気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

フラワーコミックスα

ラブファントム4

ico_grade6_3

「わたしの好きな人なの 悪く言うのは許さないから」

 

バレンタインのための準備をする百々子。

相手を喜ばせる為にあちこちに聞き込みをしたりしてます。

相良くんがアドバイス貰った時に「友達として」と言葉のナイフをもらって、当日にブラウニー貰って満足してる辺り可愛い。

彼にも良い人出来るといいんですけど。

 

そして相変わらず面白いおしゃべりクッキングも収録。

バレンタインの時に暴走して、長谷に酒を止められてましたが。

反省してちゃんと対応してる辺り百々子も偉い。

……長谷は複雑そうでしたが。幸せな悩みだから放っておけばいいか……

 

そして百々子の姉が登場しましたが。

なんと現役のモデルのようで。けれど、性格はかわいらしいというか。

妹が大事で仕方ないんだなぁ。「ただのやきもちですごめんなさい」とか。

 

ラブファントム3

ico_grade6_3

今ならわかる 出会いの意味も 得るかけがえのないものも

雨は愛しいものを連れてきた

 

繁忙期に突入。

長谷は仕事が出来るので、かなり頼りにされていて。

家に帰る暇もなくすれ違い状態。

普段イチャイチャしてる分、すれ違いが続いてお互い溜まっていたものがあるようですね。

 

長谷の過去のエピソードなんかも書かれていましたね。

母一人子一人の家庭で。昔からスペックは高い感じでしたが。

本当に百々子が彼の癒しになってるんだなぁ。

下手にスペックが高い分、何でも出来てしまう彼の、休まる場所として重要なんでしょう。

 

花火を見に行くデートをしたり。

共働きなのでたまの休日に、のんびり過ごす一日が描かれたり。

上司に振り回される長谷という、貴重な絵が見られたり。

相変わらず幸せそうですねぇ。



ラブファントム2

ico_grade6_3

「みせびらかしてましたよね」

()

「よほど今幸せなんですねえ のろけか…」

「怪人も人の子だったんだね…」

 

結ばれて、同じ家から出社する二人。

職場の前で百々子が同僚にあって慌ててましたが。

社内恋愛禁止ってわけでもないし、隠さなくてもいいか、と長谷は言いますが。

……秘密にする方が燃えるとか言ってしれっと誤魔化しに入って、その後フォローを入れるという綺麗な流れを決めてましたな……

 

百々子の料理は煮物率高くて、野菜は入っているけど、驚くほど茶色率が高いとかなんとか。

インターバルで、一人料理教室をやってたりしましたが。うん、ほほえましいんじゃないかな……

お弁当を作って、長谷が職場でそれを見せびらかすように食べたり。

家でイチャイチャしたりと、終始甘い。

 

百々子の職場に新人の男子が入ったり。

長谷の友人がからかいに来たりとイベントは発生してますが。

まぁ、あそこ二人で完結してダダ甘だからなぁ。

甘さに充てられる前に逃げるのが吉なような。

 

ラブファントム1

ico_grade6_3
「それがどういう風の吹き回し?」
(略)
「どういうね……そうだな――」
「出逢えたから。…ずっと探してた奴に」

ホテルカフェで働く百々子。
ちょっと抜けている彼女は、ホテルの空中展望台から景色を見るのが好きで。
ある日、習慣で立ち寄ってみたら、消えてしまいそうな男性と出会って。
不穏な言動に心配してみたら確かめてみるか、とキスをされて。
そこから物語が始まります。
歳の差ラブストーリーとあらすじにはありました。

翌日、幽霊かと思った相手はホテル内でのベテランだと判明してました。
最低一日一回はなにかをやらかす彼女は、キスの余韻だとかなんだとかで振り回されているようですけど。

その実、男の方が彼女に入れ込んで振り回されているんでしょうね。
「ほんとどーした俺」ってこぼしてましたし。
長年働いている同僚からは、雰囲気変わったことにツッコまれているし。
美魔女ならぬ美魔男の怪人と言われているとかなんとか。
しかし「美魔男」って語感悪いですね。もうちょっと何か言い回しなかったんだろうか。
まぁ、優秀な男とちょっとポンコツはいった女ということでうまくかみ合ってるんじゃないでしょうか。
百々子は抜けてますけど、別に馬鹿じゃないですしねぇ。

Sラブ1

ico_grade6_3
「あの時も貴女は強情で 失恋して傷ついているのに泣こうとしなかった・・・」
「たくさん声に出して泣いて 心の痛みを早くいたしてほしかったから――」

いうほどSかなぁ、という感じ。
肉食系な感じはありますけれど。
破れ鍋に綴蓋っていうほど歪ではないですけど、なんだかんだお似合いなんじゃなかろうか、と。
みつきかこさんの作品は、程よく甘く、二人とも甘さに溺れるだけじゃなくてしっかりキャラ立っているのが中々いいとは思います。

10年前、高校時代の後輩だった保科と偶然の再開をした奏子。
彼は、当時奏子が付き合っていた男の親友だった。
「若気の至り」とかいう類の過去がある二人だが、再開の際のハプニングで怪我をさせてしまったことから接近(物理)。
まぁ、手の骨折て、かなり生活厳しくなりますからね。
自分も以前左腕骨折したことありますが、肘近くだったんですが、手首の方まで固定してました。
関節動かすと響くからってことでしたが、あれはまぁ辛かった。
ギプスで膨らんでるからロクに服も着れないし、風呂も食事も一つ一つが結構重労働になっていた。
利き手じゃなかったのが不幸中の幸いでしたが・・・それでも色々と大変だったものです。
私事はさておき。

手の骨折をした保科の世話をしたりする関係で、縁ができ、深くなっていく。
もう当時からこいつら付き合ってればよかったんじゃないのか、っていう過去が明らかになっていきますが。
当時は親友の方と付き合っていたんでしたっけ。
続刊でたらこれはあれだ、当時の男が出てきて引っ掻き回すっていうパターンだろうか。


livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索