気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

篠月しのぶ

幼女戦記17

ico_grade6_3h

「実に結構!!!!」

 

共和国側の司令部を、有人ミサイルで叩くという凶行。

後世においても狂気の作戦呼ばわりされてるのには笑ってしまった。

その衝撃と畏怖もまた語り継がれているようですけれど……

実際に襲撃された要塞の混乱っぷりを見ると、笑ってられないんだよなぁ。被害甚大過ぎる。

 

思わず共和国側に同情の念が湧く。

連合王国の情報部の人々は……ある程度は自業自得と言うか。欲張らず亀のように潜んでいたら焼かれることも無かっただろうに。雉も鳴かずば撃たれまい、との言葉を贈りたい。

あそこで探知術式使わなかったら、情報持ち帰れたと思うんですよね。

ただ、ここまで近づいて情報得られる機会も無いと欲張ってしまうのも無理はない。

 

帝国相手の工作を悉く潰された。今回の一件でそれはラインの悪魔の謀略だ、と連想してしまった時点で悲劇は避けられなかった。

割とアドリブというか、偶然の積み重ねなんだぜと言っても信じないだろうなぁ。

実際問題、203大隊以外にも人員が配置されていて、止めを担当してたわけですし。

203大隊が活躍する前線だけではなく、後方で行われている会議が白熱したり、はたまた別のところでは空転してたりする場面も描いてくれるから、層が厚くて楽しい。

ターニャ、いつも「どうしてこうなった!!」で振り回されてるのに、これで戦争終わるかなーとか楽観できるのが凄い。戦場に向いてるよ本当……

 


幼女戦記16

 ico_grade6_3h

「勝ちに行くぞ!!!!」

「了解!!!!」

 

冒頭のルーデルドルフとゼートゥーアの「最高の調味料はあきらめだ」とかいう常在戦場食堂の評価に笑う。

昇進時のターニャが言っていた事を、本当にあだ名として浸透させるやつがあるか……

 

合衆国に逃げたメアリーの下に、父の訃報が届く。

「ラインの悪魔」の名を聞いて、帝国をも悪魔と断じ、神様が私にやれといっているのだと奮起。

……実際神の祝福得てるあたりが手に負えないんだよなぁ。

 

ターニャとの温度差がすごい。

魔導士入りミサイルと言うぶっ飛んだ提案をする方もする方ですが、実行可能段階にまとめる方もまとめる方だよな……

MADな博士が全力を注いた機体と、実績ある203大隊の選抜メンバーの力があれば、そんな無茶でも通ってしまうのが怖い。

こんな集団が、世界初の遠距離爆撃と同時に司令部を襲撃するとか、もはやホラーだろ……


プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ