気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

佐々木あかね

アリアンロッドRPG2Eルールブック1・2 改訂版

ico_grade6_3

「これが冒険の革新!」

「さらなる無限大の物語!」

 

アリアンロッドRPG2Eのデータを修正・追加した改訂版。

サプリメントに掲載されたデータも増えてきたため、選定しなおした一冊となっているそうです。

アリアンロッドに関してはサプリメントにまでは手を出せてないので、どの程度反映されてるかは不明。

 

一番大きな変化としては、「アーシアン」というクラスが追加されたこと。

これはエリンに生まれたものではなく、地球あるいは地球に似た別の世界からやってきた異邦人のこと。

事故でやってきてしまったもの。何かの意図をもって召喚された者。

あるいは一度死に、この世界に転生したもの等。

 

リプレイも既に出始めていて、そっちの感想を先に書いた気がしますな……

異世界転生ものとかをアリアンロッドの世界で出来るわけで、自由度がさらに高くなった感じでしょうか。

アリアンロッドは全くと言っていいほどプレイしたことが無いので、いつかやってみたいと思うんですが、中々時間が……

 

 




アリアンロッド2E・リプレイ・ストレンジャーズ 異世界で冒険者になろう

ico_grade6_3

クロウ:男らしく生徒会長を売ったな。

菫:あ、あの、いいんですか? 大事な友人何ですよね? 会長、困るんですよね?

GM:「困る。ただな、俺はあいつが泣いたり困ったりする顔が――大好きなんだ」

一同:さわやかに言い切った!?(笑)

 

改訂版として生まれ変わったアリアンロッドRPG

新たな種族として追加された「アーシアン」。

地球という異世界からエリンに来訪した、現代地球人を示すもので。

簡単に言えば、異世界トリップものをアリアンロッドの世界で出来るようになる、という事ですね。

 

という事で、せっかく新しい環境になったんだから、とそのアーシアンの少年少女とエリンの冒険者の混合パーティーでのリプレイです。

異世界に呼び出された少女、菫。一緒にいた親友もこの世界に来ているはずだが、転移の時に離れ離れになってしまい。

親友を探すために、この世界の人々と交流し、必要であれば剣を取る……と言う流れ。

 

状況説明用のリプレイとしては分かりやすかったんじゃないでしょうか。

エリン側の人材をPCに混ぜることで、上手く情報のバランスとれてましたし。

これが全員アーシアンとかだと、エリンの常識が分からずにトラブル多発とかあったろうなぁ。

それを思うに、大学のキャンパスごと転移してきたという「大学都市オーカー」も自治を確立するまでは大変だったろうなぁ……

 

暗躍する敵を見事罠に嵌めてみせたロールプレイはさすがの一言。

『スキルマスターズ』や『アイテムマスターズ』といった単発のリプレイともからめて、敵の強大さを演出してたのはいい感じでした。

その内、蠢いてる敵を倒すための新シリーズリプレイとか出てこないだろうな……

 

アリアンロッド2E・リプレイ 聖弾のルーチェ 3 ファイナル・フォーチュン

ico_grade6_3h
ルーチェ:〝聖弾”はお父さんからあたしが受け継いだものだから! もし、どうしても使わなければいけない時は……あたしが使います!


「第五話 前兆」、「最終話 聖弾のルーチェ」の2話収録。
最後、天使によって投げられた爆弾。
ルーチェの父親、ジョーカーは生きていたという真実。
それを知って、彼女たちは混乱したりしてましたが。

五話のオープニングでサジがディクシィから聞かされたジョーカーの本当の姿。
このリプレイを通して思ったのは、神殿って、どうしてこんなにきな臭いんでしょうか。
別リプレイでゾハールを倒そうとしたときもそうですけど、権力者って、醜い……
いや今回の黒幕ぶろうとした人とか、自分の掲げるはた迷惑な理想に殉じようとしただけなんですけどね。
決して人類裏切ろうとか大それたこと考えているわけでもなくて。
ただひたすらに迷惑なだけで。

ハゲンティが色々と画策しているから、倒してしまおうぜ、という話。
そうして魔族を討伐しに行ったら、より状況が悪化してもはやお約束。
……王道って得てしてそういうものであったりしますけども。
クロウクルワッハだけで脅威は収まらず、さらに上位の存在が出てこようとしたりと、厄介極まりない情勢。
そんな中でも、ルーチェたちが変わらず前に進んでいってくれるのは心地よいですね。
腹ペコキャラだったのに、最後はベルダーと一緒に決めてくれましたし。
終わり良ければ総て良しってことでいいんじゃないでしょうか。


アリアンロッド2E・リプレイ 聖弾のルーチェ2 スプリット・セカンド

ico_grade6_3h
ベルダー:要するに、俺たちは無知だけど、無知だからこそ前に進めるんだなってことだな。
GM:そういうこと
ルーチェ:…………でも
GM:でも?
ルーチェ:……たとえ絶望が待っていたとしても、あたしたちは進まなくちゃ!

だから浅見さんが素人っていうのは何かの間違いだろ……
どこまでデータ読み込むと、こんなことになるんだろうか。
本来知恵袋役だろうOはたさんがひたすらにキャラ成長の時に笑い続けてるじゃないですか。

第三話「おそるべき二一のクエスト」
第四話「天使の微笑」

の二話収録。
第三話は、早々にルーチェたちの教会内での評価を上げるためにディクシィが持ってきた話。
二十一からなる「地獄のクエストロード作戦」。
この教会では、伝統のある決闘法らしいですよ?
ルーチェたちと、NPCチームが対決して、勝利すればルーチェたちの株も上がる、と。
難易度とかに応じて得られるポイントに変動があって、関連性のあるクエストから新しいクエストが派生することもある。より正確には、ポイントに変動というか、得られるポイントを決定するダイスロールで振れるダイスの数に差がある、になるんですが……
で、最終的にポイントの多い方が勝ち。

主人公たちがすごく、欲望に忠実なルートに行く一方で、NPC達がまるで主人公のようなイベントばかり発生させていてすごく笑った。
そしてまた出てきたな、英知の妖精。おまえはさすがに神出鬼没すぎないか。あと、問題がワンパターンだから、次に出てくる機会があるんだったら、そろそろ新作披露したほうがいいと思う。

まぁ、ここで欲望に行った反動ってわけではないでしょうが。
四話の締めはかっこうよかったからいい感じにまとまっていた気がします。四話のボス?……それは言わないお約束。あれはひどかった(褒めてる)。
ルーチェが腹ペコキャラとしての地位を確固たるものとする中、ベルダー……いやさ浅見さん……
せかいいちかわいい姫、というか天使のためにテンション上がったり。
あえて特技を食らっていくあたりとか……うん、幸せそうな、絵ですね……
あとはキャラでいえば、盾役のサジがまた悲惨な目に。いや、本分を全うしているから素晴らしいといえるんですがね。せっかく固く成長したのに。
アモーレが相変わらず自由気ままだったのも、アレはあれで個性ですし。途中でちょっとぶれてた気もするけど。

さて、次回で完結ということですし、今回は教会内部での地位を築いて、真実の端に手を伸ばした、という感じです。完結巻のエピソードで、これまでの伏線がどう回収されるのかが楽しみですねー。


アリアンロッドRPG2E サガ・クロニクル

ico_grade6_3h
帝紀816年 アルディオン大陸
その800年もの長きにわたる戦いに、ついに終止符が打たれた
(中略)
アルディオンに新たな風が吹く!


サガ・シリーズによってアルディオンで暗躍していた黒幕は打倒された。
しかし、その傷跡は大きく、失ったもの、変化していったものは数えきれないほど。
800年もの間、戦乱の大陸として激動の時代を過ごしてきたこの大陸ではいくつもの国が消え、あるいは生まれてきた。
ピアニィたちが起こしたフェリタニアだった過去の国名にちなんでつけられたものでもあったりするわけですし。
それにしてもやっぱりサガ・シリーズは長大だったよなぁ。
いくつものリプレイが絡み合って進んでいく様子はいっそ見事なものだったと思います。

リプレイなどで描かれてきた大陸を襲った大きな事件を取り上げる『アルディオンの歴史』。
しかしまぁ、本当に色々な事件が起こったものですね。
エピソードごとに関連する項目を抜き出した年表が掲載されていて前後が分かりやすいです。
シナリオのネタに使うには十分すぎるネタなんじゃないかなぁ。
笑ったのは王の異名ってコラムですね。
不死王、騎士王、不屈王など歴史に残る名前が並ぶ中ピアニィは「フェリタニアの主砲」、「歩く弾道ミサイル」「ほぼ装甲板」とか数々の異名で呼ばれていたのが残っているそうで。
流石にPCは設定が豊富というか、殺意様の面目躍如というか。

事件関係の年表だけではなく、戦争後のアルディオンについても記されています。
妖魔が出没するようになったり、バルムンクの暗躍や大崩壊によって乱れた大陸にはまだまだ火種は残っているわけで。
サガ・シリーズが好きだったら買ってもいいんじゃないですかねー。


アリアンロッド2E・リプレイ 聖弾のルーチェ① ファースト・ストライク

ico_grade6_3h
ルーチェ:見逃すんですか!? それは神官としてどうなんでしょうっ。
アモーレ:あんなの相手にしてられるか――――っ!? 今日の屈辱に耐えて、明日の戦いに勝つのもまた正義じゃ――――っ!
ルーチェ:なるほどっ、たしかにです!

低レベルのときにうっかり遭遇したレベル7の敵に遭遇したときのキャラのぶっちゃけ具合が笑えたので。
引用。一番笑ったのは、Oはたさんがキャラメイクしているときのダイス目なんですけど、どうしたって長文になるのでこっちで。

第0話 はじめてのぼうけん
第1話 続・はじめてのぼうけん
第2話 小さな依頼者

サガ・シリーズが一大長編になってしまったのでとっつきにくくなってしまった。
新しい人に門戸を開く意味も含めて、王道でわかりやすいシナリオになっています。
キャラメイクの時に沸いた設定でまた教会周辺に怪しい動きが出てきそうなんですが。
この大陸の教会はそんなんばっかりか。

今回のプレイヤーは、味里という艦隊これくしょんの武蔵などに声を当てている声優さん。
GMの友人である、浅見正義さん。おなじみすぐに死ぬ三下属性もちなOはたさん。
第2話からは、かわいそうな田中ことかわたなさんも参加してわいわいやってます。

浅見さんはほぼ素人ながらも、一回全滅した経験があり、ルールブックを読み込んできた重度のルールマニア。
ほとんど経験なくてあそこまでデータ網羅していたら充分なんじゃないのかなぁ。
味里さんの方は純粋に初心者枠でプレイしていてほのぼのできます。
一瞬で食糧食い尽くすような食欲キャラというすごい属性がPCについてたけど。
神官の家に生まれ、秘密を知ってしまい、正義の為に生きる少女、ルーチェ。
なんだろうすごく主人公っぽいのに、ルーチェ見てると笑えてくるんだよなぁ。

Oはたさんは、キャラ作る時に、今回は完璧な設定でつくると意気込んでいたのに・・・すっごいテキトーに作ったキャラを10年使い続けた歴史は伊達じゃないというか。さすがのダイス目。
出来あがったのは「アモーレ・カモーレ」。犯罪組織の生まれで、大切なものを紛失し、逃亡が目的・・・って完全に脱走してるよこのキャラ・・・

で、2話からかわたなさんのPC、盾役のサムライ、サジが登場するんですが。
P271のイラストが・・・鳴り物入りで登場したのに。

ストーリーは、初心者向けってこともあって、そんな大仰なギミックもないし、ほとほど。
どちらかというとやっぱりキャラで笑えるシリーズといいますか。
まぁ、あとは説明が少し多めなので、その辺参考にはできるんじゃないのかなぁ。


アリアンロッド・サガ シナリオ集 ロスベルク島攻防記

ico_grade6_3
タイトルからわかるように、アリアンロッド・サガで描かれている、アルディオン大陸を舞台にしたシナリオ集。
ただ、大陸にある国、と言うわけではなくて、すごく絶妙な位置におかれた群島が舞台ですね。
アルディオン大陸ガイド掲載のシナリオ「孤島の火種」の続編としても遊ぶことができるように設計されているようです。

構成としては、まず舞台となっているクレスト諸島の背景設定の紹介。
レイウォールとグラスウェルズに挟まれた島なんで、立場が微妙と言うか。分割統治されているような島ですね。まぁ、大国2つがかかわっていると、いつ爆発してもおかしくない状態といいますか。
その島の住人だったり、他国からの間者がPCとなって、島を巡る騒乱と向き合っていく、っていうのが骨子になりますねー。

表紙にも載っていますが、この島の争いにはベルフトも関係しています。
「アリアンロッド・サガ」シリーズの印象が強いので、ベルフトって名前を見るだけで、これはもう勝ち目ないんじゃないかって意識が……
そんな状況でも折れない住人たちが凄いといいますか。根性あるなぁ、と言う感じで。

5本のシナリオからなるキャンペーンしない炉ですね。
シナリオ1「レイドの反乱」、シナリオ2「結成!! クレスト同盟」、シナリオ3「秘宝島」、シナリオ4「交渉の行方」、シナリオ5「ロスベルク島への帰還」が掲載されています。
単に戦闘をしているだけじゃなくて、金策に走ったり、交渉を行うシナリオもあったりして、全体的にはバランスとれてるいいキャンペーンなんじゃないかと。

シナリオフックも5つ収録。
シナリオ2と3の間の「押し寄せる敵」、3と4の間の「絶海のサバイバル」、4と5の間の「ゴーダ伯暗殺指令」。
でキャンペーン終了後(シナリオ5の後)のネタになっている「フェリタニアの要請」と「分裂の危機」。
こういうフックも、参考になりますねー。

アリアンロッドRPG スキルガイド

ico_grade6_2h

旧版アリアンロッドRPGのサプリメント。
タイトル通り、スキルの総まとめ。
幾つもサプリメントが出て、それぞれで追加されていると、どれ参照したものか迷うので、こういうまとめの一冊が出てくれるとありがたいですね。
ダブルクロスから入った人間なんでそっちで言うと『エフェクトアーカイブ』とかこういう類のサプリだよなーって思いながら読みましたけど。

特にデータを比較しているわけではないですが、多分いくつかは効果も変わっているんじゃないですかねー。
コンボスキルの扱いは変わっているようでしたし。
トラベルガイドでは、出自「特殊な一族」を取らないといけなかった地方クラス(ヴァイキング、ヒーラー、グラディエーター、シャーマン)が出自を選ばなくてもサポートクラスに選べるように。
まぁ、GMの采配次第ですが。
『アルディオン大陸ガイド』後の刊行なので、フォーキャスターとか、エクスマキナとかのデータもあります。

イントロダクションのところ、P10、11にあるスキルの一例として載っているイラストが可愛かった。インタラプトしているナーシアとか、弓撃ってるベネットとか。

アリアンロッドRPG エリンディル・レジェンド・ガイド

ico_grade6_2h

旧版アリアンロッドのサプリメント。
エリンディル大陸における伝承をまとめた1冊。実に72編も掲載されているとか。
伝承によって世界の背景というか設定とかが掘り下げられたうえ、ネタになりそうなデータがこれでもかと追加されて夢が広がりますね。
こういう伝説を見るとそれを用いたシナリオとか考えてみたくなります。

伝説データには色々と種類がありますね。
創世の神様たちの残した遺産を取り扱ったもの。
伝承にある動物の王たちに纏わるもの。
パーソナリティとして掲載されているような人物たちが過去に成し遂げた偉業の話と、それに基づいた、あるいは類似した状況を想定したデータなどなど。
呪われた騎士が魔族を倒して呪いを解いたってエピソードがあれば『アンチカース』っていう呪いを受けている状態を表すデータが付くわけですな。
実際にレジェンドデータ使っているリプレイもありましたし、クラン=ベルの風雲児とかどこかで聞いたことあるような人物の逸話も載っていたりと中々面白い。

個人的に気に入ったのは「審判者の失意」、「防人の"しるし"」、「武芸者の矜持」、「伝説の弓術」、「ロクペルの首級術」、「陰の森の"カルロッタ"」とそのあたりですかね。

まぁ、その伝説を実際に参考するもよし、噂だとするも良し、というのは、TRPGにおけるGMの采配の自由度に委ねられているわけですが。
そしてそんなGM用に、裏設定とでも言いますが、伝説の裏事情が明かされてもいるわけで、GMセクションを読むのも中々乙です。

あとは、リプレイのデータも掲載されていますね。キャラとかストーリーの紹介とかでPCが使える実データとして何かが乗っているわけではないですが。

巻末にはキャンペーンシナリオ『第3次ギルマン戦争』の1話と2話のシナリオ、そして3話のシナリオフックが掲載されています。
3話だけがフックなのは、2話の結末で導入とか展開が代わってくるからですね。
レジェンドデータも絡んでくるシナリオになっているので、中々いい感じでした。

アリアンロッドRPG アイテムガイド

ico_grade6_2h

旧版アリアンロッドのアイテムをまとめたサプリメント。
とはいえ、アイテムだけってわけでもなくて、スキルのデータが追加されていたりと要素としてはたくさん。
追加でアイテムを出すことになった時用のアイテムチャートとか面白いものもありましたね。
設定してなかったからダイスで決めるね、というランダム性は面白いんじゃないかと。

サプリ系はなんか表紙にノエルいること多いように思いますが。
地味にエイプリルもいるんですよねー。

で、肝心がな面アイテムですが、これは結構見やすいし、いい感じですね。
種別:格闘とか、種別:長剣とかで分類されているので参照しやすいですし。
それぞれの種別において「長剣とは」「現実の長剣」「エリンディルにおける長剣」といった3項目に関しての短い解説文が掲載されていて、雑学っていう意味で読んでいて面白いですし。
まぁ、色々とアイテムあるんだなーと言う感じで、データ部分は割と読み流しています。
リプレイとかで見覚えがある武器だけ、軽くデータ見た感じですかねー。
雷鳴の弓とかそのあたり。
livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索