気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

河嶋陶一朗

迷宮キングダムルールブック

ico_grade6_3

「ここはあたしに、まかせなさい!」

 

割とデータ部分は流し読み。

全ページカラーで見ごたえはありましたが。

あまり触れた事が無いタイプのルールブックだったので、情報量に負けた感がある。

 

カラーでイラストが描かれている中で、ゲームマスターセクションのトラップの類がかなりシンプルだったのにはなんか笑った。

あとモンスター枠「人間」の「人間の屑」。フレーバーテキストが「人間の屑です」と屑押しなのも笑った。

 

不思議なダンジョンが広がる世界。

そこで国を作り、発展させていこう、というTRPGシステム

いろんな要素がごちゃ混ぜになっていて、ワールドセクションだけでも読みごたえはありました。

迷宮誕生の伝説とか。迷宮内の方位とか、迷宮内の摩訶不思議な事情とか。

列強諸国の話が好きですね。拡大を繰り広げて従属を迫る国家でもあり小国は大変そうですが。

ダイナマイト帝国が迷宮破壊工事に従事してる辺りが笑えて好き。大胆にもほどがあるというか、パワーしか感じない選択……

 

迷宮キングダム 基本ルールブック
河嶋陶一朗/冒険企画局
KADOKAWA
2018-11-20


神話創世RPGアマデウス

ico_grade6_3

伯爵:「いい子だねぇ。……でもその『守りたい』って想いに殉じる覚悟はあるかな?」おじさん、急に真顔になるぞ。

 

古の災厄が現代に蘇る「神話災害」と呼ばれる事象が起こるようになった世界。

災害をもたらすものが神話に由来するならば。災害を鎮め、問題を解決するのは神々の領分。

プレイヤーは神の力を宿した人間「アマデウス」となり、そうした災害に立ち向かっていく……というのが大枠。

 

本の内容としては最初にリプレイが掲載されていて、その後にデータ部分が乗っている感じです。

リプレイも、ルルブ掲載の簡易なもので、どうやって遊ぶのかの解説編みたいな構成。そういう意味では少し物足りなさがありました。

戦闘絡みのデータとかは自分が冒険企画局のシステムをあまり使わないこともあって、途中いくつか飲みこむのに時間かかる部分も。

……そもそも最近セッションも出来てないんですがね。

 

神話ごとに対立しているとかではなく、それぞれの神話に起源を持つ親神より力をもらった神子として、協力しあうという流れになるのは面白いかな。

特にクトゥルフ神話ですら協力しているというのは、中々愉快です。通常だとクトゥルフ系は敵側に回されそうなものですが。

まぁ、そうするとありきたりになってしまいますし。そもそもクトゥルフTRPGありますしね……

このごった煮加減は嫌いじゃないです。

神話創世RPG アマデウス
河嶋陶一朗
KADOKAWA/富士見書房
2015-12-19


艦隊これくしょん―艦これ―艦これRPGぼっちリプレイ 空はあんなに青いのに

ico_grade6_3
河嶋:チノさんのルールは、ぼくのルールとは違いますね。
チノ:……はい
河嶋:でも、素敵なルールだと思います。これはチノさんの冒険なんで。チノさんのルールを守りましょう♪
チノ:……はい!

いや、確かにルルブにも一人でプレイするためのルール乗ってましたけど。
まさか商業リプレイのためにそれを実行しようとは。
まぁ、さすがに本当に素人一人ぽんと投げ出してグダグダになっても困りますから、一応サポート役を近くにつけて、会議室に「閉じ込められたテイ」でのプレイになってはいるんですけど。
よくもまぁ、やったもんだなぁ、と。
この作品の感想はもうこれだけでいいんじゃないかと思うぐらい。
チノさんも付き合いいいよなぁ……

第一話「極楽泊地の不幸姉妹」、第二話「極楽第一艦隊、出撃」、第三話「空はあんなに青いのに」の三話収録。
まさか失敗が一回挟まるとは思いませんでしたが。
事故が起きるのもTRPGの醍醐味といえばそうなるわけで。
戦艦二人を抱えているのが、色々と泊地を圧迫していた感じはありますが。
ま、チノ提督のリプレイですから、本人が楽しんでるんですし、野暮なことは言わないようにしましょう。

不幸戦艦な山城と扶桑の姉妹。
態度は悪いものの、同じ泊地の二人を心配している満潮。
例えダイス目で「栄光なき極楽泊地」になろうとも……なんでこんな短時間でファンブル二発も出せるんだろう。
不幸姉妹の不幸が感染したんだろうか。
チノ提督なりの艦これが表現されていて、これはこれで。
TRPGの雰囲気を感じる分にはいいんじゃないでしょうか。やっぱり、多人数でやった方が面白いだろうだと個人的には思いますけど。


プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ