気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

丈月城

神域のカンピオーネス2 ラグナロクの狼

ico_grade6_3h

「さらばだ、旅の仲間よ。ひとときの戦友にして、不倶戴天の宿敵であるはずの男とその供たちよ。願わくば、何処かで再会したときにも、友のままでいたいものよな!」

 

1巻の最後で、絶対あの人だ……とは思っていましたが。

案の定、ヴォパン侯爵が登場。いやもう、相変わらず好き勝手やってるな、この御仁。

しばらく死んでいた、ってのは多分魔王内戦時の時の事だと思いますが。肉体が滅び、魂が消滅寸前に行ってなお滅びず。

どうにか踏みとどまって、力を蓄え、転生したと。一部の権能を失ったとも言ってましたが。いや本当カンピオーネってどうやったら死ぬんだ、コレ。

転生までされたらお手上げじゃない?

 

飄々と生きている蓮がこれまでの神殺したちとはまた雰囲気が違って、見ていて楽しいですねぇ。

日々を楽しく生きているというか、何があっても動じないタフさがあると言いますか。

発生した特異点を解消した際使った出口は地中海のシチリア島とつながっていて。

蓮達は、つかの間のバカンスを満喫していますが。

梨於奈はあくまで日本に属する霊鳥の化身で、即座に帰国せよと日本のお偉いさんたちからの指示が出ている様子。

彼女はそうした上とのやり取りや柵をうざいと感じつつ、日本と深いつながりと持つがゆえに他所に所属を移すのもはばかられる、と。

 

ジュリオが中々愉快な提案をして蓮も乗り気なのにはちょっと笑いましたね。

これまでの同作者の主人公とは違う個性を持ってるなぁ、蓮。肉食系という意味では『クロニクル・レギオン』は相当でしたけど、征嗣ともまた違う感じの積極性というか。

しかし、彼の性格とステラの能力故ではあると思いますが、神々とも気安く交流しているあたりは大物ですねぇ。

 

神話世界で起きたトラブルを解消して、地上に迫っている災厄を未然に防ごうとしているわけですが。

……これが仮にドニとかがこの世界に来たら、神様連続斬りとか初めて、権能がとんでもないことになりそう。侯爵がそういう事しないかって言うと、全くそんなことないですけど。

今回だって、北欧神話の世界とつながって、フェンリル解放して暴れまわって、ラグナロクまでのカウントダウンを加速させたわけですし。

絶対また横やり入れてくるんだろうなぁ、と思うと。破滅予知の時計を管理しているジュリオの神経がもう少し細かったら絶対倒れてるぞ、コレ……。



神域のカンピオーネス トロイア戦争

ico_grade6_3

「決闘とかケンカなら、僕は別に弱くないんだ。むしろ強い方……いや。たぶん、かなり強い方だと思うね」

 

「カンピオーネ」を描いていた作者の新作。

タイトルからして薄々予想はついておりましたし、帯でそもそも「新たなる○○○のファンタジー」とか書いてる時点で裏表紙あらすじの「何の力も使えない素人」って部分は嘘だ! と思いながら読んでいましたが。

 

神話の世界とつながり、災厄を齎す異空間「サンクチュアリ」。

サンクチュアリ内で神々があれれば、それは地上にも影響を与える。

という事で、専門知識を持つ少女と、なんちゃって素人の蓮が内部に踏み込んで、空間の歪みをただすべく動いていますが。

 

こちらからサンクチュアリに踏み込んだ、って言うのもあるでしょうし。

今回の根幹がトロイア戦争だったって言うのもあるでしょうが、神々との距離がかなり近かったですねぇ。

そういう意味では蓮みたいに飄々とした性格の方が、この世界にはあってるんだろうなぁ、とか思いました。

 

こんな所に「カンピオーネ」世界の神殺し放り込んだ日には、ボーナスステージとばかりに権能増やしまくって手に負えなくなるのでは。

なんか最後、どこかで見た事あるようなエメラルドの瞳の狼のような男が出てきてましたが……え、あの人の若い頃なのアレ……?

今回はなんか機嫌よかったっぽいですけど、絶対なんかよからぬ騒ぎ引き起こしますって、あの御仁。

「カンピオーネ」のキャラ達とはまた少し違った獣の話、満喫しました。




クロニクル・レギオン7 過去と未来と

ico_grade6_3h

「はい。くわしいことはまたあとで。今はとにかく――わたくしたちの未来の為に、戦っていただきたいと思います」

「承知した」

 

シリーズ完結巻。

まだまだ続けられそうではありましたが、区切りとしてはいい感じではないかと。

照姫の暴走を鎮め、皇城に君臨した征継達。

衛青将軍も協力してくれて、陣営は更に強力になっていましたが、これまでの庇護者であるカエサルがそれらの行動を見逃してくれるはずもなく。

 

あちらも戦力を整えて、皇都に向けて進軍を開始して。

まぁ、志緒理たちも手をこまねいているはずがなく、大英帝国側の協力を得たりと根回しを進めていた辺りは流石。

カエサルもただやられるだけではなく、やり返してくるあたり厄介な御仁ではあります。

 

そしてカエサルが引っ張り出したローマの切り札、ジェベとブルータスという二人の復活者。

因縁の対決と、対応が困難な武勲とで征継も一度は倒れしまってましたが。

これまでの積み重ねもあって、何とか復活。……まぁ、当然のようにやることはやってたんだなぁ、という感じではありますが。

予想外の事がありながらも、目的を達成した志緒理達の奮闘にはただただ感心するばかりです。



クロニクル・レギオン6 覇権のゆくえ

ico_grade6_3h

「オレが衛青将軍の立場なら、もっと手段を選ばずに成り上がってみせるぞ」

 

積読消化―。

というか消化はしていたんですが、「読んだけど感想書いていない山」に埋もれてたんですよね。

……俺の部屋、本の山ばっかりだな……もうちょっと整理したいとは思っているんですが中々時間が。

 

閑話休題。

照姫の行動によって混乱している状況。

衛青将軍がローマ帝国から離れ、皇城を制圧。女皇を従えて実験を握ったり。

カエサルが呼び寄せた正体不明の英雄がリチャード獅子心王を打倒したりと、各地で騒動の種がつきません。

 

衛青将軍の行動は志緒理たちにとっても青天の霹靂ではありましたが。

そこで驚きながらも足を止めず、対策をきちんととれる辺り主人公たちの陣営は厚いですねぇ。

照姫は、その立場故に仕方ない部分はありましたが、頼れる側近とかいなかったからなぁ……

 

不利な状況に陥った中で、志緒理はまた命を削る決断を下して。

ここで迷わない辺りが彼女の覚悟を物語っていますけど。状況を鑑み、諦めないための一手として、自ら代償を背負うって言うのは、中々重いなぁ。

それを補佐するために、征嗣たちが尽力しているのでしょうけど。



カンピオーネ!XXI 最後の戦い

ico_grade6_3

「じゃあ、ひとつ往ってみるか」

「ええ。どこまでもあなたについていくわ」

 

長く続いたシリーズ、遂に完結。

盛り上がり的な意味では、魔王内戦の方が面白かったかなぁ。

ラスボスよりラスボス前の内ゲバの方がヤバいってどうなんだって感じですが。

ラーマもこれまでのまつろわぬ神とは結構雰囲気違いますし、そもそもここに至るまでに何度か戦っていますしねぇ。

 

魔王たちは、内戦でまだ切っていなかった札を見せたり、一時的な同盟を結んだりと、神殺しらしい手段の選ばなさで笑えたんですが。

広げた風呂敷を畳む段階になって、ちょっと失速してしまった感じがるのは少し残念。

ただ、しっかりと長いシリーズを完結させてくれたのは、本当にうれしいです。

 

最後の王を倒して終わりにするのではなく、その先をしっかりと掴み取った。

結果的に破壊をまき散らすけれど、倒した神を殺して権能を奪うのではなく、1巻から見せていたように、手を引くなら見逃す、といった姿勢を貫いてきた彼だからこその答え、という感じがしますねぇ。

……結果的にあちこち破壊してしまう辺り、生粋の魔王様ではあるんですけどねぇ。

 

最後、アイーシャ夫人の権能で他所に飛ばした魔王を回収する作業に入っていましたが……

教主と黒王子は自力で世界を渡る術会得して好き勝手しているようですし。

ドニは回収したけれど、彼は彼で同じように異界渡りするすべが無いか探っているとか不穏だし。

ドニとスミスを回収し、アレクと再会し、教主の情報を掴んでなお肝心のアイーシャ夫人を回収できてない辺り、ヤバそうな臭いがしますねぇ。

絶対またロクでもない事してるってあの人……




盟約のリヴァイアサンⅧ

ico_grade6_3

「どういう形であれ、まともに対決したらアンタ達の負けよ。この大勝負、どこまでズルをできるかが最後の決め手になるんだからね……」

                                            

久しぶりに出た新刊にして完結巻。

雪風の姫との戦いの、決着までが描かれています。

パヴェル・ガラドを辛くも撃退した直後に姫が、試合仕掛けに来るんだからせっかちですな。

そこを口八丁で時間を稼ぐ晴臣も相変わらずと言いますか。

時間は得られたものの、雪風の領域に招かれての休息時間となり、その中でもヒントを探して動いてますが……流石に竜王はかなり厳しい相手で。

勝ち目がない、と評価されていましたが……実際晴臣が善戦したところで、届かずに蹴散らされてましたねぇ。

 

そこで諦めずに復活してくるあたりは、人間臭くていいと思いますね。

ソフォクレスが自身の行動原理を語る場面もありましたが……一部分は納得できないでもない、けど確かな狂気も感じられて。おっかない手合いでしたね。

一度は撃退してましたが、絶対また晴臣たちの前に現れそうな雰囲気はある。

 

M部長のアドバイスを受けて、晴臣がはっちゃけてましたね。

彼が最後に放った大技は、下手するとほんとうに人類滅亡コースだったわけですが。それを思い切ってやってしまうあたり、清々しさすら感じる。

荒事の果てに、晴臣が本業に立ち戻るって言う終わり方は中々いい感じだと思いました。他社シリーズも完結に向けて動いていますし、また新作に期待したいところですが。どうなるかなぁ。

 

カンピオーネ!20 魔王内戦2

ico_grade6_3

「人間たちや神殺しとさえも通じ合おうとする異端の英雄には――同じく、変わり種のカンピオーネが相応しいと思うのだよ。ぜひ、ふたりの対決を実現させてくれ」

                                                                                                                            

魔王同士の争い、という事で。

巻頭にカンピオーネが今持つ権能が掲載されているのはありがたい限り。

コミックス版で紹介したときの方が詳しい項目もあるけれど、そちらでは紹介してない権能もこっちには乗ってるとかなんとか。

コミック版の方は手を出してなかったので、ちょっと見てみたいところ。

 

魔王たちの内ゲバだけでも大惨事なのに、ラーマの弟まで現れて引っ掻き回しに来るんだからたまりませんな……

カンピオーネは誰も彼も「殺しても死なないだろコイツら」という御仁ですが。アイーシャ夫人の回廊に放り込まれたスミスが即座に戻ってくるのはさすがに予想外。

いや、過去に送り込まれたのち、数か月の大冒険を経て戻ってきたらそんなに時間たってなかった、って話みたいですけど。

アイーシャ夫人が居なくても戻ってくるあたり、もうどうやったら死ぬんだコイツら……内戦から排除するのだけでもかなりの難題ですよね。

 

攻撃手段が「剣」しかないドニが切り札を披露してましたが……アイツなんでもアリかよ……

古参のカンピオーネ二人が、アイーシャ夫人の回廊への対策をしっかり取っていたのも、流石としか言いようがありませんが。

仕込みをしていたスミスも、油断ならない。自分で、自分を排する作戦を立てるスミスも凄いが、それに速攻でのるアレクも変人ですよね……

 

スミスが変わり種のカンピオーネだから、と護堂を最後の一人として推薦してますが。むしろ変わり種じゃないカンピオーネなんているのかよ、とツッコミを入れてしまったんですが。

次回、最後の闘い。カンピオーネは一時退場しましたが……神様の陣営にあまり欠けが無いのはちょっと不安要素ですね。

一戦ごとのボリュームが減ってしまうのではないか、と心配してます。最終決戦なら、それらしく盛り上げてほしいですしねー。護堂が死ぬ心配は全くしてません。殺しても死なないだろうし。えぇ。

 

カンピオーネ! 19 魔王内戦

 ico_grade6_3h

「夫人がどういう人間かは承知しているな? おまけに、日ごろから幸運と不幸のマイレージをたっぷりためこんでいる女性だ。俺は――ここぞとばかりにとんでもないやらかしをされそうで怖い。とても信用する気にはなれん」

 

カンピオーネが居ればいるほど強くなる、『最後の王』ラーマ。

護堂はかろうじて彼を追い払いましたが、問題が全て解決したわけではなく。

カンピオーネの人数分強化されるなら、カンピオーネ同士で戦ってその戦いの覇者が代表として戦えば良い!

と即座に、全員が思い至り、行動を開始している時点でどいつもこいつもろくでもないな……

 

護堂がラーマと戦ったという事もあり、カンピオーネたちは続々日本へとやってきて。

……編纂委員の方々は、胃が痛くて仕方ないんじゃなかろうか……

折角の機会だから、と開始の時間を決めて戦い始めることになりましたが。

誰もかれもが権能の大盤振る舞いというか、被害が拡大していく一方で。

まぁあくまで程度問題で、都市の一角でヴォパンが人々を塩の像にしてしまったり、翠蓮が魔の森作り上げたりしてるんですが。

 

開幕直後、魔王たちの一番の標的はアイーシャ夫人。

あの人が一番何をしでかすか分かりませんからね……よくわかります。

戦闘能力高い他の神殺しにアレだけ狙われて、何とか逃げ延びられているあたり、アイーシャ夫人も流石というか。

神殺しの魔王たちのほぼ全員が警戒していて、真っ先に排除に来るのもうなずける。

最後の二人になるまで協力して、そののち決戦を行おうとヴォパンと翠蓮の同盟が締結してるのも恐ろしいなぁ。

……ドニが嬉々として引っ掻き回しに来たので、彼の行動にも期待したいところです。

 

アイーシャ夫人が翠蓮の術で戦力外。アレクは自らの権能、大迷宮に避難中。

スミスが妖精の通廊でどこかへ……

となるとアイーシャ夫人とスミスは、内戦脱落かって感じですが。スミスは何か事前に仕込みしている描写があったので、そのうち帰ってきそうだなぁ。

 

カンピオーネ!Ⅷ 受難の魔王たち

ico_grade6_3h

「いいえ。ですが、今の話と関係のある者です。何しろヤツは近隣の人里を次々と歩き回って、見かけた女性全て――少女から老婆まで見境なく木の枝で斬りかかったのです。一七〇人目でとうとう剣を避けられ、それが聖ラファエロだった……という見つけ方をした、というド阿呆ですから!」

まぁ、打ち込みはすべて寸止めで、怪我人を出さなかったことだけは称賛に値しますが。

 

8巻は短編集。

護堂のはとこがやってきて「東京にいる恐怖の魔王を説得したいから手伝って」と頼まれる話。

……相談する相手が悪かったなぁ。その魔王本人ですよ、彼。

いやまぁ、下手にカンピオーネの情報を探っている危険人物として、ちょっかい出されなかったのはその魔王様本人がいたからって面もあるんですが。

 

エリカとリリアナの過去のエピソード。

正式に騎士として叙勲され、ある祝福を得る為に修道院を訪れた二人。

偉大な先人にならい、優れた武具を得たいと試練を望んだエリカと、巻き込まれたリリアナの話。

そして、迷惑な王様の話でもありました。人探しをする、その方法が荒っぽすぎる……

 

後は、プリンセス・アリスとカンピオーネの一角であるアレクの挑んだ事件について。

最もアレクはカンピオーネの名に恥じないトラブルメーカーなんですが。

興味半分の調査という軽い気持ちで出かけたら神様と戦う羽目になってますし。……準備が不十分でも勝利してしまうあたり流石魔王。

 

おまけで護堂が霊薬を飲んで不思議な夢を見るエピソードもありましたが。

……吹っ切れたら護堂はあそこまで至るのか、と思うと爆ぜろとか思いますね。一度や二度爆ぜたくらいじゃ死にませんけどねぇ。

 

カンピオーネ!Ⅶ 斉天大聖

ico_grade6_3h

「女の子ひとり見捨てて、もっとたくさんの人を助ければいいとかいうヤツは、自分で神様と戦えばいい。俺の知ったことじゃない。でも、俺にどうにかして欲しいなら、俺の流儀に合わせてもらう。要はそれだけの話です。他人の力を当てにするなら、四の五のうるさいことをいうなってことですよ」

「ご尤もな仰せですねェ。草薙さま、それこそまさに魔王のお言葉です」

 

羅濠との戦いで疲弊したところに、まつろわぬ神・斉天大聖が現れて。

復活早々で日光を己が王国に変貌させるあたり、神様って厄介だなぁ。

そして、6巻の冒頭で唐突に登場していたジョン・プルートー・スミスが来日。

ここで登場するために、あの章が差し込まれていたんですなぁ。

 

経歴を踏まえ、若輩の一手で意識を失ったことを「敗北」と認める羅濠は潔いですよね。

「我が誉れのためにあなたを救う」と言い切る姿勢は清々しいものがある。

……斉天大聖復活させようと引っ掻き回したのもこの人だから、自作自演というか封印されても自業自得な感じがしますけど。

最もそうたやすく封じられてくれるはずもなく。後々自力でぶち破って復活するんですがね……

 

護堂が今回で、全部の化身を顕現したことになるんですかね。

再戦に燃えてるどこぞの人達がいるから、この後大変だろうなぁ。

まぁ、実際にどんどんカンピオーネらしくなっていく護堂は、この後も騒動に巻き込まれていくというか、自らツッコんで火種を大きくしていくことになるんですがね。

カンピオーネ三人による共闘とか、恐ろしいとしか言えない状況。

とりあえず言えるのは、三対三だった割には、被害少ない方じゃないですかね……ってことぐらいだろうか。

 

 

プロフィール

ちゃか

 友人に「活字中毒っていうか読書中毒」と評される程度には本が好き。適当に感想を書いていく予定。リンクはフリーでコメントはご自由に。悪質と判断したものについては削除する場合があります。

アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索