気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

星海社コミックス

教えてFGO! 偉人と神話のぐらんどおーだー

ico_grade6_3h

(だからこの問いかけの答えは言葉ではなく 

きっと態度で返さなければならないものだ)

(いつか逃げられない時が来ると これはそういう戦い何だと

 お伽噺の彼らの 曲がりくねった優しい忠告)

 

FGOのマスターの数だけ存在するカルデアのIF……

歴史がさっぱり出来ない(社会の成績が5段階で2)マスターぐだ男が、英霊本人やマシュ達に、「一体あなたはどんな英霊ですか」と教えてもらうエピソードがまとめられています。

今回収録されているのは「アーラシュ」、「清姫」、「マルタ」、「坂田金時」、「レオニダス」、「アン・ボニー&メアリー・リード」、「アステリオス」、「カーミラ」の8人。

 

中々わかりやすい感じでまとまっていますので、この調子で他のサーヴァントたちの特集もしていってほしいものです。

……が、続刊が出たとして、1巻で8人ってことは現状居る鯖だけでも20巻分近くいくんだよな……掲載中に鯖増えるだろうから、エンドレスだよな……

 

まったく知識が無いぐだ男に対して教えていく、という形なのでかなり説明も簡易だったり、マシュの独特なイラストが交えられたりしてますが、所々でネタも挟まっていて、読んでいて退屈はしませんでした。

アンとメアリーのエピソードの最後の4コマが結構好きです。

 

聖牌戦争1

ico_grade6_4

「宝具とはな おしなべて強力かつ便利なものであるのでだろうが」

「しかし同時に攻略可能な側面を持ち合わせているのだ」

「これもその一例――貴公ら英雄どものトンデモ麻雀は」

「私がことごとく斬り伏せて御覧にいれよう」

 

聖杯ならぬ聖牌を求め、マスターとサーヴァントが戦う……

それが聖牌戦争……!

卑怯だ。こんなの笑うしかない。

英霊たちはどこまでも真剣に麻雀やってるんですが。
どうしてこうなったというか、言葉では言い表しにくい感情が動きます。

 

冒頭で引用したアサシンの台詞とか、後半にあったライダー陣営の次のやり取りとかはもうホント笑った。

「もし麻雀で勝ち取って願いが叶えばステキ…でもねライダー」

「麻雀まみれの日常をどうにかしたくて麻雀で戦うなんて」

「結局ぜんぶ麻雀じゃない!!」

というかアサシン。ランサーの打ち方をトンデモ麻雀と呼ぶが、あんたも大概だからな……

 

当人たちはどこまでもまじめに麻雀で戦争してるつもりだからなぁ。

ツッコミが追い付かない。士郎も最初はツッコミ入れてたけど、途中から麻雀修行始めちゃったしな……

ネタ度高めで、腹筋にダメージが来る作品です。

 
livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索