気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

獅子猿

ダブルクロス・リプレイ・ジパング2 日ノ本ビッグバン

ico_grade6_4

才蔵:何が〝バビロニアンキャッスルだ“。忍者なめるな!(笑)

GM:何を今さら。ここはジパングだ。

 

ダブルクロス2版リプレイ。再読。

冒頭であった「いずれにせと、今回も標的にされた武将と地方は、既存のイメージを好き放題に蹂躙されてしまうわけだ」というのが、このシリーズを端的に表しているというか。

ヴィーナス謙信とかアヌビス如来とか、おファラオ様とか出てきたからぁ。

オープニングでやられるモブにトラウィスカルパンテクウトリさんが居ましたが……誰!?(アステカの神らしい)

 

各地で一斉に魔界衆が動き始めて、多様な「何言ってんだコイツ」を見る事が出来て腹筋に来る。

ダブルクロスで、ファンブルって出るんだなぁ。6個もダイス振ってたのに。

戦国時代でサッカーする羽目になったり、なぜか土木工事が始まったりとバリエーションも豊富で飽きませんでしたね。

 

信長の喉元まで迫ったと思えば、トキジクの弓に秘された事情とかもあって、どんでん返しして来るんだから見せかたも上手い。

後半のエピソードでは、勇太のこととかイクフサの設定が上手く重なってましたし。

「にほんはおわり」とか、「次回のセッションまで機会を待ちましょう」とかの与太も含有してて一から十まで楽しさが詰まったリプレイでした。


ダブルクロス・リプレイ・ジパング1戦国ラグナロク

 ico_grade6_4

一同:(一斉に)LOVE、それはWAR!?(爆笑)

才蔵:お前は何を言っているんでござるか!

 

再読ついでに記事作成。

旧版……2nd時代のリプレイですね。

普段友人と3rdをプレイしているので、ルールが違うなぁと言うのがプレイ風景から見えてこれはこれで楽しい。

そもそも、ダブルクロスの基本は現代ステージで異能バトルする感じなんですが。

 

このリプレイPC1の女子高生が、戦国時代にタイムスリップした上に、西洋の神々にかぶれた敵が出て来たりツッコミどころしかないんですが。

田中天GMのリプレイは、こういうぶっ飛び具合が笑えて好きです。

「肉体を再構成する」というエフェクトの解釈によって、突然ローマ風の容貌に変わった上に《ワーディング》の無力化で、間違ったローマ風退廃に溺れるNPCが登場したり!

戦国時代の日本に砂漠が出現し、ピラミッド建築が始まって居たり。

もうめちゃくちゃ。全方位に謝って(もっとやって)という感じの作品です。

 

ヴィーナスと一体化した1話のボスも、2話のボスの予想外の姿も笑る良作。

いや、正直浮かぶまでは予想出来たけど、それ以上の仕込みがあるとはとてもとても。

随所に笑いが仕込まれていますけど、それだけじゃなくてRPも巧みでいいですよね。2話で敵と通じようとしたイクフサと、浄ノ進が情報共有するためのシーンを作ったのか参考になります。

 

ダブルクロス・リプレイ・ジパング(1) 戦国ラグナロク (富士見ドラゴン・ブック)
F.E.A.R.
富士見書房
2008-12-20

ソード・ワールド2.0リプレイ バルバロス・ロワイヤル!

ico_grade6_3
GM/シュバイゼン:「お前たちが真の伝承者だったか。よい戦いであった」
オーレ:お前の《転ばしテイルスイング》も相当強力だったけどね。
GM:その答えには、顔をゆがませて答えよう。笑ったのかもしれない。


第一話「バルバロス・バーサス!」
第二話「アルティメット・アーツ!」
第三話「バルバロス・ロワイヤル!」 

バルバロスとタイトルにある通り、サプリメントで追加された蛮族をPCとしたリプレイ。 
三話収録されていますが、それぞれにPCをかえたオムニバス形式となっています。
1話が、サプリメントで追加された蛮族PCを使ったリプレイ。
2話が、人族PCで流派を取り入れたリプレイ。
そして3話が蛮族PC+流派の合わせ技のリプレイ。
書籍にまとめるコンセプトとしてはわかりやすくてよかったと思いますよ。

蛮族ですけど、PCになっていることと、「蛮族PCのロールプレイ」のモデルを目指したこともあって割とあっさり風味といいますか。
分かりやすい「ヒャッハー」な蛮族はいません。
まぁ、「ヒャッハー」するような蛮族出すと、いろいろと手間というか、いつか読者たちのPCに倒されることとなるんだろうなぁ・・・みたいな感じしますけど。
第三話のPCたちがそれか。データ公開されてますしね。

蛮族PCのロールプレイも楽しかったんですけど、個人的に一番楽しんだのは第2話ですかねぇ。
グラスランナーのうざさが光っていてよかったと思います(ほめ言葉)。
10レベルあって、筋力が1しかない驚きの非力さですけど、いい感じに個性が出てましたよね。
回避基準値17とか・・・それで挑発攻撃してくるからGM泣かせです。


プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ