気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

川原礫

絶対ナル孤独者 Sect.004 刺撃者

 ico_grade6_3h

「……だから、僕は、貴方の言葉を信じます。誰かの希望になれるように努力します。そうするためにはスウさん、あなたの力が……存在が必要なんです」

 

ルビーアイの組織への強行偵察、そこからの戦闘。

ミノルたちは何とか生き残ったものの、屈折者小村スウが意識不明の重体になってしまう。

かなりのダメージを負っていましたが……それで敵が手を休めてくれるはずもなく。

また新たなサードアイ寄生者が登場。

陸自の別隊がとある場所の調査に乗り出し……全滅。

 

一方でミノル達と交戦し言葉を交わした、リキタイザーにも何やら変化が生じていましたが。

……陸自の別隊を壊滅させたサードアイ寄生者は、ルビー側の人間でもないという不穏な情報が出てきて。

あちらも一枚岩ではない感じがしますが……厄介な能力持ちがそろってるんですよねぇ。

 

正直予想外だったのは、小村スウの意識回復が今回盛り込まれていた所ですねー。

1巻分くらいは眠り続けてるかと思いました。まぁ、意識が回復しただけで、まだ復帰は出来なそうな感じですけど。

それに伴ってミノルの防御殻の謎がまた増えていましたが……アレは結局どういう理屈で効果を発揮しているのやら。

 

別隊を襲ったサードアイ寄生者が、ミノルも襲撃し……一先ず敵が逃走してましたが、また複雑な効果を持った能力者と言いますか。

これまでの常識が通じない部分があるのは厄介ですね。コードネーム「刺撃者」と呼称されていましたが、ルビーもジェットも見境なしってあたりは恐ろしい。

正体も判らぬまま逃げられて、その上で目をつけられた感じがありますから、また引っ掻き回しに来そうだなぁ。

ルビーの組織だけでも難敵なのに、第三勢力まで出てくるとか状況が落ち着きそうにありませんねー。




ソードアート・オンライン ガールズ・オプス3

ico_grade6_3

「……私はねルクス 自分本位で生きることがわるいこととは思わないよ」

(略)

「『あれをしなさい』『これはダメ』『この人に気に入られなきゃ』」

「そんな他人が決めた約束事に縛られたまま何もできなくなるより全然いい」

 

ルクスの過去が迫ってきて。

あのゲームから帰還して、再度ログインしているようなキャラはそう多くないってのどこかで見たような気がしますが。

キリトたち含め、それでも変わらず参加しているメンバーはいて。

必然的に『生還者』同士で会う可能性もあるわけです。

それが良縁であれ……因縁であれ、縁があれば導かれることもある。

 

まぁ、何となく察してはいましたが。

ルクスは元ラフコフのメンバーだそうです。

最もオレンジという訳ではなく。街中に入れない主要メンバーに情報を流す「諜報員」として所属する羽目になっていた、みたいで。

所属するに至る流れも、彼女の自身が望んだわけではなく。危ない所を助けられたのがラフコフのメンバーで「ここで死ぬか、仲間になるか」の二択を迫られた結果だとか。

それは責められるようなものでもないと思いますけれどね。

 

同じようにラフコフに吸収されたギルドもあって。そこの一人とルクスは仲良くなったようなんですが。

あの討伐作戦が実行されたときに、行き違いがあって……そのまま離れていってしまった。

重い。自分が情報を渡したことで、ラフコフが行動すると思えば、さらに重さは増していた事でしょうし。

シリカがしっかりと正面から彼女に言葉をぶつけてくれたのは良かったなぁ。

今、仲間なんだから。重荷は分かち合おう。支え合おう、というのが。

過去に縛られすぎても、よくないですし。この調子で決着となればいいですが。

 


 

 

絶対ナル孤独者 Sect003. 凝結者

ico_grade6_3h

(前略)。……僕らは、僕らを傷つける世界が怖いんだ。その意味では、僕らサードアイ保持者はみんな孤独です。でも……それでも僕には、守りたい人達がいる。守りたい世界がある。あなたにはありますか。リキダイザーさん。そのもの凄い力で守りたい人がいるんですか。もし思いつかないなら……」

()

「……あなたは、僕よりもずっと孤独だ」

 

ミノルがラノベの主人公している……!

孤独を望む彼ですが。その能力による障壁は「孤独」とは遠いものがあって。

可視光線は通すから視認できるが、声は届かない。

自分だけに影響するかと思えば、ほかの人を取り込むこともできる。

願いに対して能力がちぐはぐな発現をしているのは、気になるところではありました。

 

実際、今回ミノルの前に現れた「屈折者」の能力は可視光線にすら作用し、透明人間になれる能力だったわけで。

相似ではあるけれど対極の二人が協力して作戦に従事する展開は中々良かったと思います。

それを通して、彼自身が防御殻に対して暫定の回答を導いてますし、加速者を取り入れるのにも成功してますし、汎用性が高くなったなぁ。

屈折者、小村スウは今回の作戦で命にかかわるかも、というレベルで怪我してましたがここで退場するには惜しいので、再登場を待ちたいところです。

 

しかし、今回タイトルの「凝結者」はあまり活躍しませんでしたね……

因縁があるのが分断者ことオリヴィエで、彼との戦いの様子はあるんですが相性の問題とか対策と装備の問題で一進一退の状況みたいですし。

今回は、これまで見たいに事件を起こしていたルビーアイを倒して終わり、ではなく、次につながるネタがまかれた伏線回って感じですねぇ。

 

ミノルの殻の能力の謎もすべてが明らかになったわけではないですし。他の音を遮断する代わりに聞こえる音とかいろいろ。

あの辺はリキダイザーの岩槍みたいな応用を利かせる伏線なのかなぁ。

今回敵対した二人には逃げられて、情報は得たモノの、特課側のダメージも小さくない。さて、この状況下で次はどんな事件が起こるやら。

凝結者との決着だと、個人的にはうれしいところですが。

 

絶対ナル孤独者 (3) ―凝結者 The Trancer― (電撃文庫)
川原礫
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2016-02-10
 

ソードアート・オンライン プログレッシブ4

ico_grade6_3h

「誰のために泣くかは、わたしが決めるの!」

 

デスゲーム第5層。

ここは、β時代からあまり変わらず、遺跡エリア。

自然のエリアが少なく、複数階層のダンジョンなどが多くあり。

遺跡につきもののアタリも混ざった「遺物探し」なんてイベントもある街。

……そして、節目となる層でもあります。

 

遺跡ということで、墓地もあり。墓地といえば当然敵はゴーストとかそっち系で。

怯えているアスナは中々可愛かった。

キリトが本当これでソロとか詐欺でしかないってほどアスナとコンビを組み続けてますが。

IFとはいえ、このままコンビで攻略を続けるって言うのは無しにしてほしいものですけど。

 

今回も裏側でラフコフが暗躍しています。

現状ではまだギルドとしての名前が出てくるわけではありませんが。

親玉と思しき影も見えましたし、いい感じに裏から二大勢力を煽ってくれてるようですし、このまま何もせず闇に潜るとかはしないでしょう。

ここぞという時の為に仕込んで爆発させるくらいのことはやるでしょうし。

五層での敵の作戦にしたって、キリトが先行できたからこそ、ぎりぎり防げたに過ぎませんしねぇ。

 

節目のボスドロップとはいえ、今回登場したアイテムはちょっと狙いすぎじゃないか、という気はしましたね。

茅場さんは本当性格悪いわ……キリトが一部から評価されつつも、それ以上からヘイト集めてて、その内刺されるんじゃないかと心配です。

実際今回背後からナイフ突きつけられてましたけどね! さて、ラフコフが蠢く中、キバオウとリンデの二勢力はどこまで進むことができるんでしょうかね。
 

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)
川原礫
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2015-12-10

ソードアート・オンライン ファントム・バレット2

ico_grade6_3
「でも名前を騙った偽物か もしくは本物なら」
「――――いつか殺す」

GGOの狙撃手、シノンのリアル。
銃に対するトラウマがある少女。
彼女は、それを克服するために、あえて銃撃飛び交うゲームをやっていて。
一方その裏側では、死銃なるゲームを悪用する犯罪者の思惑も動い目いている。

ファントム・バレット編のコミカライズ2巻。
原作のイラストのイメージを損なわずに、うまくコミカライズされていると思います。
予測線のあたりはアニメが頑張っていたのもあって、想像しやすかった。

シノンとキリトが出会い、交流して、BoBの予選が終わるところまで。
キリトが弾丸切り捨てる場面は、何度見てもジョークだろって感じですが。
銃撃戦のゲームで剣士が無双してたらそりゃ誰しも驚くわ……という。
キリトは相変わらず無茶苦茶ですね。
ただ、彼もデスゲームと化したSAO生還者という傷を持っているわけで。
銃にトラウマを持っているシノンのように、キリトもちょっとかなり心が沈む一撃をもらってましたが。
……その状態でも勝ち残ってしまうあたりはさすがとしか言いようがない。
次も楽しみにしてます。


ソードアート・オンライン ガールズ・オプス2

ico_grade6_3h
「勝負はそちらの勝ち」
(略)
「あなたたち仲間の絆ってのを見せてもらったわン」

「MORE DEBAN」村の住人達のエピソード。
タイトルにある通り、キリトとかの男キャラがほとんど出てこない、女の子たちの物語です。
今回は、以前ルクスと共に主鳴ったクエストで損傷した装備を修理するためにリズベットたちが、水着で売り子をする話。
……間違ってない。

SAOでも有名だった、裁縫スキル完全習得のデザイナーに話を通して、直々に直してもらうことに。
まぁ、予定や予算の兼ね合いもあって、あるクエスト……というかイベントに参加する流れになり、それが水着での売り子だったわけですが。

アスナたち以外にもSAO生還者でゲームに残っている人がいるって言うのは、なんかいいですねぇ。どこかで少数派であると触れられていた気がしますが。
ワイワイ楽しそうで、何よりです。
キリトが出てくるとどうしても物騒な方向に話進みますからね……

まぁ、ここでも最後怪しい種がまかれてましたけど。
度が過ぎるPK集団がALOの中で暴れまわっているようで。
いったいあいつらは何コフィンなんだ……(棒)。
ルクスも何やら隠している過去があるみたいですし、さて、心の闇に引きずり込まれなければいいんですけどねぇ。


ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインⅠ スクワッド・ジャム

ico_grade6_3
『しかし、何がいけなかったんだろうな?』
『うむ、何がいけなかったんだろう?』
『同じこと言うなよ。まあ、何かが、いけなかったんだろう』
『アホかお前らは! 実のある会話をしろよ。――ま、負けたのは事実だ。認めようぜ』

メイン処じゃないんですが、マシンガン好きな同盟の人たちが面白かった。
負けた後、じゃあ次は両手にマシンガン以て二丁マシンガンで火力倍だ! とか阿呆なこと言っているあたり和む。
『キノの旅』の時雨沢恵一が、川原礫の『SAO』、特に「ガンゲイル・オンライン」を舞台に描くスピンオフ。
公式で許可出て刊行しちゃったから、という訳でもないでしょうが。
時雨沢さんが楽しそうで何よりです。

リアルでの高い身長に悩みを抱えている少女が、念願のチビアバターをゲットしたガンゲイル・オンラインを楽しむ、というストーリー。
銃ネタを存分に織り込んで、さすがの時雨沢恵一節といいますか。

SAO本編でのバレット・オブ・バレッツ。
その決勝では、ソロのバトルロワイヤルのはずなのに、タッグを組んで敵を倒していたわけで。
どっかのキリトさん達ですな。
で、この世界ではそれに触発された金のある某作家が「あんな感じのチームバトルロイヤルが見てみたい!」とスポンサーになってまで個人の要望を押し通したわけで。
絶対これ本人モデルだろ……

日本サーバでのみ行われる個人協賛のイベント、スクワッド・ジャム。
チーム対抗戦に、主人公たちは参加することに。
いろんな思惑が入り乱れていたりして、中々楽しかったですよ。
厚みある分本編の戦闘シーンとかもそこそこ熱かったですし。
時雨沢恵一先生の銃ネタが嫌いじゃなければ手に取って損はないんじゃないかと。
SAO未読でも楽しめるように、解説もちゃんとされてましたし。


絶対ナル孤独者2 発火者

ico_grade6_3h
「私も正直、きみみたいな人、好きにはなれないわ」
(略)
「それでも、私はきみを信じるよ。倒れた私を助けるために、バイターに飛びかかっていったきみをね」


新たなルビーアイが登場。
酸素を操る発火者。それはかつてユミコたちが追い、倒しきれなかった相手だった。
しばらく沈黙を保っていた敵が行動を起こし、新たな戦場が生まれる。
ジェットアイを宿したミノルやユミコたちは組織を形成して、対策を練っているようですけど。

今回描かれていた様子を見るに、ルビーアイ側にも冷静な相手がいて、対抗するためのチームを作っているようです。
バイターは能力的に美しくないから誘っていなかったとかこぼしてましたし、ルビーアイ側の組織がどれだけの規模なのかはわかりませんが。
ミノルたちの行動を察知できる程度には警戒網を展開で来ているわけで、油断なりませんね。
狂っているのに、異常であるのに、冷静に潜んでいられるとか、厄介以外の何物でもない。

ミノルが孤独を望み、最後には自分の記憶を消してもらおうと願っているのに。
それでも箕輪との交流があったり、周囲を振り払いきれてない処に人間臭さがあって、割と嫌いじゃないです。
最後の敵の攻撃に対して、孤独を象徴するはずの殻の中に、ユミコを入れて防いだりとか、少しずつ変わっているようにも見えますし。
なんちゃって科学モノの能力が発言して、なんとなく説明できる感じになるようですけど。
ミノルの防御殻については、未だ謎が多いようで。
ちょっと特課のキャラクターが一気に登場しすぎて、混乱するっていうほどでもないですけど、文量割かれた分、本編は盛り上がり切れなかったというか。
どこか物足りなさはありましたが。1巻でうまくまとめ切っていたといえばそうなりますし、とりあえずもう少し買って様子見ですねー。

絶対ナル孤独者 (2) ―発火者 The Igniter― (電撃文庫)
川原礫
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2015-02-10

ソードアート・オンライン プログレッシブ3

ico_grade6_4
「……ねえ。あなたは、いつまで、わたしと一緒にいるの?」
「…………」
瞬き一つしないヘイゼルブラウンの瞳をしばらく覗き込んでから、俺は答えた。
「君が十分に強くなって、俺が必要なくなる時まで」
「…………ふうん」


キリトさんこれでソロとか嘘吐きにもほどがある……!
周囲の評価から言っても、アスナとのコンビで広まっている感じがありますがねぇ。
一体どこで分岐点が来るのやら。
神聖剣さんはどのあたりで台頭してくるのかも気になるところです。

そして、2巻でも1層しか進めなかったのに、3巻でも4層攻略しかしないって、本当にこれゴールまで何巻かかるんだか。
2層のボスのパターンでも大分変更があったみたいですけど、4層もかなりβから変更点があるフロアで。
β時代は、枯れ谷の様相を呈していたのに、いざ到達してみたら、谷だったところは水路になっていて。
建築物の感じからして、この変更は予定されていたモノみたいですけどねぇ。

時期的に、4層でクリスマスを迎えたそうですが。
ここから一年で番外編に描かれたあそこまで上り詰めていくのかと思うと。
攻略組の人々の行動力っていうのには、驚かされます。
ま、かなりギスギスしていますが。ビーターの存在が逆に楔になっていて、暴走がギリギリのところで抑えられている感じも。
キリトも考えていましたけど、このままではいけないでしょうから、もうちょっと、攻略組が充実して、もっとまとまりが出てくるといいんですがね。

キズメルさんが予想以上に早く登場したといいますか。
エルフたちのクエストが、層をまたいで行われる長期的なものであるっていうのがよくわかる感じで。
キリトが本当に、LAボーナス取りすぎで、その内刺されるんじゃないかと。
どうして遠ざけようと画策されているっていうのに取っていってしまうのか。

ソードアート・オンライン プログレッシブ (3) (電撃文庫)
川原 礫
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2014-12-10

ソードアート・オンライン プログレッシブ 1

ico_grade6_3
このまま戦い続ければ いつか倒れる日が来るだろう
でもその瞬間まで 走り続けよう
自分が全力で生きたことを 証明するために
そして消えよう 大気に焼かれて燃え尽きる 一瞬の流星のように――!!


プログレッシブのコミカライズ作品ですねー。
アスナの家庭が冷め切っているなぁ、という感じが最初から描かれていますが。
ゲームの世界に閉じ込められてしまった人々。
死んだでしまったらそれで終わりではあるけれど。生きていたら、刻々と過ぎていく時間に追いやられて、どんどんと病んでいきそうな環境ではありますよね、と今更ながらに思いますが。

まぁ、当然それぞれにリアルはあるわけで。
原作のクラインみたいに、ピザが冷めるなんて目先の事から、こういった事件で何年も被害を受けた事実があると、将来とか大変なんじゃないのだろうか、とか。
クリアしたその先でいえば、仮想課の人とキリトは接点を持って協力したりしてますけど。
一層で手こずっている状態ではそんな未来が分かるはずもなく。

二か月たって、先に進めず、どんどんプレイヤーは死んでいく。
よくもまぁパニックにならずに、攻略に進んでいく人々がいたものです。
進む人がいなければ、お先真っ暗って話ではないですが。
キリトに言わせれば、最前線から遅れるのが不安だという心理が働いているとかいう話。
βテスター。混乱の中、次の街へと駒を進めた人々。ビギナーからは裏切り者だと、思われている。
それを責める人もいれば、エギルのように情報提供はあったんだ、とある程度の理解を示してくれるキャラもいるっていうのは、救いではあるのだろうか。
結構、いい感じのコミカライズですねー。

ソードアート・オンライン プログレッシブ (1) (電撃コミックスNEXT)
比村奇石
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2014-02-27

livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索