気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

富士見ファンタジア文庫

ロクでなし魔術講師と禁忌教典18

 ico_grade6_3h

「ふふっ、先生、そうでしょう? だったら……先生が憧れて目指した道は……決して無意味じゃなかったんですよ。素晴らしく価値があった道なんです」

 

イグナイト卿の反乱を辛くも撃退したものの、敵の攻め手は止まず。

王都を落とされただけならまだしも、手口がエグい。蘇った英雄、剣姫エリエーテが守護する戦力や城壁を斬り捨てて、死者の兵団に襲わせて戦力補充とか鬼かよ。

“正義”のジャティスが暗躍して、敵の拠点や下位の構成員をつぶしていたそうなので、今回の騒動を超えさえすれば、長き戦いに終止符が打てそうですけど。

 

敵の次の標的はフェジテ。

残存兵力を集めて、力を合わせて対抗策を練っているパートは面白かったです。

一方で、敵の計画が最終段階に進んだことでセリカが記憶を取り戻して行動を開始。

手紙を残し、グレンたちに別れを告げる事に。

大切な家族と守るべき生徒たち。その狭間で揺れ動いていたグレンが、想像以上に教師になっていたな……と言う感じで胸が熱くなりましたね。

 

最後には、成長した生徒たちに背中を押されてセリカの下へ向かって。

しかしそこに《大導師》フェロード=ぺリフが現れて。彼の仕込みが明らかになっていましたが……。

アリシア3世が気付いた、かの王家に仕込まれていた呪いの話とか。彼の行動のアレコレだとかが明かされましたが。随分と、おぞましい敵だな……。

禁忌教典の事なんかも情報が出てきましたが、規模が大きすぎて呑み込めてない。

打つ手がなく一旦は逃げる事となっていましたが。ついにそこの情報が出てくるのか、と言う感じで次が楽しみになる感じでしたね。本当にクライマックスって感じだ……。

公女殿下の家庭教師3 魔法革命で迷える聖女を導きます

ico_grade6_2h

「同時に――良い選択だったのかどうかも、分かりません」

 

今回のヒロインはティナのお姉さんのステラ。

父に反発し家を飛び出して、生徒会長を務めるまでになったものの……彼女は迷いの中にあった。

アレンの指導の元、極致魔法を使いこなすようになり、自己を確立し、主張するようになった妹に対して隔意を抱いた、というか。

ステラが自分に自信が持てずに、足踏みしていた感じなんですよね。

 

でも、公爵家の一員である以上、背負うものはあってその重さに潰れそうになってしまった、と。

それを助けるのがアレンだって言うんだから、相変わらず手広いというか。ここまで来ると、手が早いと言った方がいいのでは……?

弱ってる所につけこむのとか、常套手段ですよね! という冗談はさておき。

 

彼の指導によって、ステラが成長できたのは良かったです。

とはいえ、アレンが2つの公爵家に与えてる影響が大きく、優秀過ぎて怖い。

なんか新しい極致魔法作ったとか言ってるし。そうポンポン作れるものじゃない筈では……?

学院生時代には、オルグレン公爵家庶子の後輩との接点まであったようですし。ギルが女子だったらヒロイン戦争が更に危ない事になっていた……。

オルグレン家も一枚岩ではなく、次なる波乱の元になりそうな気配はしますけど。まぁ、アレンが居ればどうにかするんだろうなぁ感。

公女殿下の家庭教師2 最強剣姫と新たな伝説を作ります

ico_grade6_2h

「あんたの隣に私が居て、私の隣にあんたがいる。至極当然な話だと思うけど?」

 

1巻でティナとエリーの家庭教師として、最高の仕事をしたアレン。

リディヤの家にお世話になっていますが……彼女の妹にも懐かれているし、母親からも信頼厚く息子のように思われているとか、既に外堀を大分埋められている状況なのでは。

 

アレンとリディヤが剣姫とその頭脳、みたいにコンビで扱われているのも頷ける信頼関係が伺われた、というか。

これでヒロイン確定してないで、幼女たちに慕われているとか。初対面の相手の頭を撫でようとする癖を発揮しかけたりとか。

絶対以前にも同様の事例があっただろう、というか。過去からヒロイン出て来ても驚かないぞ、って感じでもうアレン本当に誰かに刺されるんじゃないか。

……彼自身のスペックが高いし、そもそも彼を良く知る人々からも注目されているので、手を出した後の保証ができませんが。

 

しかしまぁ、極致魔法をポンポン使うリディヤのせいで、かなり物差しが歪んでたと言いますか。

彼女の実兄であるリチャードが、アレンを認める好青年ではあるものの、妹には絶対勝てないと言って。「明日の朝日は拝めないとしても」今を生き残るために全力を賭けるとか口にする割に近衛になれている辺り、リチャードの力量が割と標準な気はするんですよね。

 

そうすると、アレンの周囲にバランスブレイカーしかいないんだなって……。

学院長からちょっと授業やってよ(やりすぎ厳禁)と釘刺されてたのに、子供達の常識ぶち壊すようなことしてるし。ブレーキが存在しないのか彼には。

イラストは可愛いし、読みやすい読み口は変わらず、といった印象。

キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦3

ico_grade6_3h

「今回だけだ」 


BOOK☆WALKER読み放題にて読了。

イスカの事を意識しているアリス。

従者である燐からしても、その想いは自明というか。行き過ぎているように感じられて。

主と帝国剣士に距離を取らせるために、イスカ相手に毒を盛り警戒させるという作戦を取っていました。

平時であれば察知され、燐の思惑通りの結果を招いたのかもしれませんが……。

 

敬愛する体調であるミスミスが魔女に覚醒してしまった事。

次なる作戦が皇庁への潜入と、現ネビュリス女皇を捕獲するなんて規模の大きいものになった事。

悩み事を抱えていた彼は、うかつにもそれを飲んでしまい、皇庁の捕虜となって。

 

ミスミスが迷いなく助けると言ってくれる隊長で良かったなぁ、と思います。

裏側で色々と蠢いているんが察せられるので、イスカの傍に居るメンバーが真っ直ぐに進んでくれるのは救いですね。

帝国側も、情報を得る為には手段を選ばないというか、しっかりと研究する場所があってそこが成果を出しているんだから、ますます戦争が激化していきそうな雰囲気を感じて怖い。

 

捕まえたイスカに興味津々なアリスが、ひとりの女の子してて可愛いと思いますが。

敵の作戦で混乱した現場において、指揮を取ったりする王女としての顔の方が好みではありますかね。

 

捕虜の身から脱したイスカが、「今回だけ」と言って脱獄囚と戦う事になった燐に助力してるのが良いですねー。

こういう、敵組織が一時手を組む描写とか大好きです。

超越のサリンジャー。撃退こそされたものの手札はまだ残してみたいでしたが。最後、予想外の相手と対面してたっぽいしなぁ。

 

使徒聖ですら曲者揃いなんですから、トップの天帝が負けてるはずないんですよね。いったいどんなキャラなのか、楽しみな様な怖いような。

楽しみで言えば、イスカが助けて地位をはく奪されるきっかけとなった少女が思ったよりも大物だったというか。彼女が抱いていた決意とか、最後の台詞とか、気になる情報が増えた感じですねぇ。

描写少ないけど、なんかこのシリーズの推しになりそうな気配がする……。

キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦2

ico_grade6_3

「その力で、何もかも簡単に勝てるわけじゃない」

 

BOOKWALKER読み放題にて読了。期間限定タイトルで今月末まで。

細音啓先生の初アニメ化でめでたいですねー。追えてないうちに11巻まで出てしまった……。いつかちゃんと追いつきたい。

 

憑りついた者を魔女や魔人に変貌させる、未だ謎が多い存在である星霊。

それが地上に現れる、星脈噴出泉が帝国の内部に近く出現するのが観測されて。

百年前に現れたそれによって、大魔女ネビュリスが産まれた。つまりは、帝国と皇庁の戦いの発端となった出来事だとか。

新たな星霊使いが産まれるだけではなく、既に憑りついた者が浴びる事で力を強化できるとされていて。

さらには、そのエネルギーは使い切りとなれば、争奪戦が起きない筈がない。

 

皇庁側の事情なんかも出てましたが、内部の勢力争いとかもあったり、今回出てきたキッシングの危うさとか見るに、あっちはあっちでかなり闇が深そう。

帝国の闇が深くないかと言ったらそんなことは無くて、イスカはこの戦争を講和させようとしてますが、着地点探すの控えめに言って無理なのでは、って気がしてきますね。

使徒聖にまでなった彼の方がそれは良くわかっているんでしょうけど。それでも理想を目指す青さが主人公らしいと思います。

 

今回登場したネームレスとか他の使徒聖を見るに、イスカの能力が戦闘特化過ぎて小規模戦闘ならまだしも、戦局を動かすような大きな事が出来るのか、ってのは不安になりますね。

ネームレスこそ暗殺者あがりで、戦闘寄りなのかと思いきや、敵の打った手を予想して裏をかくみたいな真似はしてるわけですし。

 

相変わらずアリスとイスカが中立都市ですれ違ったりしてるのに笑いましたし、勝負の続きをするために助力する場面もあって、中々面白いコンビになってきたなぁ、と言う印象。

撃ち抜かれた戦場は、そこで消えていろ~弾丸魔法とゴースト・プログラム~

ico_grade6_3

「お前は、この戦争を終わらそうとしてるんでしょ」

 

東西の国家が、機甲車と弾丸魔法を用いた戦争を続けている世界。

主人公のレイン・ランツは学生兵として戦場に駆り出され、追い込まれてた……筈なのに、気が付いたら教室に戻っていた。

彼の手元には弾丸魔法によって、殺した相手の名前が残っていて、あれが夢だったとは思えない。

しかし、名の売れた相手だったはずなのに、誰に話しても通じず。

どういうことかと思いながら日々を過ごしていたら、またしても世界が「切り替わる」のを実感して。

 

謎の「切り替え」を為したモノこそが、「悪魔の弾丸」。

それによって殺された相手の功績を全て消し去り、世界を再構成する破格の弾丸。

作中の例示で、車を発明した相手を殺したとしたら、車のない世界になる。誰かを殺した人をその弾丸で殺せば、殺された筈の人が生きている世界になる。

……そんな弾丸をもたらした亡霊の少女・エアと契約し、戦争を失くそうと決意する話です。

 

「悪魔の弾丸」が効果を発揮する度に。殺した相手の影響力が多い位ほど劇的に。

世界が書き換えられていき、弾丸を使用しているレインたちにも予想できなかった事態になる事もあって。

長期間続いている戦争の裏事情の片鱗なんかも見えますが……「亡霊」が出てきた時点で今さらですが、なんともキナ臭いですね。

激戦に飛び込み、辛くも生還した感じですが。不発弾と言うか、今後が不安になる情報が最後に残されて、ちょっと肝が冷えた。あれは予想外。


ロクでなし魔術講師と追想日誌7

 ico_grade6_3

「この限られた命で何を為すか、どう生きるか。僕はそこに安寧以外の意味と価値が欲しいからここに居る。……それは君も同じだろう?」

 

本編がシリアス真っ盛りだから、と言うわけでも無いでしょうが。コミカル全振りで温度差で風邪をひきそう。

セリカがグレンを精神支配術で操ったうえで嫁探しをする「最強ヒロイン決定戦」。

オーウェルの発明によって20年後の未来に三人娘が迷い込む「未来の私へ」。

 

この二人は本当に、短編御用達というか。放り込めば適当な騒動起こしてくれるので、動かしやすそうだなぁ、と思いますね。

どっちにも「夢か」って展開入ってたのは、1冊の中でネタ被り感あって残念ではありましたが。

 

「さらば愛しの苺タルト」。追試を受ける事になったリィエル。担当はよりにもよって、というか彼女に痛い目にあわされまくってるハーレィで。だからこそ、名乗りを上げたらしいですけど。

実際、追試となると準備やらで時間とられますから、彼の憤りも分かってしまうんだよなぁ……苺タルト食べられなくする呪文欠けるのは大人げないですけど。

しかし、リィエルの苺タルト依存度もどんどん上がってませんか。なにか変な薬入ってない?

 

「秘密の夜のシンデレラ」。左遷されたものの外面を良く見せたいイヴと、いつもどおり金欠に陥っていたグレンの、秘密のアルバイトの話。何してるんだこの二人。

変なところで似た者同士というか、順調にイベント発生させて外堀を埋めてる感じがしてこれは強敵だ……

 

そして最後のエピソード。「特務分室のロクでなし達」。

《法皇》のクリストフのエピソードですが。ジャティスもまた所属していて、セラも健在な、分室がまだまともに機能していたころのエピソード。

……機能していた頃ですら空席が目立って、損耗率の高いヤバい部署だと語れる生徒が居るくらいには悪名高い部署。それにしたってやけにベア詳しかったですけど。

 

多くのスカウトを貰っていたクリストフが、分室所属になるきっかけの事件。

分室メンバー勢ぞろいしてると、これだけ頼もしいんだーという感じでしたね。

上手くハマれば一方的に叩けるけど、そういう状況がいつもあるわけじゃない無情さを感じた。本編でアルベルト達も負傷して、分室ほぼ壊滅状態ですからね……世知辛い。


デート・ア・ライブ22 十香グッドエンド 下

ico_grade6_4

「――みんなは……私が――」

()

「私が、守る……ッ!」

 

完結エピソード後半。

元精霊の少女たちの力を借りながら、謎の精霊〈ビースト〉に挑む士道たち。

今回も、合間に元精霊のエピソードが入ってます。心に鍵をかけていた六喰、過去を忘れていた七罪に八舞姉妹。

 

過去への向き合い方が、各々違っていて良かったですねぇ。                               

かつての行いを知るがゆえに、遠目に無事を確認して会わない事を選んだ六喰の選択も尊いし。暗い記憶を取り戻した後、ビーストとの戦いの中で奮起して、活躍した七罪は格好良かった。

八舞姉妹の事情と、最終巻で見せた驚きの形態も熱かったし。              

 

最終巻でも美九が美九でありつづけたのは、素晴らしいと思いますよ。

八舞に対してのリアクションもそうですし。アイドルとしての新しいチャレンジを「だーりんや皆さんと過ごす時間が減る」で断ろうとするあたりとか。

でも、渾身の歌を披露した場面は、彼女らしい武器の使い方で魅せられた。

 

そして、満を持して十香の章が来るのが構造として美しい。イラストの使い方が上手い。

最終決戦で、表向き活躍できてなかった二亜と、狂三の立ち回りが愉快というか。狂三、条件次第では冗談じゃないんじゃん……

あとがきで各キャラの短いながら解説が乗ってたのは楽しかったですねー。ゲームオリジナルキャラにも触れられていて、気になる……。

ともあれ、良い最終巻でした。

デート・ア・ライブ21 十香グッドエンド 上

ico_grade6_3h

「さあ――俺たちの戦争を、始めよう」

 

十香が消えてから一年。

元精霊の少女達と士道は、その喪失を抱えながらも未来に少しずつ進み始めていた。

完結となる上下巻エピソードで、数字を名前に持つ精霊たちが順番に焦点当たってるのが面白いと思いましたねー。

 

精霊が消え、ウェストコットが倒れた事で、ラタトスクの敵対勢力がほぼなくなり穏やかな日常を送れているのはいい感じ。

エレンが記憶を失ったために、ラタトスク機関員兼教員として活動しているのもちょっと笑いましたけど。

記憶失ってなかったら最強の魔術師として暴れるのは想像に難くないですからね……経過観察も必要でしょうし。保険もかけてるみたいですから、大丈夫そうですけどねー。

 

士道が特に十香の事を引きずってるようでしたが。

折紙が彼女を忘れるなと言い、二亜と進路や未来に関する話をして。

仲間として背中を押してくれる人が居るのは良い。折紙の方は、十香を超えて見せると宣戦布告までセットなのが彼女らしいですけど。

 

狂三とは、墓参りに行って。精霊の力が失われたことで、約束したことは叶えられなくなった。思わず、悪趣味な冗談を飛ばすくらいの事はされてましたが。……アレ、ほんとに冗談?

記憶を失った精霊であった四糸乃は、ラタトスクの調査によって過去を知って。想い出の地へ足を運ぶことにした。成長が感じられる話で良かった。

 

そして各エピソードの裏では、存在しない筈の精霊の存在が示唆されており……ついに士道が対面し、ラタトスクは行動を起こさざるを得なくなる。

司令である琴里は精霊の加護を失った指導を遠ざけようとしますが。ここまで「デート」を続けてきた士道が引くはずもなく。妹として。司令として。二つを背負った琴里のイラストが可愛かった。

たとえば俺が、チャンピオンから王女のヒモにジョブチェンジしたとして。2

 ico_grade6_3h

「――俺の言葉じゃ、ダメか?」

 

第二幕【たとえば俺が、落とされる処刑の刃と打ち合ったとして。】開幕。

コロッセオを追放されたチャンピオンのフウタ。

異国で王女の庇護を得て、メイドとも交流して、楽しい日々を過ごしていたが……

メイドのコローナは自らの意志で、王女との契約を打ち切り城を去った。

 

理由も知らぬまま別れるなど認められない、とフウタが自分で行動を起こしたのは、変化を感じられていいですけど。

……何も考えずに突撃しているのは減点対象では。

プリムが来てくれて良かったね。彼女は彼女で突撃タイプではありましたけど、とりあえず目的の情報には辿り着けてましたし。

 

コローナの職業と、王国の事情。王が招いた他国の賓客。

財務を受けもつリヒターと、裏で蠢いている王女の想い。

色々と絡み合っていて、闘剣もありましたけど、策謀シーンの方の印象が強いかなぁ。

フウタが相変わらず強くて、格好良くもありましたが。

 

今回は王女の奸雄としての面目躍如というか、神官相手に真意を隠し、上手く操っての桁辺り奸雄だよ……って感じ。

フウタの行動がなければ、コローナを見捨てていたかもしれませんし、王女様も結構変わってきてるのでしょうか。

エピローグ2の「ああ、もうメイドの鳴く季節ですか」「そ、そんな季節ないもんっ!」ってやりとりが楽しくて好きです。

プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ