気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

メディアワークス文庫

私が大好きな小説家を殺すまで

ico_grade6_4
『憧れの相手が見る影もなく落ちぶれてしまったのを見て、「頼むから死んでくれ」と思うのが敬愛で「それでも生きてくれ」と思うのが執着だと思っていた。だから私は、遥川悠真に死んで欲しかった』

 

BOOKWALKER読み放題にて読了。           

キャンペーン追加タイトルで、対象期間は7月末日まで。

 

テレビに出たり、講演会を開いたりしてる、人気小説家・遥川悠真が失踪。

連絡が取れなくなった編集から通報が入って、彼の部屋を警察が調べる事に。

その部屋には、パソコンにたった一つ残された小説のデータと、誰も知らなかった少女の影があった。

情報を求めて、残された小説のデータを読み込んでいって、出てきた情報を調べて……真相に辿り着くわけなんですが。

 

読み終えた後、残った感情を何と言えば良いだろう。

あまりにも、罪深いというべきなのか。かつて、確かに救われた子がいたのだから、多少歪んでいても幸いだったというべきなのか。

 

幕居梓は、読書が好きな小学生だった。

図書室に通い詰めていたが、家庭の事情で本を借りることはなかった。

それもそのはず。彼女は、家で虐待されていた。暴力を振るわれるわけではないが、決まったサイクルでの生活を強いられ、午後7時には押し入れに放り込まれて、外出を禁じられた。

暗闇の中では、何をすることも出来ない。だから、彼女は読んだ本の内容を思い出し、諳んじる事で時間をつぶしていた。

 

遥川悠真の新刊を、司書の人が融通して貸してくれた事もありましたが。

母親に見つかってしまって……その後の展開がまぁエグイ。毒親ってこういう事かな、と思いましたね。

梓自身も大分ショックを受けて、死のうかと思ったくらい。本を片手に駅に足を運んで……そこで、彼女は小説家・遥川悠真と出会ったのだ。

 

引き留める台詞は、中々にひどいものでしたけど。そんな言葉でも、少女一人を呼び留めることは出来て。確かに、救われたのだろう。

2人の交流はそれからも続いて、やがて彼女は中学生になり高校に進学して……

少女の憧れは変わらずにあったけれど、小説家はスランプに陥り落ちぶれていった。

 

それを見ていられずに少女は、自分が助けてもらえた事を、物語と言う形にして届けていましたが。

元より、成人男性が親戚でもない少女を部屋に入れ、交流している状態は一歩間違えば事案なわけで。初めから、どうしようもなく歪で。どうにか取り繕っていたけれど、それが破綻してしまう未来は約束されていたのでしょう。

結末はタイトルに記されている通りですが、それでも。呑み込みがたい想いが湧く、力強い小説だったな、と思いました。買わねば……

そして、遺骸が嘶く

ico_grade6_3h

「言葉にしろと、言ったのは……貴方の方じゃありませんか……」

 

BOOKWALKER読み放題にて読了。           

キャンペーン追加タイトルで、対象期間は7月末日まで。

 

一万五千人以上の犠牲を出しながら、辛くも戦争に勝利したペリドット国。

終戦から二年が経ち、狙撃兵として作戦に従事していた青年、キャスケットは遺品返還部に異動し、遺族に兵士たちの死について伝える業務に励んでいた。

彼らが来るという事は、家族の誰かが死んだという事。それ故に、死神と呼ばれ忌み嫌われる業務のようですが。

 

同じ戦場で戦い、最期を見届けた友人の遺書を届ける時も。

家族を亡くし自らを売るしかなくなった女に、想い人の死を伝える時も。

前線にいた軍関係者に、或いは自分が兄官と呼ぶ相手と対面する時も。

キャスケットは不器用なりに、誠実に業務に当たっていて。

 

「生き残った魂の嘶きを届ける仕事をしている」と彼は言う。

地の文は「けれど魂だけはきっと、行きたいところに行って会いたい人に会う。そう信じることだけが、残された人間の救いになるのだ」と紡ぐ。

国同士の戦争は終わっても、家族の生死が確定するまで、民の中で戦争は終わっていない。

仮に生き残ったとして、戦地で心を病む事だってあり、そういう意味ではこれからも戦いは続くんでしょう。

 

本名が訳アリで、キャスケットという偽名を名乗る彼。

そんな彼の事情についても、間章や四章でふれられるわけですが……

人の醜悪さを見せつけられるようで、真実を語れなかった兄官の気持ちが分かるなぁ。

戦争の悲惨さ、命が失われたもの悲しさ。それに加えて、人の業。

どうしたって重く暗い展開になりがちですけど、遺骸が届かないよりはよっぽど良いと思うんですよね。

曇天の中、雲の切れ間から刺した日差しのような、寂寞とわずかの温かさを感じる良いお話でした。


すべての愛が許される島

ico_grade6_3h

「だって、存在証明の失敗は不在証明にならないんでしょ」

()

「そうだよ。ほんの一ミリグラムの望みは、絶望の千倍つらい」

 

BOOKWALKERでわりと前にやってたセールに合わせて購入。

昔図書館で借りて読んだんですが、手元に確保しそびれていたので。

……まぁ、セールとっくに終わってるんですけどね! どうせなら期間中に感想書きなさいよ(自戒)。

 

大西洋赤道直下に浮かぶ、名前もない小さな島。

そこには教会があり、神父とわずかばかりの住人が暮らしていた。

その教会では、あらゆる愛がゆるされ、近親だろうと不倫だろうと結婚式を挙げる事ができる。

ただし本当に愛し合い、教会の扉を開くことができるのならば。

 

愛を証明するために、島を訪れた人の話です。

メインとなるのは4人で、胸中の思いはそれぞれに異なるようですけど。

「すべての愛が許される」島にわざわざ来るという事は、「許されない愛」を育んでいるという事で、どうしたってドロドロしているというか。

重たく暗い情念のようなものが織り交ぜられている感じ。

 

「いいですか、小説家はほんとうに大事なことは書かない」

「書かないのは、それがなにより大事だと、知っているからですね」

迷いの中で自分自答して、無駄に彩った言葉を使うキャラが多いです。作中でも、「言葉遊びの巧い神父だった」なんて評を下してる場面ありましたし。

個人的にはその言葉遊びが気に入ってるんですけどねー。いい機会だからと購入して、再読するくらいには。

15歳のテロリスト

 ico_grade6_3h

「いつか語り合えたらいいよね。どこかで区切りがついたら、二人でゆっくり」

 

ネットに挙げられた、犯行予告の動画。

それは新宿駅に爆弾をしかけたというもので。イタズラかと思えば、実際に爆弾があり警察に負傷者も出た。

たった15歳の少年・渡辺篤人の行動によって、多くの人が振り回される話です。

 

事件を追うのは、少年犯罪を追う記者の安藤。

少年犯罪被害者の会で、篤人とあったこともあった彼は、伝手を頼りに情報を集め少しずつ彼に近づいていく。

どうして、彼があんな動画を上げるに至ったのかそれを調べるパートと、篤人のこれまでの行動とが交互に描かれていきます。

 

事件には加害者と被害者がいて、それぞれに家族が居るんですよね。

罪と償いとに押しつぶされそうになることも、ままあるのでしょう。

難しい題材を、少ないページでしっかり描いていたと思います。作中の雰囲気は嫌いじゃないですね。まぁ、黒幕のこととかちょっと都合がいいと言いますか、詰めが甘いと思う部分もありましたが、迫力ある作品でした。




答えが運ばれてくるまでに~A Book without Answers~

 ico_grade6_3h

人はそこにあると信じているものを見つける。

 

再読。

絵本シリーズ3弾。今回は20編収録。

幸せにしてくれるあるどうぐの話。

置かれ状況で感じ方がかわる「みえるものとみたいもの」の話などが収録されています。

 

「ふたつのこと」が好きな人に望む事としてはシンプルに美しいと思います。

皮肉成分満載の「じぶんにはないもの」は、笑い事じゃないけど笑ってしまう。

さて、結局返事はどうしたんでしょうねぇ。

「ともだち」のドラゴンの話はちょっと寂しい。

「じたばた」は、水難救助の話というと嘘になりますが。夏場海とか行く事が多いので、そうだよね…って思う部分があった。オチも綺麗で好き。


夜が運ばれてくるまでに~A Book in A Bed~

ico_grade6_3h

貴方は貴方の作品を書けばいい。

 

再読。

絵本シリーズ第二弾。今回は25編を収録。

たとえば、小さな村にすむ少年少女が、隣に住むおばあさんの家に遊びに行く話。

たとえば、人生を乗り物の運転に例えた話。

短くも素敵な話が今回もたくさん記されています。

 

「えごとえこ」みたいに皮肉交じりのエピソードも健在です。

「さくひん」・「てきとみかた」・「まんぞく」辺りが背中を推してくれる感じがして好き。

「つらいこと」で描かれた大人が、格好いいと思います。戯れに聞かれた質問に、何かを思い出し涙する事ができる。そして、それでも怒らず質問に答えてくれる。積み上げて来た時間が、幸いだったのだと感じられて良いですよね……

あとは「だいびんぐ」の最後の一行が、そりゃそうだ、って感じであっけらかんとしてて笑った。


お茶が運ばれてくるまでに~A Book At Cafe~

ico_grade6_3h
そう思ったことを、今からやりましょう。

 

再読。

『キノの旅』のタッグでおくる、18の掌編を収録した絵本。

元々キノでも風刺とかも上手く描かれていましたし、あのテイストが好きなら読んで損はない一冊。

 

「らぶれたー」の少しずつ長くなっていく文章が、最後短くなるのとか。

文章のレイアウトも工夫されていて、本当に絵本的というか。視覚情報が増えていて楽しい。

皮肉が効いてるのでいえば「はな」とか「あなたのいるばしょ」の登山家の部分とかか。

 

一番好きなのは「やりたいこと」ですかね。勇気をくれる。

「さくせす」とか「けいけん」なんかも、今見ても刺さるというか痛いので、頑張りたいですね……

あとは「りゆう」も短いながら、胸に来るので気に入ってます。

 


時槻風乃と黒い童話の夜 第3集

ico_grade6_3

「多くの人は、愛してやまない人間の死には、何かの形で折り合いをつけなければ、そのまま生きてゆく事が出来ないわ」

 

積読消化―。いやぁ、懐かしいこの感じ。

甲田学人流「いばら姫」。怖い。

何が起きたのかわからない恐怖もあるし、風乃が語った真実を聴いても「理解できない」という怖さが残った。

 

生まれ育った町へ4年ぶりに帰って来た少女、繭。

かつての友人たちも歓迎してくれたが……彼女は、この地に、嫌な思い出があって。

仲良し6人組だった内の中心であった少女、小姫の死。

禁じられていた話題が、繭の帰還を期に話題に上がり……その後は、転げ落ちるように、結末へと至った。

 

風乃は、祖母の家があったためにこの地に来ていただけ。そして彼女たちの話を聞いただけ。実行したのは、少女たちではありますが。

同時に、彼女と出会わなければ、最後の一歩を踏み出すことはなかったのではないでしょうかね……いずれ別の形で崩壊していたかもしれませんが。

母が彼女を扱い兼ねて、祖母の家に療養の名目で封じようとしたらしいですけど。

まぁ、正直手元に置いておきたくないのわかるな……と言うエピソードでありました。

時槻風乃と黒い童話の夜 第3集 (メディアワークス文庫)
甲田学人
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2014-12-25


そして、君のいない九月がくる

 ico_grade6_3

「ケイタも、そう言うと思ったんだろうね。彼から、伝言を預かってるんだ」

 

同じ高校で、いつも一緒にいたグループ5人。

部活も、付き合いの長さも違ったけれど、確かに友情を育んでいたのだ。

けれど、メンバーの一人である恵太が死に……4人の前には、彼とうり二つの幽霊が現れる。

彼は、死んだ恵太の最後の願いを、叶えて欲しいという。

 

全てを信じたわけではないけれど、4人は彼が歩いた道のりを辿っていくことに

死んでしまった友が何を考えていたのか。

自分達の事を、どう思っていたのか。

どうしたってそんなことを考えてしまうわけで。

 

5人は確かに良く一緒にいたけれど、相手の事をすべて知っているわけでもない。

それぞれに見えていなかった想いや、抱えていた後悔が表出して。

いやぁ、痛い。死んでしまった友にはもう謝れないし、一度口に出した言葉は戻せない。

 

でもこの道を歩くことが出来たのは、4人にとって救いだと思うんですよね。

だって彼らが抱えていた悩みは、死者である恵太へのもので。本来はもう行き場のないものです。重たすぎる荷物を抱えた状態では、いずれ破たんしてしまっていたでしょう。

それを吐き出すことが出来て、ちょっとほっとしました。そうでなければ、治しようのない傷として残ったでしょうし。

この経験があったからこそ、絆が未来につながったとも思える。苦味を含んだ、良質な青春モノでした。

そして、君のいない九月がくる (メディアワークス文庫)
天沢夏月
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2015-10-24

あやかし飴屋の神隠し

ico_grade6_3h

「行く手を阻まれても、背中をどれほど押されても。ゆらいだりしない、フラットな気持ちが……一番強いんじゃないかとは、思います」

 

かつて神隠しにあり、妖怪などが見えるようになった青年、叶義。

彼の相棒は、つくれないものはないという美貌の青年、牡丹。

二人で飴屋を営む彼らの下には、通常の飴を求めるお客の他に……妖怪を象った「妖怪飴」を必要とするお客が訪れる。

 

それは別に噂を聞いて足を運ぶとかではなくて、運命のように彼らの前に、問題を抱えた人が転がり込んでくるんですが。

叶義の友人、道理だったら彼がお人よしだからというかも知れません。

多くの人には見えずとも、人の世界の傍には妖怪たちが居て。時に幸いを、時には不幸を与えてきますが……

 

飴屋の二人、とくに叶義の方が真摯に対応しているのが、何と言いますか嬉しかったですね。

人と妖怪の境で、上手く生きている。幼少期に境を区別できず、踏み込み、神隠しにあった叶義ならではの距離感や葛藤が読んでいて楽しかったです。

あやかし飴屋の神隠し (メディアワークス文庫)
紅玉 いづき
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2014-07-25

プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ