気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

フライ

このライトノベルがすごい!

ico_grade6_4

このラノ2021結果発表。
昨年までは10作品に投票できましたが、今年は半分の5作品に。

結構悩みましたねぇ。他の方もそうだったのか、今年のランキングは結構様変わりした印象を受けました。
よう実、連れカノ、友崎君辺りは継続して入っていました。と言うか。連れカノは去年もランクインしてましたし、他2作は最低でも3年連続(パッと確認できるところに2019ランキングまでしかなかった)ランクインしてるので、結構強い作品ってイメージですね。実はどれも読めてないんですが……。

 

勢いとかを見るに今年は友崎君かよう実か、と思っていたので千ラムネが1位をかっさらったのには正直驚きました。1巻は買ってあるので、近いうちに読みたいですね。

単行本部門では『異修羅』がトップを獲得。昨年は『Unnamed Memory』に続き、これで2年連続、電撃の新文芸が単行本部門1位だったわけで、知名度上がってどんどん売れて欲しいところです。

トップをとった2作品の作者インタビューと、注目作品として6作品ほどカラーページで著者コメントが付いていました。『楽園ノイズ』の2巻製作中という情報は嬉しいですねー。

 

私の投票結果は下記の通り。

1、Babel  単行本5位/新作21位/総合38

2、今はまだ「幼馴染の妹」ですけど。 文庫14位/新作7位/総合16

3、竜と祭礼 文庫39位/新作24位/総合46

4、わたしが恋人になれるわけないじゃん、ムリムリ!(※ムリじゃなかった!?) 文庫23位/新作13位/総合25

5、たとえば俺が、チャンピオンから王女のヒモにジョブチェンジしたとして。 ランキング外

 

去年は10冊投票して、ランキングに入ったの6品(総合96位とかのスレスレも在りましたが)。
それに比べると今年は5分の4がランキング入りしてるので、それなりに良い確率なのではではないでしょうか。
文庫トップ10はかすりもしませんでしたけど。あっちは2冊くらいしか読めていませんでしたので、そっち当てるのは難しかったかな……。

今年は新作縛りにしたため泣く泣く見送ったのですが『Unnamed Memory』にも入れたかった……けど、新規読者もついたのか単行本3位と結構いい位置にいてほっとしました。

年々参加者が増えており、今年は9576人。この調子でいけば来年には1万人を超えますかね。もっともっと盛り上がってくれるといいですけど、さて。


放課後の図書室でお淑やかな彼女の譲れないラブコメ

ico_grade6_3

「こういうこと言うのもなんだけど、あんたってどこか歪だよね」

 

母子家庭で育った主人公、真壁静流。

しかし交通事故で母が亡くなり……彼の前に、父親が現れて「一緒に暮らさないか」と提案される。

道ならぬ恋ではあったそうですが、父親の本妻も亡くなっていて、娘さんと二人暮らしになっていたとかで。

 

寄る辺を失くしてしまったこともあり、静流は1か月ほどその提案に乗らせてもらうことに。その娘さんが同じ学校に通う先輩で、おまけに容姿から人気のある人物であったのは、運が良いやら悪いやら。

ま、静流は何も悪い事してないんですけどね。概ね父親が悪い。

あらすじを見るに、同棲する事となった異母姉の紫苑先輩がメインのようですが(実際、今回は家族問題がテーマなので間違ってはない)。

 

……ヒロインは、以前から静流にアピールかけてる瀧浪先輩の方ですよね。表紙も彼女だし。

静流と(彼が渋々だったとはいえ)デートの約束取り付けたり、迷っている時に助力したりで、良い活躍してると思うんですけど。

なかなかアピールが実を結んでないようなので、今後も頑張ってほしい。

 

やたらと静流と仲が良く、理解度も高い奏多先輩って言うダークホースも居ますが。

彼女は彼女で謎が多いというか。静流とどういう関係なんでしょうね。

過去の評判はかなり悪かったものの今は図書室の常連だそうですし。とりあえず、静流が唯一買っているという時代小説作家さんの正体ではあると思うんですが。

それはそれで繋がりが読めないんだよなぁ……

 

番外編では、過去作から『佐伯さん』が登場。

というか彼女達が経営しているカフェが近くにあり、今作のキャラ達が不定期に訪れているような距離感のようで。

番外編でもBOOKWALKER限定書き下ろしSSでも、佐伯さん(旧姓)が楽しそうで何より、って感じでした。

あの日、神様に願ったことはⅢ beginning of journey under the bright blue sky

ico_grade6_3h

「酸いも甘いも、苦いも辛いも。悲しいも。経験のぜーんぶを大切な何かに変えられるのが、お前たち若者の“特権”だよ。遠回りしても、無駄なことに燃えても、帰ってきたときには持ってなかったものをその手にちゃあんと掴んでるものさ」

 

久しぶりのあのネ! 待望の夏編。

今回のヒロイン枠は、新聞部の名物コンビAzrueの片割れ、高峰瑠璃。

2巻で縁を深めた小金井を加えたトリオに変化して、名義もTwilightに変更となったようですけど。

あらすじで「高峰瑠璃になる前」と書かれてるので言ってしまうと、彼女は幼少期に親に捨てられ、親の親友であった相手に引き取られたようです。

 

親同士では話が済んでいて。責任を放棄する相手とは縁を切ることになったようですが。

子どもだった彼女には、呑み込めなかった事もあって。引き取られてから10年以上、彼女の中には答えが出せない問題が残り続けていた。

82日の誕生日に、義父とは毎年約束をしているけれど、それが守られた試しはなく。

夏休みに入っていたこともあり、彼女は家出を決意した。

それとばったり鉢合わせている辺り、叶羽も色々と持ってるよなぁ……まぁ、星冠紋が関わって居る以上、必然ともいえますが。

 

ちょうど叶羽自身も、父親との関係を見直そうとしていて、踏み出せないでいたタイミングだったというのも大きいんじゃないでしょうか。

家出を止めず、自分も手早く荷物を纏めて彼女についていくことに。

祖父に根回しを頼んだり、碧からの連絡に答えたり。ちゃんと連絡をとって、騒ぎが大きくなりすぎないようにしてるのは良いですが。

 

まぁ、割と無茶をしてるなぁと思わなくはない。でも、二人には今時間が必要で、結果としては良い方向に作用してましたから、一件落着と言うか。

電話をした時に、叶羽の祖父が言っていた、「そんなもんさ。だから、その後輩の女の子の為だけじゃなくて、きっとお前の為の旅にもなるよ」という台詞が格好良くて好き。

 

今回は大人組も、概ねしっかり保護者してて良かったですねぇ。概ねとか言ってるのは一人責任を投げた役者がいたからですね……。

あと、高峰父がある一日だけ続けていた不器用な気遣いとかは、もう少しうまい事できなかったのかと思わなくはない。それで不信感抱かれているんだからなぁ。

かつての問いかけに対して真摯であろうと、答えを瑠璃に委ねたみたいに、打ち明けてしまっても良かったんじゃないだろうか。絶縁したことになってるから、はっきりとは言えなかった部分もあるんだとは思いますけど。

 

巻末には、叶羽の姉と白い神様がかつて何を行ったかが描かれる「プロローグ」が収録されていましたが。

売上的な問題で続きは難しいようです。ひとまず第一部完、となっているようですが。

碧のエピソード読みたかったなぁ……想定だとその前に黒乃のエピソードが入る予定だったとかで、道のりは遠い。

先生としては熱意はあるし、たくさんの応援があればあるいは……みたいな状況のようで。割と好きなシリーズだったので、シーズン2はいつかみたい。


歌姫島の支配人候補

ico_grade6_3

「俺は今でも頼りないですか?」                                                          

 

積読消化。

その美貌と才能をもって、多くの人を魅了する歌姫。

彼女達を管理するマネージャーとして奔走する、野崎忠哉はある日自分をトップ・ディーヴァにしろと訴える美少女と遭遇して。

その熱量に影響をうけて、自分を彼女の担当にしてくださいと名乗り出て。

 

採用試験を受けるためにレッスンの予定を入れて、不合格だった場合、費用は彼の給料から天引きと言う条件でしたが。それを受けた野崎もスカーレットも、中々に肝が太い。

スカーレットの真っ直ぐさに影響されて、自分も大きな目標を掲げる辺り、割と似た者同士なんでしょうね……

 

日本人ながら、わずか三年で異国の高級劇場で幹部になってる辺り、才能はそれなりにあるんだろうなぁ、という感じ。

客の顔とか言語とか道路とか。優れた記憶力に任せて、色々と詰め込んだ結果のようですけど。覚えるだけじゃなくてそれをしっかり活用してるんだから、やっぱりスペックそこそこ高いよなぁ……

人の顔覚えるの本当に苦手なので、そこは正直羨ましい。

 

最も、ここで務めるようになった原因は、誰かに麻薬の運び屋に仕立て上げられて、命が危うくなり逃げ出したから、な辺りとか。

中盤、うっかり重大な秘密を知ってしまった時とか、未熟な部分もありますけど。

あと覚悟を決めたら引かないので、危険に飛び込んでいくあたりもハラハラする。

 

各国のVIPとの交流を持つ、夜の蝶としての顔も持つ歌姫。

そんな彼女たちの悩みを解決しようと踏み込めば、闇が深い案件に触れるのはある意味必然なんだよな……

自分の仕事に誇りを持って、意地を貫き通した姿は中々の見ものでした。

あからさまに怪しい奴が、そのまま黒幕だったのは、まぁ分かりやすくて良かったかなぁ。


キミの忘れかたを教えて

ico_grade6_3h

「修と過ごした日々は……幻想なんかじゃない」

 

名前は以前から知っていたのですが、このラノ2020で文庫部門8位に入っていたので購入に踏み切りました。

私は結構好きです。ただ、一度夢破れて枯れた青年が、また歩き出す話で、重い部分があったり、田舎特有の独特な距離感があったりと、好みは別れそうかなーと思いました。でもそれで8位取ってるんだから凄い。協力者票の方が強いですが、WEB投票でもそこそこ入ってる感じですね。

 

二十歳の松本修は、絶賛無職で実家に引きこもり中のニート男子。

大学を逃げるように辞めて、就職しようかと思ったら体調が悪くなり、病気が発覚して。

早ければ半年の命、と余命宣告まで受けて。手術をしても五年後の生存率は決して高くない。

彼は、それ故に今まで以上に枯れ果てて、就職も辞退して……あのままだったら、多分静かに息を引き取っていたことでしょう。

 

ただ、時を同じくして幼馴染で、今は大手レーベルに引き抜かれシンガーソングライターとして活動中の少女が帰省していて。

世話焼きの兄貴の手によって二人は再び出会い、すれ違い、ぶつかり合う事になる。

青い鳥の話ではないですけど、探し物は一番近い所にあった、と収まるべきところに収まる話でもありました。

1巻で結構綺麗にまとまっていたと思うんですが、コレ2巻も出てるんですよね。何が描かれているんだ……近いうちにそちらも感想書きます。



あの日、神様に願ったことはⅡ girls in the gold light

ico_grade6_4

「お前に知って欲しかったからだよ。俺も、お前の友達も。お前はもう一人じゃないって。出会ったから。触れ合ったから。知ったから。知りたいと願ったから。その瞬間、俺たちはもう他人じゃないんだ」

 

2巻で取り上げられるヒロイン誰かなぁ、と思ってたらまさかの新キャラで意表を突かれました。

黄金井月泪。同じ高校に通う、後輩の少女。碧と瑠璃とはクラスメイトのようですが、交流はなかった。

けれど、唐突にお金を出して友達になって、みたいな奇行をして注目を集めたりしたようです。

 

そんな彼女が叶羽の前にもやってきて。

「神様から試練を与えられた」という話や、彼女の過去の事なんかを聞くことに。

碧から誘われ、叶羽や燈華たちが写真部に所属する事になったりとどんどん変化していって、青春だなぁという感じ。

両手に花状態で昼食を取っていたり注目されてる場面もありましたしねー。

 

月泪が、少しずつ交流して仲良くなっていく場面は和みました。臆病な猫みたいだな、彼女。

そうして積み上げて来た時間を、台無しにしてくれる出来事が起こったのは悲しかった。ただまぁ、叶羽を天狗くんと呼ぶのと同じで、出る杭を打つような残酷さも人は持ち合わせてるんですよね。

でも良い出会いがあったから。マイナスな面に負けず、進み出してくれたことに安堵しました。

 



あの日、神様に願ったことは kiss of the orange prince

ico_grade6_4

「もしきっかけが何であれ、誰かの為に何かをしたいと願ったのなら、それはきっと、優しさであり、恋であり、愛だよ、ってあの子なら言うんだろうな」

 

一年に一度、対価を捧げる事で、一人の願いを叶えてくれる神様が居る街。

今年、選ばれた少女は対価を捧げるのではなく、試練を課されて。

叶羽が泣いていた彼女に声をかけた事で、話が進んでいく。

 

「笑いたくもないくせに浮かべた笑顔なんて、誰が浮かべても不細工だろう。頼むから、無理して笑わないでくれよ。俺にとって、それが一番辛い」

叶羽は知らなかったけど、試練を課された燈華先輩は学校でも有名な人で。

彼女と接点が出来た事で、周囲から注目を集めたりしてました。

 

燈華先輩は、試練を超える為に叶羽に協力をもとめて。

その交流を通してどんどん叶羽も変化していってましたね。

彼女が課された試練を乗り越える為には、彼が必要で。

それ故に誘導された。……何か目論んでそうな神様とかもいるようですし。

 

ただ、全てが計算でもなかったと思うんですよね。

あの時彼が写真を撮っていた事は偶然でしょう。それを活用された感はありますが――最後には笑顔があり、救われた人もいるのですから、何よりです。

 

写真用語でマジックアワーというのが出てきましたが……この作品自体が、魔法のように煌めいて見えました。自分の為ではなくて。誰かの為に行動できる彼らの姿が。

 

1冊ごとにヒロインが変わっていく想定だそうで。

次の巻は誰になりますかねぇ。白乃の事情も気になりますが……物語の肝に関わりそうですし、後回しになりそう。

となるとAzureのどちらか、かなー。女の子たち可愛かったので2巻も期待。


佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I’ll have Sherbet! 5

 ico_grade6_3

「そりゃあそうでしょう。僕にとって君以上に甘いものなんて世の中にないんですから。今は何を食べても見劣りしますよ」

 

シリーズ完結巻。

佐伯母の実家での騒動がちょっとこっちに響いて来たり。

父親公認ではあったけど、母には知られてなかったので、その絡みでドタバタしたりはしてましたが。

これまで二人で積み上げてきた時間があるので、まぁ、乗り切れた感じ。

 

ルームシェアしている部屋に、佐伯さんのアメリカでの友人が止まりに来るなんてイベントもありました。

巻末の番外編もバレンタインの準備をする佐伯さん視点のストーリーで、今回は彼女よりの展開が多かったかなぁ。

まぁ、弓月の方は色々と喪失したりと経験したあとですし。残ってる問題も、総監谷解決する類でもないですしねぇ。

 

アリス絡みの描写は、よくわからない部分もありましたが。

まぁ、イチャイチャが目に毒というか、うん。糖度高めなラブコメでアリだとは思います。



佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I’ll have Sherbet! 2

ico_grade6_3

「弓月くんこそ、わたししか見えてないくせに」

 

ゴールデンウィークも明けて、同棲生活も一部を除いてばれることなく継続中。

学校でも佐伯さんは弓月くんに接近して。

弓月を警戒している雀女史は色々と警戒していたようですが、宝龍さんが事情を打ち明けた事で態度が軟化してました。

ちゃんと事情を知った後謝ってくれた辺り、真面目ですねぇ。

 

同棲している二人がもう順調にイチャイチャしていて、目に毒だな。

佐伯さんと宝龍さんが火花を散らしている場面とかもあって、それはそれで胃に悪そうですけど……

宝龍と付き合い、別れた後の悪評を気にせず流していた弓月くんには余り響かないだろうか。

二人の事を毒に例えてる場面はありましたけどね。毒をもって毒を制す。「……単に毒が二倍になるだけのような気もするな。下手をすれば二乗だ」みたいな感じで。

あの場面は少し笑った。

 

佐伯さんの猛攻に弓月くんがタジタジで。

最終的に「これからは君を不安にさせないよう努力しますよ」と返事している辺りかなりほだされている様子。

終盤のトラブルとして、佐伯さんの父親が襲来し、二人の関係について色々と口を出してくる場面も。まぁ、親として当然言わずにはいられない事ですし、相談もせず勢いのまま同棲を始めたのは二人だからなぁ。

ちゃんと距離を取ろうと判断し、思い直した後、父親を説得するために言葉を尽くしたのは、何よりかな。



佐伯さんとひとつ屋根の下 I‘ll have a Sherbet! 1

ico_grade6_3h

「おもしろくなってきたわ」

「……」

おそらく彼女は僕の問題定義に耳を貸すことはないだろう。

 

小説家になろうの書籍化作品。

書籍の副題になってる『Ill have a Sherbet!』の方がなろうのタイトルですなー。

カクヨムの方でも連載して、そっちで特別賞を受賞したそうですけど。

WEB既読で絵もいい感じだったの購入。

 

高校二年生の春、一人暮らしを始めるはずだった男子学生弓月恭嗣。

不動産屋の手違いで、同じ部屋の契約をしてしまったという少女佐伯貴理華と同居を始めることに。

 

不動産屋は、手違いなので責任を以て別の部屋を探すと言って、この部屋にどちらが入居するか当事者同士で相談してほしいとは言っていたみたいですが。

新生活を始めるシーズンにまともな部屋が残っている保証もなく。佐伯さんの方が、「いいことを想いついた」とルームシェアを提案してきて、お互いに実家に頼れない状況もあってなし崩し的に同居が始まるわけですが。

 

自由気ままな佐伯さんに弓月君がかなり振り回されてますが。

何だかんだでいいコンビな感じもしますがねー。

弓月君の元カノ、宝龍さんの独特の感じも好きです。


 
プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ