気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

紅玉いづき

悪魔の孤独と水銀糖の少女Ⅱ

ico_grade6_3h

「人の世に溶ける方法を、俺達は知らない」

()

「だからそれを教えてはやれないが……異端のまま、追う奴から逃げ切りたいっていうなら、力を貸してやる」

 

呪われた島を離れ、旅を続けるヨクサルとシュガーリア。

異形と異端の噂を追いかけて各地を巡る彼らの旅路が、荒事とかもあるんですけど、こう穏やかというか。シュガーリアが楽しそうで何よりといいますか。

幸せな時間が流れていたんだと、思います。

 

一方で異端を狩る帝国は、悪魔背負いを許してはおらず。

その足跡を追い……ヨクサルとの因縁がある相手を放り込んでくるんだから容赦がない。

敵がとった手に対して、シュガーリアが激昂したのが少し新鮮だったというか。

でも、そうですよね。彼女は、観賞用の人形ではなくて、恨みや憎しみを抱いた戦う人でもあったんだ、というのを見せつけられた感じ。

帝国の手が伸びた砂漠の街。

道中で出会った少年ビーノの淡い思いと、シュガーリアの返答が切なくて、良かったです。

 

あとがきの始まりと結びの文が読了後の胸にしみます。

うん、いいお話でした。



悪魔の孤独と水銀糖の少女

ico_grade6_4

「やりたいことをやることが、生きるということではない?」

 

黒い海の先にある、呪われた島。

ネクロマンサーの孫娘、シュガーリアはある目的を持ってそこを訪れた。

その島には、「孤独を力に変える」能力を持つ悪魔を背負った青年が居て。

 

その二人の交流が、とても愛おしい。

あらすじには「愛など知らない男と、愛しか知らない少女が出会った時、末路を迎えたはずの物語が動き始める」と書かれていましたが。

上手いこと纏めるなぁと思いましたね。

 

「勇者が魔王を倒して、みんな平和に暮らしました」なんてハッピーエンドはない。

ひたすらに終わりに向かう話で、あるは既に終わってしまった話といってもいいかもしれない。

ネクロマンサーたちは滅びを選んだ。悪魔のいる島には孤独があった。

未来に希望はなく……それでも生きることは出来る。罪と言われようと、生き続けることは出来る。その中で、生まれるものだって、あるんだ、と。

彼女たちはそう、やりたいことをやって、愛して生き抜いた。それが宝石のように輝いて見える、良質な話でありました。



大正箱娘 怪人カシオペイヤ

ico_grade6_3

「明けない夜は、あると思うかい?」

 

副題にある通り、今回は怪人カシオペイヤ絡みの事件が多く収録されております。

後ろ暗い秘密を暴く義賊のような行いをしているかの怪人の目的はなんなのか。

そして、もう一点。近頃町ではやっている、万病に効くとされる「箱薬」なる怪しい薬の存在。

あらすじの「少女・うららと調査に乗り出す」って言うのは割と語弊があるのではないかと思いましたけど。

 

相変わらず紺が、突っ込んでいって、悩んで、うららや周囲の人に助けてもらうというようなお話でありました。

彼女が踏み込まなければ、状況が変わらなかったかもしれない、という面もないとは言いませんが……見ていてハラハラするんですよね、紺。

 

彼女自身、覚悟があるから色々と進めてしまうのは危ういと思います。

いつかしっぺ返しを食らいそうな気もしますけどねぇ。

怪人カシオペイヤの標的に「箱娘」の存在も入っているようですし。そもそも「箱娘」予想以上にヤバそうな機密の塊みたいですし。

怪人が秘密を暴き回れる程度には都の闇は深いようですが……紺がそれに呑まれてしまわないよう祈るのみです。



大正箱娘 見習い記者と謎解き姫

ico_grade6_3h

「――命を絶つのは、なりません。ならないんですよ。若いみそらで、女だからと、死んでしまうことはならないと思うんです」

(略)

「だって、こんなに。残されるものはこんなにも、悲しいのだから……」

 

時は大正。

主人公の英田紺は、新米の新聞記者。

「魑魅魍魎や怪異、そういった話をまことしやかに、あるいはそんなことなどなかったと証明するために」記事を書いている部署に所属していて。

最も上司と紺くらいしかいない零細部署で、新人の紺があちこち派遣されて、調べて……と行動している部署なんですが。

 

ある日、「呪いの箱が倉から見つかったので処分してほしい」という依頼が舞い込んで。

上司から「箱娘」なる、一風変わった存在の話を聞き、会いに行くことに。

箱にまつわる厄介ごとに相談に乗る娘、うらら。

紺は厄介事ばかり持ち込まれる部署で、走り回りながらうららとの交流も増えていき。

 

閉ざされた箱の話……と言う訳ではなく、様々なものに振り回される女性たちを描いたお話でありました。

旧家に嫁いだ女、舞台女優、妹を亡くした姉など。彼女たちにはどこか諦観が付きまとって。

もう取り戻せぬ物に思いを馳せたり、叶わなかった願いを胸に抱いていたり、喪失を嘆いたり。

そんな彼女たちと向き合う紺は、未だ癒えぬ傷を胸の内に負いながら止まらず、進み続けている強い人で。

 

「だってあなた、これだけ傷ついても」

(略)

「救いたいとは言っても、救われないとは、一度も言わないんだもの」

 

と作中で評されていましたが、まさにその通りで。

若く、無謀で無鉄砲で。見ていてハラハラしますけどね……。

紺が交流を続けている箱娘にも、並々ならぬ事情がありそうですが、その辺りの事情に触れる続編が出てほしいものですが……未だ出てない所を見るとどうだろうか。

 

現代詩人探偵

ico_grade6_4

答えが、ほんとうのことが、正しいとは限らない。

知らないのは僕だけなのかもしれないとさえ思う。詩に紛れながら、僕は、夢想をする。

誰もいない場所で、詩人が倒れる。

そのくちびるに、詩はあるか。

 

詩を書いて生きていきたい。

かつて、そんな願いをもって集まった男女がいた。

「現代詩人卵の会」。年齢もバラバラな彼らは、集い語らった後、10年後の再会を約束した。

フリーターとして日々を過ごしながら、詩を忘れられずにいた「僕」は、10年後の会合へと足を運び……かつて集った9人のうち、半数が既に亡くなっていることを知った。

概ねが自殺と思われること。それを聞いた主人公は、死んだ人について知りたいという気持ちを抱き、事情を知っている人々から話を聞いていく。

 

この作品は名探偵が出てきて事件に明確な答えを出すわけではありません。

フーダニットやハウダニットではなく、ホワイダニット……「なぜ」を問う話です。

それも概ねが自殺ですから、問いは「何故死んでしまったのか」。

当然、本人から話は聞けないので、周囲から話を聞いていくわけですが。

「僕」の持論である「詩を書きたくて詩人になった人間なんていない」を地で行く話だと思いました。

 

他の全てを選べなかったから。語りたい言葉を詩にするしかなかった。

この作品に出てくるキャラクターの多くは、既に亡くなった人を含め、どうしようもなく詩人であった。あるいは、詩人であろうとした。

詩を選ぶしかなかったように。きっと、本人たちはそうすることしか、なかった。

 

それは残された人々からすれば「そんなことの為に」と言ってしまうような物だったりします。

でも、選んでしまった。その決断が心に棘が刺さったように、残ります。

必ずしも謎を解いて救われる誰かがいるのではなく、傷つけるケースもあります。だから、好みは分かれるかもしれない。

ただ自分は結構気に入りました。どうしようもなく詩人であった彼らの生き様が、忘れられないから。

 

RPFレッドドラゴンⅥ 第六夜(下) 果ての果て

ico_grade6_5
「みんなが抱いていたのは、特別な願いではありませんでした。望外な欲望ではありませんでした」
(中略)
「平等、自由、そんなありふれた、当たり前の幸せを掴むために、多くの人が立ち上がりました」
そう、信じている。
信じたいと思う。ついには理解できなかった人々も、しかし彼らにとっては当たり前の幸せを追い求めた結果なのだと。


ついに、物語は終焉を迎えます。
竜という災害に見舞われて一致団結するのではなく、危機的な状況だからこそ、それぞれが己が生き方を貫いた、その結末。
恋する怪人暗殺者が、魅了の剣を振るった時。黒竜騎士に蘇った所有欲。
あぁ、こうなるのか、と。
確かにスアローにしか認められない行動ではあったんでしょう。
それを受けての婁の行動もまた、一貫していたなぁ、と。

最終決戦。万人長の本気が怖かったなぁ。
蒸発って、どういうことなんだろうか。オーバーキルにもほどがあるというか。
もういろんな思惑が混ざりすぎていて、息つく暇もなく進んでく話に、ただただ引き込まれるだけでありました。

禍グラバの戦闘能力が結局どれほどのものなのかは最後までわかりませんでしたが。
五行体で防御力高い分、マシンガンとかって案外火力無かったりするんだろうか。
「儲け話だ」と最後ぶちかますシーンは、不死商人という看板に恥じないものでした。

エイハと忌ブキ。
二人の付き合いも、良い描かれ方をしていたのではないでしょうか。
何処かの巻でスアローに「実は忌ブキさん主人公だな?」みたいなことを言われていたように思いますが。
まさしく。少年だった彼は、阿ギトや、調査隊の面々と交流していくことによって、覚悟を決めた。
それは革命軍の王になったことでもあるし、生き残って彼が起こした行動そのものでもある。
もはや彼は迷うだけの少年ではなく、スアロー達と並び立つ英傑である、と。
このレッドドラゴンという物語の一面は、間違いなくこの忌ブキの成長譚であったと言えるでしょう。

その裏側で、恋する暗殺者が一人ヒャッハーして、わくわく天稜ランドつくったり。
黒竜騎士が秘密兵器ぶち込んで魔素流壊滅させたりしているわけですが。

巻末には、3Dプリンタで作られたという、各キャラクターのフィギュアだったり、WEB公開時のトップのイラストだったりが掲載されています。
フルカラー。最終戦闘用のステージに関してもそうですが、星海社、色々と力入れるところが間違っているというか。ここまでくると、いいぞ、もっとやれって感じがしますね。
あそこまでぶっ飛んだからこその面白さっていうのはあると思いますし。だからこそ、楽しめたわけですし。
新しい企画もあるようで、楽しみです。

 

ブランコ乗りのサン=テグジュペリ

ico_grade6_4h
芸のために、捨てられるものの多くを競う私達。若さ。時間。肉体。感情。青春と呼ばれる日々。
そしてそれと引き換えに手に入れるのはひとつだけ。
「美しくありなさい。ほんのひとときで構わないのです」
私はまぶたをおろし、ひととき、という言葉を考える。
「そのひとときだけが、あなたがたを、永遠にするのですから」
そうして、永遠を手に入れた者は、その先に何を見るのだろう。(後略)


天災後に設置された、復興のためのカジノ特区。
そこにある、少女サーカスの物語。
少女たちの、想いが痛いほど伝わってくる文章。
誰もが真剣で、形は違えど、逃げていないんだろうな、とそう思いました。

サーカスの演者たちは、過去の作家の名前を襲名して演技をしていた。
ブランコ乗りはサン=テグジュペリ。
猛獣使いはカフカ。歌姫はアンデルセン。
他の生き方を知らないといい、人生を、命を、全てを賭けている少女
その身と愛情でサーカスを守る決意をする歌姫。

サン=テグジュペリを襲名した少女は、練習で失敗し怪我を負う。
舞台に立てない間、彼女は双子の妹に代役を頼む。
姉は曲芸学校に通い、演者となるために全力を尽くしていた。
妹は、学校には通っていなかったが、その天賦の才で演技を行うことができた。
涙海と茉鈴が交わしていた会話。妹の方が才能がある、けれどブランコ乗りになるのは私だ、というものが印象に残っていますが。
代役としてたった愛涙。周囲の状況に圧倒され、怯えているような部分もありますが。
それでも最後、決断を下したところでは、花開いた、美しさがあったと思います。

誰も彼もが、歪んでいて、だけど魅力的で。
こんな少女たちが演じているからこそ、襲名を目指す学校に、人が集まっていくんだろうな、と思います。
綺麗なだけじゃない、嫉妬や羨望、果ては陰謀まで渦巻くけれど。だからこそ、そこで咲く少女たちの演技は、美しく、「花の命」という喩えが輝くのでしょう。

ブランコ乗りのサン=テグジュペリ
紅玉 いづき
角川書店(角川グループパブリッシング)
2013-03-01

RPFレッドドラゴンⅤ 第五夜 契りの城

ico_grade6_4
――なんだあの男は。
死んでいながらも変わらない。
――なんだあの男は。
生き返りながら揺るがない。
――なんだあの男は。
あれほど雁字がらめでありながら、あれほど自由に生きている――!


岩巨人を倒した後、禍グラバが財力に物を言わせて、他国からの干渉に対してバランスを取るような行動をしていた時も、すさまじいと思ったものですが。
婁さんが還り人となり得た能力は、それを超えるほどの衝撃があったといいますか。
これ、あの人にだけは持たせちゃいけない能力でしょう・・・
わくわく天凌ランド。字面は可愛いのにその実態といったらもう・・・
いや、率いている本人はこれ以上ないほどの喜悦に浸っているとは思うんですけども。

赤の竜の襲撃により、壊滅したシュカ。
残ったのはスアローただ一人。
忌ブキとエイハは革命軍と行動を共にし、禍グラバはその革命軍をストーカーして情報を探る。
一度死に、還ってきた婁さんは、島から離れられなくなったその身を呪い、媛の為に行動を起こす。
一人だけ別ゲーやっててすごく笑えました。

スアロー 選択肢ひとつで命が飛ぶ島、それがニル・カムイ――!


状況が瞬く間に変わり、安全って何だったんだろう、という感じであちこちで事件が起きていますが。
この発言が、本当に現状をよく表していると思います。
阿ギトだって、エイハたちが助けに行かなかったら、1巻で死んでいたわけで、そうなると、忌ブキたちの革命軍ルートっていうのも選ばれる可能性が減っていたかもしれないわけで。
そう考えると、色々とIFが気になったりはしますねー。いったいどれだけ選ばれなかった道があったんだろうか、と。

忌ブキがどんどん革命軍の王として成長していっていますが。
それと同時にどんどんこぼれ落ちていっているものもあるように思います。
婁とスアローをみて「優しい人」と言った少年だったころとはだいぶ違ってきてしまったなぁ。
それが悪いというのではなく、この島の置かれた状況からすればある種の必然だったんだとは思いますが。
どこか歪んでしまった部分があるんじゃないか、と思える。

スアローは母国ドナティアの一段と行動を共にしていますが。
彼は彼で迷っているというか、さすがに前回最後の結果に衝撃を受けている部分はあるようで。
それでも調査隊に最後に残った一人として、禍グラバの支援を受けながら色々と手を打っています。

禍グラバは・・・遊び心豊富だよなぁ、と言いますか。
革命軍の前に出てくるときのやり取りには思わず吹きましたよ。
一体あの商人は何を考えているのかと。
手を尽くして、契約の条件を自分に都合がよくしようというその行動理念は一貫していて安心できますが。

この作品はあちこち力の入れ方がおかしいと思いますが。
婁さんの新しい能力の為に分厚いルールを作ったり、計算の為に何人もスタッフがいたり。
しかし、カフェに依頼を出してニル・カムイ料理をPLにふるまうとか・・・贅沢だけど、何やっているんですかとツッコミは入れたい。
前回の結末を受けて、それぞれが現状把握のために尽力する話、という感じで、これまでと比べるとちょっと盛り上がりが足りない感じはしましたね。
でも、準備回ということで、ここまで怒涛の展開を起こしてきたPCたちが、これだけ溜めて最終決戦が面白くならないはずがない、と期待できる感じがいいです。


RPFレッドドラゴンⅣ 第四夜 夜会擾乱

ico_grade6_5
FM(雪蓮)「でも壊れるわ。壊れたらどう思う?」
スアロー 壊れた分だけ、新しいものを作るべきだろう。壊れることだけが続くのはやはりよくない。
FM(雪蓮)「……つまりあなたは、新たに生まれたものを愛し続けるのね」
スアロー その通りだ。僕が子供たちに希望を見るのは、彼らがまだ若いからだ。


恋する怪人、危険すぎる暗殺者である婁と媛が起こした行動によって、更に引っ掻き回されることとなったニル・カムイ。
折しも会談を行うために各国の要人がシュカへと集まろうというところで起きた惨事にそれぞれの国は対応に追われていた。
赤の竜対策のためのチームであったスアローたちも、婁が同行していたという一点で、渦中にいるわけで。
今回は、そんな随分と想定と変わってしまった夜会編です。

FM まさか、このルートに突っ込むとは……(後略)

と、FMが思わず零すレベルで夜会は荒れ、シュカの状態はかなり悪くなった。
禍グラバが、商人としては恐ろしいけれど、戦闘力はいかほどなのかさっぱりわからない。
物資の価格操作で戦争を止めたあたりからして、そもそも戦闘になる前にどうにかするっていう方針のようにも思いますが。

夜会の前に禍グラバは新聞を発行したりしている『連盟』の商人と渡りをつける。
エイハと忌ブキは、奴隷市場でこの島の現実の一部を知る。
想定では、ウルリーカが案内する予定だったそうですが、まぁあのような事態になったわけで。
それぞれの国の思惑とか、個々人の性格から来る対応の違いとか夜会の演出は面白かったですね。
禍グラバと楽紹のやりとりが個人的には笑えた。
でも一番ツボに入ったのでいえば、忌ブキの剣として覚悟を決めたエイハか。
黒玉さん怖い。スアローに「婁がいなくなった瞬間、エイハが婁並みに……! 何、あの殺人鬼、伝染るの!?」とか言われてましたしね。

おたやかならざる雰囲気を漂わせていた夜会。
それをさらに混乱させる、赤の竜の襲撃。
PCたちはここでも、己が信念を貫き、別々の道を行くことになっていくわけで。
ウルリーカがいないこと、婁が調査隊を離れたこと。
禍グラバが黄爛に情報を流したこと。忌ブキが王として決断を下したこと。
スアローの行動と、驚愕のダイス目。

もう、何から語ればいいのか分からないほど、密度の濃い状況。
一つ歯車がずれたらまた違う結末に至っていたかもしれない。
けれど、結果としてあぁなったことがまた凄まじいとしか言えない。
婁の離脱もありましたが、忌ブキの行動によって、決定的に調査隊は分裂しました。
彼らがこれからどんな行動をとっていくのか。序破急の破の終わりとしてはこれ以上ない展開だったんじゃないかと。


RPFレッドドラゴンⅢ 第三夜 妖剣乱舞

ico_grade6_5
スアロー ……つまり、あなたはひとつの事柄にこだわる人なのですね? 僕にはその、ひとつの事柄にこだわるという考えが、どうしても持てないんだ。
婁 なるほど……。
スアロー 初めて会った時から、あなたがそういう人間であることはなんとなくわかっていた。だから興味があったんだ。もしからしたら、あなたを見ることで僕にもそういう感情が学習できるのではないかと。だが……。
婁 いや、その期待が裏切られることはないでしょう。約束というか予言というか、一つだけ断言しておきます。……いずれあなたも、この気持ちを思い知ることでしょう。


FMの「やばい!(中略)・・・・・・このセッションはどこに行くんだ(笑)」の下りが面白かったです。
PLたちの思惑がFMの思惑を超えて、波乱を巻き起こしていく感じがいいですね。
あちこちで、それぞれの気持ちを研いでいるようで、これからの絡みが恐ろしくてしょうがない。
巻末の新聞とか、QRコードとか、単なる書籍で収まらない工夫がされてるのがWEBで知っていても、楽しめるところかと。
初版乱丁でちょっとばたついてたようですが、面白さに変わりはなし。

ちょっと前回から時間が経過したという事で、今回はキャラクターたちが成長してたりもします。
岩巨人の戦闘の結果、腕を失った婁は禍グラバの手配で義腕を得てますし、エイハは新しい特技で二十キロ先まで見られるように。正確にはつながれているヴァルが見られるようになったんですが、エイハも知覚共有できるから間違ってはいない。

正直初めてタイトルを見た時には、婁さんすでに恋する怪人でぶっ飛んでいるのに、これ以上妖剣が乱舞する余地あるの? とか思ったんですが……
婁が本気で暗殺に臨んだ姿が、おっかないけど、格好いいわ……途中のイラストが、すごかった……

革命軍の王としての覚悟を決めた忌ブキ。
ただ、一方でエイハとの関係については悩みが尽きないようで。
禍グラバに相談して、スアローにアドバイスをもらって。
この二人の関係もどんどん進んでいっているというか、強固なものになっているよなぁと思います。

スアローが巨人との戦闘中に行った行為によって、島にはまた違う災厄が発生しています
火山が噴火したり、島の中心部の魔素流がドナティア有利に傾いたり。
うっかりもう一本落としていたら、もうドナティアこの島取れたんじゃないかってぐらいの範囲が汚染されてましたね・・・

婁の行動により、これまでかろうじてチームの体裁を成していた、調査隊は、決裂。
禍グラバも同行はしているけど、決して参加者ではないと明言。
スアローがリーダーとしてふるまうことになりますが、残っているのって、黒竜騎士と不死商人と革命軍の王とその剣なわけで。まぁ、既に道分かたれた暗殺者もそうですが・・・これだけ集まって分裂しないわけがない、という感じで。
シュカで行われる、親善会議。荒れる予感しか、しませんね。

 
プロフィール

ちゃか

 友人に「活字中毒っていうか読書中毒」と評される程度には本が好き。適当に感想を書いていく予定。リンクはフリーでコメントはご自由に。悪質と判断したものについては削除する場合があります。

アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索