気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

ヤングガンガンコミックス

ダストボックス2.5 2

ico_grade6_3

「『特技・ダストボックスの世話』にすれば いつもやってんじゃん」

「今それ以外を必死に考えてるんです」

 

声優業界知らない作者による、声優コメディ。

一癖ある人しか出てこないと評判の会心の一冊。

なお、一時某ネットショッピングサイトのランキングで、ビジネス用品・ゴミ箱の部門の一位に輝いたとかなんとか……

ネタ帯作って自分で巻く遊びを作者さんがしてましたねー。

 

大失敗したアニメ化、そのことがトラウマになっている原作者と元声優……

「もう誰一人原作者は泣かさない!!」「現場は泣くかもしれないけど」とか宣言しちゃうあたり、社長も大分拗らせてるよなぁ。

その後、原作者の方も「誰にも見られたくないから」という理由で大失敗したアニメのディスクを買い占めようともくろんでいたり、色々とヤバい。

両者ともにカウンセリングが必要なのでは……いや、もうどちらも大人だから普段は大丈夫ですけど、時々暗黒面が出てくると言うか……

誰か、誰かお医者様は居ませんか!?

 

ダストボックスの声優たちは個性的すぎるメンバーがそろってますけど。

業界の介護人枠の梅木も基本普通ですけど、気苦労しているんだろうなぁ、という点で少しずれてる感じがします。

神君も、ダストボックスの先輩方のフォローとかしていて、声優としての仕事もモブとしてだけど増えはじめてて忙しそう。

そんな感じで二人が似ているから、梅木のポジション取られるんじゃないか、と煽ってましたが、「将来困らないよう今のうちに扱い方を教えておかなくては」となるあたり梅木はホント良い人ですね……

 

ネタ分が多すぎてどこからツッコミ入れればいいのかわからなくなるコメディですが……

いやぁ、読んで笑えて言い息抜きになりました。

最後、ついにダストボックスにマネージャーが採用されることになっていましたが……彼女は彼女でなんか癖がありそうな雰囲気が。

神君、がんばれ……

ダストボックス2.5(2) (ヤングガンガンコミックス)
高津カリノ
スクウェア・エニックス
2018-01-25


WEB版WORKING!!6

ico_grade6_3

「足立君これで勝ったと思わないでね 今日は引き分けよ」

「村主さんはいつも俺のなにと戦っているんだろう……」
 

WORKING!!シリーズの完結巻らしいですよー。

サイトの方で掲載していた小ネタとかをまとめた感じ。

時系列がバラバラだったりします。過去の話あり、未来の話もあり、といった様子。

 

小ネタ集でそれぞれのカップルのエピソードとかをまとめたり、いちゃついている様子が描かれたりしています。

後は鎌倉父母のエピソードとかもありましたねぇ。

あっちはあっちで糖度高めというか、恋愛モード入るとアホの子になる血筋の大本を見た気がすると言いますか。

 

村主・足立カップルが好きかなぁ。噛み合っているようでかみ合っていないような……でもあれはあれで噛み合ってるのか?

要するに割とお似合いですよね、って話で。

全体的に糖度高いかネタに走った話ばかりでしたが……まぁ、いつも通りですね。笑えるエンディングだったのではないでしょうか。

WEB版 WORKING!!(6)(完) (ヤングガンガンコミックス)
高津カリノ
スクウェア・エニックス
2017-04-25


ダストボックス2.5 1巻

ico_grade6_3

「演技力だけでなく一人一人存在感もあるので 全員揃ったら」

「すごく胸焼けしそうです」

「そうだろ?」

 

ワーキング等を描かれている高津カリノさんの新作。

声優業界に全く詳しくないのに、声優ネタにした作品書くとかチャレンジャー。

まぁ、ここまでコメディに振れてるなら、下手に知識ない方が変わり種のキャラ出せて楽なのかもです。

 

主人公は周囲に迷惑を掛けたくなく、引きこもっていた男子。

今家族に迷惑かけてるのよ! と姉に叱責され、とりあえず活動している形をとるため声優事務所を受けてみたら……なんと合格。

しかし、その事務所ダストボックスはその名の通り掃きだめというか、個性的な面々が集中している一風変わった場所で。

 

自称イタコで、霊をおろして演技しているという人とか。

「この水晶玉は値段高かったから信じられる」「その理屈は身を滅ぼすわよ みこと」とかのやり取りは笑いました。

後は、リアルで花を背負って出てくる先輩とか。ガチで年上を狙っている少年とか。

先輩の追っかけをしている女子とか。これで実力無ければ消えていったでしょうけど、無駄に腕はいいようで。

天は二物を与えずってこういう事かな……みたいな雰囲気があります。

 

まぁ、引きこもっていた神君も神君で割と個性的ですからね。

一応常識組よりではありますが。先輩を物理で黙らせたりする辺り、彼もスペックは高そうですなぁ。

変わり種ばかりで妙な化学反応起きそうなこの事務所の未来が気になります。

ダストボックス2.5(1) (ヤングガンガンコミックス)
高津 カリノ
スクウェア・エニックス
2016-12-24
 

WEB版WORKING!!4

ico_grade6_3

「えーと今までは進藤さまがお嬢に殺されないよう見張る仕事だったんですが」

「今日付けで」

「進藤さまとお嬢がイチャ付くのを程よく邪魔する仕事になりました」

「転職したい!!」

 

恋愛模様が決着した後の物語。

鎌倉家の黒服さんたちは……その内良いことあるといいね!

志保がどんどん幸せで馬鹿になっていく……

そして、進藤父はいつまでだってもダメ人間ですな。なぜ返済まで稼ぎ切ったところで捕獲しなかったんだ……折角稼いだのに競馬でするとか。

何をしているのかと。

 

足立・村主のカップルは……足立頑張れ?

基本的に彼女に振り回されてばっかりですしね。

……彼が振り回す方に回るとそれはそれで大参事なんですけど。

「次の休みは温泉へ」の下りは……もうちょっと冷静になれ、と思いましたけどね。

折角、村主が一度考えるチャンスをくれたというのに、悟君に気付かされるって言うのはどうなんだ。

 

宮越は……なんか馬鹿さ加減にまた一段と磨き掛かってるというか。

このカップルの話だと「おバカに教える礼儀と節度」が好きですかねぇ。

相変わらずというかなんというか。

作者サイトで書かれていた落書きまんがの再構成なので時間バラバラな部分はありますが、まとめて読めるのはありがたい限り。

 

WEB版 WORKING!!(4) (ヤングガンガンコミックス)
高津 カリノ
スクウェア・エニックス
2016-09-24
 

 

WEB版WORKING!! 3

ico_grade6_3
「私の好きな人は」
「追い詰められるとすごく怖い」

本編の方は3巻で完結。
ただ、元がWEB発祥な上に10年くらい連載していたとかで。
4~5巻、WEBで描いていた落書きネタを清書して刊行するようです。
コミックで読むと一気呵成で終わったような気がしますが、10年かぁ。
自分は終盤から読み始めた組なので、そこまで待った感じはしてませんけど。
初期から追いかけていた人々はある種の達成感があったろうなぁ。

あちこちで(いろんな意味で)危ないカップルが出来てますが。
その中で幸せが完結してそうだから、いいんじゃないかなぁ。
東田とか、初登場時から変質してしまったキャラもいますが。
あれは製作者が責任を持ってくっついたというか。
製造された側が面白がって傍にいるという何とも分からない輪になってまとまってるから、それはそれか。

進藤たちのところも、初期の関係からは変化してましたが。
あっちは女子の方の変化が著しいからなぁ。
まぁ、大凡どこもハッピーエンドっぽいので、大丈夫なんじゃないでしょうか。

WEB版 WORKING!!(3) (ヤングガンガンコミックス)
高津 カリノ
スクウェア・エニックス
2015-09-25

WEB版WORKING!! 2

ico_grade6_3
「東田ですよ?」
「あんなの好きになる奴の気が知れない」


WEB掲載ワーキングの書籍化、第二弾。
朝5時に起きて「お寝坊さん」という東田父も父だし、その時間によそ様の家にお邪魔している華も華といいますか。
この二人の関係もグダグダというか、よくわからんなぁ。
そりゃあ、傍から見てる永田さんも思わず愚痴る。彼女にはその権利がある。

あちこちにおまけが乗っていてWEB読んでいても楽しい。
WEBの方でも、らくがきで結構書かれているんですけどねぇ。
志保父とメイドの話とかは中々。あそこに至るまでにどうにかできなかったのか……

このファミレスもかなりカオスというか。
系列に変な人しかいないんですが、採用基準とかどうなってるんだ……
いやこのカオスな感じが見てると楽しいんですが。
華の兵器としか思えないチョコとか巻き込まれたくはないですけど。

WEB版 WORKING!!(2) (ヤングガンガンコミックス)
高津 カリノ
スクウェア・エニックス
2015-08-25

WEB版WORKING!! 1

ico_grade6_3
「俺の来年の目標・・・そうですね」
「『負けるな俺!!』」


現在3期のアニメが放送しているワーキング。
その作者がWEBの自分のサイトで掲載していた「もうひとつのワーキング」。
REオーダーで登場しているキャラもいて、あっちはカップルになった後の話だったりするので、盛大なネタバレも良い所ですが。
WEB版は既読なので流れは把握しているんですが、つい購入してしまいました。
斉木君の母語が英語に変わったり、変更点がいくつかありましたねー。

まぁ、ワーキング描いている作者の作品なので、ある意味いつも通り。
よくこの店つぶれないなぁ、という変り者の店員がそろっております。
なんだろう、ファミレスのフロアチーフって武闘派でないとならないみたいなローカルルールがあのチェーン店にはあるんだろうか……

父親の会社が倒産し(次の仕事は決まったが、給料が下がる)、定期代その他の為にバイトを始めた高校生とか。
同じく失踪した父親の残した借金があり、幼馴染の少女にいびられている青年とか。
確実に何か見えているのに、幽霊を信じない女性とか。シングルマザーだとか。
「ワーキング」の方と比べると、キャラの背景が濃いというか重い部分が多いですよね。
それでもコミカルに見えるあたり、さすがとしか言いようがない。
……割と毒されてきているという証明でもあるような。

WEB版 WORKING‼(1) (ヤングガンガンコミックス)
高津 カリノ
スクウェア・エニックス
2015-07-25

WORKING!! Re:オーダー

ico_grade6_3
「伊波さんって人の意見に流れがちなところありますよね ダメですよ」
「そうかも… ごめんなさい…」
「伊波さん」
「人のまねではなく 俺達らしい御つき合いをしましょうね」


三期アニメが好評放送中のワーキング。
特典としてあちこちに書き下ろしていた4コマ等が収録されています。
それが半分くらいあって、残りの半分が完結後のエピソード。

1巻の特典から最新のものまで絵が変わっていってるのが分かりますなー。
種島をからかっている時の佐藤が、本当に生き生きとしていて……
本屋で高い所のものが取れずに困惑してたら、颯爽と現れてもっと高い所に置くとか、いったい何が彼をそこまで種島いじめに駆らせるんだ……
あと、6巻のとらのあな特典で、種島使って変わり身の術実施したりとかは笑えました。

番外編「REオーダー」はキャラごととかカップルに焦点を当てた番外編。
あぁ、店をでてもいつものノリだなぁ、と。
WEB版ワーキングのキャラも登場したりしていますが、まぁ、あっちはあっちで今度単行本化しますからねぇ。
その誘導っていう意味でも、いいタイミングで出ているような。

ファッション感覚で「たまにはいいかな」と刀持ってくるあたり八千代はさすが……
友人と会わなければいいかと受け入れる佐藤も佐藤ですが、見事に友人と鉢合わせて笑った。
流れで八千代の母親と遭遇してましたが、なんか微妙にすれ違った状態で、相互理解を得ているような。

小鳥遊と伊波は……うん、幸せそうでいいんじゃないですかね。
くっつくまで長かった分、普通にデートしたり、小鳥遊が最後照れたりとは微笑ましかった。
まぁ、伊波の友人が陰でこっそり見守っているのを普通のデートというのはアレですが。
変り者同士だから、それでもいいかと思えてしまう不思議……


WORKING!! Re:オーダー (ヤングガンガンコミックス)
高津 カリノ
スクウェア・エニックス
2015-06-25

ブタイウラ 上/下

ico_grade6_3
「ちゃんと馴染めるかちょっと心配です……」
「大丈夫だよ時間がたてば慣れてくるって うーんそうだなぁ早くここに馴染むにはー」
「とりあえず血に慣れることかな!」
「ここサーカス団ですよね!?」

WEBで連載していたブタイウラがついに単行本化。
冒頭の何話かは、ちょっとつながりわかりにくいかなーという事で描き下ろして、残りはイラストだけリライトしたものになっているそうです。
サーカスをしないサーカス団にいる変人達のお話。
まぁ、サーカス団の人だけじゃなくて、この町にいる人たち大概変なのばっかり登場してるんですけどね。

恋人に色目使うような輩を爆破するルースとか。
気が付くと怪我している阿呆の子リナカと、血が駄目で医者な実家から逃げた果てにリナカの面倒見ているアレス。
「おれ・・・ここでうまくやっていくにはどうしたらいいんでしょう?」
「知るか せいぜい苦労するがいい 昔の俺と同じように!」

とか、アレスがいい性格しているなぁ、と再実感。他人事だとすごく楽しそうです。

下巻の方にもヒシンが帰った後のエピソードがちょろっと乗っていたりしました。
もうちょっとオマケあるとうれしかったですけど、まとめて読めるだけでありがたいですかねー。
短くまとまっているので読みやすくていい感じです。
購入迷っている人はWEB版も残っているので高津さんのサイト見てみるといいんじゃないかと。

ブタイウラ 上巻 (ヤングガンガンコミックス)
高津カリノ
スクウェア・エニックス
2014-12-25






ブタイウラ 下巻 (ヤングガンガンコミックス)
高津カリノ
スクウェア・エニックス
2014-12-25


WORKING!! 13

ico_grade6_3
「というわけです」
「……よくわからんが」
「お前の母親頭おかしいな」
「そこだけわかってもらえれば十分です」


そんな感じで、頭おかしい小鳥遊の母に振り回された最終巻でした。
もう感想それだけでもいいんじゃないかなぁ、というか。
予定調和な結末だなぁとは思いましたがその分ダラダラとイベント消化している感じがって少し残念。
前に小鳥遊と姉妹が「母親は……いないことにしておこう」みたいな会話してましたが、なんか納得できるような。

佐藤さんと付き合いだした、八千代さんが、きょーこさんトークの他にさとーくんトークを会得していて、この人本当にしゃべるの好きだなぁというか。
最初の標的になった美月は5時間ぶっつけで話されてフラフラでしたが。
……5時間も話していていいのかチーフ。
おまけページで佐藤はちゃんとデートに誘ったりしているけれど、「未だに緊張するので日々胃薬片手に頑張っています」とか言ってましたけど。

小鳥遊も思いが定まって、行動を起こそうとしてましたが。
母親に引っ掻き回されて。
女装したり、女装したり、バイトやめさせられそうになったりと散々ですね。
……割といつもの小鳥遊っていう感じもしますが。

なずながどんどん恐ろしい方向に成長していって彼女の未来が怖い。
それぞれ楽しそうな日常を過ごせているところで落ち着いたみたいですし、よかったんじゃないですかね。
特別篇とかアニメ三期とかの予定があるみたいですけど。

WORKING! ! (13)完 (ヤングガンガンコミックス)
高津カリノ
スクウェア・エニックス
2014-12-25

プロフィール

ちゃか

 友人に「活字中毒っていうか読書中毒」と評される程度には本が好き。適当に感想を書いていく予定。リンクはフリーでコメントはご自由に。悪質と判断したものについては削除する場合があります。

アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索