ico_grade6_3

「私は……凛太朗君には、瑠奈さんと一緒に居て欲しいかな」

 

ロクでなし魔術講師と禁忌教典書いてる著者の新作。

世界に迫る危機を救うために、それに対抗できる王を選ぶ戦いが行われている世界の話。

戦いに勝利したものは、世界全てを支配する力を得るとともに、危機に立ち向かう義務を負う、と語られていましたが。

……王になったところでその義務を遂行するような素直なキャラが居るようには見えませんでしたが。

 

何でもできるがゆえに、暇つぶしと称して、この戦いで最弱と噂される陣営に力を貸すことにした主人公。

「力を貸してやるよ」と上から交渉しようとしたら、「そんなに私の臣下になりたいのね! 採用!」と最弱候補に逆に上に立たれて、振り回されていくことに。

基本スペック高いから、唐突な無茶ぶりでもこなせてしまうあたり、トップの暴走を助長しているような気がする。

一通り動いてから「どうしてこうなった」となっている様子を見るのは笑えた。

まぁ、彼自身、何でもできてしまうから枯れていた部分はあるようですし、そうやって振り回されて、年相応に困惑したりしてる方が、糧になるでしょう。

 

アーサー王を決める戦い、と言うだけあって円卓の騎士を部下に王として戦いに臨むわけですが……

一巻目からランスロットとガウェイン出して、大丈夫なの? この後の敵どうするんだ。まぁ、王はそれぞれ特殊能力付きの剣を持っているようですし、その辺で差別化図ったりするんだとは思いますが。

これからの盛り上がりに期待、という感じ。一先ず2巻が出たら買おうかなぁ。