気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

書籍化作品

エリスの聖杯2

ico_grade6_4
「手札はきちんと揃えてから勝負に挑みなさい。それが、長生きの秘訣だ」


その内書きます、とか言いながら本編が面白くて勢いで読んでしまった。
更に、続きが気になったのでWEBの方にも手を出してます。面白い。

王国では、今、確かに何かが起きている。
いいや。正確には、スカーレットが処刑された10年前から、起き続けていた。
「毒を盛った」という、犯してない罪によって処刑された令嬢スカーレット。
その真実を探るコニーに近づく怪しい勢力が居て、さらには彼女の友人を誘拐するなんて強硬手段まで取るわけですから。

1巻からでしたが、事件を探るコニーの視点だけではなく、暗躍している勢力の視点なんかも描写してくれるので、読者としては満足。
敵の特徴なんかが描写された後、ソイツが偽名を使って動いてる場面とか「うわぁ、ヤバいのが動いてる!」とか、そこが接近するのかとハラハラしましたし。

彼女が嘘を吐けない性格であったことや、コニー以外にスカーレットを見られる少女とも出会って。
コニーも少しずつ味方を増やしていって。
これで真実に迫れるのだろうか、と良い方に動きだしたと感じても、敵の手が伸びて情報源を始末されてしまったりするし。
そこから追及する手が伸びて来たりする。

敵について知るたびに、その根深さに驚かされましたし、それでも抗う人々が居た事には感服する。
社交場での狩りみたいに、この国の貴族には、どうもおっかない印象がありましたが。
ランドルフはまぁ堅物すぎるきらいはありますけど、腐っていない貴族もまだ多いのだ。
リリィ=オーラミュンデは鍵を残していった、じゃないか。
コニーじゃないですけど、怒涛の展開で正直ちょっとすっぽ抜けてましたね。

エリスの聖杯について。リリィは、過去に何を為したのか。
スカーレットは何故処刑されたのか。蠢いている組織の目的とは。
それらが少しずつ明らかになって行く様は、ただただ見事でした。
章間の人物紹介は相変わらずコミカルで良い息抜きになりますね……

「生かされたものの責任だ」。
賭けは、私の勝ちだ。
「思い知らせてやる」。

この辺りは、特に印象に残ってる台詞ですね……
あぁ、全く。カスティエル公も王も、どれだけの物を背負ってきたんだ。
回想シーンの美しい光景が、あまりにも遠すぎる。
平和惚けしていた、と言われてしまえばそれまでですが。
だからと言って、幸福を失っていいわけじゃないですからね……暁の鶏、許すまじ。

マギカテクニカ 現代最強剣士が征くVRMMO戦刀録1

ico_grade6_3h
『承認を確認。では、貴方の旅路に幸多からんことを――良き旅を』


小説家になろう作品の書籍化。WEB既読。
作者のAllenさんは、超越者シリーズから読んでたので、初の書籍化が嬉しくて購入。
本作は前述の「超越者シリーズ」とはつながってないので、単品で楽しめますよー。

内容としては、近未来のVRMMOモノですね。
サブタイトルからも予想できるかとは思いますが、リアルチートな剣士が、技を奮う場所を求めてゲーム世界で無双する話です。
リアルの性能が盛り盛りで、清々しいので好きです。

目標であった祖父を打倒してしまい、燃え尽きていた主人公が、弟子の誘いでゲームを始めることに。
それこそが、「マギカテクニカ」。
剣と魔法のファンタジー世界を舞台とする、没入型の先駆けとなるゲーム。
VRMMOモノのお約束のようになってるシステム。実現にはどれだけかかりますかねぇ。
そこまでゲーマーってわけでもないですけど、この手の作品読むと、ちょっとやってみたくなりますね。

弟子の口車に乗せられたとは思いつつ、たまには散財するのもいいか、と準備を整えてプレイスタートするわけですが。
目的が修行なので、攻撃用の魔法は取らず補助魔法のみ。
スキルも、大体自力で何とかなるからと、パッシブ重点。
ゲームのキャラとしてはかなりピーキーな構成ですが、リアルスキルがカンストしてるような人なので、決闘すれば前線プレイヤーに勝つし、フィールドボスに挑むときには弟子に指導する余裕まである。

1巻だとキャラ紹介、ゲーム内設定紹介と、割と淡泊な感じですね。
西の村に行って妖精をテイムするところまでは入ってましたけど、ボス戦とかでも危な気ないので、さっぱりした味わい。……いやまぁ、この後も基本的に危な気はないんですが。
此処で切るのかーとは、ちょっと思いましたが。2ボス以降、立て続けにイベント発生させていく彼が楽しいので、今後に期待。
師匠を誘ってきた弟子も、最初の案内こそしますが、1巻では予定が会わず別行動な時の方が多いですしね。

掲示板回が割と好きですねー。電子書籍で購入したんですが、かなりスペースあけててページ数が多いなーとは思いました(書籍化に際してもうちょい詰めるかと思ってた)。
ひたきゆう先生のイラストも可愛かった。緋真ちゃんの出番もっと下さい(もうしばらく後)。


エリスの聖杯

 ico_grade6_4

「それで、どうするの?」

スカーレットがいつもと変わらぬ軽い調子でコニーに問う。

答えは、すでに決まっていた。

 

BOOKWALKERにて購入。WEBは未読。

514日に2巻が発売にされたため、合わせてキャンペーンが行われているんですね。

読むのが遅くなってしまいましたが、2巻出る前に買ってたんです……400円だったし、お試しで~くらいの気分だったのですが、ぶん殴られた。

 

誠実を家訓とする、グレイル家の令嬢コニー。

彼女は、婚約者がいたが浮気され、さらにはある夜会でその浮気相手に窃盗の疑いをかけられて糾弾される事に。

うまく言い逃れられる性格でもなく、絶体絶命だったコニーを救ったのは、10年前に処刑された悪女スカーレット・カスティエルの幽霊だった。

 

なろうでよくある、婚約破棄・悪役令嬢ものをアレンジした感じではありますが。

「悪役令嬢」が既に死んでいて霊となってる、というのが新鮮でしたね。

スカーレットが処刑されるに至ったのは、今の王太子妃に毒を盛ったからとされていましたが……彼女自身は、それをやっていないと言い、コニーの手を借りて、復讐を成し遂げようとします。

コニーは一瞬、じゃあ悪名は全て陥れるために創られた話なのかと、善性を信じかけていましたが……毒こそ持ってないけど、それ以外は色々やったって言うんだから、もう……

 

誠実を旨とすること、手口はどうあれ助けられたこともあって、コニーはスカーレットに協力していきますが……

今までの自分では、決してやらなかった事をして、友人にも打ち明けられず。

ともすれば暗く落ち込んでいきそうな話ですが、読後感は不思議と悪くないですね。章間にあるキャラ紹介が、結構ネタに振っていて、クスッとしてしまうのは大きい。

 

それに、スカーレットもこれぞ悪役令嬢と言う感じで、あそこまで行くと清々しさすらありますしね。

コニーも振り回されてこそいますが、ある程度事情を知ったところで、覚悟を決めてましたし。デコボコではありますが、いいコンビだなぁと思います。

 

少しずつ情報は集まってきたものの、断片でしかなく、真相は遠い。

けれど、スカーレットを陥れた「誰か」が居たように、この国には暗い何かが潜んでいて、それの動きは止まらないわけですよね……。

暗躍しているヤバそうな連中を除いても、高位の貴族のお歴々のおっかなさたるや。中々に恐ろしい魔窟ですよ、この国。

良い所で終わってたので思わず2巻買っちゃいましたよ。その内感想上げます。


転生王女と天才令嬢の魔法革命2

ico_grade6_3h
「それは……凄く残念だけど。それでも私は今の自分がそんなに嫌いじゃない。私だから見えるものもあると思ってるし、私だから生み出せたものもある。それは誰かに譲れることじゃないから」

転生王女のアニス。
魔法大国の王女でありながら、適性が全くなく、魔学という新しい分野を開拓している才人。
まぁ、常識外れの言動もままあるのでキテレツ王女呼ばわりされているわけですが。
王位継承権は放棄しようとも、王族としての立場も捨てたわけではなく。
時には矜持を示してくれる彼女は、中々に眩しい。
ただまぁ、強烈なのも確かで、例えるなら太陽ですね。
輝かしく眩い、熱量の塊のような少女なので。

そんな彼女だからこそ、切り開けた領域があるし、彼女が救った人だって少なからずいます。
1巻で保護したユフィリア以外にも、あちこちに影響を与えているようですし。
けれど、光があれば影がある。
彼女の輝きを疎ましく思う勢力も当然いますし、彼女によって傷付いた人だって、また居るのだ。
1巻ではアニスフィアの良い影響を中心に描いたものの、今回は、『良い』ものばかりで世界は回らないと、暗部を突き付けてくるような感じ。

まぁ、興味ある事柄に関しては暴走しがちだし、目標が決まると即行動と言う気持ちの良い部分は変わりはないです。
アニスと共同研究経験のある新キャラも出てきましたが、犬猿の仲ながら理解しあっている、なかなか面白い令嬢だったので、また登場してくれると嬉しいですねー。
きさらぎゆり先生のイラストも可愛いので、いい感じの書籍化だと思います。コミカライズも決定したようですし、頑張ってほしい所。


外道魔術師の憑依譚~最強剣士を乗っ取ったら、自分の身体を探すことになった~

ico_grade6_3

「愚かしさもそこまでくると哀れだな。痛みは負けた奴が感じることだと? その前提がおかしいと気づかないことには、貴様は一生勝つことは出来んよ。(後略)」

 

WEB既読。BOOKWALKERでセールやってたので購入。

コミカライズも刊行されてるっぽいけど、発売1年前かー。続き出るのかしら。嫌いじゃないので、続いて欲しいんですがさて。

 

人の身体を乗っ取り、長き時を生きる魔術師が居た。

無条件で乗っ取れるわけではなく、強大な力を持つ魔術師の魂を受け入れられる相性や肉体の強靭さ等の条件があるようですけど。

今使っている体にガタが来たので、新しい身体を探していた所、魔獣と相討ちになって死にかけている男を見つけて、契約を交わし肉体を譲り受けて。

 

タイトルに外道魔術師とあるように、割と悪役の所業ですよね。

実際に口は悪いし、上から目線だし高慢だし、揉め事を頻繁に起こしそうな人物ではあるわけですが。

肉体を喰らい己の物とする。つまり、魔術師は相手から恩恵を受けるわけで、その分の対価は与えねばならない、と望みを聞いて可能な範囲でかなえようとする当たりは真面目と言うか。

 

肉体を譲り受けた青年ジグル・フリドーの最期の願いを受けて、彼と一緒に旅をしていた盲目の少女エレナを保護する事になったゲオル。

目が見えない代わりに感覚の鋭い彼女に、早々に招待見破られている辺り詰めが甘い。

 

素直じゃないけど抜けてて憎めない部分があって、エゴ丸出しではあるけれど結果的に誰かを助ける事もある。なんだかんだで魔術師ゲオルの事、嫌いじゃないですねー。というか作中ではトップクラスに好きかも。

 

魔王が復活して人々が魔物に脅かされる世界で、対抗するための勇者一行も居るんですが……

裏で色々な思惑が蠢いている結果とはいえ、勇者の方がよっぽどゲスで外道なので、ゲオルが初対面から顔面ぶん殴ってくれたのには正直スカッとした。

 

勇者の彼も、異世界から召喚されて、視野の狭さを利用されている哀れな駒ではあるんですが、それにしたって小物過ぎて色々と酷いので、ほとんどの人が嫌いなんじゃなかろうか。

そんな彼を中心とした勇者一行の行動も褒められた物じゃないので、作品の好み分かれそうだなとは思いました。

 

巻末には書き下ろしの短編、『ミカ』と言う、ゲオルが得た五人目の身体について語られていますが……

少年が願ったもの。ゲオルが為したこと。途中で横やりが入ったのが癪ではありますが、良い旅をしたんだな、とちょっと感慨深かった。



願わくばこの手に幸福を

ico_grade6_3h

「……分かったんだよ。今やっとわかった。このまま、何にもならない無為な時間を浪費した所で、状況は何も変わらない。普遍は腐敗を生み、そして俺は」

(略)

「きっと諦めるだろう。何時かは知らない、何処かで」

 

救世の旅に同行し、偵察などを行っていた男。

人々の希望を委ねられた天才たちの中に紛れ込んだ、凡人。

彼は才能がないために、ほとんどの仲間たちから厳しく当たられていて……それでも、可能な範囲で出来る事をやっていた。

 

そんな彼の前に、『運び屋』を事情する怪しい存在が現れる。

「一度だけ、人生を塗りつぶし描き直す機会」を与えてくれるという、信じがたい誘いを持って。

断られる事も想定していた、と怪しい存在は言っていますが、それでも彼は誘いに乗った。それは、自分の中に芽生えていた、諦念に気が付いたため。

 

怪しい誘いは真実で、次に気が付いた時彼は幼少期に戻っていた。

成長していた分の記憶と経験を持ったままで。とは言え、元が孤児で替えの効く冒険者の下っ端みたいな状況は変わらず。

以前犯した失敗をしないように立ち回ろうとしていますが、かつて迫害してきた仲間たちを前にすると冷静で居られないようで……自分を制御しきれず、思わぬ行動をとることもしばしば。

 

未来を知っていても、全ての危険を排除できるわけでもなく。自分の行動によって生じた新しい問題にぶつかったり、うっかり失念していて危地に踏み込んだり、見ていてハラハラしますね……

救世の旅一行に想う所がある主人公。命を奪うような凶行に走るわけではありませんが、彼と言う劇物に触れ、変質し違う道を選ぶようになるのなら、これもまた復讐モノと言えるのだろうか。

 

やり直しを選んだ男が、底辺から少しずつ上に行こうと足掻く、泥臭い話です。戦力的にはパッとしないので、定期的に痛い目見てますしね……

覚悟が極まってるので、かなり危ない手でも取れる辺りハラハラし通しで、先が読めない作品。


世知辛異世界転生記

ico_grade6_3

「――さて、そんなあなたは一体何にお金を使うのかしら?」

 

WEB未読。

タイトルから分かる通り、転生モノです。チートで無双とは程遠い、世知辛い世界ですけれど。

農奴の両親の間に生まれた奴隷階級。さらに両親は、厳しさに負けて早逝というスタート。

何が悪いと言われれば、生まれた場所と世界が悪いという感じで……彼自身に責がない部分で、始まりから重く暗いので万人受けはしなそう。

 

幸せになってほしいなぁ、と見守る心境で読んでましたが、一歩どころか半歩進めるかも怪しい状況が続いて、メンタルに来る。ただ、文章は好みにあって、スラスラ読めましたね。

 

幼少期から日本人として生きた記憶を持っていたため、適度に力を抜きつつ、こき使われ続けた。

時にサボりを見つかり、折檻されたようですが、それでも生き……なんとか成人年齢まで命を繋いだ。

しかし成人になると税負担が重いので、他所の鉱山へ奴隷として売却される事になって。馬車に揺られていたら、その馬車が魔物に襲われる。

 

波乱万丈で、どの場面で死んでてもおかしくないですけれど、辛くも命を拾って都市までたどり着いたけれど、縁も金もない逃亡奴隷を救ってくれる聖人はおらず、すげなく追い払われる羽目に。

ただ、その近くにある主人公と同じような境遇の人の共同体、ラヴァル廃棄街になんとか潜り込んで、そこでようやくこの世界で初めて、優しさに触れることとなります。

前世の知識があるせいで、振る舞いや言葉遣いが農奴にしてはおかしいと危ぶまれたり、『廃棄街』特有の事情を呑み込めなかったり、世知辛い要素に終わりはありませんけどね……。

 

廃棄街の冒険者として、魔物への警戒を仕事として。お金を得て。

これまでより、よっぽど人間らしい生活をして。それでも危険が向こうからやってくるんだから、この世界は鬼だ。

チートはないけれど、妙な働きを見せる勘だったり、追い込まれた時に見せる戦いぶりだったり、謎はありますが。少しでもいい暮らし出来るといいなぁ。


八男って、それはないでしょう!4

ico_grade6_2h

「ヴェンデリン、パウル。ただ犠牲者が少ないことを望みます」

 

合本版を読了。

家を出た弟が、名を挙げているという噂。

それは僻地にあるヴェルの実家にも届けられて。定期的に来る商隊が意図的に情報を流しているようですけど。

ヴェルが話題の尽きない人物であるのも確かですが……まぁ、嫡男クルトの予想通り、ブライヒレーダー辺境伯の意向も踏まえた動きだろうなぁ。

 

裏を読める程度の頭はあっても、領地の発展に繋げられない辺りは残念と言うか。彼の思考回路はかなりマイナスに寄ってるといて。嫉妬やらストレスやらを抱えて大分歪んでしまった感。

とはいえ、昔からその素養は十分あって、なるべくしてなった部分も大きいとおもいますけどねー。

 

先代のブライヒレーダー辺境伯が派遣し、壊滅した遠征部隊。

アンデッド化しているのは間違いないが、その立地ゆえに今まで後回しにされていた案件。

その解決を依頼されて、ヴェルは仲間たちと実家に顔を出していましたが。

まぁ、色々と酷かった。これまで積み重なってきた鬱憤を、クルトは弟にたいしてぶつけたんでしょうけど。公的に立場を得た相手に対しての振る舞いではないよなぁ。

分かりやすい障害を排除して、発展させるんですよと言うための敵役に選ばれてしまったようで、間違っても好きにはなれませんが嫌いでもない微妙な塩梅。

護衛と言う名目で軍務卿からも嫁候補が送り込まれてきましたが。
小柄なのに身の丈を超える斧を使う少女。こういうキャラわりと好き。
候補とはいえ、相手との関係とか諸々の事情を踏まえたら、迎え入れる選択肢しかないわけですけが。
戦力になる上に、かつ食にこだわるヴェルとの相性も良いので適任ではあります。
流石に役職持ちは良い人材を抱えていますねー。いや、候補すら送り込めず陪臣の娘がなんとか絡んでるブライヒレーダー辺境伯への当てつけとかではなく。えぇ。本当ですって。



八男って、それはないでしょう!3

ico_grade6_2h

「私も、ヴェンデリン様の勝利を信じています」

「ありがとう」

 

合本版を読了。

王都で暮らし始めて一年。ブライヒレーダー辺境伯の借りた屋敷で暮らしていたヴェル達ですが……

仮にも爵位を持った貴族が、長々と借り住まいというのは問題だと指摘されて。

胡散くさい不動産屋を紹介されて、間違った方向の特訓をする羽目になってましたが。物件探しが特訓になるのはなんででしょうね……悪霊憑きの事故物件だからかな……

 

さらにはエリーゼと婚約したヴェルに対して、決闘を申し込んでくる貴族まで現れて。

これ以上ないボンクラとその取り巻きって感じで、サクッと終わった上に、決闘の過程で犯した失態を追求する形でトコトン叩いてたのには、ちょっと笑ってしまった。

よっぽど鬱憤溜まってたんだな……というか。まぁ、それだけヤバい状況だったから叩くほどホコリが出たわけで、自業自得ですけどね。

 

ヴェル達が十五歳になり、正式に冒険者としての活動も始める事となって。

竜殺しとしての力量が確かであるために、いきなり難易度の高い依頼が持ち込まれて。

先んじて送ったパーティーが2つも壊滅した、というのも納得の殺意の高い遺跡でしたね……

なんとか乗り越えて、かなりの成果を挙げていましたが。一人でも欠けていたら間違いなく死んでいた危ない橋でしたよね……

 

ブランタークさんが居てくれて良かった。戦力的な意味でもそうですし、修羅場を共にした彼が、依頼を出した首脳陣とヴェル達との間に入ってくれたのは大きい。

それはそれとしてヴェルからもプレッシャーを掛けたりしてましたが。まぁ死にかけた仕返しにしては可愛い範疇だと思われます。

 

巻末には「ドラゴンバスターズBefore and After」として、幼少期と成長した後のヴェル達のイラストが掲載されています。

藤ちょこ先生や、Y.A先生のコメントもあって、中々楽しいオマケでした。15歳ヴェルの魔法使いらしい格好が結構好きです。


八男って、それはないでしょう!2

ico_grade6_2h

「ブランタークさんも、何気にツイてませんよね」

「坊主の不幸体質が伝染したのかもな」

 

合本版を読了。2巻部分の感想です。

1巻の引きが国王との謁見だったのですぐ始まるかと思いきや、ルイーゼが飛行船でやっていたアルバイトからスタート。

WEBでもこの位置でしたけど、幕間だったのが本編みたいな構成になってるのはなんでなんだろう……まぁ、他にもあるので気にするほどのものでもないか。

 

アンデッドとはいえ古代竜を討伐するという実績を挙げたヴェル。

その素材は貴重で、特に魔石は有用なため王国が買い上げる事になって。更にはその褒美として、勲章を授与された上に爵位まで授与される羽目に。

いや名誉なことなので「羽目」とか言うのもアレですが。ヴェル自身が「王様と顔を合わせる羽目」とか思ってたからな……

 

領地や役職こそ与えなかったものの、実力を評価してしっかり抱え込むあたり王様は強かです。

実際、貴族家の当主としての立場を活用して、その後の軍事行動に組み込んでましたからね……相手は魔物で、領地を開拓して人の生息圏を拡張するための、意義ある戦いではありましたが。

 

予備校からつるんでいたエルやイーナ、ルイーゼも逃れようも無く巻き込まれてお疲れ様ですというか。ヴェルは将来有望ですし、苦労に見合ったリターンが見込めるのが救いでしょうか。

国王以外にも彼の価値を認めている人は多くて。自分の孫娘を婚約者として送り込んでくる人まで居ますしね。企みはあれど良縁なのも間違いなく、楽しそうだからいいんじゃないですかねー。

先んじて交流していて出し抜かれたブライヒレーダー辺境伯はご愁傷様ですが。送り込める相手がいないんじゃしょうがないね……


プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ