気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

石田ヒロユキ

ナイトウィザード The 2nd Edition リプレイ エターナル・ブレイヴ

ico_grade6_3h
勇士郎:君が生きていてくれるなら、俺は君の為に世界を守ろう。それが勇者としての存在理由で、俺にできるただ一つの事なんだ。


勇士郎やはるみが出ている他のリプレイ・・・具体的には魔王戦争リプレイとかは読んでいたんですが。
初出のこれをまだ読んでいませんでした。
ようやく入手したので読了。

勇士郎たちはこうやってであったのか、と。
かなりまっとうな勇者ロールプレイしていて、びっくり。
素直に格好いいといえるPC1とか珍しいと一瞬思った俺は何かに毒されている。
いや、最新の『聖約』の裸族なPC1とか見ているのがいけないのだろうか。
あれはあれで笑えましたがね。
キャラの魅力は立っている感じ。
ただまぁ、個人的な話をすれば、1話は好みなんですが、2話は微妙というかとってつけた感じが。
1話と2話で版が変わっているのでデータ変更の手法として参考になる部分はあるんじゃないですか。

はるみが他のウィザードに抹殺されんとしている状況。
勇士郎や真魅といったエージェントがそれを阻止しようと動いて。
ボンクラな場面・・・というかゆるーいボケがはさまる場面もあちこちにありますが、その辺とシリアスの温度差がうまくギャップの演出になっていて楽しめます。

たのさんがダメ勇者、クズ勇者、ゴミ勇者と候補を出してキャラメイクしているあたりがまた。
ちなみに前から「僕はなんてダメなんだ」「勇者? 関係ないね」「お、俺は勇者だ。勇者なんだ!」みたいなキャラだとか。よくこういうのがスラスラ出てくるよなぁ。
というか、メイクの時にこんなこといっていた割に、まっとうな方向に勇士郎が振れてよかったと思います。えぇ。


ナイトウィザードThe 3rd Edition リプレイ 壊れた世界の聖約1 月に願いを

ico_grade6_3h
綯斗:よかったね。でもさ、過去のことばかり見てたら、前には進めない。だからさ、おじさんとおばさんのためにも前を向いて……歩いて行こうよ。僕たちがそばにいるから、つらいことも楽しいことも、本当の家族として分かち合おう。

また現れた新しい敵。
ナイトウィザードはルールブック関係はほとんど所持していなくてリプレイ読んでいるだけなんですよねー。
だから、2ndでなんでアンゼロットがいなくて、くれはが守護者代行していたのかがよくわかっていないんですが。
なんか無事に、帰ってきたようで。
ロンギヌスに指示を出している姿が見られます。

PCでいうと、巴は完璧ヒロインでうまくロールしているなぁ、と思いましたが。
主人公がなんか裸族を特徴で選んでぶっ飛んだと思いきや鈴代もまたプレイの様子が……
このリプレイ、ファンブル多すぎませんか…
綯斗は結構真面目に主人公ロールをしていると思うんですよ。これで裸族じゃなければ完璧だったはずなのに。
まぁ、完璧キャラが二人いるリプレイも暑苦しそうですし、これぐらいのネタ成分は、あってもいいのか。

他に笑ったのは、落とし子でありながら、ロンギヌスに潜り込んでいる…という設定のPCとアンゼロットのやりとり。
GM:「大変良いお返事です。「はい」は「イエス」と聞くまでもありませんわね」
アレックス:ええ。私の返事は、常に「はい」と「イエス」でございますゆえ。

ここに柊いたら、全力で止めていたような気がするなぁ……

クラスが変わったりだとかいろいろと変更点もあるようですが…
ルール関係は詳しく把握していないので割愛。
ファンブルという運もあって、終始笑えるリプレイでしたよ。


ナイトウィザード

ico_grade6_2h
この世界は狙われている
隠された真の歴史――結界に潜む敵を討て


旧版ナイトウィザードのルールブック。
リプレイはそれなりに読んでいるんですけど、ルールとしてちゃんと見たのは初めてですねー。それがたとえ旧版のものであろうとも。
行動値判定があって、行動するごとにカウントを減らしていく、出目が良ければもう1回行動できたりする。
回復魔法でファンブルふると、逆にダメージを受けるとか、ダイス目で変化起きる部分が大目かなーという印象。

サンプルキャラクターが14人収録されていたり、クラスが16種類あったり、属性が7種から2種選べたりと、結構データが多い。
パーソナルデータを決めるリストに「奇妙な生活表」が笑えるといいますか。
「脳味噌スライム」とか「足が臭い」とか「破壊的な料理の腕前」とかネタにしかならんような経歴があるのはどういうことか。確かにこれは奇妙な生活というか。

「破壊的な料理の腕前」と聞くと、なんかアレだ、下手なエミュレイターより強い弁当を作ってるおっかない人とかいたよな。
柊とかが対処に走り回っていましたけど。アレ、料理じゃなくて、魔術とかそういう類の技術なんじゃないだろうか。
失敗した結果、動き出したり、ウィザードとまともに戦えたりする存在は決して料理じゃないというか、錬金術的な何かというか。もっと恐ろしいものかもしれない。

シナリオ1、大魔王作戦。シナリオ2、魔術師が多すぎる、の2本が掲載されています。
ベルさんが登場してくるシナリオですけど、なんかちゃんと魔王っぽい。
リプレイで、「そう、これは仕方なくなんだから」とメモを残している姿とか、ネタキャラな姿ばっかりみているから、うっかり忘れそうになるんですが、ちゃんと魔王なんですよねぇ。
 

ナイトウィザードリプレイ 幻影のチェックメイト 

ico_grade6_3
「――あなたの予言を、外しに来ました!」


第一部 幻影のチェックメイト
第二部 逆転のパラドックス

魔王戦争編完結。
あれだけ複雑になっていた――問題の一部はPCのせいですが――魔王戦争。
それを一冊で終わらせるために、少し急いだ部分があるようにも思います。
知らぬ間に魔王が敗退していたり。
その辺はネタに使っていいよ、ってことでしょうかね。

ただ、それでも描いてほしかった部分はしっかりと作られていたので、満足です。
ナイトロードとなった夜見トオルのこととか、はるみの刻印の謎とか。
ベルが、相変わらず残念でしたが、魔王なんだなぁ、ということを実感する場面もあり、いいさじ加減でしたね。

真魅:アタシには分かるわ! 竜作さんがどのように戦い、そして華々しく散っていったのかが!(爆笑)
はるみ:散っちゃだめぇー!?
真魅:はっ……そうだった(一同爆笑)。
GM:……自分のPCでしょ!(笑)


みたいに自分のPCをネタにしたり、メタ視点で見るとかなり奇妙なベルとの邂逅とか、笑える部分はありました。
あそこでベルを倒していたら、また結構違う展開になっていただろうなーといいますか。
その場合、別の問題が浮上して、災厄が巻き起こるので面倒なところですが。
 
第一話は、イコ=スーの予言によってかき乱される話。
第二話は、最後の二人となった魔王。
そして明らかになる魔王戦争の裏事情。
判定をするシステムの存在や、魔王の思惑。

いや、よくもまぁ、一冊でまとめたなぁ、という感じで。
ベルの行動によって、また状況がいろいろと変わってきそうですけど、さてどうなるかな。

 

ナイトウィザードリプレイ 星空のラストリゾート

ico_grade6_3h
「だが、結局は"非日常"の産物、否定されるべき"非日常"だ!」
「違うね、それはそいつだけの"日常"だ。(略)あんたにだって否定できない。いや、このオレが否定させやしない!」

「蒼穹のエンゲージ」のキャラクターを用いたリプレイ。
今回は、サクラの過去が描かれる話と、砕の箒を巡る話の二話収録されています。

第一話「星空のラストリゾート」
 サクラが過去教わった教官がいた。彼女は、訓練中に現れた勢力からサクラたちを逃がすべく囮となり……そして帰ってこなかった。今再び、かつてと同じ猛威がこの世界に迫っていた。サクラは、教官との約束を胸に戦いに臨む。
……嘘じゃないです。えぇ。なんか知らない設定ポップアップしたり、ちょっとあちこちで暴走しているいつもの風味ですけど、大筋ではいい話。演出とモチベーションのために、自分で自分をここまで追い込むか、っていう場面があちこちに。
全く別のリプレイの話ですが、オープニングで勝手にヒロインを出しそのオープニングの間に殺した暗殺者のPCとかいたなぁ、と思いだしました。今回似たようなことを砕がやっていましたけどね。
世界のためにどこまでの犠牲を許容できるのか。切り捨てられないことは甘さかもしれないけれど、それを強さにできる人もいるんだと、そういう感じのリプレイ。

第二話「救世のヒーロー」
 テストの試験部隊であるファイアフライに解散の危機が。ヴァルキューレシリーズを巡る陰謀と、シリーズ通しての敵レオガルスの暗躍が今、再び牙をむこうとしていた。前の話の盛り上がりに比べると今回はパッとしなかったかなぁ。
 前の巻と同じで、立場的にピンチになって…というか今思いましたけど、ファイアフライあちこちで追われたり、捕まったりしすぎじゃないだろうか。功績によって帳消しになってはいるんだろうけど、よく今もなおこの部隊存続しているなぁ。
 まぁ、追われる立場になるように誘導したりしているっていうのもあるんでしょうけど。レオガルス、もうちょっと手札増やそうよ。
 日常と非日常について。砕は、飛ぶことが好きなだけのキャラクターだけど、だからこそ、それを脅かす者に対しては、一歩も譲らない。そういうところは格好いいと思いましたよ。


ナイトウィザードリプレイ 蒼穹のエンゲージ

ico_grade6_3
「そんな甘さを捨てきれんから、貴様はそこまでなのだ」
告げる言葉はどこかつまらなそうに。
「そんな甘さを捨てたから、あんたはそこで終わったんだ」
対する言葉は悲しげに。

十蔵さんがPC1じゃないのに、かなり格好良かったんですけど、どういうことなの。
いや、PC1以外格好良かったらいけない、っていう者じゃないですけど、その話の主人公である以上、やっぱり見せ場はそっちに回りがちですよね。
ただ、ロールプレイの中で、こういう見せ場が出てくるから、PC1じゃないからと言って油断はできないといいますか。

PC1は大畑顕さん。ベネットみたいな三下キャラを演じてますけど、結構主人公も多いですよね。ただひたすら空を飛ぶことを好む、まっとうな主人公っぽいキャラ。…超方向音痴取ったのでオチまでついて完璧ですね。
PC2は、大竹みゆさん。殺意様。アリアンロッド・サガで知ったので、本当にその殺意のすごさはよく判ってます。今回は、殺意を抑えた正統派ヒロインをやるとの事。
PC3がかわたなこと田中信二さん。試験部隊の隊長を任されたはずなのに、12歳の少女にするとか、さすが。GMのシナリオイメージを崩壊させるキャラを作りつつも、面白いキャラであることには変わりないですね。
PC4が、きくたけこと菊池たけしさん。箒の制作に関係して、そのつながりで試験部隊に出向している技術者。冒頭の台詞を吐いた渋い中年キャラですね。いい味出していました。箒に自爆装置つけたがる、変な癖持った研究者ですが。

あらすじにも書かれていますが、元自衛官という経歴を持つ著者によるミリタリー風リプレイ。そういった要素があちこちに盛り込まれていて、中々面白かったです。
あと、大竹さんが、おおよそ目標を達成していて驚きです。正統派もできるんですね。…たまに殺意漏れてましたけど。

第一話は表題の『蒼穹のエンゲージ』。
新作箒の試験部隊に所属しているPCたちに事件が。
箒の製作者と、PC1の訓練時代の仲間が、強力な「箒」を奪い、あちこちで騒ぎを起こしていく。PCたちは、製作者と少女を止めることができるのか、という話。
砕と古都、A2の訓練生仲間の絆、っていう演出も好きですけど、個人的には、十蔵さんと町方さんのやり取りが好きですね。
面白すぎて、純粋な悪役だったはずなのに、なんか背景設定まで作られていって…まぁ、リプレイだとよくあること。

第二話が「真実のディスエンゲージ」。
一話では、箒を奪った敵を追う側だった彼らが、今度は逃げる側に回るというシナリオ。
大竹さんのPC、茜月古都の設定に絡めて、敵が侵攻してくるようなお話ですね。
逃げ回り、味方を殺せば問題は解決するといわれても、諦めずに前へと進む砕が主人公していました。
プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ