気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

富士見ドラゴンブック

ソード・ワールド2.0 魔法文明リプレイ ロード・オブ・グリモワール

ico_grade6_2h

ジュゼ:じゃあ、ここは封鎖しようか。物理魔法【ロック】で。

GM:そんな魔法系統は存在しな……あぁ、岩で塞ぐ、ってことか!

 

近々2.5へとアップデートされる、ソード・ワールド。

2.0として、最後のリプレイとなったわけですが…うーん、2.0の最後がコレかと思うと、ちょっと物足りない。

まぁ、すぐに2.5になって、新しい展開になるわけでそっちに期待。

 

魔法文明時代を描くリプレイです。

古き時代。現代にはいない種族や、文化などが息づく世界。

当然ながら、後の世界で発展してきたアイテムなどは使えないわけですが、そういう制限を差っ引いても楽しそうな時代ではあるんですよね。

ソード・ワールドのサプリもそろえようかしら。……2.5に更新されようというこのタイミングで? ってなりますけど。

 

シナリオの冒頭でダイスを振って「ランダム陳情シート」に対応したイベントが発生するという仕組み。

中期的なスパンで解決する課題で、当該のセッション中に必ずしも解決しなくてはならないものではない、という事ですが。実際に出たイベント以外にどういう想定があったのかはちょっと気になります。

 

現代でもこれまで舞台になったことがない、モーロック地方が舞台。

そこに住まう貴族PC(士族もいるけど)たちが領地の問題を解決していく流れ。

問題を解決するために呪歌を使いたいけど、バード技能持ちのPCが居ない。

……芸術を愛する貴族NPCがいたから紹介してもらおう、という話になって。その貴族が「せっかくだからパーティしよか」と言いだしたのはちょっと笑った。

かなりシナリオの自由度が高いというか、PCたちの選択に魔開かせる場面が多めだった感じでしたね。



ノエルと白馬の王子 アリアンロッド・リプレイ・ルージュ+1

ico_grade6_3

GM:事務所に戻って、次の生け贄を連れてきてください()

 

ルージュの外伝、みっしょん56の間のエピソードが掲載されています。

みっしょん5.5ノエルと白馬の王子。

これが全体の3分の1くらい。その後はタイトルの「+1」の部分。ルージュとは関係のない、『魔を貫くもの』というリプレイが乗っているのと、ルージュシリーズのギャグ4コマ、巻末にダイナストカバルのデータとルージュキャラの設定資料集が乗ってたりと盛りだくさん。

 

ノエルと白馬の王子は、ノエルとトランに、スポット参加の新PCを加えた三人パーティーのリプレイ。

軍資金が尽きたので、稼ぐために屋台をやるトランとそれに付き合うノエル。

復讐に生きるPCヴァルとの温度差がすごくて笑えました。

ポージング対決がある出店勝負とはいったい……

 

「魔を貫くもの」はランダムダンジョンを使った死亡上等のガチバトル・リプレイ。

途中でPCが死んだプレイヤーは退室し……次の生贄を連れてくると言うある意味ゾンビアタックというか。

ランダムダンジョンだったので運悪く全てのパネルを開ける羽目になったり、色々と苦悩しながら進んでる様子は楽しそうだと思いました。

あーTRPGしたい……

 

ノエルと4つのコマはコミカルで笑えました。

キャッチセールス、懲りずに、あたりが特に好きです。トランとクリスは、ぶれないな……



ノエルと蒼穹の未来 アリアンロッド・リプレイ・ルージュ4

ico_grade6_4

クリス:ちがう! 神はそんなことで諸君らを見捨てたりはしない。神官・クリス=ファディナントとして言わせてもらおう! 兄弟諸君! 神は……

()

「神の愛は……無限だ!」

 

みっしょん07真実の扉、ミッション08旅の終わり、夢の始まりを収録した、リプレイ最終巻。

 

トランという大切な仲間が死に……けれど、彼らに足を止めることは許されない。

クリスも神殿を離反した形になり、神殿の追手から逃げながらも、ノエルの母に会うために北の最果てへと歩みを進める。

途中でダイナストカバルから派遣された新たなメイジ、レント=セプターと合流していましたが。

稼働し立てで、色々と情緒が足りない部分があり、クリス達を刺激する場面もありましたが。

 

ガーベラがノエルたちを止めようと最後の壁として立ちふさがって。

遂に薔薇の巫女の目前に迫ったノエル達は引き下がらないだろう、と事情を語り……事情を知ってなお、立ち止まらないことをノエルは決めた。

ノイエが抱えていた事情を解決するために、ガーベラが犠牲になる、という選択肢を選べなかったからこそ、戦う事に。

 

苦戦しながらもガーベラを打倒し、ついに母と娘が再会できるかと思いきや……

最初からクライマックスみたいな、みっしょん8がスタート。

封印から解き放たれた神竜が君臨し、神殿も思うように動けない中、限られた時間で出来ることを、とノエルたちが進み続けたのが良いですねぇ。

まさかの大首領登場のシーンとかは笑えました。まさかの事実が明らかになって、プレイヤーも笑いが堪えられなくなってましたねぇ。

GMが「別にギャグのシーンではない」とか言ってましたが……いや、確かに、重要なシリアスなシーンですけど……アレはある意味ギャグでしょう……

ノエルの出目が光ったクライマックス戦闘もかなり盛り上がって、いやぁ、良質なリプレイでした。



ノエルと白亜の悪夢 アリアンロッド・リプレイ・ルージュ3

ico_grade6_5

「我が名は、トラン=セプター。

偉大なるダイナストカバル……極東支部長だ」

 

みっしょん05古の書、みっしょん06白霧に消えてを収録。

フォア=ローゼスの面々が順調に薔薇の武具を集め、それぞれ違う組織の所属ながら仲間らしくなっていく様子はとても暖かくていいですねぇ。

……だからこそ、あのシーンが輝くんですが。初めて読んだとき受けた衝撃といったらもう……

 

次なる薔薇の武具マビノギオン。武具と言いながら本で、4冊に分かれていて、所在不明のものも。

冒険者の街ラインの図書館に1冊があるという情報を得たので、そこで情報収集にあたるわけですが。

エイプリルのかつての仲間――情報部十三班の面々が動き始めて。

クリスも上司のマティアスに神殿会議の護衛をしろと連れて行かれ。

トランとノエルだけで街中を歩いていたら、ノエルを狙った凶刃が……気付いたトランが庇ったものの、毒が塗られている周到さ。

 

エイプリルが登場するシーンはシリアスになりやすくて格好いいですよねぇ。渋い。……ジュライとか言うネタキャラも居ましたけど。

神殿会議でマティアスが「禁忌と言われる薔薇の武具を集めている」という意見が出た時のやり取りが笑えた。マティアスの開き直りっぷりがいっそ清々しい。

……だがその糾弾を受けてるその場にいる貴方の護衛が、薔薇の武具ウィガールを着てるんですが……

その後エイプリルがあっさり手札を明かしたのにも驚きました。なんとか敵を撃退し、次のみっしょんへ。

 

トランの生まれた村、ダイナストカバルと協力関係にあり……薔薇の武具についてしる御仁が居る、隠された村イジンデル。

そこに迫った危機に立ち向かうんですが……チームが分断された状態になってしまって。

意地を貫き通したトランが、本当に格好よかった。

途中で戦術ミスがあったのが無念極まりないところですが、最適解ばっかり選べるわけじゃないですからね……




ノエルと翡翠の刻印 アリアンロッド・リプレイ・ルージュ2

ico_grade6_3h

GM:ばあさんは懐から占い道具を出して入念にチェックを始め……。

クリス:占い道具? タロットとか水晶玉とか?

GM:いや、ペンチとかドライバーとかガラス切りとか。

トラン:なにをする気だばーさんっ!?(大爆笑)

GM:「占い」

 

みっしょん03「ダブラルの宴」と04「闇に咲く薔薇」の2話収録。

カラドボルグとアガートラーム、二つの武器を手に入れたノエル一行。

次なる武具の情報を求めて旅をしていた所、トランの上司、大首領からダブラルで行われる冒険者競技大会で名を上げろ、と勧められて。

次の武具が、ディアスロンドの許可を得ないと使用できない転移装置の先に在る、という情報を得たため、手っ取り早く名を示そうとしたわけですな。

 

参加登録をしたチームが襲撃される事態が起きていたり。

占いばばあが、予想屋をやりに入り込んでまたノエルたちの前に現れたり。あの「占い(物理)」は卑怯だと思う。

ノエルたちも襲撃されたりとまぁ、イベント盛りだくさんという感じの大会でしたが。

襲撃を蹴散らし、大会に望んでみれば――ディアスロンドが第四の武具を景品に供出していて。

対戦相手が何やら事情を知ってそうな相手だったりと情報量が多い回でもありましたねぇ。

 

みっしょん04でも登場した占いばばあ。

もはや出てくるのが恒例行事過ぎて誰も「お前なんでこんなところにいるんだ」と言わなくなるばばあ……

そしてノエルたちを振りまわす依頼を持ってきた、借金持ちのじじい……

NPCが曲者過ぎて、腹筋が辛い。借金取り対策を依頼され、街中で騒ぎを起こすのは……とPCが悩んだところに北にある山の洞窟にアジトがあるとか言うんだもの。

 

一同:ただの山賊だろそれはっ!?

 

というツッコミが入ったのもむべなるかな。取り押さえに行った時も「どこの世界に4レベルの《バッシュ》を使ってくる悪徳金融屋がいるかっ!?」とかツッコミどころ満点。

いや、ちゃんと理由があって、解説も入りましたけどね。

そして、ディアスロンドからの許可を得て、薔薇の武具を獲得に動き始めましたが。……リドルの妖精が、またいい性格してるというか、ペナルティがかなりのトラップだよなぁ……

ノエルと薔薇の小箱 アリアンロッド・リプレイ・ルージュ

 ico_grade6_3h

ノエル:ええ、十六歳になったこの日に自分探しの旅に出かけるところなんです~。

トラン:ほう、それはそれは……素晴らしい。ところで実は、自分探しにうってつけのダンジョンがあるんですが一緒に行きましょう(一同大爆笑)。

 

赤子の頃捨てられた少女ノエル。

駆け出し冒険者となった彼女は自分探しの旅に出ることとなったんですが……

彼女は封印された伝説の武具を解放できる鍵となる重要な存在で。

それに気付いた各組織から監視役が派遣されてきて。やいのやいのやり取りする事となっていくんですが。

 

ノエルはレベル1PCでプレイヤーも初心者。

他の監視役三人は4レベルPCでプレイヤーは経験者、とちょっと変則的なスタートをしていますが。

この4人のやり取りがまた面白いんですよねぇ。

伝説の武具を確保しろと各組織から命令を受けている三人が、お互いを牽制しあいながら、表向きは協力してダンジョンに挑み……殺意の高さにプレイヤーが驚愕してましたね……

 

ダンジョンにいって、こういう仕掛けもあるので注意と言われ警戒していたら、罠にはまって信頼度ダウンとか。

シーフの出目が悪く信頼度が下がっていくのには笑った。それで空気が悪く感じられないのは、ノエルの天然っぷりがかなりの癒しになってるからでしょうか。

 

NPCがまた個性的なキャラ多くて笑えます。

不吉な予言を告げていく占い師のばーさんも良いキャラしてますしね。

2話で登場したソーウェン公爵も中々愉快でしたし。ふと読み返したくなる、良いシリーズなんですよねぇ。久しぶりに読みましたがやっぱり楽しめました。



ソード・ワールド2.0リプレイ 導かれし田舎者たち2

ico_grade6_3

GM それは避けた。

エレクシア むむう、得体のしれないルーンフォークだ!

ジズ 得体をしれなくてすまなかった……(一同笑)

 

田舎から出てきた4人が出会い、チームを組んで行った大冒険。

今回は謎の少女に導かれ、新たな秘宝を手に、それぞれの故郷で起こる事件を解決していくという流れでした。

 

第五話「大地と炎の民」、第六話「マフィア・ダブル」、第七話「のけものの森」、第八話「わがままは誰?」の4話収録。

4話収録している分、一個一個の分量は減っているはずなのに、それを感じさせないリプレイとなっていました。

読みやすいし、合間に恒例となってるGMPLの対談が収録されているので、TRPG経験浅い人でも手に取りやすい感じにまとまっているのでは。

最近ダブルクロスばっかりやってるのでソードワールドもやりたいですねぇ。PL23回くらいしかやったことないので、経験積みたい……けど時間がなぁ。

 

再会を近い、一度別れたPCたちは一か月の休暇を挟んで、ルキスラに戻り。

依頼を受けて各地へ足を運んでいます。坑道で起きた異常を調べる為にキャロルの故郷に行き、過去の真実を明らかにし足り。

スミスの故郷に帰り、父母からある秘密を明かされ、取引の場に赴く羽目になったりしていました。

個人的には6話のエピソードが一番好みですかねぇ。スミスがいい味出してました。

PLの人としては「1歳なのにロールプレイがうますぎた」とか反省点に挙げてましたが。

まぁ、その辺は難しい所ですよね……読者としては個性的で読んでいて楽しかった場面でしたが。



ソード・ワールド2.0リプレイSweetsおかわり下 魔剣少女は眠らない!

ico_grade6_3

GM (前略)「ほう、なかなかやるではないか。貴様らに会いたかったのだ、よくぞここまで来てくれたものだ。まさか何の情報収集もせずに真っ直ぐ来てくれるとはGMも予想外だったがな」

ソフィ こらーっ、メタなことを喋らせないっ!(笑)。

 

「第四話 ボクが考えたサイキョーの……!」、「第五話 現れたのは優しい王子様?」、「第六話 魔剣少女は渡さない!」の三話収録。

帰って来たSweetsリプレイおかわりの、幕引きとなる巻です。

 

今回もまたネタにしかならない魔剣がボロボロ出てくるわけですが。

こんな魔剣で大丈夫かよ……質より量と考えた結果とのことですが、それにしたってあまりにもひどい(褒めてる)。

もう少し心が邪な人の手によって生み出されていたら、シャレにならない魔剣が量産されていた恐怖の地方になっていた可能性もあるわけで。

ネタ装備にとどまってくれたのは、まぁ、幸いだったのでは。

つかみどりで損したくない魔剣とか、そんなことで魔剣に頼るなというか。

 

第五話の、情報収集抜きでの突撃コースでGMがメタ台詞連発した場面は思わず笑った。

補助動作封じる攻撃が、補助動作使ってないキャラに行ったりとランダムダイスがいい働きしてましたね……

相変わらず噛み合ってないようでかみ合ってる不思議なパーティーではありましたが、愉快な旅路を見せていただきました。



ソード・ワールド2.0リプレイ 竜伯爵は没落しました!3

ico_grade6_3h

ロラン あきらめろ。余はこれ以上、何も失うつもりはない。すべて取り戻すのだ!

アシュリー ロランさまが言うと重いですね。

 

6話「執事殿はお怒りかもしれない」、第7話「剣の折れたドレイク」、第8話「竜伯爵は復活しますか?」の3話収録したリプレイ完結巻。

冒頭からGMとロランが「それでは、『竜伯爵は没落しています!』6回目のセッションを始めます」。「待てGM、タイトル違う」なんてやり取りをしていましたが。

実際力が正義の蛮族領で、こうも没落した領地がちゃんと残っていたのは、奇跡的なのでは。

周囲の思惑が色々と絡んだ結果ではあると思いますが。

 

うっかり死んでしまったロラン。

彼を元に戻すために尽力してきましたが、ようやくその手段がおおよそ整って。

魔剣を折って穢れを減らし、蘇生魔法をかけてからイレイス・ブランデッド。そして魔剣を再生させる、という流れ。

魔剣を折る器械、魔剣を直せる技師を迎え、一本の魔剣を直すのに朽ちててもいいが、三本の魔剣が必要という情報を得て魔剣を探すことに。

 

魔剣探しの道中、執事のソリナルと出会ったりしていましたが……苦労性だなぁ、あの人も……

途中で想定外もあったりしましたが、何とかロランが復活。

故郷を荒らす他所の蛮族を蹴散らしていました。最初の頃と比べると成長したなぁ、としみじみ。

まだ危なっかしい部分もありますが、死んだりブロークンになったりした経験から立ち直った彼なら、まぁ、何とか乗り切ってくれるのではないかと。




ソード・ワールド2.0リプレイドラゴンスレイヤーズ3 神ならざる者に捧ぐ鎮魂歌

ico_grade6_4

ユリウス:………………(思案中)………………よくわからんな。

ミスティン:あはは(笑)。とりあえず飛んで王城にこのままつけましょうか

ユリウス:そうだな。我々は王城に行こう。

(略)

GM:合流、失敗ッ!(笑)

 

第一話『邪悪なる者たちの進軍』、第二話『異界より迫る破滅の足音』の二話収録。

超越者たちの物語を描くドラゴンスレイヤーズ・リプレイですが、今回はPC2人を入れ替えた形で進行。

蛮族PCでも16レベル以上に成長できるルールが導入されたため、それを用いたPCを登場させたかったから、とのこと。

 

片方の蛮族PCは名誉人族として登録されていますが……片方はガチ蛮族。

バジリスクだから「反応:中立」ではあるらしいですけど。気まぐれなキャラで……蛮族名誉点が3000点。

地域全土に名前が知られ、国家が冒険者や軍隊を派遣してくるレベルの脅威。魔物レベルとしては22レベルとか。GMからうつろな笑いがこぼれるレベル。

 

しかもこのバジリスク――サラディーンの取得していた邪眼が、もう一人の蛮族PCケンタウロスのリヴィエラの能力と奇跡的に噛み合って。

別々にPC作成したらしいですけど、それでシナジー発生するんだから、ゲーマーってすごい。

2ラウンド目に合流のイベント起こそう、とか考えていたのに1ラウンドで状況を解決されてしまった場面は思わず吹きました。

 

高サーペントシリーズのように、出来る事が多いからこそ、出来る事を忘れたり、うっかり大事故が発生するかと思いましたが……

今回は、読んだ限りではかなり余裕を持って対応出来ていたのでは。

サラディーンの邪眼が便利すぎたからなぁ。流石22レベルバジリスク……

まぁ、能力を活用して厄介な相手を的確に倒したからこそ、いくらか余裕を持てたわけですが。

 

今回も「何言ってるんだコイツラ」という、高レベル冒険者の訳が分からない程のすさまじさが楽しめたので満足です。

別シリーズになってもいいので、高レベルリプレイ定期的に出してくれないかなー。GMする方もかなり大変そうですけど。



プロフィール

ちゃか

 友人に「活字中毒っていうか読書中毒」と評される程度には本が好き。適当に感想を書いていく予定。リンクはフリーでコメントはご自由に。悪質と判断したものについては削除する場合があります。

アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索