気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

細音啓

キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦3

ico_grade6_3h

「今回だけだ」 


BOOK☆WALKER読み放題にて読了。

イスカの事を意識しているアリス。

従者である燐からしても、その想いは自明というか。行き過ぎているように感じられて。

主と帝国剣士に距離を取らせるために、イスカ相手に毒を盛り警戒させるという作戦を取っていました。

平時であれば察知され、燐の思惑通りの結果を招いたのかもしれませんが……。

 

敬愛する体調であるミスミスが魔女に覚醒してしまった事。

次なる作戦が皇庁への潜入と、現ネビュリス女皇を捕獲するなんて規模の大きいものになった事。

悩み事を抱えていた彼は、うかつにもそれを飲んでしまい、皇庁の捕虜となって。

 

ミスミスが迷いなく助けると言ってくれる隊長で良かったなぁ、と思います。

裏側で色々と蠢いているんが察せられるので、イスカの傍に居るメンバーが真っ直ぐに進んでくれるのは救いですね。

帝国側も、情報を得る為には手段を選ばないというか、しっかりと研究する場所があってそこが成果を出しているんだから、ますます戦争が激化していきそうな雰囲気を感じて怖い。

 

捕まえたイスカに興味津々なアリスが、ひとりの女の子してて可愛いと思いますが。

敵の作戦で混乱した現場において、指揮を取ったりする王女としての顔の方が好みではありますかね。

 

捕虜の身から脱したイスカが、「今回だけ」と言って脱獄囚と戦う事になった燐に助力してるのが良いですねー。

こういう、敵組織が一時手を組む描写とか大好きです。

超越のサリンジャー。撃退こそされたものの手札はまだ残してみたいでしたが。最後、予想外の相手と対面してたっぽいしなぁ。

 

使徒聖ですら曲者揃いなんですから、トップの天帝が負けてるはずないんですよね。いったいどんなキャラなのか、楽しみな様な怖いような。

楽しみで言えば、イスカが助けて地位をはく奪されるきっかけとなった少女が思ったよりも大物だったというか。彼女が抱いていた決意とか、最後の台詞とか、気になる情報が増えた感じですねぇ。

描写少ないけど、なんかこのシリーズの推しになりそうな気配がする……。

キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦2

ico_grade6_3

「その力で、何もかも簡単に勝てるわけじゃない」

 

BOOKWALKER読み放題にて読了。期間限定タイトルで今月末まで。

細音啓先生の初アニメ化でめでたいですねー。追えてないうちに11巻まで出てしまった……。いつかちゃんと追いつきたい。

 

憑りついた者を魔女や魔人に変貌させる、未だ謎が多い存在である星霊。

それが地上に現れる、星脈噴出泉が帝国の内部に近く出現するのが観測されて。

百年前に現れたそれによって、大魔女ネビュリスが産まれた。つまりは、帝国と皇庁の戦いの発端となった出来事だとか。

新たな星霊使いが産まれるだけではなく、既に憑りついた者が浴びる事で力を強化できるとされていて。

さらには、そのエネルギーは使い切りとなれば、争奪戦が起きない筈がない。

 

皇庁側の事情なんかも出てましたが、内部の勢力争いとかもあったり、今回出てきたキッシングの危うさとか見るに、あっちはあっちでかなり闇が深そう。

帝国の闇が深くないかと言ったらそんなことは無くて、イスカはこの戦争を講和させようとしてますが、着地点探すの控えめに言って無理なのでは、って気がしてきますね。

使徒聖にまでなった彼の方がそれは良くわかっているんでしょうけど。それでも理想を目指す青さが主人公らしいと思います。

 

今回登場したネームレスとか他の使徒聖を見るに、イスカの能力が戦闘特化過ぎて小規模戦闘ならまだしも、戦局を動かすような大きな事が出来るのか、ってのは不安になりますね。

ネームレスこそ暗殺者あがりで、戦闘寄りなのかと思いきや、敵の打った手を予想して裏をかくみたいな真似はしてるわけですし。

 

相変わらずアリスとイスカが中立都市ですれ違ったりしてるのに笑いましたし、勝負の続きをするために助力する場面もあって、中々面白いコンビになってきたなぁ、と言う印象。

なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか?9 君の世界

ico_grade6_3h

「いつだってそうさ。おれが一人で何かを成し遂げたことなんてない。ただ女神、アンタに伝えなきゃいけないことがある」

『?』

「諦めてないのは、俺一人じゃないってことを」

 

シリーズ完結巻となる第9巻。

やっと一種族解放したところだったので、もう1冊くらい墓所編やるのかと思ってましたが、早かったですねぇ。テンポ良くて読みやすかったですけど。

 

人間組だけで大始祖の前に立ったジャンヌ達が、心配でならなかったんですが……

レジスタンスとして抗い続けてきた彼女達は、そう簡単に折れることなく。

大妖精シルクがくっ付いていたのも大きかったですが、見事に囚われていた聖霊族を解放して逆転勝利したのは痛快でした。いやぁ、種族の英雄って強いわー!

 

封印のまで立ちはだかった、二人のシドも撃退して、無事に四種族を解放。

一人核心に迫っていた英雄ラースイーエが、ただ封印の時を待つのではなく手を打っていた辺りには感心してしまった。一番油断ならない英雄でしたよね……。

世界種アスラソラカが立ちはだかった時に、そんなラースイーエも協力して、5種族決戦が繰り広げられたのは熱かったですねぇ。

解放後、バルムンクを取り合って六元鏡光とシルクが喧嘩していて、アルフレイヤすら丸め込まれていた場面とか笑えるところもありましたし。

 

世界輪廻の解決後、正史になるのか別史が続くのかは気になっていましたが。

上手く混ざって、世界種すらも受け入れられる未来に続いてくれたのは何よりでした。

調停の場でのそれぞれの種族の反応を見ると、良かったなぁと言う感じで、自然と笑顔になりますね。

……いやまぁ、ハインマリルに気に入られたサキとか、トンデモ体験記させられたミンとか、突然連行されることとなったバルムンクとか、大変そうな人々はいましたが。

そんな場面が見られるのも、今だからこそ。良い最終回でした。


なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか?8 久遠の魂

ico_grade6_3h

「俺はリンネを信じるさ。その為にも、ここに囚われてる種族を片っ端から解放する!」

 

封印された、全ての種族を解放するべく準備を進めるカイ達。

アスラソラカの離反、イフとミスカルシェロが見いだした2人のシドの敗北があり、多少動きが鈍ったようにも思えますが。

大始祖側が打つ一手一手が容赦無くて、ハラハラするんですよねぇ。

浮いた勢力に軽度の洗脳を施して争いの種まくし。それを乗り越えて踏み込んだら、当然ですが眷属を筆頭に襲撃してきますし。

 

洗脳抜きにしても人間側からも、本当に全ての種族を解放するのか、という意見だって出てきますしね。

それでも、大戦の最中カイ達が育んできた絆は間違いではなく、この状況で希望となってくれて。心配の種は尽きませんが、覚悟を決めて、取り返すべく戦うカイの姿は格好良かったです。

 

墓所に踏み込んだ後、分断されて。カイとアルフレイヤが同じエリアに居るのは幸い、なのかなぁ。

危険視されて立て続けに襲撃されてますしね……二人だったから撃退出来たのは確かにそうです。しっかり戦果を挙げているし、目的も一部達成しているし、目下トップクラスに活躍してますが。170Pで解放されたキャラの反応が可愛らしくてとても良い。

ただ、他の場所の戦力バランスが気になるところ。容易く折れる人々でもないですけどね。

 

ラスタライザの正体とか、アスラソラカの事情とか少しずつ描写されてましたが。

望みがないのに、あんなことを仕出かしたことの方が怖くて仕方がない。何か不吉なものを招いたようですしね……

どうか勝ち抜いて、よりよい未来に辿り着いてほしいものですが。


なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか?7 禍の使徒

ico_grade6_3h

「皮肉だな。真意を問うつもりが、試されているのは私であったか……そうかレーレーン。其方がそんな事を…………」

 

大始祖の手によって、四種族が封印された。

人々は長い戦いの終焉、ひと時の勝利を噛み締めていましたが……

機鋼種と遭遇し、この終わり方を認められないカイが行動を開始。

五番目の墓所の存在。人類も、いずれ封印されるのではないか、という主張。

それは間違ってはいないものの、証拠もなく。ジャンヌ達は様子を見たいというスタンス。

 

もどかしさを感じるやり取りでしたが、石化していた為に難を逃れたアルフレイヤをバルムンクが発見して。

回収にジャンヌ達を足を運んでみたら、神の御使いを名乗る極楽鳥の襲撃を受けることとなって。

ことここに至って存在を隠さなくなってきましたねぇ。人類が居ようが、容赦なくアルフレイヤ倒そうと攻撃してきましたし。

                                                                                                                        

まぁ、極楽鳥が現れてくれたおかげで、危機が思ったよりも近くに迫っているという事がわかって。ジャンヌやバルムンク達の協力を得られるようになったのは大きい。

そこだけは感謝してもいいよ、極楽鳥。大始祖の、神の使いという点で信用はさっぱりないけど。

大始祖たちに出し抜かれ、四種族は封じられた。けれど、カイがこれまでに積み重ねて来たものが無駄にはならず、アルフレイヤと協力体制を取れる切っ掛けとなったのも嬉しかったですね。

カイの思い描く未来へ繋がる第一歩となりそうでしたし。

 

……問題は、追い込まれた人類が足掻いている間に、当然ながら大始祖も、当代のシドたちも動いているってことですよ。

特に、アスラソラカ! 何する気だ一体……!!

8巻が冬予定ということで、待ち遠しいです。


なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか?6 天魔の夢

ico_grade6_4

「……俺のいた正史は間違ってないと?」

『間違ってはいない。だが理想といえるかはわからない』

 

機鋼種マザー・Dを撃破したカイ達。

戦いにつかれた少女たちが眠りについた中で、カイはシドの残した伝言を聞いて。

彼が語る後悔。大始祖、機鋼種、ヒトの墓所……どんどんと新しい情報が出てくる中でカイは迷い続けていて。

 

けれど、状況は待ってくれず。

三種族の英雄達の戦いと、当代のシドたちの思惑。状況を窺っているジャンヌやバルムンク達。

正史のシドが英雄たちに残した3つの言葉と、真意。

ここにきて情報がどんどんと明らかになって。大始祖までも表舞台に名乗りを上げて。

おおよその狙いに気が付いた時には、全て終わりにされてしまった。

勝手に風呂敷を畳まれれば、反攻もしたくなるでしょうし……

 

カイがここまで歩んできた軌跡を、否定されて面白い筈がない。

預言者シドの築いた正史に戻ろうと戦い続けて。

大始祖の横やりがなくても、カイは困惑を続けたでしょうけど。だって、彼はこの世界でレーレーンやハインマリル達と交流してきたから。

 

エルフの巫女が、カイの前で口にした持論。有りえたかもしれない未来の話。

そんな理想を聞いてしまったからには。

違うエンディングを目指したくなるってものでしょう。

道のりは遠く、人の寿命の短さ故に不透明さも指摘されていましたが。

……それでも、よりよい未来の為に歩むことは、尊いのだと証明してほしい。

ずっと続いていた争いが止まった中で、下手すればそれを再開させることになる困難な道ですが。カイの選択を、祝福したい。



なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか?5 鋼の墓所

ico_grade6_3 

――こんなに他種族を引き連れて、お前は世界の王にでもなるつもり?

 

第六の種族、機鋼種。

ラースイーエは色々と知ってそうですが、簡単に教えてくれる手合いじゃないですし。

ウルザ連邦へ転移させられる、という異常事態に出くわしても、その中での最善を目指し行動できるカイ達は逞しいですねぇ。

 

悪魔族のハインマリルが、協力を申し出て来たりとどんどん状況が混沌としていきますね。

カイは色々と覚悟が決まりすぎているというか。

他種族との交流に躊躇いがない。止むに止まれぬ結果として、そうなってるとはいえ、他種族の高位の女子を侍らせてるとか、レベル高いな……

 

まぁ、今回最後に出てきた敵は、カイの特殊性を気に入ったレーレーンやハインマリルが助力してくれたからこそ撃破できた難敵でしたし。

そこに預言者シドのメッセージが残されていた辺り、引きが強い。各種族の英雄、当世のシドが集いつつあるこの地で、カイはどう行動するのやら。

預言神たちが何を考えて「シド」に助力しているかとか、明かされていないことが多いので、早く続きを……って気分。



なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか?4 神罰の獣

 ico_grade6_3h

『平気そうだよ、地平線に何も見えないし』

「おっ、ホントかリンネちゃん」

『でも幻獣族は走るのが速いから、地平線に見えてから逃げても遅いけど』

「容赦ねぇなっ!?」

 

一番怪しい行動をとっている幻獣族の英雄、ラースイーエを打破するべく行動を開始したジャンヌ達。

聖霊族と、幻獣族を倒すために共闘する事にはなりましたが。先日まで戦っていた相手、家族の仇の場合もあったりして、そうやすやすと信用できる相手でもなく。

人間と聖霊とでは、戦い方も違うし連携も取りにくいというのもありますが。

故に、お互いが幻獣族を優先目標とし、お互いは争わない、というスタンスに。

 

相手の本気度を試すために、西に向かう時に最短距離だからと聖霊族の巣を突っ切る案を出すあたりバルムンクはかなり肝が据わってる。

向かう途中、どの種族の領土でもない『無主地』なんかも通っていましたが……その領域はカイが知っているよりも広大になっていて。

判らないことばかりが増えていきますねぇ。

 

そして、カイは傭兵シドと遭遇。

彼自身は他種族を滅ぼして大戦を終わらせる心積りのようですが……何かを知ってもいる様子。

深く話をする前に状況が動き出して、ラースイーエと戦う事になったりもしてました。

カイは本当に、運命のいたずらでコードホルダーを持っているだけで、事情には詳しくないんですよねぇ。

振り回されながらも、諦めず戦い続けてはいますが……事情を知りながら手を打っていた相手に翻弄されてしまった、という感じ。

 

この世界に居る二人のシド。祈子アスラソラカ以外の予言神なんていうのまでいて。

大始祖、機鋼種といった新出の要素まで出てくると。

世界輪廻の段階が進もうとしていて、中々に切羽詰まった状況で。とはいえここからどういう手を打ってもいいか判然としませんが、さて。

預言者シドを改めて調べるといっても、上書きされた世界で、どうすれば彼を調べられるんでしょうねぇ。


キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦

ico_grade6_3

「お前は、いったい何者なんだ」

「あなたは、いったい何者なの」

 

科学力を有する帝国と、魔女の国と呼ばれるネビュリス皇庁。

この二国は永い争いを続けていて。

前線で戦うメンバーの中には、その戦いを止めたいという希望を持っている者も居て。

帝国側の最高戦力、使徒聖にまで上り詰めたものの、捕えた魔女を逃がしたために降格処分を喰らった少年、イスカ。

魔女の純血種として戦線を押し返している氷禍の魔女アリス。

 

最初は戦場で出くわした二人ですが、その後、中立都市で何度か出くわし、素の表情を見ることに。

偶然で何度も遭遇して。オペラを見たり、レストランでばったり会ったり、同じ画家が好きだという事が発覚したり。

プライベートな部分で、どんどんと距離を縮めていきますが……それぞれの立場があり、対話した結果、共に歩むことは出来ないと判断。

 

決裂するか、という時により厄介な状況になって、協力し合う事に。

お互いの理由を譲れなかっただけで、思想としては分かり合えないわけではないんですよね、この二人。不器用なだけで。

国の上層部は、二人を上手い事利用する腹積もりのようですけど、果たしてどうなるやら。

緊急事態に協力できる関係を維持して、この世界を変えていっていくれれば痛快ですけど。



なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか?3 神々の道

ico_grade6_3h

『あなたには期待しています』

 

帯の文句にかなり驚いたんですが。

コミカライズはまだわかりますけど、ゲーム化とはいったいどういう事!?

アプリゲームとかだろうか。とりあえず政策決定という情報だけで、詳細不明なので続報が『ちょっと気になります。

 

五つの種族が争った大戦に人類が敗れた世界へ上書きされた。

その中でも抗い続ける人々は居て。

悪魔の英雄を倒し首都を奪還し、蛮神族の英雄を撃破し一時的な休戦を勝ち取った。

道程はかなり順調ですね。順調すぎる、とジャンヌが懸念するくらいには上手くいってる状況で。

ここで調子に乗らず、冷静になれる辺り、かなり優秀ですよね、ジャンヌ。

 

そして次の目的地を南のユールン連邦に定め出発。

聖霊族と戦い続けている土地ですが……そこに向かう途中、イオ連邦の中で幻獣族と出くわして戦闘をする羽目に。

悪魔の英雄を倒したのちも幻獣は現れていましたし、そもそも幻獣族の英雄がかなり怪しい動きをしているので、どういう思惑があるやら。

 

各種族の英雄たちも上書きの影響を受けていましたが、ラースイーエは影響が薄いというか、切除器官を従え、他の英雄にちょっかい出してるところを見るに、黒幕側っぽいですけど、そこまで単純なのかは気になるところ。

そもそも切除器官という存在そのものが意味不明ですからねぇ。他の種族のどれとも違う異質な存在。それをラースイーエが単独で用意できるかって言うと、疑問符が。

シドを預言者とした、今は力を失ったという神が今回登場していましたが……そんな感じの「何者か」がさらに後ろにいるんじゃないか、とか考えちゃいますねぇ。

 

実際、正史が忘れ去られたはずのこの世界で「シド」の存在を知っているらしき新キャラが出てきてましたし。

世界輪廻の上書きにはまだ秘密がありそうな雰囲気です。

西の連峰で鉢合わせるかも、と言っていましたし、ラースイーエとも対峙する事になるだろう4巻が待ち遠しい。



プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ