気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

月刊少年マガジンコミックス

虚構推理2

ico_grade6_3
「違う むしろ逆か」

 

鋼人七瀬を追っていた岩永は、九郎の別れた恋人である紗季さんと遭遇。

一度は煙にまこうとしたものの、紗季さんは警察官で見過ごすわけにも行かず、さらには九郎君関係者とあって、紗季さんの住居にて二人で情報交換をすることに。

「今の彼女」宣言されて思わず叩いてしまったとはいえ、鋼人七瀬と戦った時の怪我をちゃんと手当てしてくれる当たりは面倒見がいいですねー。

 

岩永の九郎コレクション、見事に仏頂面というか顔が死んでいて、ちょっと笑ってしまった。

良くめげないな岩永……メンタルが強い。

紗季さんも五年も付き合った相手だけに、振り切れていないものの、異質な者への畏れはぬぐい切れなかったんだなぁというのが良く伝わってくる。

 

岩永と九郎以上に、この女子二人相性最悪っぽいですけど、傍から見ている分にはちょっと楽しいな。真面目に考察するときはちゃんとしてますしね。

……九郎君絡みでは、どっちも譲らない部分ありますが。距離を置いて眺めたい感じだ……

 

スキャンダルに追われ市内で死んだアイドル、七瀬かりん。

暴れまわる鋼人七瀬は彼女の亡霊と思われていますが……かなり作り物っぽいと、紗季さんの知り合いは疑っていて。常識的に考えれば、彼の方が正しいからなぁ……

普通は幽霊が事件を起こしているなんて、考えないでしょう。

 

岩永、紗季さんに頼み事するのは癪でも、個人的な確執抜きにできるところは偉い。……あずかり知らぬところで九郎とばったり会われたくないって考えも、含んでましたけどねー。

 

実際、情報共有しようとしたらまたしても鋼人が現れて、なぜか市内に入っていた九郎と鉢合わせてましたし。

そして、ついに九郎が食べたという「妖怪変化」について明らかになりますが……

いやはや狂気の産物と言うほかない。それを長年追求し、片鱗だけでも掴み取っている辺りは凄まじい。



虚構推理1

ico_grade6_3

「どうか われらの知恵の神になってくださいまし」

 

ある事情から通院中、見舞に来ていた青年に一目ぼれした岩永琴子。

しかし、彼には結婚を約束した相手が居て……様子を窺っていた所、どうやら彼女と別れたらしいと分かり、告白の為に近づく。

ナースの方々を味方につけてるのが強い。いいのかそれで。個人情報とは……

 

二年前の出来事を克明に覚えて、アプローチする行動力が凄い。

相手の九郎君には「君は見かけによらず直接的だな」とか「二年も待っていたのは粘着的だけど」とか言われてました。君は君で歯に衣着せないな九郎君。

なぜ婚約者と別れたのか。その話を岩永が追及したところ、出て来た単語が河童。

妖怪と遭遇し、九郎自身の事情を知ってしまったがために、離れる事となった。

 

ほとんど初対面の相手に正直に話す必要もないですけど、ちゃっかりフェイク入れて誤魔化そうとする当たり九郎君強かですよね。

ただ、岩永がそれに誤魔化される器じゃなかったのだけが誤算なだけで。

彼女自身もまた妖に関わる、特殊な事情を抱えていて。……秘密を共有できる相手と言う意味ではお似合いな気がしますけど。

打算的な提案をしてくる岩永の愉快なところは嫌いじゃないです。

 

出会いのエピソードを描き、2話ではもう2年半が経過しているんだから展開がスピーディ。

2人の住んでいる街からは遠く離れた都市で起きた、妖怪変化の引き起こした事件の話に移っていきます。

鋼人七瀬。このエピソードだけは小説で読みましたが、中々いい感じにコミカライズされてると思います。オカルト要素ありの、「ミステリと同じものでできている」作品。お楽しみあれ。


白聖女と黒牧師5

ico_grade6_3h

「えへへ 大事にします」

 

雑誌『マガジンR』で連載していましたが、隔月刊だったのが月刊になったみたいです。ただし、紙媒体は休刊して電子のみになったみたいですけどねー。

最近こういうの増えてきてますねぇ。単行本派なので、大きな影響はないのですが。

 

さておき。スタートはいつもの教会。

動物に触れらないからと、猫の写真集を真剣に見ているローレン。

本人は真剣なんでしょうけど、ちょっと笑える。いや、猫可愛いですからね。触れないのは本当に残念でならない。

 

とはいえローレン自身の問題というか、ローレンに惹かれてやってくる「何か」の影響なので、セシリアが聖女パワーで一時的に追い払ったら触れた模様。

初体験に興奮しているローレンが可愛かったです。いや、手を握られて照れてたり、その後撃沈させられている聖女様も中々でしたけどね。この二人は可愛いなぁ、もう。

次の話で、髪を結われる聖女様、最初は照れて逃げたものの、理性と欲の天秤で欲が勝つ、自分の欲に正直な所好きです。

 

猫エピソードの後に、猫耳聖女を妄想しているヘーゼリッタも、わりと二人に毒されてきているというか。馴染んできてる。

……馴染み切っていましたけど、そういえばアベルもヘーゼリッタも別の街の住人ですよね。諸事情で二人が言い合いしている場面でローレンが「この人たちはいつ帰ってくれるんだろう」って目のハイライト消えてるのが面白かった。

折しも牧師たちの会合があるとかで、それまで聖女様の世話にかこつけて行っていなかったローレンも、流石に顔を出さないといけなくなって。

 

会場がヘーゼリッタ達の住む、西の街。ローレンの同期や、過保護なヘーゼリッタの兄などの新顔も出て来て、少しずつ世界が広がってきましたねー。

かつて聖女を信仰するあまり、人として扱わせず死なせてしまった街。故に、そこではセシリアを聖女と呼ぶのは控えようという事になって。…直前でローレンに言うあたりヘーゼリッタも強かです。

 

そして、彼女がかつて出会った聖女の話が語られて。

ローレンの周囲に優しい人ばかりで温かい世界だからこそ忘れがちですけど。

こういう寂しく切ないエピソードも、当然のようにあるんですよね……

ローレンたちは違う、幸せな可能性を掴んでほしいものですが。今のままなら大丈夫かな?

まぁ、ローレンが激しく鈍いせいで、関係が進展するのに多大な時間が掛かりそうなところだけが難点ですが。ローレン同期の新キャラにグイグイ来るタイプが居たので、いい感じに刺激してほしい所。

今回も満喫しました。亡くなった聖女関連の話は少し痛かったですけど、概ね平和で、暖かい。

 


白聖女と黒牧師4

ico_grade6_4

「いますよ」

「ずっと一緒にいます」

 

無自覚いちゃラブコメという帯が全ての作品。

もう早く付き合ってしまえばいいのに……

まぁ、実際同棲状態ですし、付き合うどうこうより、早く結婚すればいいのにぐらいの感情すら湧いてきますけどね……

 

セシリアは世間の事を知らない、という。

ローレンと出会う前の彼女の事は結構気になるところです。

どうやって聖女になったのか、エリックが聞いてましたが。ある日突然声が聞こえた、と。

この世界の大人はそれを知っているからこそ、聖女を聖女として扱うようですが。

 

最初の一人が聖女とよく認定されたなぁ、と思いましたね。世が荒廃していたら魔女狩りの対象になったんじゃないかと心配になった。

敬いすぎても、ヘーゼリッタの知る聖女のような結末が待っていたりするわけで。接し方は難しい部分がありますけどね。

とりあえずセシリアは現在幸せそうなので、それが続いてほしいと切に願います。

 


白聖女と黒牧師3

ico_grade6_4

「…跡を継ぐのは立派です でも」

「誰かのようになれないからと思い悩むのは 少し勿体ないです」

「ローレンはローレンなりにあの教会と皆さんを守ることが出来るのではないでしょうか」

 

ヘーゼリッタがセシリアとローレンを監視した結果。

職務への態度、人柄などは良好で理想的。ただし鈍感。

アベルにも「致命的でしょ」とか言われてますしね。否定できないのが辛い。

彼女が来て教会がにぎやかになっていい感じ。

あとローレンは感性が独特という面も今回明らかに。セシリアは楽しんでましたが。

 

しかしヘーゼリッタに、亡くなった聖女の加護がついている、って。

十年くらい前のが残り続けてるってすごいな。

ローレンとセシリアだけだから、整備が行き届かない所があったんでしょうが……扉に続いて机を破壊したお嬢様というあたりキャラが強い……

 

足を悪くした礼拝者の頼みで、外に出る話もあって。

妖精のすむ湖、なんてものも近くにあり。祖父が対策を取っていた、という自分の知らないエピソードを聞いて。

自分がまだまだだなぁ、とローレンは少し落ち込んだように見えましたが……それを聞いたセシリアが彼を認めてくれたのが嬉しい。

ローレンが妖精に手を引かれる場面もあって、聖女様が怒っててちょっと新鮮でした。

 

あとは……18話の「女の子だけの夜会」が可愛かった。これが見られるのもヘーゼリッタがいるからこそで。

いやぁ、思いっきりツッコミ入れてくれて清々しい。



白聖女と黒牧師2

ico_grade6_4

「これの方がいいわ」

「いいえもっと可愛い方がお気に召してもらえるはず」

()

(戦争を起こしてしまった…)

 

聖女様が、いつものヒラヒラした服をあちこちに引っかけてしまう場面があって。

他の服を選ぶましょうと、服屋に連行され……他のお客様も巻き込んだ戦争が勃発したのには笑った。

いやぁ、愛されてますね、聖女様。

女性の服に関するこだわりに、過去巻き込まれたローレンがすっと逃げたのには笑った。

 

アベルがローレンを「近年まれなめんどくさい男」と評価してましたが。

聖女様を大事に思って、女の子扱いしているけれど……どうも距離を詰めかねているというか。

セシリアからローレンへの想いは揺るぎないものとしてますが、ローレンからセシリアの気持ちまだ明確になってませんしねー。

1巻最後で「尊敬以外に感じていたのは庇護欲なのか!」とか言ってたあたり道は遠そう……

 

アベルがここに転がり込んで来る前に、家庭教師をしていた家のお嬢様、ヘーゼリッタが彼を追って来て。

過去にセシリア以外の「聖女」と交流し……死別したことがあり、一緒にすむローレンを見定めようとしたという目的もあったようですが。

彼女が来たことで、「聖女様にはずっと笑っていてほしいと思っていますよ」とかローレンから言葉を引き出せたりして。いい感じに状況動かしてくれましたね。

聖女様にも、友人が必要でしょうし。幸せそうで和みます。

 



白聖女と黒牧師1

ico_grade6_4

「確かに神に誓って嘘一つありませんが」

「そ そんなものよりも」

「ローレンの好きなところの方がたくさんあるんです」

 

マガジンRで連載してる作品ですねー。

1巻発売当初から読んでたんですが、感想書くのが遅れに遅れてもう4巻まで出てるという。

とある街の教会に住む牧師と聖女、街の住人たちの交流を描いたラブコメですね。

 

聖女様は住人たちの前では猫を被るが、牧師ローレンの前では自分を偽らずに見せて。

ローレンも聖女様に対してかなり過保護ですよねぇ。怪我したら困るから、料理とかはさせられない、と。

いやまぁ、聖女様掃き掃除の最中に居眠りしたり、心配になるのは分かる感じですけど。

 

作画としては、4コマでストーリー展開をするタイプですね。

聖女様可愛いのでオススメ。ローレンは鈍いけど、聖女様を心配して、雨に濡れた彼女をお姫様抱っこで連れ帰る場面とかもあって、いいぞもっとやれみたいな感じ。

 

何だかんだで聖女様に甘いし。街の人々からは二人の関係がかなり微笑ましく見守られている模様。

ローレンの友人アベルが転がり込んできて、情報がどんどん増えてきましたねー。聖女様の名前とか、ローレンの特殊な性質とか。

ほのぼのラブコメかと思いきや、「聖女は嘘がつけない」、「加護を与えられる」などい諸々の制約や能力があるようなんですよねぇ。

この世界の聖女様には謎が多い。ただ、ローレン。大事にしてるのは分かるから、名前は呼んであげよう……?



プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ