気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

溝口ケージ

14歳とイラストレーター4

ico_grade6_3

「どれほど自分にとって大切な人だろうと、手が止まる原因になるなら、それを遠ざけなければ、創作はできないよ」

 

ハラミとの交流の際に「ユウトの事好きだよね」と聞かれたことを……当の本人の前でぽろっと零してしまったナスさん。

言った方も言われた方も固まってましたが。ちゃんと切り替えて話し合っていたあたりは大人な対応だなぁ、と言いますか。

 

人を好きになった経験、誰かと付き合った経験、そうしたものに疎い二人なので、どうにも見ていてじれったい感じの会話をしていましたけどね。

ナスさんの宣言は、自分の気持ちが分からないのでもう少し答えを先延ばしにするものではありましたが……アレはもうほぼ告白だと思うけどな……

 

今回はプロの世界に飛び込む新人さんとのエピソード。

マリィの新作にネットで話題の新人が挿絵を描くことになって。最初に提出された絵は良かったけれど、キャラデザに入った段階でマリィの感性に合わず、リテイクを繰り返していたとか。

 

今回の仕事トークだと、入稿の時期とか……その遅れで刊行が伸びたとかの編集者側の声がちょっと入ってましたねぇ。

知り合いにそっち方面の仕事している人が居て、「原稿が来ないと仕事がないが、いざ原稿が来た時にすぐ動けるように待機してる時間がある」とかぼやいてたよなぁ。どこもかしこも大変だ。

当初は刊行される予定だったのに延期になった場合とか、書店店頭での問い合わせもぽつぽつ入るから大変なんだよなぁ……

 

マリィがだいぶ感覚派なので、絵を描くことになった白砂さんは困惑していましたが。

絵を仕事にする、ということの大変な部分がプロ寄りで描かれていった感じ。

マリィとの付き合いが長いユウトにアドバイスをもらって何とか乗り切っていましたが……その時のトークでマリィが刺激を受けて、ユウト宅に乗り込んでまだ問題発言していましたが。モテモテですな、ユウト。



14歳とイラストレーター4 (MF文庫J)
むらさき ゆきや
KADOKAWA
2017-11-25


14歳とイラストレーター3

ico_grade6_3

「いや、そういうんんじゃなくてね。どうしても例えるのなら……ラスボス」

「ラスボス」

「姉さん、ものすごくクオリティの高いイラストを出して、“落書きです”とかコメントするときあるじゃん? あれって“今のはメラゾーマではない。メラだ”って感じだよね。まさに大魔王」

 

冒頭のこのトークで笑った。

今時の子に「メラゾーマではない。メラだ」ネタ通用するのだろうか……「ダイの大冒険」懐かしいなぁ。

姉と折半で買っていたシリーズなので、実家に置いてきてしまったんですよねぇ。今度帰ったときにでも発掘して読み返そうかしら。

 

大手レーベルからの依頼を受けていた悠斗。

しかし、同じくイラストレーターの姉が「その仕事私がすることになった」と宣言して。

錦にブラコンなのに、仕事の横取りしようとするなんておかしいと訝しんでましたが……

いや、うん。ブラコン凄いわ……あそこまでつき通していれば尊敬でき…ないな。うん。

わだかまりも解消されて、大っぴらにしていなかった姉弟関係を公表してましたが……大暴走って感じで、本当悠斗はお疲れ様ですとしか。

 

イラストレーターのランクについての錦の持論、カバーイラストについての考えとか、中々興味深かったです。

あの辺の仕事トークが合間合間にあるのが、個人的には気に入ってます。

今回のメインイベントは姉との勝負ですが、途中でマリィとPCを買いに行ったり、乃ノ香に誕生日を祝ってもらったり、ナスさんの引越しを手伝ったりと交流イベントも混ざっていて、バランスが良いと言いますか。

割とサクサク読めるので、読後感悪くないのもポイント高め。

さて最後ナスさんが爆弾投下してましたが、どうするんだコレ。

14歳とイラストレーター3 (MF文庫J)
むらさき ゆきや
KADOKAWA
2017-07-25


14歳とイラストレーター2

ico_grade6_3

「私には書くことしかない」

「僕も同じようなものだよ。だから、やめないし、やめられないし、やめたくないんだ」

 

イラストレーターの悲喜交々を描くラノベ第2巻。

悲要素は大体ハラミ担当な気がしますが。うっかりが過ぎるってレベルではない、というか。彼女の相手をする担当編集さんはかなり胃が痛いんではないかなぁ……

同業の二人、悠斗と錦も話を聞いたとき寒気を感じたり、後ずさったりしたからな。

「テ、テロい……爆弾だぜ、こいつは……!!」という錦の発言が全てを物語っている……

 

前回の一件から、ナスさんとの交流も続いていて。

乃ノ香も相変わらず悠斗の職場に入り浸っていたりしていますが。

新しい仕事の依頼がやって来て、それのイラストを練っているところに、悠斗が絵を担当しているラノベの作家が来訪して。

編集とのやり取りでストレスが溜まったとかで、突発的な旅行を計画していました。

悠斗が別の編集者から情報を仕入れて考えた結果、同行する事になりましたが……コレ、悠斗が一緒じゃなかったら、本当にどうなっていたやら。

洒落じゃなく東京に帰って来られなかったんじゃないかなぁ……個性的な人だ。

 

今回も仕事事情トーク何かが合間に挟まってましたねー。

ラノベのイラストの権利の話とか色々。巻末の「溝口ケージ先生の用語解説コーナー」も笑えた。「折本」の辺りとか、



14歳とイラストレーター2 (MF文庫J)
むらさき ゆきや
KADOKAWA
2017-03-25


14歳とイラストレーター

 ico_grade6_3

「世に出てるゲームは、どんなクソゲーだろうと、関係者の努力と根性と幸運による奇蹟だと思ってくれ。世間に名前を告げることなく消えていく作品の方が多いんだ」

 

仕事系のラノベ。

作家を主人公にした作品はいくつか思い当たりますが、ここまでイラストレーター特化してるのはパッと出てこないですね。

生々しい数字が出てきたりしてましたが、大丈夫なんだろうか。いや大丈夫だったから刊行されてるんだとは思いますが。

 

作中に出てくるイラストレーターは誰もかれも一癖も二癖もあって。

知人に止められていたのに、爆死したアニメの同人グッズ作って、大損してるキャラとか。

「ストーカーほいほい」の異名をいただき引越しを余儀なくされる笑えない女性もいましたな……

 

14歳のコスプレイヤーと接点が出来て、彼女との交流の中で色々と業界の話題が出てきてましたが……

いやはや世知辛い部分もありましたが、全体的にするする読める判りやすい作品だとは思いました。

中々楽しい作品だったので、続刊でたら買います。

14歳とイラストレーター (MF文庫J)
むらさき ゆきや
KADOKAWA
2016-11-25
 

青春ブタ野郎はハツコイ少女の夢を見ない

ico_grade6_3h

「僕は……もう……幸せなんだ……っ!」

(略)

すぐそばにある小さな幸せに気づくこと。

もう手の中にある小さな幸せに気づくこと。

それこそが、幸せなんだと……何度でも咲太は自分に言いたかった。

 

初恋の相手、年上の翔子さん。病魔に苦しむ幼い翔子ちゃん。

彼女の為に無茶をした咲太ですが……失敗してしまい、麻衣が犠牲に。

失われてしまった未来の物語が最初に描かれていましたが……いやはやこれは辛い。

抜け殻のようになった彼を、心配してくれる人がいたのは良かった。

あそこで周囲に責められ続けたら、また動くことはできなかっただろうから。

 

失意の彼の前に、大人の翔子さんが現れて。

彼女と同じ、思春期症候群を使って過去を替える為に動き出し。

ここでも人の手を借りて、助けてもらいながらなんとか事故を回避していました。 

この泥臭さが咲太だよなぁ。
……けれど、そうして戻っても、全てが解決したわけではなくて。
咲太は色々と葛藤していましたが。 

 

戻ってきた後に出会った双葉の反応が良かったなぁ。

咲太は自分を犠牲にするだろうと思っていて、不安だった、と。

まぁ確かに一度はそうしたわけですし、言い訳のしようもないよな……

「可能性がある」とも言えない、奇跡的な確率を願い、行動していましたが。

最後の最後、未来を掴んだのは翔子自身であった、と。
奇蹟が起きた事に賛否はあるかもしれませんが……頑張り続けていた咲太が何かを失うのではなく、翔子も翔子の方で未来を得た、という決着は大団円と言っていいものかと。 

まだ続きを書く気はあるようなので、この後どういう展開にするのかは気になるところ。

 

青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない

ico_grade6_3h

(前略)それでは麻衣のせいにしているみたいだ。

決めるのは咲太でなければならない。

(略)

立ち止まっていても答えが出ないのなら、歩き出すしか方法はなかった。

 

満を持して登場した、咲太の初恋相手「翔子さん」。

彼が知り合った中学生の翔子ちゃんとの関係がついに明らかになるわけですが……

今回はまた一段と重いなぁ。

思春期症候群によって、色々と抱え込んでいたものが表に引きずり出されるのはこれまでもありました。

 

翔子さんの事情を知り、咲太の胸の傷の秘密なんかも明かされて。

答えが分かってしまったら、どちらかを選ばなければいけない、というのは残酷だよなぁ。

どちらも大切で、時間ばかりが迫って来る。

そんな中で、咲太はまた自らの心に従って、答えを出していくわけですが。

今回ばかりは彼も結構悩み、涙する場面もありましたね。けれど、結局根幹の部分ではぶれていなくて。

 

けど、彼が行動したことで変わってきたことがあり。

大切にして来たものがある。だから、最後の展開はある意味で必然だったのだとは思いますが……

翔子の抱えている問題が解決したわけでもないのに、次の課題がやってきて。

今回大分悩んでいて、彼が出した答え。それが間違っていた、という事でしょう。だから、次の問いではよりよい答えを見つけてほしい所です。

シリーズ7弾目は10月に発売予定みたいなので、今から待ち遠しい。

青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない (電撃文庫)
鴨志田一
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2016-06-10
 

 

青春ブタ野郎はシスコンアイドルの夢を見ない

ico_grade6_3h
「咲太って生き方が無気力じゃん」
心外な発言だが、強く否定できる気もしない。
「がんばるとか、ダサいって思ってるのかと思ってた」
「他人の努力を笑うようになったら人間終わりだろ」


麻衣久しぶりに会えると思ったら、また思春期症候群に襲われて。
今回は、麻衣とその妹である新人アイドルの豊浜のどかの中身が入れ替わってしまって。
これが面倒なのは、麻衣ものどかもそれぞれに仕事を持っている所ですよね。
お互いのスケジュールを確認して、入れ違ったまま仕事に臨むことに。
ただ、思春期症候群が発生している時点で、うまくいくはずもなく。

のどかが麻衣の異母妹である点がさらにややこしくしているといいますか。
それが無ければ接点もなかったんだから、こんな現象に巻き込まれることもなかったわけですが。
麻衣の方は努力して、「アイドル・豊浜のどか」をしっかり演じ切ってました。
一方で、コンプレックスを持っていたのどかの方は、麻衣の仕事で一度失敗をしてしまって。
喧嘩もしていましたし、何とも面倒な状況ですね。
それでも咲太がいつも通りで安心したといいますか。
主人公の軸がぶれないので、読みやすいです。
咲太と麻衣の関係が、結構絶妙な距離感といいますか、二人とも楽しそうで見ていて心地よい。

あとは、毎度おなじみのさくら荘からのゲスト。
今回は生徒会長とはうはうでしたね。
咲太が中々見れないレアな場面に遭遇してましたが。
幸せそうで何よりです。
本編は、結局すれ違っていたようで、大切だった姉妹の絆のお話。
割とオチは読めますが、思春期症候群という非日常の要素がありながら、しっかり心情描いていたりとか安定して面白いです。
最後には翔子からの手紙が入っていて、また事態が動きそうですけど、どうなりますかね。

青春ブタ野郎はシスコンアイドルの夢を見ない (電撃文庫)
鴨志田一
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2015-05-09

青春ブタ野郎はプチデビル後輩の夢を見ない

ico_grade6_3h
「別に全人類に好かれるために生きているわけじゃないからな」
「わたしはみんなに好かれたい……ってか、嫌われたくない」
「僕はたったひとりでいいけどね。そのひとりが必要としてくれたら、生きていける」

タレント業に復活した麻衣。
彼女と、恋人同士になれたはずなのに……咲太は昨日に戻っていて?
とりあえず一日疑問を感じながらも過ごしてはみたが、また同じ日に戻ってしまって。
ループ展開に入り、自分以外にはその現象を覚えている人がいないようだった。
まぁ、咲太の交友範囲って妹、麻衣先輩、友人二人程度の狭い輪だからなぁ……それでもクラスメイトの様子やニュースなどを見て、繰り返しの自覚があるのは自分だけ、と判断した。
双葉に相談をして「本物のラプラスの悪魔を探すんだね」と現象を起こしている引き金となる人物を探せとアドバイスを受ける。

そして出会ったのが、前回奇妙な出会いをした後輩の古賀朋絵だった。
空気を読みすぎる彼女は、友人の憧れの先輩から告白されそうになり困っていた。
告白を受けても断っても、友人グループからは浮いてしまうだろう。
力の強いグループにいるから、そこからはぐれた後、紛れ込めるとこもない気がすると心配そう。
そこで古賀がとったのは、同じように繰り返しの記憶を持っている咲太「恋人」であるという嘘をつき、周囲との軋轢を少しでも和らげようと、あたりさわりなくいこうという行動だった。
彼女がとりあえずの解決方法を見つけたからか、時間はまた進み始めるように。

咲太も、妹と似たような発言をした古賀のことを放っておけず、その偽恋人の関係に協力することに。
麻衣との関係もあるので、期限付きの契約ではありましたけど。
『空気に喧嘩を売っても仕方ない』と、人付き合いの少ない咲太ではありますけど、気に駆けた相手に対してはやっぱり優しいんですよね。
嘘の関係だと、麻衣のことが好きなのだとわかっていても古賀の気持ちを動かしてしまう程度には。
そんな思いに気が付きながらも、麻衣のことが好きだから、と正直に伝える咲太は一本筋が通っている感じがして好感が持てます。

咲太に爽やかすとかイケメンでムカつくとか言われながらも交友を続けている国見。
毒吐きながらもなんだかんだと咲太の相談に乗ってくれている双葉。
絞っている分咲太の友人たちにはいい奴が多いですね。まぁ、国見の彼女とかは1巻で咲太に対して「あんたと仲良くしていると国見の評判が落ちる」とか「国見がかわいそうだ」とか面と向かっていってくるような輩もいるわけですけどね。
国見はなんだかんだでそんな彼女の事を大事にしているようですけど、双葉の方がいいんじゃないのかぁ、とか思います。
友人の想い人だからどうしようかなーと古賀が対応に困っていた先輩も、ダメな部分見せてましたし。

さて、また最後、気になる引きで終わってましたけど。
過去咲太が出合っていた、気になる相手と同じ名前、と面影を持つ少女。
しかし、彼女は咲太よりも年上だったはずで。どう見ても、咲太が出合ったのは中学生くらいだった。
今度はどんな思春期症候群が起きるのかどうか。気になりますねー。
ヒロインが先輩から始まり後輩になり、今度は中学生になるとか、どんどん幼くなっていってまた咲太の評判が悪くなっていく流れなのではないだろうか、コレ。

青春ブタ野郎はプチデビル後輩の夢を見ない (電撃文庫)
鴨志田一
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2014-08-09

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

ico_grade6_3h
「困ってるのに、誰にも頼れないのはしんどいから」

中々面白かった。
ある日、主人公の梓川咲太は、図書館でバニーガールの格好をした女子を発見する。
それは、同じ高校に通う先輩で、活動を休止している人気タレントである桜島麻衣だった。
彼女によれば、ここ数日「彼女の姿が周囲に見えない」という状態になることがあって、それの検証をしていたのだとか。
バニーガールの格好をしている人がいたら、思わず二度見するだろうから試金石としての格好だったらしいですけど。なぜそこでバニーガールなのか。

一方、ネットでは「思春期症候群」という都市伝説が広まっていた。
他人の心の声が聞こえたとか、誰それの未来が見えたとか、オカルトじみた出来事が起こるとか。
ま、都市伝説なので当然市民権を得ているわけでもなく、精神科医に見せても「多感故に不安定な心が見せる思い込み」だとばっさり切り捨てられるような自称。
けれど咲太はそれの実在を信じていた。
なぜなら、妹が過去その思春期症候群でしか説明できないような状況に陥っていたから。
いじめを受けて引きこもりになった妹は、SNSでの悪口を見ると、身体に傷が突然浮かびあがる症状を見せていた。
周囲の人は誰も信じれくれず、母も、妹の置かれた状況を受け入れられず離れて暮らすような状態になってましたが。

妹の影響か、咲太にも怪我が浮かんだことがあり病院に搬送されたこともあった。
その様子に尾ひれがついて「同級生を病院送りにした奴」という、どうにも近寄りがたい存在として咲太は認識されていた。
咲太は咲太で、そんな実体のない『空気』に喧嘩を売るなんて馬鹿げていると、交流を取ろうとはせず、自分の言葉を信じてくれた二人だけを友人と呼び、日々を過ごしていた。
しれっと書かれているけど、中々重いというか。そりゃあこんな捻くれた行動もするかなぁ、という感じ。
デリカシーない発言をすることもありますし。
けど、それでも彼は優しいんですよね。付き合いを極端に絞っている分、その大切な誰かのためになら『空気』とだって戦って見せる。行動を起こせるというのはすごいことだと思います。

最初は、一部の地域で見えないだけだった麻衣。
学校では見える人も多く、普通に通うこともできた。
けれど、見えなくなる時間はどんどん増え、買い物もままならい状況に。
しまいには存在していたことすら認識されないようになっていって、アレは中々辛い。
そして咲太も一度は忘れてしまうモノの、断片は引っかかっていて、それを活用して、消えた麻衣を取り戻した。
交流を通して、距離を縮めた二人。告白して、付き合うことになったと思ったら……
エピローグで、次回への引き。また新しい思春期症候群か、告白が成功した日の「昨日の朝」に戻っていたのだった、と。

「思春期症候群」っていう異質な要素を入れながらも、しっかり真っ当な青春をしていたといいますか。
咲太が結構好きですよ。自分なりの芯がある感じで。心臓が鉄でできているような言動・行動は真似できない。

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない (電撃文庫)
鴨志田 一
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2014-04-10

livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索