気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

丹地陽子

菓子屋横丁月光荘 浮草の灯

ico_grade6_3h

「そういうこと。まわりの意見にとらわれていろいろ迷うけど、人は意外と自分のしたいことをはっきり持っている。それさえわかればいいと思うんだ。そのときにしたいことをするしかない。未来のことはわからないんだから」

 

「浮草の灯」、「切り紙」、「二軒家」の三話収録。

川越の街で、縁が出来て悩みを聴いて。それぞれの道を進み始めるお話。

人間どうしたって迷うことはあるもので。

今自分のいる場所は確かにある。けれど、これからもここにいるのか。いていいのか。はたまた別の道を探すのか。今回はそういう話が多かったですね。

 

たとえば「浮草」。『三日月堂』でも出て来た古本屋。

そこでバイトをしている女子大生は就活中だが内定がなく、病をわずらった店主から、店は残るからこれからも働いてほしいと言われた。

たとえば、木谷ゼミの先輩。実家は紙屋だったが親に反発しIT会社に就職。だが、勤める中で齟齬を感じていた。そこに企業を予定している人から声をかけられて。

あるいは幽霊話に惹かれて来た少年。彼の家で起きていた問題と、流れた涙のこと。

 

色々と条件、状況は違いますが。

結局は、冒頭で引用した先生の言葉が全てのように思います。

判断を迫られたとき。分岐に差し掛かった時。自分が、なにをしたいのか。

誰かに相談する事があっても、決断するのは自分なんだという話。

だからって他の人がどうでもいいなんで事ではなく。支えてくれたり、残してくれたものがあるからこそ踏み出せる事もあるわけで。

今は懊悩の闇にあれど、これまでの積み重ねは灯りとなって、これからを照らしてくれることでしょう。相変わらず優しく温かい物語でした。

菓子屋横丁月光荘 浮草の灯 (ハルキ文庫)
ほしおさなえ
角川春樹事務所
2019-06-12


菓子屋横丁月光荘 歌う家

ico_grade6_3h

――行っておいで。

「行ってきます」

 

同作者さんの「活版印刷三日月堂」も川越が舞台でしたし、ちょっと気になりますねー。

いつか行ってみたいです。

発売日に買ってたんですが、積んでるうちに2巻出ちゃって焦って読みました。

 

家の声が聞こえる。幼少期から不思議な力を持つ大学院生、守人が新たな住み家を見つけるまで。

両親を亡くし、祖父に引き取られて。祖父との折り合いも悪かったものの…先日亡くなって。大学院への進学が出来たものの、親族は早く家を出ないかと匂わせて来て。

もっと荒れててもおかしくない経歴ですが、かなり真っ直ぐ育った好青年といった感じ。

 

縁あって、川越にある古民家で住み込みの管理人をすることになって。

元々人当たりの良い青年でしたが、それでも過去のあれやこれは彼の心に沈んで澱のようになっていて。

心の固くなっていた部分が解されていくような、暖かい物語です。

 

菓子屋横丁月光荘 歌う家 (ハルキ文庫 ほ 5-1)
ほしおさなえ
角川春樹事務所
2018-08-09


小説の神様

ico_grade6_3

「俺は、お前が屑だとは思わない。退屈だとも、空っぽだとも、日陰だとも思わない。お前は凄い奴だよ、一也。お前は、それを当たり前のようにできるから、気付けないんだろう。けれどお前は、俺達では決してできないことが、できてしまえる人間なんだ」

 

学生で小説家デビューしたものの、鳴かず飛ばずな千谷一也。

物語を書く意味を忘れ、どうすれば売れるか、という部分ばかり気にするようになって。

悩める後輩から相談されても、割とばっさりと切り捨てるというか……

「小説が人の心なんて動かすもんか」と正面から行ってしまう辺り、かなり余裕がなくなっている感じはありますね。

そんな彼が、同い年の人気作家小余綾詩凪と出会い、二人で合作を作成する事に。

 

一也が、小説家であっても先が見えず絶望の渦中にいるので、終始暗いんですよね。

後半ようやく多少巻き返してくるんですが……そこに至るまでが合わない、って人が出てしまうんじゃないかとはちょっと思いました。

一也の友人でる九ノ里がいい性格していて、彼が居なかったら、一也は詩凪と会う前に心折れて筆をおいていたかもしれない。詩凪の方が抱えている問題にも気づけなかったかもしれない。

いい友人を持ってますねぇ、ホント。巡り合わせってこういう事だと思いますが。

支え合いながら、一つの作品を書き上げた彼らは止まることなく、次なる目標へ進んでいく。

 

書店員として、一読者として、辛い部分はありましたねぇ。

部数の話とか、売り上げ見込みから打ち切りになる話とか。よくある話なんですよ。よくあるからって、慣れるかってそんな筈はない。

作者が、どれだけ熱を上げていても、2巻の原稿が既に編集者の手に渡っていたとしてもそれが形になる保証はない。

 

最近は打ち切りになるまでの速度も、早くなってきてる感じがしますし、ネットがあるからすぐに情報が拡散していく。

良い評価が広まって、売り上げ伸びて重版につながるなんて流れなら歓迎ですが。酷評されてもそれが広まってしまう。

言葉によって傷付けられることだって、ままあるのです。それでも負けずに、何かを書き続けている二人の事は尊敬します。

 

小説の神様 (講談社タイガ)
相沢 沙呼
講談社
2016-06-21
 

星読島に星は流れた

ico_grade6_3h

しかし、それでも。

それでも、あの夜、たしかに――

星読島に星は流れたのだ。

 

天文学者ローウェル博士は、孤島に観測所を作り居住していた。

その島には、数年おきに隕石が降って来るという曰くがあり、毎年行われる天体観測の集いは恐ろしいほどの倍率に。

医師の加藤も、ネット上にあるローウェル博士主催に参加していて。最も、たまに眺めるライトユーザーだったみたいですけど。

 

何の因果か、高い倍率を潜り抜けて当選。天体観測の集いに参加する事になったわけですが……

滞在中に、一人が死体となって海に浮かぶ事態になって。

孤島である上、用意されていた設備が破壊されたため通信もできず。定期船があるわけでもないので、「この中に犯人がいる」というクローズドサークルの状況に。

 

加藤が天文のライトユーザーであるため、隕石についてだとか説明が入り判りやすかったですねぇ。

そして星座の数の話なんかも驚きました。意外と少ないんですね。

隕石の価値に吊られてこの島に来たもの。個人の事情として願掛けの意味を込めて参加した者。色々と事情がありますが……

 

それらが上手く溶け合って、あの島の不思議を演出していたように思えます。

「地球最後の日」の問答や、「星が流れた」結末に至るまで。綺麗にまとまっていて、流れるように読めました。




プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ