気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

猫猫猫

ノウ無し転生王の双界制覇

ico_grade6_2h

「この世界でも、魔力が活性化した以上は、これからはどんどん魔法を使える人間が増えていく。文明的に魔法が必要だとか不必要だとかはかんけいなく、これからこの時代は、魔法というものを理解し、正しく使えるよう教育するのは重要だと思うんだが」

 

異界と接続する事で、魔法を使える人間が生まれるようになった世界。

魔法後進国である日本に生まれた黒陽練は、超一流の魔法使いになれると期待された神童…だった。

魔法の本場ブリタニアの姫を救った代償に、その才能をほとんど失い、魔法学院に通う事も出来なくなった。

 

それでも練は独学で勉強を続け、少ない魔力でも戦える技術を編み出していて。

才能を失ってから時が流れ……魔法技術学園高等部への入学が許可されることに。

そこで出来損ないが今更何をしに来た、と絡まれたりしてましたが。

練が編み出した技術が、才能に溺れた自称エリートな生徒くらいは蹴散らせるくらいのモノで。

 

絡んできた方にも問題があったとは思いますが。練の方も割と口が悪いからなぁ。

自分の知識欲が満たせればいい、みたいな部分があるから、トラブルの元になるのはある意味必然で。

才能を失ったはずの元神童が入学するってだけでもニュースなのに、練が過去に助けたお姫様が、あの時の恩を返さんと「娶られに来た」とか言い始めて傍に寄るものだから、注目の的ですよね……

 

練自身にも魔術の才能はあるみたいですが、さらに彼の中にはなぜか優れた魔法技術を持った初代ブリタニアの王の魂が同居していて。

彼に色々と教えてもらったりしては居たようですけれど。

……なんというか、盛りすぎな感じは否めない。



ソードアート・オンライン ガールズ・オプス3

ico_grade6_3

「……私はねルクス 自分本位で生きることがわるいこととは思わないよ」

(略)

「『あれをしなさい』『これはダメ』『この人に気に入られなきゃ』」

「そんな他人が決めた約束事に縛られたまま何もできなくなるより全然いい」

 

ルクスの過去が迫ってきて。

あのゲームから帰還して、再度ログインしているようなキャラはそう多くないってのどこかで見たような気がしますが。

キリトたち含め、それでも変わらず参加しているメンバーはいて。

必然的に『生還者』同士で会う可能性もあるわけです。

それが良縁であれ……因縁であれ、縁があれば導かれることもある。

 

まぁ、何となく察してはいましたが。

ルクスは元ラフコフのメンバーだそうです。

最もオレンジという訳ではなく。街中に入れない主要メンバーに情報を流す「諜報員」として所属する羽目になっていた、みたいで。

所属するに至る流れも、彼女の自身が望んだわけではなく。危ない所を助けられたのがラフコフのメンバーで「ここで死ぬか、仲間になるか」の二択を迫られた結果だとか。

それは責められるようなものでもないと思いますけれどね。

 

同じようにラフコフに吸収されたギルドもあって。そこの一人とルクスは仲良くなったようなんですが。

あの討伐作戦が実行されたときに、行き違いがあって……そのまま離れていってしまった。

重い。自分が情報を渡したことで、ラフコフが行動すると思えば、さらに重さは増していた事でしょうし。

シリカがしっかりと正面から彼女に言葉をぶつけてくれたのは良かったなぁ。

今、仲間なんだから。重荷は分かち合おう。支え合おう、というのが。

過去に縛られすぎても、よくないですし。この調子で決着となればいいですが。

 


 

 

バディアクションRPG ガーデンオーダー

ico_grade6_3h

最上:これまで6連続で外した攻撃はいわば布石――――。

一同:ウソだ――――っ!(笑)

最上:これ以上、我が雷光が的を外すことは……なしっ!(ダイスを振る)

一同:もうだめだ―――――っ!?

 

破壊と殺戮を招く人類の敵ネフィリム。

戦争末期に現れ、既存の兵器が通じない異形の登場に、世界の国々は団結を余儀なくされて。

その後、ネフィリムに対抗できる超能力や魔法としか言えない特殊能力を振るう人々、後に「オーダー」と呼ばれることになる能力者達が生まれ、対抗する力は得て。

一方で、ネフィリムを崇める宗教結社とかも出てきてるようです。

……と、そんな世界を舞台にしたTRPGのシステムですね。

 

現代が舞台で、異能を持っていると聞くと、一番自分が親しんでいるダブルクロスを想像しますが。

これは、異能を持った「オーダー」の存在が公になっているという点で違いがありますね。

ネフィリムに対抗できる数少ない存在という事で、オーダーは国連の関連機関「ガーデン」に管理されているようですし。

判定方法は、クトゥルフみたいな感じか。それぞれの判定用の技能があって、初期20%とかなのを、作成時にポイント割り振って個性を出す、というような形。

 

つくりとしては、前三分の一くらいがリプレイで、残りがデータという形。

リプレイの方は、本当に世界観説明ぐらいな感じで、簡潔でわかりやすかったです。

クライマックス戦闘での最上さんの出目が笑えた。あれはひどい。

何連続で攻撃外すんだ……いや、最後それまでのひどさを取り戻す大ダメージ与えてたから、とりあえず収集はついてるんですが。

ガーデンオーダー
久保田悠羅/F.E.A.R.
KADOKAWA/富士見書房
2015-09-19


ソードアート・オンライン ガールズ・オプス2

ico_grade6_3h
「勝負はそちらの勝ち」
(略)
「あなたたち仲間の絆ってのを見せてもらったわン」

「MORE DEBAN」村の住人達のエピソード。
タイトルにある通り、キリトとかの男キャラがほとんど出てこない、女の子たちの物語です。
今回は、以前ルクスと共に主鳴ったクエストで損傷した装備を修理するためにリズベットたちが、水着で売り子をする話。
……間違ってない。

SAOでも有名だった、裁縫スキル完全習得のデザイナーに話を通して、直々に直してもらうことに。
まぁ、予定や予算の兼ね合いもあって、あるクエスト……というかイベントに参加する流れになり、それが水着での売り子だったわけですが。

アスナたち以外にもSAO生還者でゲームに残っている人がいるって言うのは、なんかいいですねぇ。どこかで少数派であると触れられていた気がしますが。
ワイワイ楽しそうで、何よりです。
キリトが出てくるとどうしても物騒な方向に話進みますからね……

まぁ、ここでも最後怪しい種がまかれてましたけど。
度が過ぎるPK集団がALOの中で暴れまわっているようで。
いったいあいつらは何コフィンなんだ……(棒)。
ルクスも何やら隠している過去があるみたいですし、さて、心の闇に引きずり込まれなければいいんですけどねぇ。


アルシャードセイヴァーRPGコミック マイ・リトル・ウィッシュ 上/下

ico_grade6_3
「それに何もできないってあきらめて後悔したばっかりなんだ だから」
「絶対諦めないよ」

分類に困ったからちょっと適当に入れてたり。
TRPGアルシャードのコミックです。 
猫猫猫さんのコミックですよー。絵が好きなので迷わず購入。

親を亡くし、親戚に引き取られた者の、弟とは引き離されてしまった兄の話。
どうしても会いたいというのなら『一億円稼いで来い』と。
理不尽な命令を下されたものの、必要ならそうするだけだ、と覚悟を決めて。

自分でも、奇跡なんて起こらないと無理っぽいけどね、なんてことは理解しているけれど。
たった一人の弟だからも二度と会えないなんてそんなのはない、と。
しかし、クエスターとして覚醒し、少し現実味を帯びて。
浮かれているあたりは年相応のようですが。もうちょっと戦闘中は危機感盛ったほうが良いよ……

下巻では、鬼の王が現れ、イチローは負傷。
桜花は、そもそも囮になるつもりで来てましたが、まさか釣れるとは。
組織的な抗争へと発展しそうになって。
準備が着々と進んでいく中で、金太郎は弟が引き取られた本宅の地下牢に捕まって。
五百住咲耶も登場して、総力戦の様相を呈してきましたね。
短くまとめるために、大分巻いたようにも見えますけど。

うーん、面白いは面白いけど、ちょっと物足りなかった感じも。
まぁ、五百住イチローや桜花といったリプレイに登場したキャラクターが出てきてて、個人的には十分楽しんだんですけどね。







アリアンロッド2E・リプレイ・サヴァイヴ! 2 戦乙女は闇を斬り裂く!

ico_grade6_4
ウェンディ:一対一の決闘をしよう。――それで恨みっこナシだ!
ジン&ナッツ&ルシャナ:結局、戦闘かぁ―――――いっ!!(一同爆笑)
ナッツ:説得でまで殺意でゴリ押しですか!?(笑)


リプレイ、完結。
正直思いのほか早かったなぁという印象で、もう1巻くらいは出るかと思ってました。
短いなりにそれぞれのキャラが立っていて中々楽しかったんですけどね。
ウェンディがどこまでも殺意ほとばしっていて吹いた。
さすがPLが殺意様なだけはある。

2話収録されてます。
一話目は、とある封印が現存する街に赴いた一向。
だがそこに七つの封印の魔獣がこぞって襲撃してきて。
まさかいきなり三体も出てくるとは思いませんでしたよ。
そして、ただ魔獣を倒すだけではなくて、ちゃんとドラマを描いて行こうっていう心意気が感じられて結構あの設定は好きです。
まぁ、説得にすら殺意を持ち出す殺意様の行動力にはもはや言葉も出ないほど笑いましたけど。

殺意だけじゃなくて、ちゃんと狩りの女神というもう一つの看板。
始まりの地であり最終目的でもある、村の解放。
それに向かって一丸となった進んでいく様子がしっかり描かれていたのはいいと思います。
若干駆け足な感じがあるのは惜しい所だと思いますけど。


ソードアート・オンライン ガールズオプス 1

ico_grade6_3h
「・・・私だって本当に一人を望んでいるなら止めないですよ でも……」
「一人を望む人があんな風に笑わないですよ」
(略)
「それなら」
「力になりたいって思うんです」


絵が猫猫猫さんだから、買おうとは思っていました。
スピンオフってこういうモノですよね!
いや、他作品でちょっとあれなのがあって…さておき。

本編だとどうしてもキリトとアスナの二人のコンビが鉄板すぎますし。
そうでなくても、キリト一強で新しいヒロインと交流していたりばっかりですからねー。
SAO生還者な二人とか、妹とかあまり出番がないキャラに焦点を当てたストーリー。
楽しくやっているようで何よりです。
キリトとかアスナとかがほぼ出てきてないのもいい感じかなー。
スピンオフのメインになっている三人に焦点がちゃんと当たっているし。

新生アインクラッドに登場した、SAO時代のクエスト。
それに挑むことになった三人と、クエストの途中でであった一人のプレイヤーとの交流がメイン。
癖があるクエストだなぁとは思いましたけど。
SAOにある妙なクエストとか気になりますね。他にどんなものがあったんだろうか。

クエスト中にであったクロというプレイヤー。
シリカやリズたちと同じく、SAO生還者であり、大切な人を亡くしていた。
心が壊れてしまう前に、出会えてよかった、という感じでしょうかね。
クロを交えた4人の交流がスピンオフの中心になっていくんでしょうか。
結構楽しみな作品になりそう。


アリアンロッド2E・リプレイ・サヴァイヴ1 戦乙女は荒野を駆ける!

ico_grade6_4
ウェンディ:故郷の村を助けるためだ。いくらでもがんばれるぞ。
ジン:け、けなげじゃん!
ウェンディ:故郷の村を助けるためだ。魔獣はいくらでも倒す。
ジン:か……狩り尽くす気じゃん!?(一同爆笑)

第一話 『進撃の魔黒(まこく)』
第二話 『七つの封印』

なかなか笑えるリプレイでした。
サガシリーズが終わったこともあり、何か新しいリプレイを始めようという事で始まったシリーズの内の1本。
『スキルガイド』対応で巨人族ネフィリムや、妖精のフェイを組み込むという仕様。
舞台となるのは、『ディスカバリーガイド』で追加された、魔獣が闊歩する大陸、マジェラニカ大陸。

PC1は、大きな武器を扱う、小柄なヴァルキリーの少女、ウェンディ。
PLは大竹みゆ。言わずと知れた殺意様。今回もまた、殺意高いです。
4レベル、5レベルとは思えないほどの火力をたたき出してるんですが、何あの怖いデータ。

PC2は、ちゃら過ぎて一族でももてあまされていたネフィリムの男、ゴート・ジンガー。
PLは林啓太。『メタリックガーディアンRPG』のデザイナーだそうです。
メタリックガーディアンには手を出してないので、その内ルルブ読んでみたいものですが。

PC3は、アルディオン大陸からわたってきたエクスマキナ、チームの防御を担当するナッツ。
PLは鈴吹太郎。社長は相変わらず人以外のPCが多いですよねぇ、また、愉快なキャラが増えてますが。
主人と共にマジェラニカに赴いたものの、主人とはぐれて主人を探しているとか。

PC4は、ルシャナ・アムルタート。マジェラニカ固有のガーデーナーというクラスに属し、庭園術を駆使する名家の次男坊。
PLは、久保田悠羅。キャラクターのコンセプトは、墓穴庭師。
優秀で真面目なんだけど、うっかり口を滑らせて、あとで帳尻合わせに奔走するという苦労性の青年。
いやぁ、まさしく、墓穴を掘りまくっていたなぁ、という感じで。しかも狙ったロールじゃなくて素ではまっている部分があったりして笑えました。

ウェンディが殺意様とは思えないほどまっすぐな主人公をしていましたねぇ。
あちこちで殺意がほとばしっていて、すごいことになっていましたけど。
結構楽しんだので、続きが楽しみですねー。
下三分の一くらいにプチキャラが描かれていたり、見開きっぽい見せ方していたりとイラストに遊びがあって楽しめました。


 

アリアンロッド・サガ・リプレイ・デスマーチ10 伸るか反るかの大バクチ!!

ico_grade6_4
――人々の祈りと願いを胸に――今、最終決戦の時は来た。


第15話「永遠のデスマーチ」を収録した最終巻。
サガ・シリーズ完結に向けての2冊目。残りは無印を残すのみ。
冒頭の言葉は、今回予告の部分で読まれていた文章の一説ですね。
まさしく最終決戦という様相で。
先に完結を迎えた「ゲッタウェイ」の裏側、デスマーチのメンバーは何をしていたのか。

ギィがなぜ片目眼帯をしているのか、なんて秘密が明かされたりしてもいます。
マルセルは最後まで裏目っていて安心というか、無茶ぶり返しがF.E.A.Rの流儀なのかとかいろいろ思います。

まぁ、文句抜きで面白かったです。
流石に、初期に出てきていたNPCとかは記憶薄れている部分もあるんですけどねー。
投稿NPCを活用するために登場したデスマーチだけあって最後も新規NPCがゾクゾク出てきて、これぞデスマーチって感じでしたね。
あとはFS判定のときとか、それまでのNPCが手助けしてくれる描写もなかなか。
長期やっているシリーズはこういう描写ができるからいいですよねぇ。
多くの人に支えられ、ずっとやり続けていたことが間違いではなかったと、自分の道行きに誇りを持てたこと。
それこそが、アキナが今回の敵を打倒できた理由だったりするんじゃないか、とか思ったりして。

さて、無印の最終巻をもって長く続いたサガ・シリーズも終わりを迎えます。
その本当の最終巻において、アキナはゲストPCとして参加するようです。
最後が大団円になることを信じて、楽しみに来月を待ちましょう。
 
 
プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ