気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

竹岡葉月

むすぶと本。『さいごの本やさん』の長い長い終わり

 ico_grade6_4

「そうだ、これが読みたかったんだ。この本に会いたかったんだ……」

 

『むすぶと本。『外科室』の一途』と同時発売。

こちらは単行本で刊行されて、表紙以外にイラストは無し。

雪降る街に、一軒だけ残った書店。しかし、店長が事故で亡くなり、店じまいをすることに。

 

お客様への感謝と在庫の整理を兼ねて、最後の1週間だけ開店する事も決まり、残されたスタッフは準備に追われていた。

そんな中、店長の遺言によって想いを託された少年が、店を訪れて。

それが『外科室』でも主人公を務めた、本の声を聴けるというむすぶ君。フットワーク軽いな……

 

お客さんとコミュニケーションを取り慕われ、閉店が惜しまれる書店。

常連だった人、ほとんど行ったことはないけれど印象的な思い出がある人。

閉店の話を知った人々が、想い出を胸に訪れて、むすぶ君がそれを壊さないように手助けしていて。温かさが胸に染みる。

 

本も、書店も、進化の途中にあり、今ある形は滅びてゆくのかもしれない。

ぼくらが愛してやまない一切が存在しない世界が、訪れるのかも。

けれど、それは未来のことだ。

本も、書店も、まだぼくらが生きているこの場所にあり、ぼくもまた生きているかぎり本と言う健気で優しい――奇跡のような存在を、愛するだろう。

彼らと出会うために、書店へ足を運ぶだろう。

本編の終盤に記された、このくだりが。一介の本好きとしても、元書店員としても、印象的で忘れ難い。

業界は厳しく、工夫しても売り上げが伸びるかは分からない。そもそも、注文して希望数が来るかどうかすら、あやふやだ。

それでも、今も確かに本と書店はそこにあって。どうしようもなく、心惹かれるのだ。

むすぶと本。『外科室』の一途

 ico_grade6_3h

『忘れません。ずっと』

 

『文学少女』などのシリーズを書かれた、野村美月先生の新作。

本の声を聴くことのできる少年、むすぶ。

彼は「本の味方」を自称し、悩みのある本達の声に耳を傾け、解決の為に行動する。

なんというかまっすぐで青くて、眩しいなぁ。

 

かなり行動力はありますけど、入れ込み具合も中々で、危うい雰囲気も感じる。

本と話せること隠す気もそんななさそうと言うか。必要であれば口にしてますし。

迫害とか、そうでなくてもいじめの標的になりそうですけど……大丈夫だったのだろうか。

頼りになって、能力への理解もある先輩が居るようですし、そこまで心配はしてませんけど。

 

駅の貸本コーナーにあった、かつてある少女が持っていた『長くつ下のピッピ』。

図書館で声を発し続けていた『十五少年漂流記』や『外科室』。

そうした本の声に触れて、人を探したり、時には冒険をしたり。はたまた、想いを告げる手助けをしたり。

『外科室』の結末に関しては、妻科さんの意見に近いんですが。

そうなるんだ、と思ったのはありますが。選んだならば貫き通してほしいものです。


蒼井葉留の正しい日本語

ico_grade6_2h
「……言葉なんて、ただの道具じゃねーか」
そう。縁にとって、言葉は手段だ。頭の中の物語を伝えるための乗り物だ。それ以上でも以下でもない。
だからゲンミツな意味なんて関係ない。後ろにどんな歴史を持っているかなんて知らない。ただもう相手に伝わりさえすればそれでいい。それの何が悪いのだと思っている。


ラノベ作家を目指す男子、縁。
辞書を愛読し、日本語の美しさにときめく少女、葉留。
二人は寮に同じタイミングで入った新入生。
この二人の交流とかがメインになっている学園ラブコメになる・・・んじゃないですかね?

縁が設定の割に微妙―というか。
帰国子女にする必要あったんだろうか。
海外にいる間日本語に触れる機会が家族を除けばアニメと漫画しかなかった、と言っていますが。
葉留を日本語オタクにするんだったら、いっそ対比として縁の日本語力をもうちょっと衰えさせてもよかったんじゃないのかなぁ、という感じ。
で、変に謎めいた展開を演出しようとしている感じもあって、なんか結局何が書きたいのかがはっきりしない。
謎解きにするのか、恋愛にするのか、青春にするのか、絞った方がよかったんじゃないのだろうか。

イラストは嫌いじゃないですけどねー。
竹岡葉月さんの文章はなんか好みには噛み合わない感じがして何ともいいがたい。
あと、なぜか絵師の名前表記がいつもの竹岡美穂じゃなくて、カタカナになっていたのはなぜなんだろうか。
改名したのかと想ったら、そうでもなさそうですし。

蒼井葉留の正しい日本語 (ファンタジア文庫)
竹岡 葉月
KADOKAWA/富士見書房
2014-05-20

プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ