気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

北沢慶

ソード・ワールド2.0 バルバロスブック

ico_grade6_4

(ふん、見え見えの力任せの一撃だ。だが……ああ、そうだな、ベリンゲイ。これを避けてしまえば、オレの負けだ!)

なぜなら、我らは共に剛力こそを己が証としたのだから――

 

タイトルに在る通り、ソードワールドの世界において一大勢力である蛮族(バルバロス)についてまとめた一冊です。

複数部位を操る際の助けとなるフィジカルマスター技能と言った新しい技能なんかも掲載されていました。

蛮族PC用のサンプルキャラクターとかデータ部分も結構充実してましたね。

 

けどやっぱり、この本の肝はバルバロスの紹介ページです。

「下級の妖魔たち」の区分でゴブリン・レッドキャップ・コボルド・グレムリンについて記されたり。

「剛力の蛮人」としてミノタウロス・ゴーリーが、「強大なる支配者」の枠にドレイクとバジリスクが。

共通項目でくくられていて、それぞれが登場するショートストーリーの後に種族ごとの特徴について記されています。

 

特徴や性格を上手く描写しているので本当読み応えありました。

アンドロスコーピオンのSSの結末とかは実に蛮族的と言いますか。

全体的に見てまさしく弱肉強食の世界だなぁ、と。

SSで気に入ったのは「殺戮する者」、「剛力の蛮人」、「剽窃の魔動機師」、「姿を偽る者達たち」あたりですかねー。

他のもそれぞれの個性が出てて味があるんですがねー。

ソード・ワールドも楽しそうだよなぁ。12回しかやったことないのでこれももうちょっとプレイしてみたいものですが。時間がなぁ……

 

ソード・ワールド2.0 バルバロスブック (ドラゴンブック)
北沢慶/グループSNE
KADOKAWA/富士見書房
2016-07-20
 

ソード・ワールド2.0リプレイ 要塞少女と契約の騎士 下

 ico_grade6_3

GM:つ、つまり?

レト:(無駄に爽やかな声で)すべてはマクリアウラノスをアクイラに持ち帰るためなのさ!

一同:(大爆笑!!)

レト:皆、生きて帰ってアクイラを助けようぜ!(ガッツポーズ)

 

リーンシェンク地方の、機動要塞を巡るリプレイ完結巻。

人族の領域に侵入しようとしていた敵側の機動要塞を撃破したPCたち。

けれど、敵側の切り札が切られて大参事に。

要塞による超長距離砲撃。それは、同じ機動要塞ですら大破させられる威力のモノで。

 

幸い連射は出来なそうだ、とポルタは分析していますが。

それに対抗する何かを用意しないことには、戦うのもおぼつかない……という状況で彼女が秘めていた事情を打ち明けてくれて。

しかし、これだけのモノを作り出せる文明があってなお滅びたって言うんだから、大破局は本当すさまじかったんだなぁ……

ヘリファルテの様子を聞くに、当時の人々の油断というのも結構影響していたと思われますが。

 

高名な占い師であるレトの母親も登場していましたが……

この人もまた濃いなぁ……生き別れだった息子に数年ぶりに再会した反応がすさまじい。

脇で聞いていたラージュですら「技能見抜きたかったら判定していいよ?」というGMの発言を遮る勢いで「しない!」と即答するレベルで突き抜けてる。

まぁ、息子は息子でクライマックスに向けての交渉でいい感じに突っ走ってましたがね。似た者親子なんじゃなかろうか……。
最終戦闘とかはちょっと盛り上がりに欠けた感じはありますね。
要塞という要素は面白かったんですけど、色々と惜しかったと言いますか。今後に期待。 


 

ソード・ワールド2.0リプレイ 要塞少女と契約の騎士 上

ico_grade6_3

ドレッド:待て待て! くそっ! これは罠だ! オレたちの連携を崩さんとする敵の巧妙な罠だ! おい貴様! いい加減なことを言うな!

GM/ザイーム:「あの素晴らしき方の隣にいるべきは我だ! 貴様ではない!」

ドレッド:ブラフォスの隣など、こっちから願い下げだぁああああ!(切実)

一同:(爆笑)

 

第一話から第三話まで収録。

魔動機文明に栄え、それ故に大破局によって大きな被害を受けた地域。

今となっては遺跡が多く残る地域として知られる、リーンシェンク地方が舞台です。

人族と蛮族混合の、この地域の特殊性を活かしたグループSNEの新人がおくるリプレイ。

 

かつて生み出された移動する要塞こと機動要塞。

元々この地方にはヘリファルテという動き続けている物が残っていたわけですが。

今回は、新たに動き出した要塞を巡るストーリーが展開されていきます。

要塞管理用の魔動機械が稼働していて、その知識だけでも一財産築けるんじゃないかなぁ。

巻末にちょっと交流がてら過去の話をする「ワールドガイド」が描かれてましたが。

学術的には結構価値ありそう。

 

さておき。ひょんなことから要塞の管理者として登録されることとなったPC4人。

人族と蛮族という事で、微妙なすれ違いもありますが。

それぞれの事情なんかも踏まえて、一緒に行動していくことに。

暴走状態だと推定される機動要塞に対抗するために資材を調達したり、蛮族PCが因縁有る相手の手勢と争ったり。

 

オマケにその因縁の相手まで要塞を手に入れているようで、にわかにこの地方が大ピンチ。

単純に都市規模の質量が移動するだけで災害ですよね……家屋とかも踏みつぶせるだろうし。軍隊も文字通り蹴散らせるだろうし。

要塞を用いた戦闘のルールなど特殊な処理もされていましたが、PCの事情と要塞という独自要素を上手く合わせていたと思います。

 

ソード・ワールド2.0リプレイ ドラゴンスレイヤーズ2 誰がために神は哭く

ico_grade6_3

セイヴェル:……ありがたい言葉だがな。オマエラの手を煩わせはしないさ。

()

セイヴェル:(前略)やるしかない。オレはそのために、不死殺しになったんだ。

 

高名なNPCである皇帝や夢見姫をPCとした、超高レベルの超越者リプレイ第二弾。

それぞれ立場もありますし、所属する国も違うので、まさか2巻が出るとは夢にも思いませんでした。

それこそ前回のように余程の事情がなければ難しいでしょう。皇帝が共も連れずに駆けだしたなんて一大スキャンダルですよ。

 

……超越者である皇帝が、帝国最強の兵であるというのが間違ってないので、害そうとしたところで無駄足ですが。

ミスティンのように特殊事情がなければ、超越者に手出しして無事で済むはずないですしね……

そしてパブリックイメージを大事にして来たはずの皇帝がネタに走って、まさかの錬技を習得していたんですが……それでいいのか、皇帝。

 

今回起こる騒動は、超越者達が手を出すのにふさわしい、「邪神復活」。

危険すぎる為に封じられていた邪神が復活しようとしている、と。その情報や復活に先駆けて行われた工作の痕跡などをそれぞれに見つけ、行動を始めて。

過去の因縁とかも解決されたように思えるので、さすがに3巻は無いかなぁ。彼らが出陣しなければならない事件がそう頻発するって言うのも恐ろしい話ですし。

 

しかしまぁ、戦闘はもう安定しているというか、ここまで高度になると何をしているのやら理解できなくなってきますが。

行動を許せば、戦線崩壊もありうるからって、GMが嬉々として用意した敵を1ラウンドキルとかしてましたからね。

戦闘によっては手番余る場面すらありましたからね……GMもバランスとるの大変だったろうなぁ……

誰一人かけることなく、最善の結末をつかみ取ったのはさすが。

……まぁ、うっかり穢れ増やすと大変になる御方とかいますしね。

色々とぶっ飛んでいて、読んでいて楽しいリプレイでした。
 



 

 

ソード・ワールド2.0リプレイ ドラゴンスレイヤーズ かくて神への扉はひらかれる

ico_grade6_4
ユリウス:(コロコロ……)超越しまくった。回避の達成地は、53だ。
(略)
ユリウス:《覇王・煌斬剣》は、回避を犠牲にしないのが売りでね。
カーン:もはやそういう次元じゃないんだが(笑)。

ソード・ワールド2.0初の、限界突破した16レベルキャラクター『超越者』たちのリプレイ。
ユリウス・クラウゼや夢見姫ミスティンがPCとして登場しているというだけで一見の価値はある。
オマケにドラゴンレイドの締めともいえる最大の敵が出てくるわけで。
サーペントシリーズでも思いましたが、ここまでレベル高いキャラクターが動くとなると、さすがに事件の規模も凄まじいですね……

第一話『予言に導かれた英雄たち』、第二話『伝承の彼方の真実』、第三話『闇の次元を超えて』の三話収録。
スタートの時点では15レベルなんですが、途中で成長していってなんかすさまじいことに。
『超越』なる新しい力とか、種族特徴が強化されたり、さらに戦闘技能がついたり。……あっさり世界征服とかできそうな戦力な気がしますが。

フォールンドラゴンのもたらす災害によって、《血風領》や迷宮都市リバティなどが黒い靄でおおわれて、入ったものが出てこない状況。
オマケに入っていった人々の情報が消えていくなど、事象の改変まで生じていて。
……これは分かりやすく世界の危機というか。この状態が続いていたら、国の一つ二つ滅んでたかもな……

カーンのオープニングで槍が折れた場面とか、ミスティンが戦闘中に買い物する異次元の住人になっていたり。皇帝が避けまくったり、セイヴェルは銃撃で敵を蹴散らしたりと、それぞれに笑える場面とか、活躍しているシーンがあって、読みごたえはありました。
レベル高すぎてちょっと、何言ってるかよくわからないところありましたけどね。冒頭で抜粋した「回避の達成値53」だとか。SWで出る出目じゃない……

ソード・ワールド2.0リプレイ 戦慄のトリプルクラウン 下

ico_grade6_3h
GM/トリーン 「わたし! すごくよく考えたんです!」(笑)
クロエ この地方で、「すごくよく考えた」はダウト(笑)。
GM だってトリーンはマキシム神官。

第五話~最終話まで。
GMは、川人忠明、ベーテ・有理・黒崎、秋田みやび、北沢慶の順。
自分の書いたお題すべて直前引きとなったため、二話~四話のGMに「同じ苦しみを味わえ」と言われてる川人さんが笑えた。
ちょっと勘違いしていて危ないバランスのシナリオになるところでしたが。
ギリギリで気づけてよかったですね……

封じられた魔王。
それに対する「封印の強化」か「魔王の打倒」のための方法をお題を絡めながら探さないといけない。
リレー&三題話を混ぜた上でキャンペーンとか、今更ながらに無謀ですよね。
それをやり遂げて、しっかり最終話前に綺麗にまとめたあたりはプロですな。
最後の最後に編集者さんから爆弾投げられて、結局北沢GMも頭抱えてましたが。

それぞれのネタが被っていないのも中々凄いですけどね。
組み合わせが違っていたらあわや大事故になっていたかもしれません。
1巻は、直前引きが酷いネタばかりで、GMが悶えているところが面白かったですけど。
今回は、シナリオを収束させなきゃいけないという事で、ちょっとネタ分足りないところがあったかなぁ。
無難にまとまっている感じがあったので少し残念。
いや笑えたし、面白かったんですけどね。収録に時間とられるみたいで難しいかもしれませんが、またこういうネタ企画やってくれませんかねー。


ドラゴンレイド戦竜伝Ⅱ

ico_grade6_3h
「――それに、俺はもう共に生きるべき相手を決めている。悪いが、おまえに従うことはできねーよ」


皇帝竜アーレスグリュッド。
帝国の威信の象徴であり、皇帝の相棒。
その暗殺を依頼されたガルスでしたが、リズという怪しげな存在がいる時点で、この結果は予想で来てましたよね。
おいしそうな素材を用意しておいて、あっさりと死なせるとか、北沢さんは手を抜かないなぁ。
ま、長い歴史の中で死んでいたのが隠蔽されていたというだけで。

皇帝崩御によって、帝国という場所で多くの話が進みだしたというだけでもあるんですよね。
竜殺しと新たな相棒。そのコンビを慕う王族に、実力ある貴族。
コントベルリ伯爵が思ていた以上にいい性格していて、「戦争」の時とかはかなり痛快でした。
フォールンドラゴンを操る司祭たちと、蛮族たちの王についた人物までも行動を起こして。

ガルスたちの物語を十全に描き切った、良質のストーリーであったと思います。
元婚約者とか、かつて放浪していた時の仲間なんかも出てきて。
データも掲載されている分、厚さの割にストーリーは少な目となっているんですが、それを感じさせないほどの密度。
これだけ派手に帝国滅茶苦茶にしていいのかなぁ。まぁ、引っ掻き回されて混沌としているほうがPCで遊ぶ余地が残っている、という事かもしれませんが。


ソード・ワールド2.0リプレイ 戦慄のトリプルクラウン 上

ico_grade6_4
藤澤 川人さんっ!! 前回といい、なんてGM泣かせな三枚目を仕込んでるんですか!!
川人 三枚目に弾くかどうかなんてわからんだろう? 一枚目か二枚目なら、むしろ易しいお題だった。
田中 川人さんのお題はそういう星のもとにあるんだなー、きっと(笑)。

人気GMが総出演した、リレーリプレイ。
プレイヤーは北沢慶、秋田みやび、藤澤さなえ、川人忠明、田中公侍、ベーテ・有理・黒崎、清松みゆきの7人。
1回のセッションでは、このうち1人がGMを担当し、5人がプレイヤーとして参加。
1人余った人は……これ一人で仕事でもしてるんですかねぇ。
ここまで公開しているなら、別に誰がどのキャラクターやってるのかまで公開してもよかったんじゃないのか、とか思うんですけど。

ともあれ、そうやってGMを持ち回りでやってキャンペーンにしてしまおうというリプレイ本ですね。
しかもその上でさらに、特別ルールで、お題が決まってます。
参加者が出したお題を箱に入れて、GMが2枚引いてシナリオを作る。そしてセッション直前にもう1枚弾いて、シナリオを進行していくという何ともGM泣かせの企画です。
要するに、TRPG×三題話×リレー形式とでも言いますか。

いやぁ、笑いました。GMやる人々の引きが神がかってる。
これ2本引いてシナリオを作っているから、この時点で無茶ぶりなお題出てきたら頭を抱えますが……
セッション直前にもう1枚追加するっていうのが鬼だよなぁ。
最初に「ダンジョン」「ゴブリン」とか引いたら、事前にダンジョン付くってゴブリンを出して―とか考えられますけど、三枚目に「ダンジョン」を引いたら、その場でネタ考えないといけないわけで。
そんな感じで三枚目に「それ1・2枚目に弾いてたら簡単だったのに……」ってやつを引いてどう組み込むんだコレと頭抱えてる人の多いこと。

あらすじにあるので書いてしまうと、一番最初はGM北沢慶。
お題が「魔王」と「ドラゴン」。……第一話でやるネタじゃねーよ!
皆さん酷いネタ当たったり、順番がヤバかったりで大変な目に遭ってましたが、その中で、藤澤さなえGM回は相変わらずぶっ飛んでた……祭りの競技でアレは良いのかよ……
で、最後にはなんか思った以上に大事に発展しそうな雰囲気でしたが、残りのGMがどんなネタを引いてくれるのか今から楽しみでなりません。


ソード・ワールド2.0ストーリー&データブック ドラゴンレイド戦竜記

ico_grade6_4
「ああ。ここからは小細工なしだ。任せておけ。俺たちは――勝てる」
一度負けた相手を前に、気負いがない。
恐怖は、感じていた。だが、飲みこめている。覚悟が、力になる。


新しいエリア、プロセルシアを舞台に展開される新シリーズ。
少し前に刊行していたシリーズもののリプレイが立て続けに完結したため、新しく展開されていくストーリー。
ベーテさんのリプレイもそうですが、コンセプトは「ドラゴンレイド」だとかなんとか。
ま、コンセプトにもタイトルにも入っているように、キーワードは竜、ドラゴンです。

竜騎士がわんさかいる大陸。
ドラゴンを大地の守護者として考えているドラゴン信仰が浸透している。
ここでは、ドラゴンは、権力の象徴だった。力あるドラゴンに騎乗している物こそが力を持つ。
ドラゴンにのれる竜騎士は全て貴族となり、ドラゴンの格によって、爵位すら決まる。
昔は、しっかりと手順を踏んだ力ある竜騎士が多くいたようですが、最近は血縁によって継いで、「とりあえず龍に乗れる」とか「竜に乗せてもらっている」程度のなんちゃって竜騎士も増えてきているようで。
腐敗が進んでいって、けれど伝統があるから、それを撤廃するのも難しい、と。
中々面白い設定の舞台ができてるんじゃないのかなぁ、という感じです。

データ部分ばかり書いていましたが、小説も結構面白かったです。
そんな竜が中心の国において、騎竜を失った騎士の呼び名「竜殺し」。
その称号を受けたものは、呪いの烙印を受け、二度と竜に乗ることを許されず、また単身で狂い災いを成すようになった害竜に挑むことを強いられるようになる。つまり、竜殺しとは、遠回しな死刑のことである。
大概人の身で龍に挑めば死ぬ。かろうじて生き残ろうとも、また次の戦いに駆り出されるだけ。
しかも、期限も恩赦などもないっていうんだから酷い制度もあったもんだ。

竜殺しとなって、仇を探しつつ、日々を生きているガルス。
彼が、不可思議な少女と出会った時から全てが動き出していく。
皇族と顔なじみになったり、厄介ごとに巻き込まれたり。
竜こそが全てという価値観だから、失った者に対しての風当たりも強いですねー。
それまで、前線で戦っていた勇士であるというのに、竜殺しになったら嫌味をぶつけるとか。
そんなに言うんだったら、お前ら、自分で戦って来いよ、とどれだけ思ったことか。
ま、途中に出てきていたお姫様みたいに、まっとうな価値観を持った相手もいるようですし、どうにか腐敗した現状に立ち向かっていってほしい所。


ソード・ワールド2.0サプリメント ウィザーズトゥーム

ico_grade6_3
韋駄天ラトクレス(小神)の格言

「己の役割に誇りを持ち、奢らず、卑下せず、勤めよ」


魔法の解説だったり、魔剣の世代についての特徴が書いてあるサプリメント。
詠唱の呪文が書いてあるものまであって、よくもまぁ、作ったものだなぁ、と。
妖精魔法なんかは、契約の組み合わせができるようになり、アレンジ要素が加わった事で、もはや別技能と化している感じもありますが。

使うあてがほぼないので、データ部分については結構流し読み。
じゃあなんで買ったんだっていうと、少し前に、SWのセッションに参加してその時に、妖精魔法のアレンジを活用したから、ですね。
こういうデータ見ていると楽しそうだなぁとか、もっとやりたいなぁ、とか欲求が沸いてきます。
中々時間が合わなくて最近リプレイ読み専門になっているんですがねー。
友人に声をかけたりして自分でもプレイしたいものです。

重点を置いて読んだのは、第三部、魔法と世界について。
この世界に生きる住人たちが、どのように魔法を認識しているのか、という部分について書かれている章ですね。
たとえば、魔導機術を習う少年たち。
彼らが、他の真語や操霊を学ぶタマゴたちに対して「詠唱を長々唱えるなんて古臭い」とか言っていたり。一方で「銃がなければ何もできない」と思っているのもいますが。
まぁそんな感じで、ある術を学んでいる人物たちからの、自分の使うモノや、他の術に対しての意識とか。
ラクシア世界に生きる住人達の意識の片鱗が見えるようで、なかなか読み応えがあります。

他には、小神を中心に8柱の神が追加されたり。
魔剣の世代について整理されたりと、参考になる設定も多くて、なかなか楽しく読みましたよ。


livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索