気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

岩井恭平

リオランド 02.星紡ぎの姫と聖なる獣

ico_grade6_2h
「己の魂を、強く保て。―――決して、死ぬなよ」

 

積読。

異世界からの、エチカ以外の来訪者。

彼らは、リオランド王国を標的と定め、戦争の準備を始めた。

エチカは、同郷の者が和平の使者を装い王都に侵入し、騒動を起こしたこともあって、牢におくられる事に。

それは魂の双子という術式によってつながった、ミカドも同様の扱いで。

二人はそれでも諦めず、それぞれの知識をすり合わせ、抗うための刃を研ぎ続けた。

 

科学世界の敵対勢力も、唐突に異世界に放り出されて、資源に限りがある状況なわけで。

裏技使ったりして延命を図っていますが、タイムリミットがある状態。

だからこそ、彼らは止まらずに手を打ち続ける。

侵略の手が王都に迫りそうになって、戦力としてミカド達が駆り出される事に。

そこで、ついにミカドが切り札を切っていましたが……いやはや、とんでもない爆弾を生み出したものだ、というか。よくもそんな発想に至ったな、というか。

実際役だったわけですから先見の明はあったと言えますが。

 

ハァミアの儀法使うシーンとか格好良かったですけど、戦争をしている中で被害は生じて。

しかし相手の使うのは無人兵器とあって、正直リオランド王国側も戦闘員が減ってどんどん厳しくなっていくだろう、と言うのが見えて怖い。

最後に明かされたヤバめの案件もあって、お先真っ暗感が強いんですが。それでもミカドが抗っていくんですよね。主人公、って感じだ。


 

リオランド 01.最慧の騎士と二人の姫

ico_grade6_2h
「我が槍と我が友とともに討てぬ敵など、存在しない!」

 

積読消化―。

天穹門と言う現象。それは、世界に「雫」を零す。

この世界の歴史において、雫は等しく侵略者であり、世界に争いを齎す存在である。

リオランド王国の騎士であるミカドは、門が開き雫がこぼれる場面に居合わせた。

そして現れたのは天高くそびえる杭。実のところ軌道エレベーターなんですが、科学が発展していない世界だと、果てが見えない理解し得ない存在なんですよね。

これまでの雫も同様に世界に異質な存在を齎したのならば。それは確かに争いが起きるだろうなぁ。

 

そしてミカドは、雫の出現場所で1人の少女を発見。王都に連行した。

ただ彼自身は、ある事情から蔑視されてる存在で権力もなく、しばらくは少女と引き離される事に。

持っていた知識などを総動員して、観察者として彼女を引き取る事に成功。

エチカという少女は、会話が成立する程度には穏当な関係を築けはしましたが、彼女の事情なんかを明かしてもらうには及ばず。

引き取るまでにも時間が掛かり、更には探り合いをしている間に、杭の方で動きがあって。

エチカ以外にもいた来訪者たち。彼らは情報を集め、彼らの理によって行動をして……それは、エチカとは違う道であった。

1巻まるまる壮大なプロローグって感じでしたねー。


サイハテの救世主 PAPERⅢ:文明喰らい

ico_grade6_3

「これが我々です。我々は余りに愚かなのです」

()

「どうしようもなく愚かな人類をお救いください、ドク」

 

サイハテの救世主の完結巻。

壊れてしまった天才の、最後の戦い。

論文が盗まれ、それが争いの火種となり、どうしようもなくなって天才の助けを求める。

いやはや、本当に天才の論文やそのファンが悪いのではなく、人間の欲深さこそが一番恐ろしいという話ではなかろうか。

 

助手が「ファン」であることを疑ってなかったので、最後の会話には驚きも何もなかったですけど。

てっきりこの人が最後暴れまわって倒されることになると思っていたので、そこだけは拍子抜けかなぁ。

ドクが途中で告白じみた真似をしてますが、そこに至るまでの流れがよくわからず惜しいとは思いました。

 

今回の災害は、金属くらいのワーム……あるいは「グリゴリ」。

巨大で、鉱物を食らう蟲というのは分かりやすく驚異的で、それに対抗するために国1つに壊滅的なダメージを与えるというのが恐ろしいな……

ガラクタなりに奮闘して元天才は手を打っていましたが……シリーズをまとめる都合もあってか、12巻ほど面白さが足りなかった感じがして残念でならない。

 

東京浸域:クローズドエデン3 人類の敵VS人類の敵

ico_grade6_3

「そうだな……次にやることなんて、決まってる」

()

「征こう――〝クリティカル・エリア“へ」

 

二巻の時点で続きがでるか危ぶんでいたので、ひとまず3巻が出てくれてほっとしました。

最も、これ以降は売れ行き次第なところがあって中々厳しい感じのようですが。

先が見えない状態という事もあって今回は結構急ぎ足な感じで進行していたと思います。

 

前回の襲撃を受けて、ハーメルンは巣を移して居場所が知れず。

大量殺人鬼のレイダー木村アルテミスは裏取引をして正規の救務庁の一員となり。

これによって二人は、一気に進退窮まって。

特に木村が救務庁側についたのが痛くて、スポットの情報、レイダー「レン」と「カナ」の情報など彼女は色々と知りすぎている。

 

座して待てば状況が悪くなるばかり。だとすれば、今動くしかない。

今まで以上に危険な状況で、それでも止まることを知らず前へ進んでいく二人。

あちこちの思惑が入り乱れている進行してくのは、中々面白かったです。

展開早い分粗い部分も見えましたが。いくらなんでも木村の行動が早すぎるとか、救務庁が意外とガバガバというか。

 

あと、蓮次の兄が地味に報われてないというか。救務庁に入って努力してるはずなのに。

まぁ、浮気してたりする時点でアレですが。最もそれも筒抜けっぽくて利用されてる可能性すらあるのもまた残念感が。

弟の事を心配しているけれど、逆にかなり振り回されてますしね……

 

蓮次自身はとりあえず新たな協力者を得て、心は折れず先に進むつもりのようですが……

正直、カナとのパートナー関係が終了してしまったのがかなり痛いよなぁ。

パトロンとの関係とかもあるだろうし、協力を求めた相手って言うのがまた……

「アングリィ」でのゴリ押しもその内通じなくなる可能性ありますし、どうにか違う手を編み出さないことには、地獄へ一直線なんじゃなかろうか。

今後どのように奮闘してくのかが気になるので、もう少しでも続いてほしい所ですが、さてはて。

 

東京浸域:クローズドエデン2 Enemy of Mankind 下 

ico_grade6_3

「悪いけど、何も始まらないわ」

()

「私とレンで、終わらせるんだから」

 

救務庁の作戦に合わせて、エリアに侵入した二人。

けれど、大々的に謳われたその計画は、そうやって焦る侵入者を釣り出す目的も兼ねていたようで。

ただひたすら愚直に、失った家族を、幼馴染を取り返すために戦っている二人は少数派で。

時間が経っていることもあり、エリアを下手に刺激しない方向に動きは向かっていて。

 

そんな状態でも、色々と派閥は出来たり、別の勢力の思惑が絡んだりしてくるので厄介というか。

叶方の正体がバレて、救務庁の目的がわかって、本当に味方がいないという状況で。

それでもあきらめられないから戦い続けて。

 

あとは、なんだかんだ弟の為に動いている蓮次の兄貴がいいですね。

彼が主人公でも成立したような気がしますけど。

ただやっぱり妹とか、幼馴染の妹とか、微妙にノイズになっているような気がするんですが、今後に影響するんだろうか。

 

かなり綱渡りで、何か選択を間違えていたら多分どちらかが、あるいは二人とも死んでいておかしくなかった。

けれど彼らは生き残り、ハーメルンを打倒した。

彼ら自身の目的は果たされなかったものの、スタートラインが0だったのに、そこから一歩前に進むことができた。

絶望の中に見つけた希望ほど甘く、そして厄介なものは無いと思うんですけど。

さて、ここで終わるのも一つの形ではあるような感じですけど、続きって出るのだろうか。なんか微妙な空気が漂っている気がするんですが。

 

 

東京浸域:クローズドエデン01 Enemy of Mankind 上

ico_grade6_3
「弓家叶方は、弓家奏汰を取り戻すために」
(略)
「秋月蓮次は、大郷夢衣を取り戻すために」


ある日突然、東京は変貌した。
東京一帯を紫色の霧が包み込み、遮断され、その中を異形の敵が蠢くようになっていて。
ま、中の様子については一般には秘匿されているんですが。
首都がそんな災害に見舞われて、2年がたった今も、行方不明者の数が数え終わっていない。
日本がこのまま崩壊するんじゃないかとまで言われた災害。
救務庁という対策室が作られて対策にあたって、なんとか霧の外では日常が戻ってきていますが。

主人公は、たまたま都内に遊びに行った折、その災害に巻き込まれ、一緒にいた想い人を喪失した。
いなくなった大事な相手を助けるために。
違法とされている、霧の中に踏み込み探索を行う侵入者として活動していた。
相棒の少女も、同じように弟を霧の中に飲みこまれてしまっていて。
2年という時間が経ち、正直生存は絶望的だと思うんですが。
それでも諦められない程大切だったから。二人は、霧の中で探索を続けている。

蓮次の兄が救務庁に入って、色々と情報を探っていたり。
救務庁の探索班からして、裏側の事情がありそうな雰囲気です。
今のところ蓮次の妹が必要だったのか疑問なんですが。
日常描写用にしても、なんかテンポ悪くなっただけな気がします。

しかしまぁ、新シリーズでいきなり上下巻とか、チャレンジャーだよなぁ……
この作者の作品は好きなんですが、刊行がまばらになりやすいのが欠点というか。
ムシウタは何とか着地させた、という印象なので、このシリーズがどこまで行けるのか正直不安があります。


ムシウタ15 夢謳う虫たち(下)

ico_grade6_3h
「オレだって戦いたくないし、とても疲れた。――それでも今まで自分に起きたことや、他人にしたことを忘れたくない。それを忘れないまま、自分で何をするかを決めたい。そうするのが普通の人間だと思うから」
(略)
「オレは、夢を叶える」
(略)
「そうしてオレは――夢を叶えただけの、ただの人間になるんだ」 


11年に及んだ長いシリーズが、ついに完結。
好きなシリーズだったので、無事に終わってくれたのはうれしいですね。
ただ、最後はかなり駆け足だったといいますか、大味な印象があったのでそこは残念。
せっかく最終決戦だからと一号指定が集まったのに、なんかパッとしなかったかなぁ、という印象が残る。
敵も味方も戦力尽くしての決戦っていうのは嫌いじゃないんですけどね。

一号指定たちの元へとあらわれていた、かっこうの影。
あぁ、そういえばここまで裏側で動きながらも、この最終局面で描かれていなかった奴らがいましたね。
茶深たちの行動によって、反撃の手段が整った。
とはいえ、〝C”の力も圧倒的で、本丸に乗り込むまでにも脱落してく奴等は出てくるんですが。

虫憑きたちの、夢の果て。
脱落したものもいるし、一歩間違えれば成虫化しそうな領域まで踏み込んだ者も多い。
そんな極限の戦闘の中でも、彼らは戦いをやめず、進み続ける。
自分たちの夢の為に。Cは、虫憑きを生むような夢はすなわち「叶わぬ夢」であるといっていました。

未来に向かって歩く虫憑きたちが進む道の先には――さらなる道の続きしか見えない。


叶わぬ夢だろうと、願ってしまった以上、彼らは歩みを止めないのでしょう。
帯の文句も「それは最高で最悪の夢の結末!!」とありますし、今更言うまでもないことかもしれませんが、これは彼らの夢の話だった、と結局そういうことですよね。
歩み続ける彼らの決断が、その折れぬ心が、読んでいて心地よいのは確かでした。

そうした部分が好きだったからこそ、最後駆け足気味だったのが惜しいとも思うんですがね。
あさぎと鯱人の戦いや、大喰いの最期、魅車の結末と、見どころありそうなのに結構あっさりと終わった部分が多くて。
あとは、メイン以外のキャラも増えてきていたのに、その他のキャラクターの「その後」があまり描かれなかったんもちょっと残念だとは思ってます。
ま、いろいろ言いましたが、それでも楽しんで読みましたけどね。

 

ムシウタ14 夢嘔う虫たち(上)

ico_grade6_3h
「だから、俺は生きる――」
(略)
「生きてるかぎり、俺が生きていることは――罪じゃねぇ」


待ってました、のムシウタの最新刊。
帯によると、5月1日にでる、15巻が完結巻のようですけど、これ、無事に収集つくんですかねぇ。 
一番最初からして、不穏な未来が描かれているんですが。

それぞれの信念とかがある、虫憑きたち。
危険な状況、恐ろしい敵、だからといって協力できるかっていうと、そうでもない。
最も癖の強い、一号指定たちなんて、なおさらですね。

C殲滅作戦は失敗。
3チームがそれぞれ、拠点に帰還するが、Cの攻撃は止まず、危険な状況に。
バラバラに逃げることになり、レイディー・バードはその力をもって、変わらず弱い虫憑き達を守るために奮闘する。
眠り姫、アリスは目覚めず、動きかない。
ふゆほたるは、作戦失敗し、帰還するまでの間に姿を消した。
かっこうも、動きがあると言えばあるけど、ちょっと待ちの時間というか、とっとと起き上がれ、とみている側としては思いますが。戦い続けてきたからなぁ、すり減ってしまったんだろうか。
そして、炎の魔神ハルキヨ。自分の思った通りにしか動かない、彼こそ、一番扱いにくい。

今回は、帯にあるように、レイディー・バードこと利菜とハルキヨの2人の視点が中心ですね。
ただ、なんで挟まっているのか知れない、他の人の視点とかも混ざってて、あからさまに伏線っぽいんだけど、これがどう作用するのかがさっぱりわからない。
土師が復活して、逆転していけるのかなーと思ったら、Cもさる者というか、大分おかしくなってきているなぁ、という感じで、状況が。
初期に退場していたせいで土師のやりかた忘れかけていましたけど、そういえばこの人こういう人でしたねーという感じで。

さて、本編というか、利菜とハルキヨの話。
復活してもなお、「レイディー・バード」として、虫憑きの味方であろうとする利菜。
作戦失敗後に復活したために、余力を残していますが、状況がいいわけじゃないし、生き方変えられるわけじゃないしで、精神的に追いやられていますね。
まぁ、CもCで精神攻撃とかやってきているんで、その辺もありますけど。
最も弱い一号指定、と評されたりもしていましたけど、バカは死んでも治らないっていうのはアレですけど、蘇ってなお掲げようと思った信念なら、貫いてほしいですねー。

一方でハルキヨ。自分の思うようにしか動かない享楽の徒である彼ですが、それなのに、結構虫憑きの秘密にかかわったりしているんですよね。
やっぱり、一号指定にされるだけのことはあるというか、悪運強いっていうか。
ハルキヨがαの過去に触れていくとは思いもよらない展開でした。
ハルキヨ自身の過去についても触れられて、どっちもどっちというか、そりゃあこういう性格・存在にもなり得るのかなぁ、とかなんとなく思ったり。

Cの精神攻撃なのか、二人の前には倒れたはずの一号指定「かっこう」が現れる。
精神攻撃ってだけじゃなさそうかなー、なんて個人的には思うんですが、さておき。
利菜と、ハルキヨ、それぞれがかっこうに対して思う所をぶちまけるところはよかったかなー。

「アンタが、そんなことを言うな……! アンタが始めたんでしょうが!」

「そのどれにもケリをつけずにバックレようとしてやがる、てめぇが! 言うんじゃねぇぇえっっ!!」

 敵対し、戦って、一時的にでも戦場を共にするようなことがほとんどない一号指定たち。
それでもなお、戦い続けてきたからこそわかるものとかはいろいろあるんだなぁ、みたいな感じで。 

これ以上ないほどボロボロですけど、 逆転とかできるのかなぁ。
最初に描かれていた場所に繋がっていくのだとしたら、終わりには絶望しかないような気もしますけど。
どうか約束が果たされて欲しいものだと思いますがね。

 
プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ