気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

田中天

天下繚乱ギャラクシー2 ~卍丸VS宇宙海賊クリスタル妖異~ Replay:天下繚乱RPG

ico_grade6_4

卍丸 (何気ない口調で)終わる必要なんか、ねぇだろ。

いなさ えっ?

卍丸 歩いて歩いて、どこまでもすすみゃいいだろ。先を見てぇから進むんだ。

 

好評だったらしく、続きが出たリプレイギャラクシー2巻。

前回と同じ構成で、リプレイ1本と巻末にデータが収録されています。

PLは同じだけれど、卍丸とムラマサがPCを継続して、他の2人は新キャラを持ってくることに。

蓮姫のPLが、現地妻(こら)ヒロインを持ってきて、自分のPCと対抗しようとしてたのは面白かった。

 

しかし、今回一番の目玉は小太刀右京さんでしょう。前回は柳生をやっていましたが……新規データを使いたいという目的もあって、まさかの横綱。

おまけに、かつて他のリプレイでGMがやろうとした、自作ハンドアウトを提示してくるというネタまであり。

 

オープニングのプロットや解説まで準備している新設設計で、それにGMが乗っかるもんだから、凄い愉快なリプレイになってましたね。そんなのありなんだ(普通は無しです)。

GMに「日本語を書けーっ!」って言われてるの、笑った。「あんたに言われたくないわぁぁっ!」って返してましたけど。

打てば響くこの信頼関係があればこそのネタだな……。しかも、新規データの「力人」使うのかと思われていましたが。それは1レベルで、玄武っていうクラス1を18まで上げててチーム全体フォローする強力な支援キャラになってて更に笑えた。



天下繚乱ギャラクシー ~見参、銀河卍丸~ Replay:天下繚乱RPG

ico_grade6_3h

卍丸 ありゃあ、おもしれぇ芸だった。だから……今度は俺が見せてやンよ。恒星斬りを!

 

再読。江戸時代末期の化政時代を舞台とする、天下繚乱RPG

元のシステムの方は、ルルブも持ってないんですが。リプレイだけいくつか読んだことはありますが。

これは、その中でも変わり種というか。タイトルにギャラクシーと付いている通り、銀河ステージですね。

 

アフターイエヤス40000年、幕府の威光は宇宙にまで届き、士農工商のシステムによって銀河ごとに設置された藩が運営されています。

……何を言ってるか分からないと思いますが、こういう世界なんですって。

スペースオペラと時代劇をミックスして、舞台を宇宙にした勧善懲悪したり出来るので、意外と相性は良かった……のか?

 

ハンドアウト読み上げの時にもPLから「単語の端々は狂ってるけど、内容は真面目だ!(笑)」とか言われてましたが。

リプレイの最中でも「なにを言ってるんだお前は」という場面が多くて、腹筋に来る。

田中天GMのリプレイは相変わらずでいいですね……。実際に参加したら、机に突っ伏す自信がある。

 

PC1は、宇宙を放浪する無頼の剣士・銀河卍丸。

彼には、かつて友が居た。シリウス藩の当主となった、自分とは違う道を行く男。

2人の間には確かな友情があり……友が狂気に落ちたなんて噂もあって。

友の住む星に向かえば、そこは民草が虐げられる地獄が広がっていた、と。

 

迫害された娘。卍丸の相棒である、宇宙船の頭脳。アフターイエヤスに置いても続く、柳生の家系に連なる剣士。

そうしたPC達が集い、シリウス藩に迫る危機に対処するリプレイです。

敵役の八狼士とか、ギミック重視のキャラクターも居て、その辺りはちょっと他システムでシナリオ作る時に作ってみたいなぁとか思いながら読んでました。

巻末には、ギャラクシーステージ用のデータも収録されていて、どれだけネタに走れるかが詰まってて、面白かった。



ダブルクロス・リプレイ・ジパング2 日ノ本ビッグバン

ico_grade6_4

才蔵:何が〝バビロニアンキャッスルだ“。忍者なめるな!(笑)

GM:何を今さら。ここはジパングだ。

 

ダブルクロス2版リプレイ。再読。

冒頭であった「いずれにせと、今回も標的にされた武将と地方は、既存のイメージを好き放題に蹂躙されてしまうわけだ」というのが、このシリーズを端的に表しているというか。

ヴィーナス謙信とかアヌビス如来とか、おファラオ様とか出てきたからぁ。

オープニングでやられるモブにトラウィスカルパンテクウトリさんが居ましたが……誰!?(アステカの神らしい)

 

各地で一斉に魔界衆が動き始めて、多様な「何言ってんだコイツ」を見る事が出来て腹筋に来る。

ダブルクロスで、ファンブルって出るんだなぁ。6個もダイス振ってたのに。

戦国時代でサッカーする羽目になったり、なぜか土木工事が始まったりとバリエーションも豊富で飽きませんでしたね。

 

信長の喉元まで迫ったと思えば、トキジクの弓に秘された事情とかもあって、どんでん返しして来るんだから見せかたも上手い。

後半のエピソードでは、勇太のこととかイクフサの設定が上手く重なってましたし。

「にほんはおわり」とか、「次回のセッションまで機会を待ちましょう」とかの与太も含有してて一から十まで楽しさが詰まったリプレイでした。


ダブルクロス・リプレイ・ジパング1戦国ラグナロク

 ico_grade6_4

一同:(一斉に)LOVE、それはWAR!?(爆笑)

才蔵:お前は何を言っているんでござるか!

 

再読ついでに記事作成。

旧版……2nd時代のリプレイですね。

普段友人と3rdをプレイしているので、ルールが違うなぁと言うのがプレイ風景から見えてこれはこれで楽しい。

そもそも、ダブルクロスの基本は現代ステージで異能バトルする感じなんですが。

 

このリプレイPC1の女子高生が、戦国時代にタイムスリップした上に、西洋の神々にかぶれた敵が出て来たりツッコミどころしかないんですが。

田中天GMのリプレイは、こういうぶっ飛び具合が笑えて好きです。

「肉体を再構成する」というエフェクトの解釈によって、突然ローマ風の容貌に変わった上に《ワーディング》の無力化で、間違ったローマ風退廃に溺れるNPCが登場したり!

戦国時代の日本に砂漠が出現し、ピラミッド建築が始まって居たり。

もうめちゃくちゃ。全方位に謝って(もっとやって)という感じの作品です。

 

ヴィーナスと一体化した1話のボスも、2話のボスの予想外の姿も笑る良作。

いや、正直浮かぶまでは予想出来たけど、それ以上の仕込みがあるとはとてもとても。

随所に笑いが仕込まれていますけど、それだけじゃなくてRPも巧みでいいですよね。2話で敵と通じようとしたイクフサと、浄ノ進が情報共有するためのシーンを作ったのか参考になります。

 

ダブルクロス・リプレイ・ジパング(1) 戦国ラグナロク (富士見ドラゴン・ブック)
F.E.A.R.
富士見書房
2008-12-20

ダブルクロス・リプレイ・トワイライト3 さらば愛しき快男児

ico_grade6_3h
大悟:俺だって、あのころに戻れたらどれだけ幸せだろうかと思うさ。けど、時は戻りやしない。
(略)
大悟:泣いてるばかりじゃ……想い出にすがるばかりじゃ、前には進めない。ただ、取り残されていくだけだ。


トワイライトシリーズの完結巻。
「第一話 快男児故郷に帰る~帝都壊滅計画~」と「第二話 快男児よ永遠に~降臨! 恐怖の月面総統~」の二話収録。

一話のタイトルにもある通り、ついにあの快男児が日本へ帰ります。
最も、同時に副題の帝都壊滅計画と向き合い、過ぎ去ってしまった時間に痛みを覚えたりもするわけですが。
ハンドアウトの時点で大凡予想は出来ていたわけですが。
大切だったもの。離れていたために壊れてしまったもの。
そうした過去と対峙するシーンは、大悟の格好よさが光っていました。
ダブルクロスの、しかもこの「悪魔的天才」とかキワモノの敵ばかりが出てきているトワイライトシリーズとは思えないほど、ミドル8シーン目の料亭での静かな決別のような、格好いいシーンが描かれようとは。
いや、大悟は常にこれぞまさしく快男児という感じで活躍してくれて、良い場面が多くあるんですけども。

ギョームは予言書の力が衰え、なんか飲んだくれになってますし。
そういうロールプレイをして、落ちぶれながらも、最後の一線は超えず踏みとどまったあたりはいい感じです。
フィンとクリスは今回は、サポートとしての面が光ってましたかね。
大悟、戦闘特化してて探偵のくせに情報収集壊滅的ですし。
2巻までの経験もあるので、4人での交流に危なげなく、1話のクライマックスとかで、判れて行動するときも安心してみてられましたけど。

そして、今回の敵もまたレベル高かった……なんだよ「メフィメフィ」と笑うとか。
設計図から弱点が知りたかったら「知識:超神秘機械工学」で判定してもらおうかとか……
なんだその摩訶不思議技能。
トワイライトの世界は本当頭おかしいな!(褒めてる)

二話が、リプレイの最終話となるわけですが。
敵は一話で登場した悪魔的天才ファウストと、総統。
月面総統の恐ろしさよ……あれ、実際撃たれたら回避方法ないからなぁ……
大悟の決断が、潔かったといいいますか。
敵ですら救おうとするその心意気が、彼の信条というか、粋を感じさせて、これぞ快男児と思わせてくれるのでしょう。
これ以上ないほどネタリプレイではありますが、笑えて、でも決めるところでは決めてくれる中々良質な作品だったと思います。


ダブルクロス・リプレイ・トワイライト2 熱き夕陽の快男児

ico_grade6_4
大悟:婦人に手を上げぬとは、見上げ心意気だな。
GM:「あたりまえじゃない。強くなければ生きていけないけど、優しくなければ生きる資格がないのよ」


「第一話 ダンディ襲来!! 快男児必殺拳」、第二話「快男児VS復活の超魔神」を収録。
相変わらず、このトワイライト・ステージというか、このリプレイはいい意味で頭おかしい。

ギョーム:(嬉しそうな顔で)すごい、このシーンはすごい! なんだこのカオスっぷり。

このセリフが全てを表現してるといっても過言ではない。
かなりカオスなごった煮、闇鍋風ではあるんですけど、決してつまらなくない。
むしろいろいろ混ぜ込んだなんでもありな状況だからこそ、光っていて、目移りするとでも言いますか。

どうしてこんなぶっ飛んだ敵がホイホイ出てくるんだ。
ダンディとか。ダンディとか、2話のラスボスとか。ダンディとか。
……ヤバい、ダンディに浸食されて頭がおかしくなりそうだ。
GMの頭の中身が少し気になる。

大悟の盟友だった、「アラビアのロレンス」。
彼と交わした約束のために、大悟はファティマという女性を救うために動き出す。
クリスや、ギョーム、フィンもそれぞれの事情から、ファティマの持つ情報を求めて、接触していくわけですが。
あちこちで名前を聞いたことがある有名人が「トワイライト風」に色づけられて登場してくるのが面白い。
こういうのはこのステージならでは、ですね。
「オーバークロック」収録のモダンタイムズで同じようなことができるように公式のデータ出てましたけど。

ナチが推進する「ギルガメッシュ計画」なる怪しい計画。
それに必要なアイテムを奪い取り、時に奪われたりといい感じに均衡状態を作ってましたが。
敵の計画が進行した結果復活するラスボスがアレなのか。
読んでいて笑いが止まらなかった、実際にプレイしている時にあの言霊を食らったら、悶絶してしばらく起き上がれない自身があります。
面白かった。そして同時にカオスだった……


ダブルクロス・リプレイ・トワイライト 東邦の快男児

ico_grade6_4
大悟:……弱いってのは、嘘だな。
(略)
大悟:(中略)……それでも、命を張ってでも守りたいものがあるんだろう?
GM:「……はい!」
大悟:……なら、それだけで既に、君は強いんだよ。


ダブルクロスのリプレイ。
今回は、現代ステージではなく、黄昏時。
第二次世界大戦付近の時代を舞台にした、特殊なステージです。
レネゲイドウィルスなんでみつかっていないので、その超常の力にそれぞれ別の理由をつけるんですよね。
魔術だったり、心身の鍛錬により会得した武術だったり。

ナチスが栄えた時代でもあるわけですが、そのナチスからしてレネゲイドの力の虜になって、おかしなことになってますし。
どれだけおかしいかというと、例えば、列車を作り替えて襲い掛かってきた場面。
元が列車だからレールの上走っているくせに、攻撃よけて「もとよりアイゼンドラッヘに線路など要らぬのだよ!」と叫んだり。
PCに「列車にしてる意味がねぇー!」ってツッコまれてましたけど。

巨悪ナチスの暴虐に苦しむ人々を救え!
という何とも分かりやすいコンセプトとなっています。
PC1の大悟も、これぞまさしく快男児って感じで、敵を痛快に打ちのめしてくれますし。
GMが田中天さんなので、いい感じに頭おかしいですし(褒めてる
あちこちで腹筋が辛い。
第二話のボス……というかある種のギミックが、ミドルの時点で超強力だったのに、封印解除されたクライマックスでの突拍子もなさには驚いた。
あそこで「畜生振ってみろ!」って言われたらどうしたんだろう。いや、振ってるだけで日が暮れるからやらなかったでしょうけど。


グランクレスト・リプレイ ファルドリア戦狼記3 狼たちの栄光

ico_grade6_4
レグナム:ならば俺も、だ。左右の剣を掲げて、バイバルスの剣先に重ねる。俺は……いや、俺たちは、お前を倒し〝未来を掴む”ことを――誓う!

第六話『魔境』と第七話『未来』を収録した、リプレイ完結巻。
まぁ、落ち着くべきところに落ち着いた、という展開になるんじゃないでしょうか。
群狼を結成してから、実に半年が流れた状態でのスタート。
時期的に冬が近づいてきたもので、大軍を動かすのが難しくなったため、という事情もあるようですが。
ゼフォスの打つ手が容赦ないなぁ。
この混沌によって乱れた世界において、闇魔術師と通じ、魔境を戦略に組み込んで攻めてこようとは。

ヴァ―ンが復讐に燃える鬼でありすぎるのが、格好いいところであり辛い所でもある。
このキャンペーンの結末からしてゼフォスとの戦いに幕が下りることになるとは思っていましたが。
戦乱の世ということもあり、彼はその結果をみて群狼の元から離れていってしまう。
こういう仲間との別れってう演出は、やっぱり寂しさがあったりして残念です。

今回の一番の笑い所は、たびたび面白装備を見せてくれる投影体の騎士、アロンソさんじゃないでしょうか。
なにあの愛馬は。ランスは。魔剣は。
投影体ってなんでもありか……今さらな気もしますが。

六話の最後。従属君主として、レグナムを逃す選択をしたシスは、十分に騎士であるんですよね。
あそこの判断は実に格好良かった。
バイバルスについても今回色々と描かれていましたけれど。天運を取得できるような、傑物であったのは間違いないですね。
ただ、その手法が歪んでいってしまっただけで。友ゼフォスが健在だったら。
群狼と手を取る未来すらあったかもしれない。

「……未来なんざ、疲れるだけだぜ」
レグナム:……それでも俺たちは、進んでいく。生きている限りな。


決着するその場面で交わされていた、会話。
これが中々いい味出していたと思います。
いや、しかしやっぱりこの世界観は中々面白そうなんですよねー。
投影体のなんでもあり具合とか。……アレは楽しいが悪い例ですけど。素人が真似すると痛い目見るやつ。
いつか実際にプレイしてみたいですねー。


グランクレスト・リプレイ ファルドリア戦狼記2 狼たちの戦旗

ico_grade6_4
GM:影蜂は傷薬を投げて言う。「いつもこうやってお前を助けられるとは限らん。犬のように死ぬ気か?」
ヴァ―ン:ならば、それまでの運命よ。無様な死にぞこないが、惨めに死ぬだけだ。
(略)
ヴァ―ン:死を恐れては何も出来ぬ。
GM:「真実だ。だが、死ねば何も残らぬ」


グランクレストの王道リプレイ。
作家が参加しているファクトリー・シリーズとかもキャラの個性強くて楽しんでますけど。
低レベルながらも王道で、やっぱり楽しいですねー。
今回はついにレグナムも5レベルに達し、戦旗が出せるラインにまで到達するわけですが。
自分自身の夢が薄い彼自身が、いったいどんな旗を掲げるのか、そこまでの流れが丁寧に描かれていて、楽しめました。

第4話『同盟』と第5話『戦旗』が収録。
まぁ、どちらもタイトルから内容がなんとなく察せられる感じですが。

敵は大国。ただ、手段を択ばない部分もあり、反発する勢力っていうのもあるわけで。
そうした勢力とつなぎをつくって、同盟を作り上げようという策をアンが提案。
これは、1巻の時に実際にプレイヤーが発言していたことでそれをGMが拾ってシナリオに当て込んだ形。
一風変わった個性を持つロードが登場したりと、笑える部分もありました。
かつて父の臣下であった騎士が、ゼフォス側につきその制度になじんで圧政を行っている。
・・・力あるものは力なきものの上に立つべきだという選民思想。グランクレストの世界ではそれがまかり通ってしまいそうなのが辛いところ。環境、よくないからなぁ。魔境なんてものがある場所もあるくらいで。
それでも自分なりの手段を用いて、堂々と対峙したレグナムはちゃんとしたロードになっている感じ。

5話は、ヴァ―ンに焦点が当たっていますね。
復讐に生きる男、ヴァ―ン。一方でレグナムは自分の復讐は遂げて、地盤固めに奔走している状態。
敵が策を練って講和を申し込んできたりするわけですが、復讐の鬼ヴァーンはそれを認められず、道を分かちます。
それを見てさらにレグナムの悩みは深くなるんですが・・・
彼が悩んだ末に見出した結論、描き出した旗はなるほど、彼らしいもので良いなぁ、と。
すれ違いながらも、利用し合う関係として落ち着いた彼らのやりとりが格好良かったです。
さて、レグナムが旗を出したことでなにやら敵国のお偉いさんに目をつけられたみたいですが、さてはて、どうなることやら。

グランクレスト・リプレイ ファルドリア戦狼記 狼たちの初陣

ico_grade6_4
ヴァーン:おい。正統なる勲を誇らんのは、勲を盗むことに次ぐほどの罪だ。
レグナム:そ、そうか。でも、自慢げにするほどのことではないと思うぜ。
ヴァーン:心で思うのは構わんさ。だが、面に出すな。付き従ったものたちが報われん。


第一話 『初陣』
第二話 『帰還』
第三話 『群狼』

タイトルにあるとおり、初陣を描いたリプレイ。
いきなり高レベルリプレイからスタートしていましたけど、新システムと同時に発売するからには、こういう低レベルスタートのほうがよかったんじゃないのかなぁ、と思いますが。
帯にも書いてありますが、基本に忠実な「王道リプレイ」。
これは結構グランクレストをプレイするときの参考になると思いましたよ。
まー、流石に、そうほいほいPCの国滅んだらたまったものじゃないですけど、世界観とか、いろいろ。 

これまでのリプレイは、高レベルでできることが多いし、それまでの経験とかも含みでキャラクターが固まってましたよね。
拷問が得意なキャラとか。全裸で登場して触手召喚する男とか。
働きたくないと叫ぶ君主とか、知識:枕事を持っているアーティストとか。
癖の強いキャラクターで、嫌いではないというか、あのはちゃめちゃっぷりはむしろ好きな部類に入りますけど。 
今回のPCたちみたいに、迷ったりする余地ってあまり無かったよなぁ、といいますか。

いきなり国が滅亡すると頃から始まりますけど。
PCたちは親戚を頼って、隣国に落ち延びます。
しかし、そこで親戚に従属することもなく、呑気に居候なんかしているもので、立場は悪い。

滅びた国ファルドリアの王子、レグナム。
同じ王国に属していた王家に従う騎士の家系の末、シストゥーラ。
隣国からレグナムに付けられたメイジ、アンブローゼ。
多くの国を滅ぼし、今またファルドリアを滅ぼした国ゼフォスへの復讐を誓うアーティスト、アフラヴァーン。

今回シナリオの内容でも、混沌退治とか、大規模戦闘とか、国管理ルールとか一つ一つを丁寧に描いていたので、わかりやすかったですねー。
高レベルスタートだと、基本ルルブだけで再現できない部分があるのでどうにも把握しにくかった部分ありますし。

レグナムが、王子として悩んでいる姿っていうのがしっかり描かれていて良かったですねー。
戦乱の大陸っていうのがよくわかる感じでしたし。
あちこちで思惑が入り乱れているんですよね。
ゼフォスだってそうですし、レグナムを保護してくれた兄貴分も、その父親だって腹に一物抱えている。
そんな中で、君主として自分の立場を定めたレグナムがこれからどういう行動をしていくのか、がすごく気になりますなー。
面白かった。


プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ