気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

活断層

ソード・ワールド2.0リプレイ レーゼルドーン開拓記3

ico_grade6_3h

オーリング なるほど。全然価値のない者をさも珍しい物であるかのように口八丁してもいいってことッスね。

(略)

リニ (唐突に)……ここに、伝説のモールがある。

(略)このとき、この場にいる誰もが思った。「お前(知力2)が口八丁するのかよ!?」と(笑)。

 

第七話「北の地へ」、第八話「彼女の故郷は」、最終話「レーゼルドーン開拓記」の三話収録した最終巻です。

魔神オーバードーズの腕が現れ、もはや一刻の猶予もないと、一同は魔神封印の為に改めて動き出す。

 

封印の鍵となる祭具を求めて北の地へと向かいましたが……

今回は、リニとオーリングのコンビがまた光ってたなぁ。ポンコツ的な意味で。特に第八話のオーリングはひどかった。

いや、笑いましたけどね。あそこで即死毒とか入ってなくてよかったね、オーリング。潜入中は油断をするな、といい教訓になりました……。

 

祭具を取りに一時村を離れていた一行ですが……戻ってきたときの村の変わりようと言ったら。

オーバードーズの恐ろしさを実感できる、凄まじい変化でしたな。欲望に飲み込まれとる……

PCたちがオーバードーズ倒しに行く途中でも、欲望に絡めた試練がありましたが、何とか突破。危ない人もちらほらいましたが。

なんとか無事に解決でき、初期の設定と絡めた次の冒険へ、とつながったのはいい感じの終わりでしたね。楽しいシリーズでした。

 



ソード・ワールド2.0リプレイ レーゼルドーン開拓記2 世にも不憫な冒険者たち

ico_grade6_3h

エミリー GMの想定を超えたあたしたちの勝利だね!

GM い、いやまだボールは生きている。上手くいくかどうかは、こっからですよ、こっから。もしかしたらパーティー分けたせいで全滅とかもあり得ますからね!

オーリング GM必死ッスね(笑)。

 

第四話~第六話まで収録。

三話分入ってるので、一つ一つはちょっと短め、ですかね。

このパーティの行動方針が「とりあえずやってみる。それから考える」なものでGMも涙目です。

……まぁ、その分戦闘の時は殺しに来てるからバランスはとれてるんじゃないですかね!

 

第四話は、上手くロールしたこともあって戦闘はほぼなし。

まぁ、相談パートで迷走してる部分は多かったですけどね。

アリアドナは、他所の集落にいるアンデッドへ献上品にされるためまだ生きていて。

彼女を助ける為に奔走する話なんですが……まさかのパーティー三分割。

しかも一人は足が遅いから置いて行かれたエミリーだったりするので、彼女ほとんど活躍してないぞ……

ソレイユは知力低いからって、PLまで知力低くしなくていいんやで……いや、パーティメンバーは楽しんでるようなのでいいですけど。

 

そして、第五話ではアリアドナが魂入ってパーティーメンバーへ昇格。

微妙にポンコツっぽいけど。なんだかんだ、このパーティーに欠けている部分を補ってくれていい感じだと思いましたよ。

オアシスの村に迫った機器の為に彼女たちは行動して、見事敵のボスを打ち倒すわけですが……

問題が一つ解決したら、次の問題が浮上してくるわけで。目に見えて魔神さんが復活しそうな雰囲気ですが、アレどうにかできるのか……?



ソード・ワールド2.0リプレイ レーゼルドーン開拓記 世にも不幸な冒険者たち

ico_grade6_3

リニ ……その名前からしていやな予感しかしないのだが、どんなやつだ?

GM (前略)それを操霊魔法5レベルにして真語魔法2レベルにかえるとあら不思議、深智魔法2レベルがおまけについてきたナイスガイです。

バーリ GM、テメー! 世の中にはな、やっちゃいけないことがあるんだよ!!

 

デスマスター大井の本気を見た気がする……

新大陸の開拓をする、という王道の触れ込みで集まった冒険者たち。

人族の手が伸びてなかったこともあり、新たな蛮族が現れて暗躍したり、魔神の封印が解けかかっていたりと波乱万丈。

 

第一話『砂漠の中の開拓村』から第三話『潜入! 蛮族集落』まで。

ドワーフのバード/シューターにナイトメアの神官戦士。ソレイユのファイターと人間のソーサラー/セージ。

初期作成のPCとしてはそこそこバランスとれてるかなぁ、と思っていたんですが。

……ゴブリンがあんなに強いなんて、知らなかったよ……

 

PCたちが金に目がくらんで暴走したり、GMの予想を超えて行動が早かったりと、細かいトラブルが起きたりはしてますが。

要所でしっかりGMが殺しに来てるといいますか。「少し厳しいかも」くらいの認識であわや全滅の危機に瀕している状況を想うと、デスマスターの異名も信じられそうです。

これで「今回は結構厳しめなので気をつけてください」なんて言い出した日にはパーティー半壊くらいするんじゃないかな……

 

PCたちの計算違いも合って、状況が混沌として来てます。

今回失敗してしまった依頼にリベンジして、なんとか汚名返上できるかが気になるところです。

 
livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索