気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

導かれし田舎者たち

ソード・ワールド2.0リプレイ 導かれし田舎者たち2

ico_grade6_3

GM それは避けた。

エレクシア むむう、得体のしれないルーンフォークだ!

ジズ 得体をしれなくてすまなかった……(一同笑)

 

田舎から出てきた4人が出会い、チームを組んで行った大冒険。

今回は謎の少女に導かれ、新たな秘宝を手に、それぞれの故郷で起こる事件を解決していくという流れでした。

 

第五話「大地と炎の民」、第六話「マフィア・ダブル」、第七話「のけものの森」、第八話「わがままは誰?」の4話収録。

4話収録している分、一個一個の分量は減っているはずなのに、それを感じさせないリプレイとなっていました。

読みやすいし、合間に恒例となってるGMPLの対談が収録されているので、TRPG経験浅い人でも手に取りやすい感じにまとまっているのでは。

最近ダブルクロスばっかりやってるのでソードワールドもやりたいですねぇ。PL23回くらいしかやったことないので、経験積みたい……けど時間がなぁ。

 

再会を近い、一度別れたPCたちは一か月の休暇を挟んで、ルキスラに戻り。

依頼を受けて各地へ足を運んでいます。坑道で起きた異常を調べる為にキャロルの故郷に行き、過去の真実を明らかにし足り。

スミスの故郷に帰り、父母からある秘密を明かされ、取引の場に赴く羽目になったりしていました。

個人的には6話のエピソードが一番好みですかねぇ。スミスがいい味出してました。

PLの人としては「1歳なのにロールプレイがうますぎた」とか反省点に挙げてましたが。

まぁ、その辺は難しい所ですよね……読者としては個性的で読んでいて楽しかった場面でしたが。



ソード・ワールド2.0リプレイ 導かれし田舎者たち

ico_grade6_3

ジズ さ、さすが『鮮血のエレクシア』だ……!

エレクシア このタコ足は今日のご飯にします(笑)。

GM(認識を間違ってた。この子、メインヒロインじゃない……完全に主人公だ)(後略)。

 

第一話「笑う館」、第二話「峡谷の悪魔」、第三話「鎖国都市」、第四話「凍った太陽」の四話収録。

TRPG初参加のプレイヤーを混ぜた上での、SW2.0の世界を楽しむためのスタートリプレイ。

 

基本的に『ルルブ1改訂版』のみを使用しつつ、第三話からは『ルルブ2の改訂版』を開放したり、少しずつ出来る事を増やしていく感じなので、本当に初心者向け。

用語の解説が入ったりして、かなり読みやすい構成になっています。

それぞれの事情を抱え、田舎から都会(ルキスラ帝国)にやってきた冒険者たち。同じ冒険者に集ったよしみで、店主からパーティーとして仕事を振られて、つるむようになる、と。

 

ナイトメアのプリースト、ジズ。

ルーンフォークのマギシュー、スミス。

人間のファイター、エレクシア。

ドワーフのグラップラー、キャロル。

ポンコツセージ疑惑が浮上したり、石強いんじゃね的な戦闘があったり。

中々愉快なパーティーになっておりました。

 

このリプレイ独自ルールとしてそれぞれのPCにシナリオの鍵になる「秘宝」を渡していて。

それを活用しないとシナリオが詰む、という仕様ですが……

まぁ、PC4人のパーティーで4話収録だから、全員一回は主人公ポジションになるよ、という程度の味付け要素。

しかし、コレが意外といい雰囲気になっていたんじゃないですかねー。ジズのイメージなんかもこれに影響を受けた感じがありますし。

2巻も予定されているそうなので、そこでもなんかこういうギミックあると面白そうですけどねー。どうなるやら。



livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索