気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

不二涼介

シャングリラ・フロンティア~クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす~3 エキスパンションパス

ico_grade6_4

「見てなよセッちゃん 勝つか負けるかの大博打」

「私の全部をベットしてでも勝ってやる」

 

ヴァッシュに課せられた、連戦クエストをクリアしたサンラク。

しかし、即座に分かるような報酬はなく。末尾にEXとつく新たなユニーククエストを受注する事に。

とは言え、これWEB版でもまだまだ全貌が明らかになっていない気の長いクエストなんですよねぇ。じわじわと近づいている感覚はあるんですが。

 

悪い意味で有名になってしまったサンラクが、姿を隠すために入手した装備が、獣人族の祭祀用の衣装というのも気になるんですよねぇ。

手が使えなくなる装備を付けた状態で、PKとの鬼ごっこを制する当たりとかクレバーで好き。

その後、待ち伏せに成功したサイガ-0氏からフレンド申請されたりしてましたが。もっと押すんだヒロインちゃん……。亀の歩み過ぎる。真奈さんの「はよ告れー」が笑えて好き。

 

新エリアで、新しいモンスターが登場したり。

後半には装備も新調されて外観が変わったりと、作画コスト高そうですけど、う甘い事コミカライズされていて違和感がない。

いやぁ、これで週刊連載してるって言うんだから不二先生凄いな……。

 

PKerながら別ゲーの知り合いでもあるペンシルゴンから、サンラクとプロゲーマーで二人と縁があるオイカッツォが誘いを受けてユニーククエストに挑むことになって。

事情説明とレベリング等を行ったところで、終了。ウェザエモン戦が今から楽しみになる感じで良かった。

 

巻末の小説は、魚臣によってオイカッツォが作られるまでの経緯「メイキング・オイカッツォ」。彼がシャンフロに手を出していなかったのは、タイミングを逃していたから。

そして、始めた理由が友人が始めたから、というのが良いですよねぇ。

なおそうして出来上がったキャラが、特徴的だったのはえぇ。まぁ、そういう事もあるでしょう。早く聖杯ゲットして。

 

エキスパンションパスの特典部分は「ファイブワールド・ファイブマッチ」。

カッツォとサンラクが、主張が譲れない時にやったりする、5つのゲームでそれぞれ試合をやって勝敗を決めるバトルだそうで。

「場合により財布にハードな決闘方法なのだ!!」とか書かれてて吹いた。

カッツォは王道格ゲーを、サンラクはクソゲーを提案してきて、相手の土俵で勝ちを拾うことすらある当たり解釈一致でめっちゃ楽しい特典だった。


シャングリラ・フロンティア~クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす~ エキスパンションパス2

ico_grade6_4

「「負けイベント」でもねぇのに諦める?」

「未攻略のゲームで手を抜くなんて」

「ナンセンスだろ!!」

 

週刊連載だとコミックペースが早いな……あっという間に発売となった2巻。

しかしイラストが付くと、「鳥面半裸マーキングと首輪付き~喋る兎を添えて~」は反則的な画だな……インパクトしかない。

喋る兎が可愛いからって話しかけた初心者二人は、素直に凄い。

 

まぁゲームだから、変わった装備の人もいるだろうと割り切れる部分ではあるか。その後、盗撮してアップしてしまったのはいただけませんけど。

ただ、掲示板回の演出は上手くて、流れるように多くのプレイヤーが連れてるのが面白かった。

「喋る兎」を連れた、リュカオーンの呪い持ち。そりゃ、未だ一人も最強種を倒せてない状況だったら注目されるよなぁ、という感じ。

 

エムルと言う強力なサポーターを得て、フィールドボスを超えて次の街へ。

そこでPKを含む上位プレイヤーに追いつかれて戦闘に。ペンシルゴンがとても楽しそうで何よりですね……。

鉛筆王朝とか、見ている分には楽しそうだけど巻き込まれたくはない。

最大火力が連れて「会いに来て良かった」してる場面、本当に生き生きとしてましたしね……。

その前の、「全然見つからないですぅ」してるヒロインちゃんも可愛かったです。コミカライズして良かったぁ。

ヴォ―パルコロッセオの「パラサイトテンタクル」の初出時のコマがコミカルで笑えて好き。楽しいコマが多いので永遠に語れそうですね……。

 

巻末には描き下ろしの「敗北者は明日を恐れない」。

原作でも登場している、VRアイドル笹原エイトがリアルで知人と飲み会をする愚痴イベント。まぁ、実利あるゲームイベントと被ったのはしゃーない。

飲み会回楽しかったので、たまに出て欲しいな。

 

エキスパンションパス付属小説の方は、「巨人殺しの第一筆」。

ルビはビギニング・ペンシルということで、そのままアーサー・ペンシルゴンのシャンフロデビューと、PKスタートした下りの話ですね。

PKクラン「阿修羅会」を結成する流れと、それに敵対するプレイヤーも盛り込まれていて満足度の高い短編でした。

シャングリラ・フロンティア~クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす~1 エキスパンションパス

ico_grade6_4h

「今は無理でもいつか俺が…」

「必ずお前を倒すからな…!!」

 

小説家になろうで連載中の作品『シャングリラ・フロンティア』、そのコミカライズ……なんですが。

小説本編の書籍化を経ずに、いきなりコミカライズして。その上、アプリとかではなく、週刊マガジン本誌でも連載している異色の作品ですね。

WEB版には最近になって手を出したのですが、面白さにハマって最新話まで一気に読みましたね……

 

舞台は、フルダイブ型VRゲームが主流となった近未来。

副題に「クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす」ある通り、主人公の陽務楽郎は主に「クソゲー」と言われる、バグ山盛りだったりキャラに難があったりするゲームを愛するゲーマーであった。

 

特別「クソゲー」と評判なゲームをクリアし、軽く燃え尽きていた彼に、行きつけのゲーム店店長が「逆に神ゲーやってみたら」と勧めて。

WEB版だと自分から手に取ってるんですよね。ヒロインの玲の登場も後ろの回だったりするので、コミカライズにあたってうまく見せ方を変えてる感じがします。

 

フルダイブ型VRゲーが発展した世界であっても、更に五世代先なんて噂が出るくらい先進的なゲーム。それこそが、『シャングリラ・フロンティア』。

クソゲーとはいえ数多のゲームをクリアしてきた経験は、神ゲーで遺憾なく発揮されて。

開始位置がランダムスタートで、速攻でモンスターと戦う羽目になっても適応して、始まりの街に立ち寄らずにフィールドボスに挑んだり、中々ピーキーな立ち回りしてますね。

 

元々がクソゲーマーなせいで「バグらずにプレイ出来て凄い!」とか、感性が毒されてるのが笑えます。

自由に暴れまわる中で彼は、このゲームにおける目標を見いだして。それに向かって走ることを決意するわけですが。

序盤も丁寧に描いてくれているので、この調子でコミカライズ進んでいってほしいですねー。

 

エキスパンションパスは、俗に言う特装版ですね。

ヒロインのPC、サイガ-0が「最高火力」と呼ばれる称号を勝ち取るまでが描かれる、書き下ろし小説が収録されています。

厳密にはエピソード前編~後編は週刊マガジン連載時にも掲載されてて、その後ろに番外編が書き下ろされてる形。

番外編で、最前線の廃人ゲーマーたちの楽しそうな準備を見てるのも中々楽しかったです。

 

「人外魔境」という、WEB本編など読んでる人から外道トリオとか言われる三人が『ベルセルク・オンライン・パッション』でバトル面白エピソードも書き下ろされていて、満足度の高い1冊でした。

 

本編とは関係ないですけど、電子版でも特装版だしてくれるのは正直ありがたいですねー。

収納スペース問題はかなり切実なので……。

週刊少年マガジン2020年38号

ico_grade6_4

シャンフロコミカライズの感想―。


続きを読む

週刊少年マガジン2020年36・37合併号

ico_grade6_4

シャンフロコミカライズの感想!

合併号なので、次号発売は再来週かな?

今回は、4話目にしてセンターカラー。単行本1巻の情報も載ってましたね。

1016日発売予定で、硬梨菜先生の書き下ろしサイガ-0の「最大火力」獲得の瞬間を描く書き下ろし小説付の特装版も同時発売予定だとか。

……特装版かぁ。まぁ多分買うんですけど、スペースの問題で最近は順次電子に移行してるので、そこだけちょっと悩ましいですね。


続きを読む

週刊少年マガジン2020年35号

ico_grade6_4

シャンフロコミカライズの感想だー!

なにやら反響凄かったらしく、次号ではセンターカラーだとかなんとか。

凄いなシャンフロファン……

続きを読む

週刊少年マガジン2020年34号(シャンフロコミカライズ)

ico_grade6_4

シャンフロコミカライズの感想!
今週も面白かったですねー。いやぁ、生きてて良かった。

続きを読む

週刊少年マガジン 2020年33号(シャンフロコミカライズ感想)

ico_grade6_4

小説家になろうで人気の『シャングリラ・フロンティア』、そのコミカライズ。

書籍化するより先にコミカライズするとは正直予想外。

今年読み始めた新参ですが、面白くて最新話まで一気読みしてしまったので、そのうち書籍化はするんじゃないかとは思ってたんですが。

 

VRMMOをテーマにした小説なので、現実のキャラ以外に、ゲームのPCのデザインも必要になるので、コミカライズはハードル高いと思ってたんですよね。

メインとなるシャングリラ・フロンティア以外にも、別ゲープレイしている時もありますし、情報量が多いんだよなぁ……

でも、1話読んでみたところ掴みはバッチリだと思うので、この調子で続いてほしい所です。


以下、本編感想。WEB版も読んでるので、その辺のネタに触れるかもしれません。ご了承の上ご覧ください。


続きを読む
プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ