気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

山椒魚

ソード・ワールド2.5リプレイ 10ガメルの心臓2

ico_grade6_3

ハロルド そこは違う。私は復讐など望みません。

 

各々の願いを胸に、アナンに足を踏み入れた冒険者たち。

願いを叶えるバルザナーの秘密、メネンデスの真実。レティシアの父や、リードの抱えていた後悔。

PC達の設定を拾い、上手くシナリオに組み込みつつ、アナンの背景を描写してました。2巻完結で、手に取りやすいリプレイになったんじゃないですかね。

 

4人はたまたま道が交わっただけの関係で。願いと、事情については明かしてたり、伏せていたり。読者の視点だと、多くが開示されているモノではありますが。

シナリオとロールプレイで、いい感じに演出していましたねー。

ハロルドの性別に気付いているPC、気づいていないPCが居たりするのも、事情知ってるとニヤニヤ出来ましたし。

主の生存を伏せ続けたハロルドはお見事。味方すら欺いてましたからね……

 

魔女の事情が明かされるシーンとか、ちょっと唐突かなぁと思わなくはなかったですけど。

バルザナーは、本当に願いを叶えてくれるのか。そして、真実だったとして、全員の願いがかなえられるのか。1人しか叶えられないとしたら、誰のものを選ぶか。

迷いながらも前に進み、彼らなりの答えを出した。全体的には楽しいリプレイでした。


ソード・ワールド2.5リプレイ 10ガメルの心臓

ico_grade6_3

ハロルド オーガに攻撃! 1ゾロ。

リード なんの、俺に任せろ! 1ゾロ。

レティシア 私はついてくるパーティを間違えたようね。

一同 (爆笑)。

 

「アナンにはすべてがある」。

そんな噂がある絶海の孤島アナン。資格ある者の願いを叶えると言うが、たどり着けるものは多くない。

主を失ったルーンフォーク、ハロルドも噂を聞き島へと乗り込んだ一人であった。

ハロルドは、たどり着いた岸辺で謎の女性から、問われる。「あなたを突き動かす意志はなんですか」。

質問に答えた事でハロルドには、物理的に変化が生じてました。いや、まさか10ガメルの心臓ってそういう意味とは思わないじゃないですか。ちょっとびっくりした。

 

そして、島の住人にすげなく扱われ、受け入れてもらうために依頼を受けて。

そこで同じように依頼を受けたリルドラケンとレプラカーンに遭遇。暫定的にパーティを組んで行動を始めて。途中で更に、ナイトメアも加わっていましたけれど。

 

それぞれに心に秘めた願いがあってアナンまでやって来ているわけで。

協力はするけれど、全てを明かしたわけじゃない、仲良しこよしじゃないパーティーのやり取りが楽しかったですね。

序と、1章~3章が収録されていて、それぞれの事情は小説風に短く描かれていたので、読者はPCの背景を知れるので、ロールプレイの軸を見れた感じがして満足。

アナンにとって異邦人である彼らは、事件に振り回され続けている状況ですが。さて、最後に願いを叶える事ができるやら。続きを期待して待ちたい。


プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ