気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

川上稔

OBSTACLEシリーズ 激突のヘクセンナハトⅣ

ico_grade6_3

『……前々に君から何度も聞かされてきたけど、君のお姉さん、……理不尽だね』

「でしょ!? でしょ!? 嘘言ってなかったでしょ!? 私の方が正しいよね!?」

『いや、どっちもどっちじゃないかなあ……』

「やあ――――! この本、私の味方になってくれない!」

 

黒の魔女と、魔法少女たちの戦いが決着する完結巻です。

コミック版とは異なる方向に話が展開していってますねー。

扉絵で特待科の制服イラストが入ってましたが、紹介コメントがまた秀逸で笑う。パーソナルカラーが許されているとかで。

その理由が「だって着ているものの色で術が使えなくなるとか、普通、無いやん……術式科だってもうちょっと汎用性あるよな……」とか笑うしかない。

 

ヘクセンナハトまであと三日。

黒の魔女対策のため、避難を勧めたり最後まで作戦を詰めるために話し合いをしたりと、順調に体制が整えられていました。

鏡が堀之内を満子呼ばわりしたり、ネタ会話があちこちに飛び火したりと、いつも通り変に緊張することなく準備が進んでいましたが……

 

ファミレスで打ち合わせをしよう、となって待ち合わせをしていたら……そこに決戦前に適当にふらついていた黒の魔女までやってきてしまって。

不意の遭遇戦が発生して、各務が負傷。意識不明の重体になっていましたが。

……ラスボス戦前の緊迫した状況下で、ラスボスとランダムエンカウントってなんの地獄だ。

 

各務が欠けようとも、ヘクセンナハトは待ってくれるわけではなく。

それぞれが自分に出来る事を為し、必死に戦っているのは良かったですねぇ。

途中でなんとか復活した各務も合流し、黒の魔女とコント繰り広げてましたけど。いやぁ、ぶれないなぁ、各務。尊敬しそう。

黒の魔女が中々のチート使いでしたが……創造を敵に回すって、大変ですよねぇ。

それでも己を貫き通した鏡と堀之内コンビは、流石のひと言。

創造主たる黒の魔女を撃退した後どうなるのかと思っていましたが……いいエンディングになっていたと思います。これからが大変そうではありますが、まぁ、同時に楽しそうでもありました。



OBSTACLEシリーズ 激突のヘクセンナハトⅢ

ico_grade6_3h

「ただこのままでは、私達は彼女が二度死に、そして二度目には何も残らないのを見ることになるだろう」

だから、

「止める。私達の野望に必要な事であるし、そこから先は二人次第であろうね」

 

黒の魔女という脅威もあるし、ランカー上位は試験免除だそうです。

最も、二位から四位までは今回それぞれの事情で試験を受けることになっていましたが。

どいつもこいつも負けず嫌いというか。

堀之内の射撃技が、消滅術式という厄介なものを使うメアリーからしても相当だと評価が下されてましたが。

……川上作品によくある「言語が同じなのに全くかみ合ってない会話」を繰り広げいて笑う。

ハロウィンパーティーなんかも行って学園生活を楽しんでいましたが……

 

欧州にいた三賢者の一人が行動を起こし。

ついにランク1位の姿も明らかになってきましたが。

この辺りの展開はコミック版とちょっと変更が入ってるみたいですなー。

ここまで概ね流れ通りだったと思うのでちょっと意外。

 

そしてなぜこのタイミングでリスべスが仕掛けてきたのか。

ランク1位の事情なんかも明かされましたが、これはちょっと予想外だったというか。

意外なところにトラップがあった感じですなぁ。綺麗に騙されてました。

1位の使う術式はかなり厄介なものでしたが……解決方法が「近づいて撃つ」一択ってあたりが流石。

ランカー戦にとりあえず決着つきましたし、黒の魔女対策に入っていけるんですかねー。もう一波乱くらいあるような気もするんですが。

OBSTACLEシリーズ 激突のヘクセンナハト (3) (電撃文庫)
川上稔
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2016-09-10
 

境界線上のホライゾン9 下

ico_grade6_3h

「ではどうしますか」

Jud、と己は応じた。その上で胸を張り、

「――ホライゾン以外の誰かが、何かいい方法を見つけるんじゃないでしょうか」

皆が、信じられないものを見る目つきをこちらに向けた。まあ気にしませんが。

 

賤ヶ岳の戦いの方は、先輩方が本当にノリノリで。

十本槍よく生きてたなって場面が何度か。

羽柴勢の中には再生能力あるからって、油断してポンポン死んでる左近とかもいましたけどね……

 

一方で、本能寺の変に介入した武蔵。

道中の障害を乗り越えて秀吉、そして信長のところまでたどり着いてましたが……

ここまで来ておきながら、結局「創世計画」とは何か掴み切れなかった。

だからもう開き直ってラスボスに解説してもらいましょう、斬新すぎるだろ……

 

おまけにボスに、どうやってこちらが秘匿していたこの計画を掴み、介入するまでに至ったのか。やはり間諜か、とか聞かれて。

……そういえばそんなことしてなかったなぁ、という国家的な行き当たりばったりぶりを暴露。

これにはラスボスもびっくりというか。……もう「さすが武蔵勢!」以上の感想が出てこない。笑うわ。

ネシンバラが暗号解読に手を選ばなさ過ぎたのも笑う。彼の格好よさピークはシェイクスピアを打倒せしめた2巻で、それ以降は順当にネタ街道突っ走ってるよな……

 

これまで表に出てこなかった、信長について。

本能寺の変と、創世計画について。色々と明らかになりましたが……これ情報を得たところでどうすればいいんだろうか。

介入をしたことによって、何とか時間を稼ぐことには成功していましたが……この後が針の筵だと副会長自身が言っていましたし。

歴史再現を終えた安土が戻ってこようとしている場面ですから、かなりピンチなのでは。

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン (9)下 (電撃文庫)
川上稔
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2016-06-10
 

境界線上のホライゾン9 上

ico_grade6_3h

副会長:『どうだ! 戦争を回避したぞ! 参ったかお前ら!』

貧従士:『“参った! 最悪なことをやりやがった!〝ってヤツですよねコレ!!』

金マル:『京方面の局地戦が、なぜか実質的な欧州大戦になったよね、今』

副会長:『何だ? 何だお前ら? これでも不十分を感じるか? 何だったらもっと巻き込んでやってもいいんだぞ? んン?』

約全員:『これ以上はやめろ……!』

 

柴田勝家が突発的に反乱を起こして。

それを歴史再現として動かしていこうとするもんだから大変です。

まぁ、好き勝手やってるようで、仕事に関しては真面目というか。

後輩たちをしっかり試そうとしている。超えるべき壁であろうとして、提供した戦場という事で。

十本槍達が、それぞれ出来る事を必死に積み重ねていく姿は、少し武蔵勢と重なりました。あっちより外道度薄いですが。

 

そして、武蔵勢は本能寺の変に乗り込むための準備中……なんですが、そこに乗り込んできた相手と会談することに。

それぞれに思惑があって、特殊なルールでやりましょう、と暗黙の了解みたいなのを引っ張ってきますが……ソレの解釈に差があって、控えめにいって武蔵勢が狂ってて笑う。

「なんでも味方にしてしまう」と以前評されていましたが、これもうもっと別のナニカだろ……

 

今回は、武蔵側のイベント控えめでしたね。

その分正純がいつも以上にウォーモンガ―風味で楽しかったですけど。

ミリアムと東の描写がしれっと差し込まれてましたが。相変わらず、平和そうだなぁ、というか。幸せそうに過ごしているのを見ると和みます。

総長と姫の関係が進んだりもしているんですが、羽柴サイドの戦闘が盛り上がってきてるから、印象が少し薄くなってる。

 

柴田班がけしかけてきた歴史再現。賤ヶ岳の戦い。

偉大な先人に対して、逃げを打つことなく、真っ向から対峙した彼ら。

そしてただでは超えられぬぞ、と意地を見せる先輩たち。

いやぁ、流石の川上節。モブも熱い。ここにきて名前あるキャラが増えたり、相変わらず盛り盛りですな……

 

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン (9)上 (電撃文庫)
川上稔
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2016-04-09
 

パンツァ―ポリス1935

ico_grade6_3h

「おじさんは、フーバーのために宇宙へ行くのよね? ヴァルター、あなたは?」

(略)

「まだ見たことのないものを見たいという好奇心や、誰よりも遠くへ行きたいという向上心、ってのはどうです? 僕の好きな言葉なんですけど」

 

鈍器製造職人、川上稔の出発点。

ゲーム小説大賞の金賞受賞のデビュー作。

昔から変わらないなぁ、という安心の雰囲気を感じます。

 

精霊式機関という流体が結晶化した「精霊石」で動く機関が存在して。

それを利用した兵器なんかも多く開発された世界。

ただ、コレは便利な一方で、精霊石が月の光に共鳴し出力を暴走させてしまうという性質ももっていて。

人類初の友人宇宙船の打ち上げに失敗したこともあり、宇宙へ行く方法を模索することは諦められてしまった。

けれど。折れずに備え続けた男も居て。そんな十五年の願いの果てが描かれています。

 

主人公たちは、大気圏脱出が可能な、進化する機体なんてものを作り上げて。

軍に協力する形で資材だとかを得ていたので、方針の違いから追われることになってますが。

彼らは最初から最後まで宇宙しか見ていなくて、全ての障害を乗り越えて目的を達成したんだから大したものです。

初期作品で、厚さもそこまでではないので、川上節は感じますが大人しい部類ですかねぇ。

 

パンツァーポリス1935 (電撃文庫 か 5-1)
川上 稔
メディアワークス
2000-10
 

激突のヘクセンナハトⅡ

ico_grade6_3h

「各務! 勝ちなさい!」

()

「恨みで救われる世界など、誰も祝福しませんわ!」

()

「私たちが戦うのは、失った恨みではなく、失わせないため、――そうですわね、各務!」

 

堀之内とタッグを組み、ハンターを打倒し、ランクを上げた二人。

その後、ハンターとも協力し技術や情報をやり取りして、地力を上げていきますが。

ここでランク2位の魔女が、喧嘩を吹っ掛けてきて。

ハンターもあっちから来たような気がしますが、高位ランクの魔女は喧嘩売りに行かねばならないってローカルルールでもあるのか。

三巻でランク1位の魔女にも喧嘩売られたら、完璧な天丼芸ですがどうなるやら。

 

二位の魔女、メアリー・スー。

術式科のエースにして、かつて各務が訪れ、滅びを止められなかった世界の生き残り。

メアリーは、各務が最後の戦いを前に逃げた事を懸念とし、この世界で同じことが起きないように彼女を阻止しようと前に立った、とのこと。

ただ、各務には彼女なりの理由があって。言い訳になるからとメアリーに直接言う気は無さそうでしたが。

 

そんな因縁がある相手との戦い。

いつも通り馬鹿なノリではしゃいでる部分もありますが。

敵対しつつも、かつての築いた師弟関係の名残があちこちにみられるのはいいなぁ、と思いました。

各務の阻止を目的としてメアリーは敵対しましたが。それは決して黒の魔女に与するという事ではなく。

滅びを知っているからこそ。メアリーは戦っていた。でも、戦いに明け暮れるばかりではなく、この世界での友人が出来てもいた、というのは一つの救いではありますね。

 

「人を撃つ能力全振り」な堀之内はさすが川上ワールドの神道関係者。

ここまで方向性が分かりやすいと、作中で指摘されていた通り、情報隠す意味もあまりないよな……

バチバチやった後、とりあえず一先ず決着。各務は順調にこの世界のランクを上がっていってます。これまでの経験があるから、彼女ぶれませんし、安心してみてられますなぁ。

OBSTACLEシリーズ 激突のヘクセンナハト (2) (電撃文庫)
川上稔
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2016-02-10
 

激突のヘクセンナハトⅠ

ico_grade6_3h
 
「まさか、……撃たせて、加速させた……!?」

「ご名答だ……!」

こいつは由緒正しい変態だ、とハンターは思った。

初速が必要だからと言って、仲間に撃たせる馬鹿が何処にいる。目の前だよ。

 

川上稔流、魔法少女の物語。

「黒の魔女」という恐怖に支配された世界。

かつて人類はその魔女を封じることに成功した……けれど、十年に一度封印は緩み、その度に魔女を打倒しようとして失敗。

再封印を繰り返すばかりだった。そんな中、「十年」が終わろうとしてるタイミングで、魔女たちを鍛える学校に転入生が。

 

……最もこの転入生、学校に辿り着くより前に騒動に巻き込まれたり、テンション上げてバトル始めたりとかなり自由なんですがね。

各務鏡。異世界より来たと語る彼女には彼女なりに「黒の魔女」と戦う理由と目的があって。その為に、この世界に来た。

 

最もこの世界に生きる魔女たちにも、それぞれ背負っているものが当然存在して。

十年前の戦いで喪ったモノと残されたもの。

譲れないからこそぶつかる事もある……というか、戦闘時にテンション上げる事が必要だからか、血の気多くないか高ランク魔女……

ただ、敵は共通だから手を取り合える部分もあるのは良かったなぁ。

川上節は健在で、戦闘シーンが多かったのとキャラがまだ多くないのもあって読みやすく感じました。ただ、私は川上作品を多く読んでるので「読みやすい」の範疇に差があるだろうとは思いますが。


OBSTACLEシリーズ 激突のヘクセンナハト (1) (電撃文庫)
川上稔
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2015-08-08
 

境界線上のホライゾン ガールズトーク 祭と夢

ico_grade6_3

『――オメエら、もう、見える位置にいるんだ。任せとけ。そんで、何かミスりそうになったら全力で止めろ。いいな』

()

『――というか、オメエらちゃんと止めろよ? 今、俺がそっち行けねえからな? んー、でもどうだろ。ちょっと仕込みもあるからそっち行っていい? いい?』

全員が声を揃えて言った。

『来るな……!』

 

三河での騒動が起こる一年前。

正純が三河から武蔵へと転居手続きを進めていた頃。

同じタイミングで、三河で殺人事件が起きて手続きが一時凍結。

身元不明の二人の遺体が見つかり、それに対する対応のアレコレがあったため、浅間たちが三河に降りたりしていた、とそんなお話。

 

現在の時点から、過去を振り返る形で語りあちこちから補足やらツッコミやらが入るんですが。

こいつらは一年前でも変わらんなぁ。まぁ、アレだけ濃いキャラたちが一年やそこらで生み出されたわけでもなし。

ただ、極東の学生にとって一年という時間は重大で。本編と比べるとそれぞれにまだ未熟な部分があるんですよねぇ。

 

巻き込まれた正純も、最後は議論……のようなものをしていましたが。

しどろもどろになりながらだったよなぁ、とツッコミが入ってましたし。

未熟ながらに、歴史再現級のイベントに巻き込まれ、それを乗り越えるって言うんだから、さすがというかなんというか。

 

正純の回想を聞いていた伊達家副長が、『これがどうやって一年三か月くらいで戦争戦争言うようなウォーモンガ―になるというの……』とか言っていましたが。

うん、正純は順調に武蔵に毒されたよな。

ホライゾンの青雷亭でのトンデモ接客も、初日から飛ばしてたようで。これでリピーターつくあたり武蔵住人も大概です。

一年前でも彼らは変わらず騒がしく、引っ掻き回して、振り回されてとしていたようで。

まぁ、ツッコミパート多くて時間前後するのと、記憶があやふやな部分とかあって、どうしてそうなったというツッコミをこっちが居れる羽目になりましたが。

これはこれで読んでいて楽しかった。

 

境界線上のホライゾン6

ico_grade6_3h
「そこは危ねぇよ」
「だから救いに行くけど」
「――オマエもこっちへ来い ホライゾン」


原作1巻のエピソードが終了。
そして、コミカライズも完結という運びに。
アニメの方が2巻までやっているんだから、コミックもやってくれないものかなぁ、と思っていたんですが。
ちょっと残念。

正純が教皇総長を足止めし、ノリキがガリレオと相対して。
他方では、西国無双と東国無双の娘が一対一の決闘をして。
これが全て全裸なバカが告白するための道をつけるための布石だって言うんだから、圧巻です。
二代の友達いないアピールに動揺する宗茂が新鮮。
誾とタッグ組んで行動していると、あの二人止まらないからなぁ……
原作の関東解放だとかでも、好き勝手はしゃいで、いい感じに染まってますし。

告白するはずが世界征服宣言するバカ。
そのバカと平行問答をして、誤りを認める自動人形。
何を最善とするか己で決めたい、と彼女は歩き始めて。
常日頃から阿呆なことやっていて、肝心な場面でもそのノリを崩しませんが。
それでも決めるところはしっかり決めてくれるから、トーリは格好いいですよねぇ。

巻末の小説は……青雷亭はいったいどこに行こうとしているんでしょうか。
食用和紙に中落ちのメニューが良い方ってどういう事なんだ。
ホライゾン、ちょっと新しい食事を開拓しすぎじゃないだろうか。
他人事なら笑っていられるので常連がいるのも分からなくはない。

境界線上のホライゾン (6) (電撃コミックス)
武中英雄
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2015-05-27

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンⅧ(中)

ico_grade6_3h
「あいつらさ……」
はい、と頷いた瞬間。こう言われた。
「――自分たちの勝ちに持ち込む総合力が半端ねえんだ」


極東という抑圧された場所。
そこで培われた、後がないからこそ笑って生きようとする生き方。
同時にそれは、これ以上の最悪がないという現状把握を行うことで。
クリスティーナが、武蔵の外道度に敗北した感じが中々笑えました。
その前の羽柴との交渉時の第七艦隊でもすっ飛ばしていたけど、書記はどんどん痛くなるなぁ。
いいぞもっとやれ。

忍者とメアリは何かやると即座にスレ立つほどの人気っぷりですが。
アデーレがツッコミ入れてましたが、第二特務のウルキアガ達の方が時に重症に見えます。
まぁ、その後「あれはあれで完結していて無害」と真理が語られてます。
相変わらず、身内同士での掛け合いしている場面があちこち楽しくて仕方がない。

代表委員長の大久保がどんどん外道副会長の餌食になっている感じがまた愉快。
正純と大久保のコンビは、毎度笑わせてくれるので好きです。
大久保、優秀なのに不憫。優秀だからこそ、副会長の無茶ぶりに振り回されるんですがね……
羽柴との交渉時に、正純の言動が各国に理解されていましたが、その理解のされ方って、正純がいかにこれまでウォーモンガ―だったかってことなわけで。
「間違いなく罠だな!」で一致されるとか、流石ですね武蔵副会長。

あとP408で上げた「最終手段」が本当に最終手段すぎで吹いた。
武蔵勢が「勝利に持ち込む総合力」がすごいとしたら、正純は「最終的に戦争を引き起こす」能力に長けすぎてないだろうか。
だって、最後がアレですものね。武蔵は関西にいかない、だけど――というアレ。
そこに至るまでに魔女同士のチキンレースがありましたが、十本槍はまだ武蔵の外道度には勝てないか……

織田陣営の、十本槍とか可児たち後輩とか、なんかまだまっすぐな感じがしますよね。
登場人物癖あるキャラクターばっかりだから新鮮ですけど、対処しとかないと、武蔵勢のいつものノリに持っていかれそうな不安があります。
早いうちになれたほうがいいと思うけどなぁ。織田陣営でも柴田とか上層部は結構変な人多いから、そっちから何か学べたりとかしないんだろうか。

京が近づいて、東やミリアムが結構重要な役割を果たすんじゃないですかね。
この二人、交流の断片が描かれるばかりで、ミリアムなんか背景ほとんどわかってないですからねぇ。
今から、次の巻が楽しみです。来月に発売予定なので、上中と連続して読みました。あぁ、早く10日来ないだろうか。

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン (8)中 (電撃文庫)
川上稔
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2015-04-10

livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索