気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

東西

リワールド・フロンティア

ico_grade6_3

「友達を見殺しにするなんて、絶対に我慢できないから」

 

終末戦争から千年。エクスプローラーたちは、今日も遺跡に挑んでいた。

基本的にはチームを組んで挑むものの主人公のラグディスハルトは、不遇とされるエンハンサーで。

野良でパーティーに参加しようとしても、「エンハンサーはいらない」と断られ続ける日々。ぼっちエンハンサー、なんて蔑称で呼ばれたりもしているようで。

 

彼は、自分に自信がまったくなくて。それでも、日々パーティーに入ろうと声かけを続けているのは偉い。

そして彼は、初心者として「ルナティック・バベル」に挑もうと島にやってきた少女と出会った。二人は友人となり、ラトとハヌという愛称で呼ぶことを相手に許して。

破格の術力を持つ少女と、誰にも真似できない才能を秘めた少年の、バトルファンタジー。

……になっていくんでしょう。

 

遺跡はダンジョンみたいになっているものがあって、バベルも階層ごとにボスがいたりするようです。

実際、ラトとハヌは二人でそのボスを倒すという破格の戦果を挙げました。

ただ一気に顔が知れ渡りすぎて、「ぼっちエンハンサー」にハヌはもったいないと因縁をつけてくる輩まで現れて。

 

それでラトが引きさがってしまった当たりは、正直ちょっとイラッとしました。どうしてそこで距離を取ってしまうの……。

縁が出来て、ラトの実力を正しく評価してくれる相手から情報を貰って。助ける為に、踏み込んでいけたのは良かった。

もうちょっと自信を持ってもらいたいものですが、さてこの後どうなるやら。

異世界でスキルを解体したらチートな嫁が増殖しました 概念交差のストラクチャー

ico_grade6_3

「低燃費高出力。最小限の努力で最大限の成果を。無理せず、できるだけ本気を出さずにこの世界で普通に生き残ること、だ」

 

BOOKWALKER読み放題にて読了。

なろう書籍化作品で、集団転移モノではありますが、主人公は早々に離脱して個人行動を始めます。

ブラックバイトの経験から、王様たちの言動に胡散くささを感じて、情報をもっと出せと突きまくったら追い出される羽目になったんですが。

 

引き留めに来た学生もボンクラというか、詰めが甘いので実際組むのも危うい状況だったから、早々に逃げ出せたのはラッキー。

その後、運よく情報を提供してくれる存在と遭遇して、少女を助けたりして旅の同行者が増えたりしてましたが。

 

ナギが街に出てから遭遇したトラブル、自分から踏み込んでいった案件なので、そこはちょっと意外と言うか。

いや、てっきり王様側から刺客でも送られてくるかなーとちょっと思ったんですが、そんなことはなかった。情報が無い状態で1人放り出せば、追い込まれて助けを求めてくるとかそういう算段だったんだろうか。

 

異世界に来た際に獲得したスキルは、自分と奴隷のスキルの効果を組み替えて新しくするもので。

スキル使うと、身体を実際に撫でまわしているような感覚になったりして、奴隷少女が甘い声を漏らすシーンとかもあります。

ユニークスキルを使ってる重要シーンだとは思うんですが、主人公が再構築する度に喘ぐことになるので、段々くどく感じてくるな……。

 

道中で宗教勢力と接触して、結果的にまた奴隷を増やしていましたが。

異種族差別が根付いて居たり、大分歪んでいるといるというか。大分生きにくそうな世界だなぁ、とは感じます。

さてはて、ナギは目的通り「普通」に生きられるのやら。……既に無理そう。


地獄に祈れ。天に堕ちろ。

ico_grade6_4

「……共同戦線だ。あーあ(bloody hell)」

「手ぇ組むぞ、畜生が!」

 

BOOKWALKER読み放題にて読了。           

キャンペーン追加タイトルで、対象期間は7月末日まで。

 

死者が地獄から蘇る。そんな異変によって、変わってしまった世界の話。

東京は東凶となり、死者と生者が入り混じる混沌とした街と化していた。

そんな街で、「魂」に効くというヤバい効果を持った薬が蔓延して……事態の調査と解決に主人公たちが動くことに。

 

一人は、死神ミソギ。罪を犯した亡者を捕え、地獄に送り返すのを生業とする閻魔の配下。

特殊な金属で出来た四肢を駆使し戦う、聖職者嫌いの戦士。

一人は、人喰い鴉の異名を持つアッシュ。亡者狩りを行う期間アナテマのエージェント。

特定の条件を満たす「姉」の言う事しか聞かない、死者を忌む、正義の信奉者。

 

大きな取引の情報を掴んだ二人は、ほぼ同時にその場所に赴いて接触。

それぞれの性格なんかも合わさって、初対面からバチバチ戦う羽目になってましたが。

サポートに回るアッシュの「姉」やミソギの「上司」は冷静で。

目的は同じなんだろうから、協力しろ、と提案されて。上層部の正式な判断ではありましたが、現場の二人は反目して、一回は別行動してました。

 

いやぁ、良いですよね。バチバチに反抗してる相手と、共闘する展開は熱くて大好きです。

口では文句をいうものの、二人とも戦闘経験は豊富なうえ、ミソギは近距離、アッシュは遠距離と役割分担も出来て。

たいていの襲撃は蹴散らせる安心感がある。周到に準備を重ねた敵は、当然のようにその「たいてい」の枠を超えて、二人に痛手を負わせたりしてくるわけですが。

一敗地に塗れてからの逆転も好物ですよ。あらすじ読んで興味持った人が手に取って後悔しない作品にまとまっている感じ。

 

ほま高登山部ダイアリー

ico_grade6_3

「約束しようじゃないか。キミが想像もしたことのない最高の青春がココにある」

()

「ようこそ、ほま高登山部へ」

 

高校入学を機に、意中の相手に好きだと告げた少年、冬馬。

けれど、シチュエーションが悪かったというか、相手が鈍かったというか……

少女は登山が好きで、登山部に入ろうとしていて……その道中だったモノで「登山が好きだ」と言う意味にとられてしまって。

おまけにそれを登山部の部長に目撃されていて、登山部に勧誘されて、とりあえず体験入部する事に。

 

月に一回登山に行くとかなんとか。冬馬は割と少ないと思ったみたいですが、私は割と登ってるんだなーと思いました。

費用とかその辺の問題もあるだろうし、そう頻繁に行けるもんじゃないのでは、と思ってたので。作中の例としては、月に二回行く学校もあるとかありましたが。実際のところどうなんだろう。ちょっと気になるところ。

ただ、作者さんも高校で登山部だったそうですから、ある程度はリアルに即してるのかなぁ。

海のレジャーは経験ありますが、本格的な登山はしたことがないのでちょっと興味あります。体力無いので、登り切る自信とかさっぱりありませんけど。

 

ある高校の登山部の活動を追う、本当にそれだけの作品。

ただまぁ、先輩方は優しかったり、変態でフェチで変わり種だけど頼りになる人達で。

登山を楽しむ、部活内でのいい関係が築かれているなぁと、青春模様に和みました。

私自身、先日高校時代の友人と遊ぶ機会があったので、なおさら。部活の仲間と集まってバカ話で盛り上がったりするのって、やっぱり楽しいんですよねぇ。

それが今も続いている事を有難く感じているところなんですが。

冬馬が、登山の楽しさを知り、正式に部活に入る決意を決めたところで終わっていましたが、彼の青春がこの後も楽しく続いてほしいものです。



プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ