気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

竹嶋えく

わたしが恋人になれるわけないじゃん、ムリムリ!(※ムリじゃなかった!?)1

ico_grade6_4

(今のわたしはおふとん)

(いったん人間はおやすみです)

(疲れるからね人間)

 

ゲームが趣味の甘織れな子。

根がコミュ障の陰キャと自覚しているが……高校進学を期に、気持ちを切り替えて陽キャな友人を作り、学校生活を楽しんでいた。

とは言え、元々の性格が変わったわけでも無く、作動不良を起こしてしまって。

 

様子がおかしかった友人が追いかけて来て、その辺りの事情を打ち明けてしまう流れに。

スパダリ呼ばわりされてる完璧超人な相手の事情も知って、少し仲良くなれたかなぁ……と思っていたら、なぜか告白されてしまって!?

完璧超人に惚れられて押されまくっている庶民の、百合コメディ。

 

れな子が中々愉快な性格をしているので、見ていて楽しいです。

「そのなんでもうまくいくと思っている真唯の思い上がりをぶっ壊したくなってきた……」とか、割と歯に衣着せないし。

お相手の王塚真唯も、とやかく言われても全く堪えずにスパダリであり続けてるので、二人の交流が楽しい。

でも、個人的な推しは「九に褒められても笑顔ぐらいしか出ないよ?」とか言う紫陽花さんですかね……可愛い。

巻末に描き下ろしで、「れな子と紫陽花の出会い」が書かれていたのもグッド。

わたしが恋人になれるわけないじゃん、ムリムリ!(※ムリじゃなかった!?)2

ico_grade6_4

『ごめん、詳しくは言えないけど戦争することになった……』

『そこまで悪化することあるの!?』

 

みかみてれん先生による、ガールズラブコメ第二弾。

王塚真唯にアプローチされ続け、その回答を保留したれな子。

なので、変わらず王塚真唯からのアピールは続き……相変わらず価値観に差があるというか。「お詫びに食事でも」と言って、庶民をパーティーに連行するやつがあるか!

オマケにそこでしれっと「フィアンセ」とか紹介するんだからもう、本当に揺るがないな王塚真唯ってヤツは……

 

まぁ、一回躓くと引きずるタイプと言うか、1巻の後半で暴走していたような展開も引き起こすわけですが。

あの一件で王塚真唯と沙月さんは、冷戦状態に突入したままで。

グループからも距離を取っていた沙月さんは、あるタイミングでれな子に接触。

やられっぱなしは主義ではない、と。復讐してやらないと気が済まない、と。

それ故にとった方法が、王塚真唯が執着しているれな子を恋人にするという方法なのは、中々にぶっ飛んでる。

 

王塚真唯に続いて沙月さんにも振り回される事となるわけですが。

地の文含めてれな子のツッコミがキレッキレで終始笑えました。人の気も知らずに微笑む真唯を殴る幻を見たり、紫陽花さんに対するリアクションがバグってたり。「紫陽花さんの脳容量を奪ってしまっていることに、罪悪感を覚える」じゃないよ……。

個人的に一番ツボだったのは「紫陽花さんが冷たかったら、沙月さんとか体の七割、液体窒素でしょ……」ですかね。れな子、割とオブラート忘れますよね。

 

あとは紫陽花さんの方も、1巻でれな子に好き好き言われて混乱状態にあるみたいでしたけどね。

れな子の真意を確認したいものの、距離感に迷って手探りで近づいてくる紫陽花さんが本当に可愛かったです。挿絵になってた百面相が良かった。順調にシリーズ続いて、主役を張る予定らしい3巻が、是非とも出て欲しいですね……。

 

グループ内でギクシャクしてる状態が続くのは絶えられないれな子と、復讐を諦めていない沙月さんの妥協点として、2週間ほど交際をして、その後仲直りをすることに。

かりそめの関係とはいえ、恋人関係をする以上は形から入ろうとするあたり、沙月さんも凝り性というか。

距離があったれな子と親密になって、友情を育んでいるのは良かったですね。陰キャ告白も出来て何より。受け入れてくれる相手がいるのは良いことです。

……まぁ、陽キャへの擬態しきれず漏れ出ていた部分を指摘されて、思わず逃げ出したりしてましたけど。ちゃんと探してくれる沙月さんいい人だなぁ……。

 

他のグループメンバーからの接触もあって、王塚真唯が沙月さんとの仲直りに動いてましたが……いやぁ、昔なじみ故の二人のやり取りが本当に楽しかった。

打てば響くというか、お互いに遠慮してない感じ。バチバチにやりあってる二人の間にいるれな子は大変そうでしたが、なんというか強く生きて欲しい。

二人が実施する事になった勝負に自分も参加すると名乗りを上げたりして、振り回されるばかりではないのは良いですねー。

沙月さんなりにプライドを持って、いざとなれば手段を選ばない在り方とか好きでした。

  

わたしが恋人になれるわけないじゃん、ムリムリ!(※ムリじゃなかった!?)

ico_grade6_4
「私は諦めないから、れな子が諦めてくれ」

(略)

「ああ、なんかもう、親友とか恋人とか以前に、なんでもうまくいくと思っている真唯の思い上がりを、ぶっ壊したくなってきた……」

 

みかみてれん先生の百合―。

高校デビューに大成功した根は陰キャな少女、甘織れな子。

彼女は、トップレベルのスペックを持つ王塚真唯と、入学初日に友達になることに成功して。

スクールカースト最上位に属するだろう、王塚グループに入り込み、超絶陽キャと接していくことになった。

 

入学当初はデビューに成功して、人格面でも優れた友人が出来て幸せだなぁと思っていたものの。

人間そう簡単に性根が変わる訳も無く。陰キャなれな子には、陽キャとの付き合いがどんどん負担になっていき……ある時、壊れてしまった。

会話をぶっちぎって屋上に逃げて。王塚真唯は、それを放っておかなかった。

限界に達していたれな子は思わず逃げようとして、屋上から落ちる羽目になってましたが。何はともあれ無事でよかった……。

 

心配して追いかけて来て、一緒に落ちる羽目になった王塚真唯を前に、れな子は取り繕う事も出来ず「人と話すのが苦手」と言う自分の事情を打ち明けて。

スパダリと陰キャでは完全理解は難しいものの、王塚真唯の方も似たような気分になるなんて話を零して。

 

秘密を共有して、本当の友達になろうと一歩を踏み出した。あぁ、良い青春だなぁ……で終わらず、王塚真唯の方がれな子に惚れてアプローチしてくることに。

どうしてこうなった!? とれな子が王塚真唯に翻弄されつつツッコミを射れまくる、コメディ強めのラブコメ。

 

恋人になりたい王塚真唯と、親友でいたいれな子。

二人とも譲らず、折衷案として「恋人として過ごす日」、「親友として過ごす日」を設けてお互いがアピールしていくことになって。

この勝負、無理だと言ってる恋人関係を、暫定的とはいえ受け入れてる時点でれな子の負けだよな……

 

王塚真唯がもう本当に、色々と強いんだよなぁ。なんか、「真唯」とかじゃなくて「王塚真唯」と呼ばなきゃいけないような気がしてくる。

容姿の良さを武器だと思ってると言った時、れな子に「その武器、原始時代に持ち込まれたガトリングガンみたいな破壊力あるよね……」とか言われてますし。

自分の長所を理解して、ガンガンアピールしてくる。ホテルのプールに連れて行ったり、キスをしたり。恋人関係にも手を抜かない。スパダリたる所以を見た気がします。


れな子のツッコミが都度冴えわたっていて、笑えます。
いやぁ、無理して陽キャグループに属してる、と本人は自称してますが。
割とこなせてるんじゃないかなぁ。時折不具合発生させてますけど。
正直同じこと出来る気はしないので尊敬する。

陽キャグループの他の3人もいいキャラしてましたし、楽しい作品でしたね。

王塚真唯も中々ユニークで好きですけど、紗月と紫陽花の方が好みのキャラ造形してる。
他の感想サイトとかも見たりしてるんですが、紫陽花さんに熱上げてる人いたのも分かるなぁ……。

2巻では紗月さんが結構メインに絡んできそうなので楽しみ。

ささやくように恋を唄う3

 ico_grade6_4

「きっとこれが 私の恋なんです」

 

依からの告白への返事を保留しているひまり。

少しずつ相手を知って、距離を近づけて。みていて微笑ましい交流は続いていましたが……

ひまりに対して、アキが私がもらっちゃってもいいの? と発破をかけて来て。

その発言はかなりひまりにダメージを与えて、またぞろ悩みまくってました。

 

部活動で間違えてしょっぱいタルト作ってしまうくらいには、引きずってたようですけど。百々花先輩に相談して、気持ち切り替えられたのは良かった。

「少なくとも私の“好き”はその気持ちの先にあるわ」という先輩の笑顔が可愛くて良き。

あと、アキ先輩も色々言ったことを後日ちゃんと謝ってくたのは良かった。人が出来てる……

 

下駄箱で遭遇して、一緒にかえる二人が可愛い。

失敗したタルトを先輩がかじって、次は失敗してないの食べて下さい! とひまりが返す。

これで付き合ってないんだぜ、この二人……! 途中、百々花先輩が来て、ひまりがそっちに行ってしまうのが嫌で、引き留めようとした依が可愛いんだよなー。

百々花先輩が依先輩の名前に反応していたのが気になるんだけど、なんだろ。

 

待たせているのが申し訳ない、というひまりの気持ちを聞いて。

それなら1か月後のライブで返事を聞かせて欲しい、と期限を切る形に。

惚れるような演奏を絶対すると断言する依は格好良い。恋してるときの可愛さと、普段の格好良さのギャップがあるので、依が最強に見える……

バンド仲間にひまりを合わせた時、他の先輩が可愛がってる様子をみて圧をかけてるところも、笑えました。

あとひまり、割と普通にバンドの先輩方と馴染んで「背くらべしますか?」とか言えるの強いな……小っちゃくてカワイイ二人が、背くらべしてる図、立花先輩的にはとても美味しい構図だったのでは。ご満悦って感じの顔が良い。

そして、ライブ当日。
依がやりきって、ひまりが自分の想いを見つけて。
いやぁ良いハッピーエンドでしたね!(終わってない)
新キャラが登場して、アキ先輩と縁があるようでしたけれど……
さてここからどういう展開になるんでしょう。
付き合ってない段階でも既に甘かった、依とひよりがどう変化するのかも楽しみですねー。

ささやくように恋を唄う2

ico_grade6_3h

「チャンスくれるってことだよね?」

 

憧れと恋心。想いは確かにあるけれど、その温度は異なっていて。

デートの別れ際ついに依がひまりに告白して。

そこから、二人ともちょっと態度がおかしいというか、距離をとってひまりがグルグルと悩んでいました。

でも、両親のなれそめを聞いたりして、ひまりは依に一歩近づこうと決めた。

 

とはいえ、まだ気持ちを恋と定めたはなく、傍で気持ちを確かめたいというもので。依がチャンスくれるんだよね、とポジティブなのが良いですね。

そして依はバンドへの参加を決めて。ひまりの方は家庭科部に入部する事になって。

学年が違う事もあって、それぞれの時間を過ごしつつ。空いたタイミングで、一緒にお話をして。他の先輩と仲良さそうな話を聞いて、内心で黒いものが渦巻いている依先輩の巨大感情っぷりが素敵。

このままゆっくりと進んでいくのかと思ったら、最後ひまりの方に爆弾が投げ込まれて。さてはて、どこに着地するかな。



ささやくように恋を唄う1

ico_grade6_3h

「もっとホレさせるから覚悟してね」


Twitterで宣伝を見て気になったので購入。

数日たっていたのもあって見つからず3件くらい本屋はしごしてしまった……

高校の入学式、1年生のひまりは新入生歓迎会で演奏したボーカルの先輩、依の歌声に憧れて。

実際に彼女に会いに行って一目惚れですと叫ぶ辺り、行動力に溢れかえっていて凄い。

 

先輩の依の方も、彼女の熱量に一目ぼれして。

ただ、ひまりはあくまで憧憬であるのに対して、依の方は恋心。

絶妙にすれ違ってはいるんですが、お互い好意を持っているのは間違いなくて。

 

その二人の交流が、見ていてこうにやけてしまうというか。

なんで付き合ってないんだろうと錯乱しました。

猫好きという共通点もあり猫グッズ買いに一緒に出掛けたり。ひまりが気軽にデートと言ったのに悶えている依先輩が可愛かったです。

最後先輩の方が踏み込んで来て、ひまりの気持ちに焦点が当たりそうですが。どうなるかなぁ。



続きを読む
プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ