気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

矢野俊策

ダブルクロスThe 3rd Edition データ&ルールブック レネゲイドウォー カッティングエッジ

ico_grade6_3h

凪子:すごい、さすがは“ディアボロス”さんです!

恭二:褒められてねえんだよ!?(一同笑)

 

ダブルクロスのサプリメント。

以前発売された「レネゲイドウォー」ステージの世界を更に広げるデータが掲載されています。

前半分がリプレイパートで、後ろ半分がデータパートですね。

このサプリ、「アニマルオーヴァード」と「ヴィジランテ」が追加されているのでリプレイにはそれらが盛り込まれていました。

 

ヴィジランテは既存のヒーロー制度の外に居るオーヴァードの総称で、警察や他のヒーローと遭遇した場合トラブルになる可能性もある。

けど、今回のリプレイに出ていたレネゲイドウォー世界の隼人が良いロールしてたんで、いつかやってみたいなぁ。面白そう。

 

癖が強い「異界来訪者」って言う設定も生えてきてましたけどねー。異なる時代や世界からやってきた存在、という事で。

データ的に言えば、GMの許可の元他ステージのデータを使えるキャラなわけですが。こっちはロールが大変そうなので、悩む。

レネゲイドウォーでやるんだったら、そもそもその他ステージを先にプレイしてみたい欲があるというか。

リプレイ含め、個人的な満足度はたかい一冊でした。レネゲイドウォーステージは結構楽しかったので、またどこかで参加したいなぁ。



ダブルクロスThe 3rd Editionサプリメント タイムリゲイン

ico_grade6_3

朝日:……でも、僕はお前の理想なんて信じることはできない――

GM:「何故だ?」

朝日:だってエレイン姫が泣いたじゃないか!

 

TRPG『ダブルクロス』のサプリメント。

「オーバークロック」に記載された「クロノスガーディアン」を利用した、「複数のステージに亘るセッション」をモチーフにしたとか。

 

リプレイと、データから構成されていて、リプレイでは基本ステージから2人、ホーリーグレイルステージから2PCを選出してます。

旧版のリプレイも読んだことあるので、嵯峨童子の本体であるガウェインが肉体を得ていたのが中々面白かった。

思念のこもったレネゲイドビーイングが先に登場して、後に本体が描写される展開が面白いと言いますか。

 

リプレイ自体は、聖杯とか聖槍とか中二心くすぐりそうなワードが盛りだくさんでしたね。

複数のステージにわたっている演出として、それぞれの価値基準が異なるというロールプレイもうまく描かれていたと思います。

 

データ部分は『オーバークロック』の追加ステージで使用できるユニークアイテムと各ステージ用のエンブレムデータ。

エンブレムデータは必要経験点多いけど、なんというかロマンあって好きです。エンブレム所持PCとかプレイしてみたいものですが、最近GMやってばっかりでPC参加してないんだよなぁ。セッションやりたい……

ダブルクロス The 3rd Edition サプリメント タイムリゲイン
矢野俊策
ファーイースト・アミューズメント・リサーチ
2016-02
 

ダブルクロスThe 3rd Editionデータ集 ヒューマンリレーション

ico_grade6_3h
「煩わしいこともある」
「でも、しがらみも 思い出になるものさ」
「そういうものでしょうか」
「キミには遠い未来の話かな」


オーヴァードが紡ぐキズナをテーマにしたサプリメント。
これまでにダブルクロスに登場してきた、15人の代表的なNPCに焦点を当てて、より深く紹介するリレーションデータ。
それ以外にも追加で、新たなエフェクトやDロイスなどが収録されています。
紹介されているNPCは簡単な経歴と、代表的な一日の過ごし方。
彼らの日常について記したSSと、他のNPCからの雑感。
NPCとの絆を示すユニークアイテムなどが掲載されています。

15人のNPCは、リヴァイアサンやプランナー、コードウェル博士といった各組織のトップ。
玉野椿や、薬王寺結希。墓守や青峰ミユキなど、これまでのリプレイでPCを務めたキャラなども掲載されています。
組織の幹部との関係はどうあればいいのか。
他にも、玉野椿はチルドレン出身のエージェントで今はチルドレンの指導教官を務めているNPC。
これは、引退したPCを再登場させるときの参考になる、だとか運用についても色々書かれています。

一番気になっているのは、フィン・ブースロイドの奥さんについて何ですけど。
いや、あの年齢なら、結婚していれば孫までいるでしょう。
それはいいんですけど、プランナーが恋のキューピッドになるような存在と付き合っていたっておいおい。
なんかSSでも愉快なネタがばら撒かれていて、1冊の本にでもなりそうなんですけど。
一体どんな青年期を過ごしたんだフィン……


グランクレスト・リプレイ ファンタジア×ファクトリー 結 百花繚乱のフィナーレ

ico_grade6_4
ヌル:私はこの処刑を受け入れる。いかに絶望的でも、いかに悲劇的でも、コレがワタシたちの戦いの結末なのですから。
GM:「それで、キミはそれでいいのか!」
(略)
ヌル:なぜなら、ここにはワタシたちの未来があるからです。

ファンタジア文庫陣営と、MF文庫陣営とで始まった二国の物語。
8人全員参加の今回のセッションで晴れて、完結となりました。
今回は、シナリオの関係で、それぞれの過去のトラウマが刺激されて、それを乗り越えていくというイベントが大量発生していました。
ここに至るまでの積み重ねがあるので、それぞれ迷いがなくてそこはいい感じでしたねぇ。

まぁ、合間にそれ以外のイベントも挟まっていたんですが、ランダムチャートにしたら見事に回復イベントばかりになってた笑いました。
そのおかげでクライマックスにリソース残して、まさしく総力戦といった様相になっていましたが、そこまでの起伏がちょっと穏やかすぎたのは残念かなぁ。
トラウマの刺激があって、どう判断するかというのは、大凡キャラクターが固まっているから、そうそう変な方向行きませんし。
ヌルのトラウマイベントで、彼が格好良かったのは、本当にいい流れだと思いました。

プロテアが気落ちして、幻を見てると思いこんだり。
カタリナのイベントにヌルが乱入して、しんみりするはずの場面を笑い話に変えてしまったりとそういう展開はありましたが。
長きにわたったブランシュとの戦い、聖女に関する物語にもひと段落ついて、この二国はもう大丈夫だろう、と思える終わりになっていたのは安心しました。
小説の「グランクレスト戦記」は最近読めてない(積まれてる)ので、気になる所多いので早々に消化してしまいたいところです。


ダブルクロス・リプレイ・アライブ4 悠久の光

ico_grade6_3

紫帆:わたしにとって、きっとレネゲイドは〝人を助けられる“ものなんだ。

アライブシリーズ、完結巻。
「Case07 過去からの使者~Bite the Dust~」と「Case08 悠久の光~Odyssey~」の二話収録。
最終巻全体を通してのテーマは「レネゲイド」。

銀の目になる賢者の石。
鴉と紫帆が持つ、特殊な石。全てのはじまり。
紫帆の記憶も戻り始め、鴉も本格的に行動を始めて。
事件は終幕へと一気に加速していきました。

新たな石の適合者が、保護を求めてUGNに接触してきて。
それを追ってアキューズも市内へ侵入し。
長い付き合いとなった敵との決着というのはやっぱり熱いものがありますねー。
柳也がクライマックスでは本当に格好良かった。

薫の妄言も加速度的にひどくなって、市内になんか怪しげな研究所作ってますし。このあたり、マッドサイエンティストの面目躍如といいますか。
テレーズもよくもまぁ、こんなよくわからん報告書書く相手を子飼いにしてるもんだ……
いやまぁ、P126あたりでやっていた問答のように、たまに切れ味鋭いから、そのあたりを評価しているんでしょうけど。

鴉との決着。
戦う理由がなく、巻き込まれ続けていただけの紫帆が見出した、彼女の理由。
いやぁ、最後のGMの想定を超えて導き出した答えは痛快だった。
確かに紫帆は、希望を見出して、それを掴んだ。
いい最終回でした。

ダブルクロス・リプレイ・アライブ3 因果の鏡

ico_grade6_3
「――――私達もまた、救われたい存在だから」
(略)
ミナリ:そう。だから私たちは死を選ばない。私たちはあきらめない。……立ち止まればそこで終わりだと知っているから。

「Case05 人ならぬモノ~Philosophical Zombie~」と「Case06 因果の鏡~Kiss and tell~」の二話収録。
5話は、ミナリがメインのお話。
かつて犯罪組織に居てコマのように扱われていた彼女。
今ではUGNに属し、委員長キャラを確立し、真面目に日々を過ごしていますが。
自分の過去を思い出す、同じような扱いをされているオーヴァードと出会って。

しかし、オーヴァードを商品として扱うとか、チャレンジャーもいたものだなぁ。
証拠をつかませない段取りがあるからこそって言うのもあるでしょうけど。
大体が超常の力を持っている、怒らせたら何をするかわからない相手。それを商品とするんだから、人の業の深さを実感するといいますか。

ただ、そういう相手側の事情を知る前に。
薫の暴走トークで状況が一変してしまったのが、もう五話のダイジェストでいいんじゃないだろうか。
あの場面は笑った。大分色々なものがずれても軌道修正したGMは本当お疲れ様です。

第6話は、結構面白いたくらみが盛り込まれてましたね。
テーマは「ロイス」。ダブルクロスでダンジョンが、という妄言が割と真に迫っているといいますか。
ダブルクロスのシステムでも重要なものですからね、ロイス。やっぱりそれを活用したシナリオって言うのは結構面白かったです。

ダブルクロス・リプレイ・アライブ2 追憶の宴

ico_grade6_3
柳也:失ったものは取り戻せない。八年前に喪ったモノは、今から取り戻すことはできない。
ミナリ:…………。
柳也:柄にもなく、希望を見ちまったよ。そんな当たり前のことも忘れるとはよ。……そう言って、自嘲気味に笑う。

「Case03 色褪せぬ面影~Afterglow~」と「Case04 求めるモノ~Get Over~」の二話収録。
また、これまでは三人PC体制でしたけど、新たに柳也の過去を知る古い友人。
おまけに自称マッドサイエンティストという後から加わった割に濃いキャラが新たに加わってました。
PLがかわたなさんなんで、そこまで心配するような雰囲気でもなかったですけど。
千城寺薫。Dロイス特権階級を持つ、割と愉快な研究者ではありました。柳也との絡みとかは中々いい感じでしたし。

戦闘部隊で無茶をしていたから左遷された、という柳也。
任務以外では、やる気がなくて、ミナリにいつも叱られてばかりでしたが。
彼もまた、UGNに属する人員で、二名だけの弱小支部とはいえ、支部長を任されるだけの人物ではあるんだ、と。
そんなことを実感するエピソードでありました。
希望を見て、そこから現実を突きつけられて。わきで紫帆が迷っている中、決断した柳也のゆるぎなさが、心地よくもあり、悲しくもあり。

薫:(略)……今回の事件、柳也くんをよく見ているといい。オーヴァードとして、UGNの一員として、彼はひとつの決断を見せてくれるはずさ。

薫は、紫帆にそんなことを言っていましたが、まさしくその通りの展開で。
GMとしてはどうしても後味がよくないというか、重い展開になるからと最初にPLに相談はしていたようですけどね。
そういう苦い話が好きだとOK出たため、この展開か。いや、自分もこういう苦味とか、割り切り方結構好きですけどね!

Case4では、紫帆に決断を迫るエピソード。
テーマは「ジャーム」。柳也の決断を見て、紫帆はいったいどういう判断をするのか、という期待を込めて、GMが作ったシナリオ。
個別の話の面白さもさることながらキャンペーンとしての伏線も出してきて、中々いい感じに盛り上がってきました。

ダブルクロス・リプレイ・アライブ 覚悟の扉

ico_grade6_3
柳也:(略)……ミナリ、何を甘いことを言ってやがる。
ミナリ:え……?
柳也:俺たちUGNの仕事には失敗していい仕事なん座ひとつもねえ。やれるかやれないかなんて考えるな。……やらなきゃならねえんだ、俺たちは。

「Case01 変貌する世界~Fall on~」と「Case02 銀色の瞳~Elixir~」収録。
プレイヤーの一人が、オーヴァードに覚醒する前の一般人、という設定でスタート。
まぁ、こういう日常と非日常のある異能モノではお約束の展開ですな。
後は特徴として、この1巻は、PCが三人しかいないというのがありますね。
商業リプレイだと大体4人PCが多いですし。

さておき本編。
普通の高校生で、校内で何でも屋をやっていた少女、七村紫帆。
彼女は、或る日ジャームに襲われ命を落とす。その場に居合わせた「銀目の烏」というUGNからも注目されているオーヴァードに助けられ、覚醒する。

舞台はオリジンシリーズの二巻の舞台となっていた鳴島市。
支部は二人だけの弱小支部ですが、二人の会話がテンポ良く進んで、いい感じに回っていたんじゃないですかね。
本部の戦闘部隊にいた生粋の武闘派である支部長九条柳也と、真面目な委員長キャラのチルドレン八重垣ミナリ。
戦闘以外にやる気を見せない柳也と、それに文句を言うミナリという二人の関係が分かりやすかった。

そして紫帆。
覚醒しただけの新人というだけではなく、ちょっとGMが特殊な設定をつけたので、なかなか面白い目覚め方したんじゃないですかね。
第二話は、九条のロールプレイが光ったというか、クライマックスでの行動がGMも予期していなかった展開を招いてびっくりしました。
ボスが不利を悟って一時撤退するとかありか。今は楽になるけど後々厳しくなる、というネタが出来てGMは楽しそうでしたけど。

ディープフロント

ico_grade6_3
「この町で何が起ころうとしているの……」
『大丈夫、キミと私ならやれるさ』
―そして、日常を護るための戦いが始まる


ダブルクロスのシナリオ集。
初期のサプリメントだからか、シナリオ運用に関していろいろと文面が割かれてます。
プレイガイドとして、浸食率管理とかについて色々と。
シナリオとしてはちょっと短めでしょうか。そこそこ楽しく読みましたけども。

シナリオ1「Life on Edge」。
シナリオ2「Last Day Rhapsdy」。
シナリオ3「Deep Front」。
以上の三話からなるキャンペーンシナリオですね。
舞台は、ルールブック1にも掲載されている東京近郊N市を舞台としてます。
だから、そっち掲載のNPCとかも登場してますねー。

詳細書くわけにも行かないのでざっくり行きますが。
キーワードは「賢者の石」と「レネゲイドビーイング」。
レネゲイドビーイングをうまく扱っていたといいますか。
ループ入っているシナリオとかもあって、実際にやってみたいものだなぁ、としみじみ思いました。
リプレイ・メビウス読んでループものの面白さを知りました。
アレは秘密をうまく活用しているっていうのもありますけど。

PC1が賢者の石を手にして、それをめぐる争いに巻き込まれる、って言うのはわりと王道な気もしますが。
それだけ、判りやすいシナリオの構成だと思いましたねー。
他のPCにも設定をつけて、PC2辺りも地味にキーパーソンになっているあたりが面白いと思います。


グランクレスト・リプレイライブ・ファンタジア2 始まりの聖女と決意の姫君

ico_grade6_4
ヌル:そういうことです。民を助けるために立ち上がったロードでない少女と、民を使い潰そうとした他国のロード。ミナが信頼を寄せるのはどちらでしょうねぇ。
(中略)
ヌル:ずうっと聞きたかったんですがねぇ。……混沌を浄化、混沌を浄化、といいますが。あなたはいったい何のために混沌を浄化するのです?

流石にここに至ってヌルが記憶喪失のままだと話が進まないからでしょうか。
シナリオ開始前に、GMからヌルの設定がプレイヤーに送られて、記憶が戻ったというロールプレイをしていました。
あの、なにかの拍子に記憶を取り戻す判定好きだったんですけどね。
大体ろくでもない記憶しか出てこないから←。

聖女セレリアのことを思いだし、三匹の竜と呼ばれた側近であったことを語り。
ブランシュの行動なんかについても思いだし、封印したときに対策をしていたり。
ヌルが結構優秀に見える不思議。
実際今回は割とちゃんと軍師やってるんですけどね。

ブランシュによって作られた「聖印のない世界」。
その幻想の中にニーナたちは囚われて。一方でカタリナたちは外で抗うわけですが。
白い世界にカタリナたちはわずかな時間しかいないで脱出したはずなのに、外では時間が大分流れていて。
それでもファーガルドはアロイスたちがいたので問題なくまとまっていました。
一方でメディニアは、幹部が大体白い世界に捕まってしまったので、分裂気味。
ニーナの婚約者だった他国のロードが「留守を預かる」と言って統治しているみたいですが、それも暴走気味で。

いやぁ、ニーナのプレイヤーの方が作ったNPCらしいんですけど、いい感じに変態。
そしてこの混沌に満ちたアトラタンでは、こういう人、他にもいるんだろうなぁ、という感じで。
民の為というお題目ではなく、混沌憎しで行動しているロード。
カタリナたちはニーナと話し合いができましたが、新しいロードとはそうもいかず。
ヌルの策を活かすために、会合を持ったりしてますが、森の民には頑張ってほしい所です。
サーペントとオルカの決闘シーンなんかもあって、大体の因縁は片づけた感じですかね。
最後、またしても出会うことになるカタリナとニーナがどんな会話をするのか。
完結号となる合同リプレイが今から楽しみです。


livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索