなくて。しっかり反撃した上でロワに恩を売ったのは流石。この場合は過去の約束を守った、という意味で義理を果たしたって言う方が近そうですけど。

 



天才王子の赤字国家再生術~そうだ、売国しよう~

ico_grade6_3h

「だから手間を惜しむ。楽をしたがる。低きに流れる。このまま力押しですませようと思ってしまう。――そう思わせるのが、俺の戦争だ」

 

34巻の感想を書いたのに、12巻の感想書いてなかったので読み直して記事作成―。

いやぁ、やっぱり楽しいですね。                                                                    

ウェイン、ちゃんと人事を尽くして天命を待ってるというか。

情報収集して、事前に予測も立てて、入念に準備しているのに、最後に不測の事態が起きてひっくり返されてしまう。

しかも、予期せぬ状況になってしまっても、その中で出来る事をやり続けているので、傍から見ていると計算通りにしか見えない場面も多々あって評判はうなぎ登りと。

 

1巻のあらすじ見ると勘違いモノのようにも見えますが、ウェインは傑物ですよ。

国力に絶大な差がある帝国への併呑が避け得ない、と判断して高く売りつけようと画策している。売国して悠々自適に過ごしたいとは言いますが、そこまで悪くない作戦のように見えます。

……実際には先述の通り、最後までうまくいかずに、必死に取り繕う羽目になるんですが。その繕い方が普通じゃない。

 

どこかで失敗しそうなものなのに、自らの持ちえるものを全て活用して目的を果たす収拾能力には脱帽します。

楽をしたがるばかりではなく、大切なものへの侮辱は許さない過激さも持ち合わせていて、乱世の王族としてはこの上ない人材なのでは。

本人が望まなくても、事態にどんどん巻き込まれていきますしね……

 



天才王子の赤字国家再生術4 ~そうだ、売国しよう~

 ico_grade6_3h

「――征きましょう、私と共に!」

 

皇帝が亡くなって後、次代が未だに決まらぬ帝国。

ロウェルミナ皇女は、すぐさま名乗りを上げるのではなく、国の将来を案じる人々と繋がり憂国派閥を作って。

武力に乏しいが、主張は正しい。そんな勢力を叩くと失点となるため、他の皇子は手を出せず。実にいやらしい動きをしてますね。さすがウェインの同類。

 

そんな彼女と商業都市が動き、皇子たちの会合が開かれることに。

各国も注目するその会議に、当然のようにウェインは招かれてましたが。

戦争明けかつ、規模の大きいマーデンを併合したばかりとなると、動きづらい事情もあって。後は個人的にサボりたいというか、距離をとろうとか考えても居たようですけどね。

兄が多忙を極める中、自分に出来る事はないか探していたフラーニャは自分が赴くと名乗りを上げて。

 

初めての外交ということで、目標はかなり低めに設定して。

ウェインから助言をもらい、補佐にニニムがついた上で臨んでいましたが。大きな失点は無いものの、上手くいかない場面もあって。

それでも次に生かすために学ぼうとする貪欲さはありましたし……彼女も、またナトラの王族なんだなぁ、というのを感じました。

 

先代の補佐に怪物のように言われたナトラの血。

確かに彼女も、当代の傑物の一人だと。いやぁ、怖いわ。状況が上手くハマったというのもありますが、あの幼さで戦えるという事が。

まだまだ成長の余地を残している、彼女の可能性が。全ての代に置いてこういった存在が現れていたのだとすれば、ナトラ王家は確かに化け物だ。

 

帝国皇子三人も描かれていましたが……今一つ、物足りなさはありますね。

第一皇子は論外としても、アレを蹴落とせてないって言うのは一抹の不安がある。

西側の選聖侯にも化け物揃ってますし、帝国は早いうちに足並み纏めないとマズイのでは?

次回はまた西側に焦点を当てた話になるようですが……まーた戦争になりそうな臭いがしますよ。ウェインの采配に期待。


天才王子の赤字国家再生術3 ~そうだ、売国しよう~

ico_grade6_3h

「行きたくねええええええええええ!」

(略)

「けど行くしかねええええええええ!」

 

実は読んでたシリーズ。

12巻、どこの山に埋まってるかな……その内感想書きたい(希望)。

ナトラが東西の境にある以上、東の帝国だけではなく西側諸国とのかかわりが出てくるのも当然ですよね。

 

西側の隣国、カバリヌより祭りに招かれたウェイン。

しかし同時に西側の権力者が集う会議も行われるという事で。

わざわざタイミングを合わせてきた以上、何かの目的があるだろう。

けれど手持ちの札だけではそれを読み切れない。元々交易の国であるナトラとしては、この機に西側とのパイプを強化するのは悪い手ではない。

 

色々な条件が噛み合って、ウェインはその招待を受けるわけですが。

いやぁ、また癖の強いキャラが出てきたと言いますか。グリュエールはまだ変人の範囲だったと思いますが。ロッゾとカルドメリアの二人は毒の類なのでは……

なんだかんだで、あの御仁たちと同格の地位にいて、ここまで謀殺されてないあたりオルドラッセ王もそれなりに才能ある人だったのでは……? とか思ってしまう。

 

……よりにもよってウェインの逆鱗に触れ、さらに踏みにじるような真似をしたので、儚く散ってましたが。

ウェインも中々恐ろしいですよね……今より幼い頃から西側にも仕込みをしている辺り化け物の類なのでは。

入念に備えて、情報収集もして、それでも思惑通りに行かなくて。ウェインが微妙に自己評価低いというか、念には念をいれまくってるのって、これまでも同じように失敗して悲鳴上げながら収拾させた経験からなんだろうなぁ。

 

国内の不穏分子を炙りだすためにあえて反乱を起こさせる手とか使ってましたが。アレで動くんだったら、もうちょっとウェインがつつけばボロ出したんじゃなかろうか。

敵方が雑魚っぽいのに、ハガルに汚名がかぶせられて、コスパ悪かったように思える。

国として見れば、領土拡大やったーですけど。また厄介事がやってきそうな雰囲気ですねぇ。



ソード・ワールド2.0リプレイ 千竜と刃の革命3

ico_grade6_3h
GM/アナ (略)「よかったね、ロルフ。キミは自分の道を見出したんだね」
(略)
ロルフ うん。私は、この人たちを見ていると、外の世界というものを見てみたくなったんだ。――本当に、外ではこれが正しいのかどうか。
(略)
ロルフ もとい、広いセカイがあることをしったから、な。


第五話~最終話まで三話収録して、リプレイ完結。
もうちょっと続いても良かったんじゃないかなぁ、と思うんですが。少し残念。
「竜の学舎」では変なものに宿ってばかりなフォールンソウルもさすがに竜の列島プロセルシアでは猛威を振るって。
ロルフが本当にエレファントライダーとして活躍しているのが、どうしようもなく笑えてくる。

このシリーズは、一番フォールンドラゴンの厄介さが分かっていい感じだったんですがねぇ。
竜の学舎はフォールンソウルが迷子だし、できそこない~の方だとシナリオのネタの方に重点が言っちゃってますしね。
戦竜伝については、フォールンの危機はありますがどちらかというと、国家の危機とか呪いの方に話が言っちゃった感もありますし。
事件についても、とりあえずひと段落したというあたりなので、本当もうちょっと続いてほしかったなぁ。

ピナがどこまでも安心安定のドラゴン好きを披露……というか暴走させているのがなぁ。
この鉱物はこの島に置いていった方が、幸せなんじゃないだろうか。
まぁ、ドラゴン好き暴走させがちだから、下手に置いていくと国際問題になるかもしれませんが。
ザルツまでの定期便があるわけでもないし、言い逃れは出来るか……
その暴走させた結果がうまくはまったときには笑った。まさかあのネタみたいな行動が役に立とうとは……

ロルフがどんどんこのパーティーになじんでいって、仮にも貴族として大丈夫かと思わないではない。
このGMも結構なネタをぶち込んでくるよなぁ。なんで、竜の島々でキノコと戯れる羽目になっていたんだ……
キャラごとの特徴も立っていて、中々楽しいリプレイでした。


ソード・ワールド2.0リプレイ 千竜と刃の革命2 Breakout

ico_grade6_3h
イルム そうだ。困っている人を(お金次第で)助けんのが冒険者だ。
ユニス 情けは人の為ならず。いつかはあたしに返ってくる。うん。
ピナ  ドラゴンに関係していたらなおよし。
オイスト 清々しいまで自分本位だな、みんな(笑)。

プロセルシア地方に漂流したイルム一向。
ピナのドラゴン愛が留まる事を知らなくて、その内何かしでかしそうで怖い。
色々と新しい選択ルールも採用されてますね。
名誉点と同じように、かけらを使って得られる盟竜点。
竜やその眷属から信頼を得たことを表す値で、所持盟竜点を減らすことで様々な特典を得られる、と。
ひとつのかけらでもらえるのは、名誉点と盟竜点のどちらかのみ。
……ピナが全部盟竜点にそそごうとしたのは、まぁ予想通りでしたが。

一緒に来た船員の中にも、ロルフの兄と同じような症状を発症したものが出てしまって。
街で怪しげな動きをしている邪教団。そして、フォールンドラゴンという存在。
どうにも気になる要素がたくさんできたため、イルムたちは、冒険者として調査の依頼を受けることに。
まぁ、渡来人だけには任せられないから、とロルフも同行して調査していくわけですが。
前回捕えた邪教の信徒の調査がまた個性的というか。
イルムのPLの解釈が……邪教の信徒という怪しげな存在がどうしてアグレッシブなオタク層になってしまうのか……
いや、確かに言動としては中二病な感じですけど。

敵キャラで登場した中で今回一番輝いていたのはやっぱり、オレンジさんだと思うんです。
あそこまでネタ豊富って卑怯だと思うんだ……
そして、途中特使として竜都に赴くことになって、さらに道中で重要な手紙持ってるらしい使者と、それを襲ってる蛮族に鉢合わせてしまって。
冒険者の宿ですら、夜番立てて、ハードロックまでかけるとか、警戒度かなり高かったですねー。
この辺はPLの経験値、かなぁ、やっぱり。
今回は、あまり大きく動いた感じはしませんが、気になるネタがばら撒かれた感じでしょうか。
次回以降の動きが楽しみです。


ソード・ワールド2.0リプレイ 千竜と刃の革命1 Departure

ico_grade6_4
イルム てめえに冒険者のなにがわかる! 冒険者ってのは命を売って日銭を稼ぐ稼業なんだ! あんたたち貴族様のように安穏と守られた生活してりゃ分からねえかもしれねえけど、命張ったからにはそれなりのもんは貰わねえと人生が釣り合わねえんだよ!

グランドキャンペーン「ドラゴンレイド」。
USAシリーズのベーテ・有理・黒崎が送る最初のリプレイ。
四人でパーティーとして活動していた冒険者たち。
彼ら、彼女らが新しく受けた依頼は、大陸東側の航路の開発を行う船旅の護衛だった。
しかし途中で嵐に見舞われ、蛮族の海賊に襲われ、船にダメージを受け、なんとか流れ着いた先。
そこが、竜が全てというドラゴン信仰が根付く、プロセルシア地方だった。

鉄壁タンクのリルドラケン、田舎者で口調が訛ってたりするオイスト。
タバコが生きがいで実に120本分を計上して一文無しになった女ドワーフの神官戦士、イルムガルド。
災いを呼ぶといわれ里でハブられ旅に出たエルフのスカウト、ユニス。
竜の巣で出土し竜に育てられた、独特の価値観を持つフロウライトの魔導士ピナ。
この4人がプロセルシアに流れ着いて、現地の人々ともめたり交流したり、厄介ごとと対峙したりしていくわけですが。

ドラゴンが中心にあるからこそ、現地の人々との価値観の違いなんかもあって中々面白かったです。
小説版だと、全員プロセルシア出身だから、いろんな価値観が「そういうもの」として飲みこんでましたが。
別の地方から来た冒険者という要素を入れることで、うまく独特な雰囲気を表現されてたと思います。
イルムの設定がアイドルとか言っていて大丈夫かと思いましたが、ピナのロールプレイが群を抜いて突っ走ってたので、うまくツッコミサイドに回ってくれて一安心。

残念なのは、巻末のモンスターのイラストで、六眼四翼と言われていた敵ドラゴンのイラストがどうみても「四眼六翼」だったあたりかなぁ。


プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ