気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

羊太郎

ロクでなし魔術講師と禁忌教典18

 ico_grade6_3h

「ふふっ、先生、そうでしょう? だったら……先生が憧れて目指した道は……決して無意味じゃなかったんですよ。素晴らしく価値があった道なんです」

 

イグナイト卿の反乱を辛くも撃退したものの、敵の攻め手は止まず。

王都を落とされただけならまだしも、手口がエグい。蘇った英雄、剣姫エリエーテが守護する戦力や城壁を斬り捨てて、死者の兵団に襲わせて戦力補充とか鬼かよ。

“正義”のジャティスが暗躍して、敵の拠点や下位の構成員をつぶしていたそうなので、今回の騒動を超えさえすれば、長き戦いに終止符が打てそうですけど。

 

敵の次の標的はフェジテ。

残存兵力を集めて、力を合わせて対抗策を練っているパートは面白かったです。

一方で、敵の計画が最終段階に進んだことでセリカが記憶を取り戻して行動を開始。

手紙を残し、グレンたちに別れを告げる事に。

大切な家族と守るべき生徒たち。その狭間で揺れ動いていたグレンが、想像以上に教師になっていたな……と言う感じで胸が熱くなりましたね。

 

最後には、成長した生徒たちに背中を押されてセリカの下へ向かって。

しかしそこに《大導師》フェロード=ぺリフが現れて。彼の仕込みが明らかになっていましたが……。

アリシア3世が気付いた、かの王家に仕込まれていた呪いの話とか。彼の行動のアレコレだとかが明かされましたが。随分と、おぞましい敵だな……。

禁忌教典の事なんかも情報が出てきましたが、規模が大きすぎて呑み込めてない。

打つ手がなく一旦は逃げる事となっていましたが。ついにそこの情報が出てくるのか、と言う感じで次が楽しみになる感じでしたね。本当にクライマックスって感じだ……。

ロクでなし魔術講師と追想日誌7

 ico_grade6_3

「この限られた命で何を為すか、どう生きるか。僕はそこに安寧以外の意味と価値が欲しいからここに居る。……それは君も同じだろう?」

 

本編がシリアス真っ盛りだから、と言うわけでも無いでしょうが。コミカル全振りで温度差で風邪をひきそう。

セリカがグレンを精神支配術で操ったうえで嫁探しをする「最強ヒロイン決定戦」。

オーウェルの発明によって20年後の未来に三人娘が迷い込む「未来の私へ」。

 

この二人は本当に、短編御用達というか。放り込めば適当な騒動起こしてくれるので、動かしやすそうだなぁ、と思いますね。

どっちにも「夢か」って展開入ってたのは、1冊の中でネタ被り感あって残念ではありましたが。

 

「さらば愛しの苺タルト」。追試を受ける事になったリィエル。担当はよりにもよって、というか彼女に痛い目にあわされまくってるハーレィで。だからこそ、名乗りを上げたらしいですけど。

実際、追試となると準備やらで時間とられますから、彼の憤りも分かってしまうんだよなぁ……苺タルト食べられなくする呪文欠けるのは大人げないですけど。

しかし、リィエルの苺タルト依存度もどんどん上がってませんか。なにか変な薬入ってない?

 

「秘密の夜のシンデレラ」。左遷されたものの外面を良く見せたいイヴと、いつもどおり金欠に陥っていたグレンの、秘密のアルバイトの話。何してるんだこの二人。

変なところで似た者同士というか、順調にイベント発生させて外堀を埋めてる感じがしてこれは強敵だ……

 

そして最後のエピソード。「特務分室のロクでなし達」。

《法皇》のクリストフのエピソードですが。ジャティスもまた所属していて、セラも健在な、分室がまだまともに機能していたころのエピソード。

……機能していた頃ですら空席が目立って、損耗率の高いヤバい部署だと語れる生徒が居るくらいには悪名高い部署。それにしたってやけにベア詳しかったですけど。

 

多くのスカウトを貰っていたクリストフが、分室所属になるきっかけの事件。

分室メンバー勢ぞろいしてると、これだけ頼もしいんだーという感じでしたね。

上手くハマれば一方的に叩けるけど、そういう状況がいつもあるわけじゃない無情さを感じた。本編でアルベルト達も負傷して、分室ほぼ壊滅状態ですからね……世知辛い。


ロクでなし魔術講師と禁忌教典17

ico_grade6_4

「なぁ、イヴ。お前はどうしたいんだ? そこに家とか資格とか関係あんのか? 本当に大事なのは、お前が何をするか、どう生きるか……そこじゃねーのか?」

 

魔術祭典の会場では死者が出て。

ジャティスはルナとチェイスを動かしてマリアを攫った。

各勢力の思惑が色々と蠢いていたようですけど、自らの正義に酔ったジャティスが、敵の首魁の正体を暴くという金星を挙げるとは予想外にもほどがある。

 

その結果として、異次元に追放されてましたが……あそこで命を奪わなかったのは愚策なのでは。絶対何がしかの手段使って戻ってくるでしょ。

彼にとどめを刺すのはグレンであってほしいと思ってるので、ジャティスにはもう一度【大導師】たちを驚愕させてほしい。

彼がある儀式を行った事で、敵の正体が明かされ、更にはそれの対処で一人を封じる事に成功。とは言え、自由に動ける方の戦力も相当でしたけどね……

アルベルト達を相手取って、傷も負わないってどんだけだ。その内、パウエルにも痛い目見て欲しいけど、どうすれば叶うやら。

 

混乱の最中、各国首脳陣はファイス枢機卿からカーディス家の秘事を聞き、糾弾していましたが。女王アリシアが、上手くその場を治めて、一丸となって対処できるかと思えば。

ここにきて、帝国のガンことイグナイト卿が離反。

この状況でさらに混乱を加速るような事するんじゃねぇ!

いやぁ、結果からすれば、天の智慧研究会に踊らされまくった上、最終的には自滅なんですが……なんなんだあの人……

能力だけは確かで、犠牲を積み立てやがったので、同情の余地もないですが。

 

グレンが《愚者》として為してきたこと。教師として育んできたもの。

それらが有ったからこそ、死中に活を求めることができる、ギリギリで踏ん張れたわけで。

特にイヴを再起させる発破をかけられたのは大きい。

表紙にもなってポイント稼ぎまくって、ルミアやシスティーナはかなり気になって仕方ないようでしたが。P229の挿絵、システィーナはグルグル目で混乱してる風ですが、ルミアの方はハイライト消えてません……?

今回も使われた《鍵》の事とか気になることが多いので、ルミアにはこの後の活躍に期待したいところ。


ロクでなし魔術講師と追想日誌6

ico_grade6_3h
「だが、諦めきれねえんだよ……まだ、なんとかなるはずなんだ。お前はいけ好かない嫌なやつだが天才だ。お前ならなんとかできる……そうだろ?」

 

短編集第6巻。コンスタントに出してくれるのは嬉しいですねー。

本編ではかなりシリアスな展開が続いているので、息抜き回としてありがたい。

収録されてる『仮病看病☆大戦争』なんて、まさしくグレンが最近教師としてしっかりしてきたので、久しぶりに放り込まれたロクでなしエピソードですし。

学院の爆弾オーウェルと結託して、「風邪としか思えない症状を引き起こす仮病薬」を作ってまで休みたいか……

 

『お父様が見てる』は白猫とグレンとのデートを、システィーナの両親がストーカーする話。お約束のオチがつきますが、お父様本当キャラ濃いなぁ。

『名無しの反転ルミア』は、ルミアの身体を借りたナムルスが、学院で授業を受ける話。イメチェンした容姿は完全に別キャラで笑った。ナムルスがポンコツで可愛い。

『魔導探偵ロザリーの事件簿 無謀編』。まさかのロザリー再登場。まーたグレンが振り回されてましたが、203Pの挿絵はギルティ。神妙に罰を受けろ……ロザリーが受けた依頼がなければ、面倒な状況になっていたのは間違いないんですけどねぇ。

 

まぁ、巻末の書き下ろし『炎を継ぐ者』は、イヴの過去とイグナイトの闇が明かされる重いエピソードなんですが。

あそこまで恨みをかって、よくもまぁ今まで潰れてないな。今回みたいに、上手い事敵を撃滅してきてるんでしょうが……イグナイト滅びた方が良いって。多分その方が国の為になるよ……

誰もが忘れてしまった家訓を思い出せればあるいは、とも思いますけど。ハードル高いなぁ。


ラストラウンド・アーサーズ5

ico_grade6_3

「あったりまえでしょ? こんなもん、勝てるか勝てないかの話じゃないわ。戦わなければならないんだから戦うんだし、勝たねばならないから勝つのよ」

 

聖杯探索から帰還した瑠奈たち。

彼女達を出迎えたのは、災厄に見舞われた街で。

バロールやモルガンが仕込んだ罠。闇傾いた状態で召喚された伝説のアーサー王と臣下たち。

アーサー王候補者たちが協力してもなお勝ち目の見えない難敵。

他の候補者たちが心折れそうになっても、瑠奈は凜太郎との約束の為に抗う事を選んだ。

 

いやはや、今回の彼女はかなり王様らしかったですよ。風格があった。

聖杯探索に赴いて、ガラハッド卿を味方に加えられたのも大きかったですね。

かなり事情に詳しくて、解説役にうってつけでしたし。

瑠奈にそんな大事な情報を抱え落ちしようとしてたのか! と怒られていたのも無理はない。あの場面では彼女が正しい。

 

そして、候補者たちが協力しての最終決戦。戦力を分散して足止めして、主人公たちを先に行かせる展開は、王道だけに熱いですよねー。ああいうの好きです。

挿絵でバレてるので言っちゃうと凜太郎が戻ってくる場面も、お約束と言えばお約束ですが、だからこそ楽しい。良い最終巻でした。


ロクでなし魔術講師と禁忌教典16

 ico_grade6_3h

「わかったわ。貴女達と出会えて……私、本当に良かった」

「こちらこそ……とても得る物が多い、良き戦いでした」

 

魔術祭典準決勝。システィーナは、メイン・ウィザードに相応しい実力を身に着けていましたが……生来の優しさがなくなったわけではなく。

魔術師としての覚悟を問われることになる。

敵側の工作、小賢しいなと思わなくはないですけど。彼には彼なりの戦う理由があって、そのために手段を選ばない辺り嫌いじゃないです。

 

相手に毒を盛るとかではなくて、自分の魔術を活用した戦いでしたし。

だからこそ、戦いが終わった後のシスティーナも不問にしたんでしょうし。

動揺して調子を崩していた彼女を激励したグレンの姿を見て、システィーナの想いも定まったようですが……さて、どうなるんでしょうね。個人的にはルミア推したいんですが。

 

一方でグレンは、ついに解読が終わったアリシア三世の手記から情報を得ようとして。

実際多くの情報を得て、少し真理に近づいた感はしますが……その手記にも敵の手は伸びていて。

精神を取り込んで追体験するという仕組み。それに介入して、脱出経路を塞ぎ、内容を検閲した。グレンが見たのは断片ばかりではありましたが、それでも敵を見つけ、道を切り開く辺りは流石のひと言。

 

敵もグレンの可能性は認めてましたし。ただ、既に作戦は進行していて、遅すぎた、とも言われてましたが。

実際、祭典の裏側ではジャティスが相変わらず動き回っていて。

首脳会談の場が、表向き真っ当に終わりかけた所で乱入して来るんだものな……ジャティスが乱入せずとも騒動は起きて、また別の形で決裂した感じはしますが。一番引っ掻き回すヤツが場を支配してしまったように見える。

血が流れてしまった以上、容易くは収まらないでしょうが、ここからどうなるんだ……?


ロクでなし魔術講師と追想日誌5

ico_grade6_3h

「てめぇが、何を目指しているのかはさっぱりだが……いつの日か、てめぇが俺の前に立ちはだかったその時は……俺が必ず、てめぇを必ずぶっ倒す。肝に銘じておけ」

 

相変わらず短編集はコミカルに全振りって感じですね。

オーウェルとセリカが便利と後書きに書いてありましたが。

えぇ、スペック高くてノリが良いから、イベント発生させて良し、オチつけさせて良しと美味しいキャラですよね。

振り回される周囲はたまったものじゃないでしょうけど。

 

オーウェル謹製の惚れ薬によって、ルミアに迫る教師と生徒。なぜか効果を発揮しなかったグレンが、彼女を守るべく奮闘し……

事態を収拾させたのもオーウェルの開発品でしたが、もうちょっと手段選べ……最後囲まれてボコボコにされてましたが、うん、それは仕方ない……

グレンに十分な効果を発揮しなかった原因は、まぁわかりやすかったですが…もう早く付き合ってしまえ。 

あとは虫歯の治療を嫌がって逃げる『リィエル捕獲大作戦』や、魔術の失敗で猫になったシスティーナを描く『猫になった白猫』。

この二つも笑えましたが、室長時代のイヴを描いた『室長サマの憂鬱』が好きですねー。

 

室長時代はかなり高飛車というか、笠に着た言動が多かったですが……特務分室って、切り札ではあれど、それ故に良い用に使われてる感じありますよね。

人手不足なのに補充要員は来ず、任務ばかりが増えていく。

それ故に、即戦力とは言わずとも育てれば使い物になる人材を探そうとしたわけですが……えーっと、お疲れ様です。ちょっと同情しちゃった。

 

書き下ろしで収録された『THE JUSTICE』でも、イヴ頭抱えてましたしね……。

分室在籍時の、グレンとジャティスのエピソード。

独断専行してグレンは単独で戦果を挙げ、ジャティスは敵対した組織を殲滅した。

不始末を成果でプラスマイナスゼロにしている問題児たち。不始末がなければ、表彰されていておかしくないだけに、放り投げるわけにもいかないという爆弾。

彼ら二人が、初めて一緒に受けた任務。ジャティスがグレンに執着するきっかけを生んだエピソードです。なんなんだコイツは……描写が増えて更に怖くなったんですが。

 


ラストラウンド・アーサーズ4 最弱の騎士と最も優れた騎士

ico_grade6_3

『そうでしょうか? 私は、貴女みたいな騎士がいても、いいと思います』

 

学園では生徒会長選挙が始まり、アーサー王継承戦も順調に進行。

瑠奈陣営だけでも4陣営を撃破あるいは撃退させていて。

十一人いた王たちがそれぞれに動いているわけで、他のところで脱落している者も。

そろそろ王の数が半数を切り、継承戦が次の段階へと進もうとしている。

 

そんなタイミングで、凜太郎に味方したために、那雪は世界から消されてしまった。

それを知った凜太郎が、即座に仕返しに動いていたのは痛快でした。

消失した彼女を救うためには、アーサー王ですら手にできなかった『聖杯』を得る必要があるという情報を得て。

 

凜太郎の迷いを笑い飛ばし、聖杯探索に行くと決めた瑠奈の姿は、確かに王に近しい可能性の塊って感じでしたね。

冒頭の生徒会長選挙では、かなりぶっ飛ばしてライバル候補の粗探しとかしてたのが信じられないくらい。

とはいえ、彼女だったからこそ、探索時に真相に気づくことが出来たのでしょう。

後書きによれば、勝手に動き回って作者様は大変だったようですけど!

ヴィヴィアンがまた面倒な手を打ってきてますし、ここまで派手にやって来たからには、瑠奈たちに派手にやり返して欲しい所です。



ロクでなし魔術講師と禁忌教典15

 ico_grade6_3h

「ああ、わかった! 俺も信じるぜ!」

 

魔術祭典の開催が近づき、各国の代表が集う。

そんな中でグレンは、これまでの実績が評価され、帝国代表の監督を務める羽目に。

本人はまた悲鳴を上げてますけど……サポートスタッフにルミアが居て、新キャラの1年生に「やっぱりお付き合いされてるんですか?」とか聞かれてますし。

 

グレン、ルミアが成長したことを認めて「ルミアを娶るヤツを呪い殺したい」とか言ってますが……今、一番近いのアナタですからね!?

呪ってやりたい、爆ぜろとか言いたくなりますが。毎度のように死線を潜り抜けているグレンの姿を見てると、幸せになって欲しいとも思うんですよねぇ。

口絵にもなってるルミアと女王のやりとりとか、終盤の内面の描写とかルミアが可愛かったので大変楽しかった。

 

とはいえ現状だと、グレンの安寧はかーなーり遠そうですけど。

王国との諸問題、帝国内に潜む奸臣。天の智慧研究会などなど、思惑が入り乱れているようですし。

新キャラも一気に登場しましたが、トーナメントは結構巻きで進行してましたね。流石にシスティーナの活躍はしっかり描かれてましたが。

なんか彼女また成長してるというか、感覚が敏感になっているようで末恐ろしい。

そして女王の護衛としてアルベルトも来ていて、グレンに今回の件が終わったら話をしたいって言ってましたけど。なんか不穏な気配がして怖い。

トラブルを一回乗り越えたものの、根本が解決できたわけじゃなく。まだまだ序章って感じなので、みんな生きて帰ってほしい……

 



ラストラウンド・アーサーズ3 雪の少女とアーサー殺しの王

ico_grade6_3
「うるせえ! 絶対に道を踏み間違えねえ人間なんてたまるか! だから、仲間が要るんだろうがッ!」

 

前回の戦いで無理に「魔神化」を使った反動か、倒れた凜太郎。

周囲も気が気ではなかったようですが、まぁ割と普通に目が覚めて。

復帰祝いのパーティーをやっていましたが……いつも通りの大騒ぎ。

瑠奈たち一行も大分賑やかになってきたなぁ、と言う所に襲撃があって。

 

王自体はこれまで出てきた中でも最も小物っぽかったですけど。

彼を上手い事動かしている黒幕連中が居て。

対応させられた、というのが痛いですね。向こうは此方を知っていて、此方は相手を知らない。故に、瑠奈が痛手を負うなんて状況も生じてしまったわけで。

 

それを受けて凜太郎が、倒れた後上手く制御できなくなっていた「魔神化」を御するために危険な賭けに出て。

ピンチの状況で駆けつけてくれるんですから、たまりませんね。

これぞ王道、という感じで。アーサー王の駄目な側面とかが今回特に強調されてましたが……それ以前に騎士たちの駄目さとかも描かれてたし、彼もまたその時代の人らしい人だったのでは、としか。



プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ