気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

葉賀ユイ

クトゥルフ神話TRPG VS いい大人達 リプレイ 生放送で邪神召喚!

ico_grade6_3

オッサン:これ、期せずしてこちらのピンチに助けてもらって、奇妙な友情とか思い出してハッピーエンドなのかと思いきや、そういう話じゃなかったの?

KP:え? 違いますけど(笑)。

オッサン:現実は非常であるのですか(笑)。

マッツァン:より、ヤバいのがきただけだぞ(笑)。

 

実況をやっているグループ「いい大人達」がクトゥルフ神話TRPGを遊んでみた。

と、この一文で内容が説明出来てしまう本ですねぇ。

クトゥルフのリプレイを読みたかったので購入。

 

いい大人たち、という実況グループについてはこの本で初めて知った形です。

あまり実況系を見ないんですが、読んでいて中々楽しそうな雰囲気だったので、一度見てみたいと思いました。

……まぁ、異動と引越しをなんとか終えたところで。まだまだ落ち着いてないので中々新しいことにまで手を広げる余裕がないんですが。

 

さて、本編は丸々一本分のリプレイが収録されています。

他のシステムとかだと、短めのシナリオ23話とか収録されているので、ちょっと新鮮。

KPを務めたタイチョーが初心者という所とか、実況をやっているからか会話が弾みがちだとか色々理由はあると思いますが。

 

特徴的なのは、PLが自分自身をPCとして作成した現代が舞台、という所でしょうか。

職業ごとに取得する技能に関しては、PLをよく知るKPが独自に設定。「ほかの言語:アニメ」って分類を作り出すあたり、あたまおかしいと思いました(褒めてる)。

なぜ初心者がこれを考え出せるかなぁ。いいなぁ、この柔軟性。

この「ほかの言語:アニメ」の笑いどころは、それを与えられたPCが、活用しようとしてことごとく失敗してる辺りですが。あれは凄かった。何回連続で失敗したんだろう……

 

スタジオで収録する予定が、ディレクターが変な要素を取り入れたせいで、一気にSAN値のピンチを招いて。そこから事態を解決するまでが描かれています。

PLが自分の分身としてPCを動かしているので、探索はしながらもPCになりきれてないところもありましたが。KPが目星をするかな、と想定していたのにしなかった、とか。

ちょっと遠回りしたかなという感じもありますが、全体的には楽しいリプレイでした。

 

バカとテストと召喚獣12.5

ico_grade6_3h
「ずっと今のまま変わらなかったら、これ以上楽しいことが起こらないよ?」

完結後のエピソードを描く短編集。
少し時間が空いてましたけど、まぁ、相変わらずの空気で何よりです。
今回の話の合間には、各キャラクターたちの前身が描かれる座談会が掲載。
明久は安定の「超お馬鹿」みたいですが。
ほかのキャラクターの中には「前世」としか言えない程、原型が残っていないのもいました。

クリスマスでのドタバタが中心ですね。
学園で行われたクリスマスの行事。
そして、仲間内で集まって行ったパーティーの二つ。
あとは明久たちがスカート捲りに励もうとしたり、進級したのちのエピソードとかでしたね。
あの卒業式での挿絵は卑怯だ。吹いたよ! 真面目なシーンかと思ったらアレかよ!

学園でのイベントは、異文化交流をするためにクリスマスパーティーを実施することに。
当然のように、学園長が色々と企んでいるわけですけども。
文月学園流にアレンジされた「ヤドリギの下でのキスは拒めない」がひどい。
(※ 参加者の性別を問わない)という脚注がこれほど恐ろしいものだったとは……

身内のパーティーの方も、相変わらず恐ろしい爆弾が仕込まれているわけで。
一致団結して乗り切ろうとしろよ明久たち……
団結したときの突破力凄いけど、同時にコイツら仲間割れ大好きだからなぁ。
相変わらずの雰囲気で、楽しめました。
後書きによれば新作で頭をひねっているとかなんとかありますので、出るなら早めに出てほしいものです。

バカとテストと召喚獣12.5 (ファミ通文庫)
井上 堅二
KADOKAWA/エンターブレイン
2015-03-30

バカとテストと召喚獣5

ico_grade6_3
「日本の諺にはこういうものがありますよね」
「何!? また余計な事を言うの!?」
「バカな子ほど可愛い、と」
「諦めろ明久。世界でこの人ほどお前を愛している人はいないぞ」
「待って! それは僕が世界で一番バカだって思われてるってことなの!?」

明久の姉が、明久の一人暮らし監査として送られてきた。
減点方式で監督される毎日。どうにか脱したければ、試験でいい点を取るしかない!
という事で、勉強に臨む明久。
まぁ、日ごろの行いによって、多くの先生から保健室息を勧められることになるんですが。
身から出た錆。

せめてもうちょっと人間らしい生活していればよかったのに。調味料だけで生きていこうとするから、こういう時に焦る。まぁ、逆に、そんな極限生活で生きていけて、姫路料理を乗り越えられる明久が人間の範疇かというと……姫路料理は本気で死が待っていると思うんですが。

とはいえ、勉強が出来ようとも常識がかけているあの「姉」だと明久の苦労もひとしおか。
まさか、バスローブ着用で外から訪問されようとは。
うん、アレは恐ろしい。世間の目的な意味で。

大量に減点を食らったので、その分だけ成績を向上させないといけない、ということになり勉強に励む明久。
Fクラスメンバーの家に放課後集まったりして、勉強しています。なんだかんだで、理由が付けば勉強しようとするんですね。ここまで切羽詰らないとしなかった、という見方もできますけど。

しかし、明久は、点数が向上してきていても、バカなことに変わりはないんですよね。
……なるほど、こうやって、試験で点数は取れるけどバカ、っていうバカテス世界の成績上位者が出来上がっていくのか。彼ら彼女らは、明久ほど追い込まれる前に勉強をしているんだね、うん。
個人的に納得がいった。

バカとテストと召喚獣5 (ファミ通文庫)
井上 堅二
エンターブレイン
2008-11-29

バカとテストと召喚獣4

ico_grade6_3
「雄二! 雄二も何か反論しなよ! このままじゃ僕らは焼死体だよ!?」
「てめぇら……! やるならコイツだけをやれ!」
「雄二……ありが――違う! その台詞、よく考えると僕を売って自分だけ助かろうとしているだけじゃないか! 自分だけよければいいのかこのゲス野郎!」
普通は『やるなら俺だけをやれ!』だよね。あまりにも格好良く言うから、一瞬雄二に感謝しかけたじゃないか。

Fクラスのとっても楽しい異端審問会(=公開処刑と同義)からスタート。
雄二と霧島さんのやりとりもあるんですけど、雄二も大変ですね。うん。

美波が暴走して明久にキスをしてしまったことから、状況が混乱していますね。
『雄二よりも』と頭についていても好きと言われたことが嬉しいのはいい、けど明久のバカさを知っているんだから、自分でブレーキを……すみません、Fクラスにブレーキは基本的にありませんでしたね。

まぁ、そんな感じでクラス内で争いが発生している……隙をついて戦争をしかけられそうに。
Fクラスに対する武力制裁、という感じのようで。
雄二が、どうにか勝ち目のある方向へ持っていこうと画策していますが。
相手側も結構策を弄してきていますね。
勉強外、システム外での暗躍はどのクラスも結構やっていますけど、それでいいのだろうか。試験校とはいえ、自由度高すぎないか。

どうにかこうにか、Bクラスとかの上位ではなく、まだ勝ち目のありそうなDクラスとの戦争に持ち込むことができた一同。
明久の周りはちょっと危険な空気になったりしているけど、それでも、やるときはやるバカっていうのは、最後の一線を守れているという意味でいいんじゃないかと。

雄二が解決の為に打った手が中々アレでしたけどね。
さすが、明久。期待を裏切らないというか、残念なヒーロー。笑えるので、良いですけどねー。

バカとテストと召喚獣4 (ファミ通文庫)
井上 堅二
エンターブレイン
2008-05-30

バカとテストと召喚獣3.5

ico_grade6_3h
「いいか。今から言う日本語を英訳しろ。『私は所有者の許可なくプールを使ったことを反省しています』」
(略)
雄二が書いていた英文をほぼパクったのだから、間違えようがないはずなんだけど。
「訳してみろ」
「『私は所有者の許可なく貧民層の人々を使ったことを反省しています』」
「貴様は奴隷商人か」
「あ、あれ!? どうしてそんな文章に!?」

短編集第一弾。
巻頭にFクラスの日常編で、秀吉、雄二、明久の登校風景が描かれていますが、後ろ二人は絶対に普通じゃない。
あと、秀頼が8時に登校しているのに、雄二は8時に投降していて、学校に間に合うのだろうか。投降したのちに折檻くらって、飯くって、となると遅刻コースも見えると思うんですが。

掲載は「バカとテストと召喚獣~予習編~」、「僕と暴徒とラブレター」、「俺と翔子と如月ハイランド」、「僕とプールと水着の楽園」、「僕とバイトと危険な週末」の5本。

それぞれの間には「バカテスト日本史/楽市楽座を行った人物の名前」、「文月新聞/明久が1位をとったランキング」、「坂本夫妻の(マル秘)恋愛テクニック講座」、「工藤と土屋の性活小噺」、「~特別コラム~ 鉄拳人生相談」が掲載ー。

各話について簡単に。
「バカとテストと召喚獣~予習編~」
明久がいかにして観察処分者となったのか。うん、これで観察処分で済むんだったら、結構温情があるんじゃないかなぁ。正直、作品全体振り返っても、明久は器物破損の実行犯とかで罰金刑とか言ってもおかしくないけど。鉄人の特別補修とか、肉体労働によって許されているんだろうから、まだ……

「僕と暴徒とラブレター」
明久がラブレターをもらったことが、Fクラスに広まり-まぁ、目撃した雄二が公言したんですが-明久がFクラス一同に追いかけられることになる話。うん、Fクラスのこういう時だけ一致団結できる行動力っていうのはすごいと思う。

「俺と翔子と如月ハイランド」
実績作りというか、「ここで告白するとカップルが~」みたいな伝説を自作自演しようとするスタッフに、翔子に連行された雄二が追いやられる話。おい、明久とかいったい何やっているんだ、というか。うん、まぁ、ここでちょっかい出してこそFクラスのような気もしますが。Fクラスメンバーは携帯壊しすぎだと思うんだ。

「僕とプールと水着の楽園」
罰則としてプール掃除を仰せつかった雄二と明久。掃除する代わりに、ちょっと遊んでもいいといわれたので、いつもの面々を招集したり、いつも通り仲間割れというか死線をくぐったり。秀吉が合宿の時特別扱いされた理由がこんなところに……

「僕とバイトと危険な週末」
ちょっとお金なくて、単発のバイトをすることに。接客の日雇いっていうのは結構チャレンジャーな気がしますがねー。まぁ、あのおやじさんだと、それもありなのだろうか。……恐ろしかった。あのレベルで娘の話題に反応しているとすごく生きにくいんじゃないかなぁ、とか思うんですけど、どーなんですかねー。

バカとテストと召喚獣3.5 (ファミ通文庫)
井上 堅二
エンターブレイン
2008-01-30

バカとテストと召喚獣3

 ico_grade6_3
『あなたの秘密を握っています』

合宿回。
窮地を脱しようと、競泳用水着愛好会が導き出せる明久の思考回路が分からない。しかも、そこまでやっていてなお本人的には「少しだけ僕は自分の脳が不安になってきた」そうなので、色々と、本当に、末期。
 
クラスによって待遇に差が出るため、最下位のFクラスは――現地集合。
まぁ、電車内で、旅行のお約束じみた交流やっていたから楽しめていいんじゃないですかね。
…他のクラスは送迎のバスの中でやっていたんでしょうけど。
明久が「姫路料理」という劇物によって前世の罪を懺悔しはじめたシーンですけど…合宿所まで放置していたのか、それを。そこまで来てようやく、電気ショックをやってあげたのだろうか。まぁ、ギャグの場面に細かくツッコミを入れちゃいけませんな。
…本人たち命がけだけど。というか、後の巻でレシピが出ているもの有りましたけど、割と本気でアレ、死ぬと思うんですけど、どうして彼らは生きているんだろうか。
 
まぁ、この愛すべきバカたちが合宿なんてイベントに赴いて、何も事件を起こさないはずがない。
今回は最初だけは被害者でしたけど。
そこからの解決策が予想斜め上過ぎて、もう……
あぁ、こいつらはやっぱりFクラスなんだなぁ、という感じで。
Aクラスの久保君を抱き込んで、どうにか女子に口利きしてもらって確認してもらうとか。
あれだけおおっぴらに録音機器を駆使している以上、工藤さんがそうした危機に詳しいっていうのはAクラスのメンバーなら分かっているだろうから、そっちに協力してもらう未来っていうのもあったんじゃないだろうか。
いや、石抱きやらされた後だったら、何が何でも自力で、ってなるのかなぁ。
 
色々と残念でバカばっかりな愉快な合宿でしたけど。
最後にちょっとした爆弾が投げられて、騒ぎが起こる、という展開。
さらば、明久永遠に……

バカとテストと召喚獣3 (ファミ通文庫)
井上 堅二
エンターブレイン
2007-08-30

バカとテストと召喚獣2 

ico_grade6_3h

「馬鹿者! みっともない言いわけをするな!」

(略)

「先生はバカな吉井を選んだこと自体が頭の悪い行動だと言っているんだ!」

同級生だったらシバいているところだ。

 

学園祭編。

この学校には実は変態とバカしか集まっていないんじゃないだろうか。

たまにいる、一般人っぽい人たちは、不幸な犠牲者という事で。

まぁ、この学院のノリについていけてるあたり、その人たちも割と適応力高いというか、実は同類になれる素質があるんじゃないかとか思いますけど。

 

学園祭の売り上げを持って、ミカン箱という最低レベルからさらに一段下がった驚きの施設を向上させようと動き出すFクラスメンバー。
雄二は1巻でよくこれをまとめて戦争を勝っていったよなぁ、と思えるほどのまとまりのなさ。
明久と美波が司会進行をしていくけど、明久のまとめかたがまたひどい・・・
ウェディング喫茶「人生の墓場」とか、いや、確かにそんな会話挟まっていたけど、混ぜるな危険ってやつだろ、それは。
これは鉄人に怒られても仕方がないレベル・・・というか、割とFクラスの面々はいつでもどこでも怒られているような気がしますね。
 

また、同時に、召喚獣を用いたトーナメントも開催され、試験学校としての見世物も取り揃えている、と。

まぁ、見学客として楽しむ分にはそこそこ楽しめそうな学園祭なんじゃないかと。

 

3年の常夏コンビが結構早い段階から出てきていたんだよなぁ、と読み返していて思いましたけど。

そういえば、こいつらとの因縁も、ここから始まっていたのか。

試験学校という事でいろいろあったりするんでしょうけど、わざわざ学園祭という場所で他のクラスを潰そうとしたり、妨害工作に出たりと、そこまでする事なのかなぁ、とか思ったり。

自分の高校の文化祭とかは、利益が出ても確か自由に使えるわけじゃなかったように思うので、そう感じるのかもしれませんけど。

 

さてはて、馬鹿だけど、大切なものは分かっている明久の行動は結構、みていて爽快な部分がありますね。後始末とか、下手すりゃ弁償物の騒ぎを見ると、遠巻きに見ているのが一番安全だと思いますけど。

そして、常夏コンビとの因縁だけでなく、明久の女装という特技もまた、ここから始まっていたのか。懐かしいな…

 

バカとテストと召喚獣 2 (ファミ通文庫)
井上 堅二
エンターブレイン
2007-04-28
 

バカとテストと召喚獣

ico_grade6_3h

「喜べ吉井。お前への疑いはなくなった」

「お前はバカだ」

 

バカがバカらしくバカをやっているシリーズ。
最近、本編が完結したので、ちょっと読み直しながらちまちまと記事書いていこうかと思います。
しかし、1巻が出たのは2007年なんですね。
もうこんなに時間たっているのか、と愕然としますな・・・
 

召喚獣システムという複数の技術とオカルトを混ぜ込んで作り上げた、テストの点数=実力の召喚獣を呼び出し、それを用いた戦争によって、施設のランクを向上させられるという仕組みがある学校。

まだまだ穴というか向上の余地がある技術で、試験的な学校という意味合いもあるようです。点を取ろうとすればどこまでも取れるシステムっていうのは中々に面白いと思いましたけれど。

 

明久が宣戦布告の使者として赴き二度とも襲われて酷い目に合うっていうあたりが特に笑いました。

悪びれず明久を派遣する雄二も雄二ですけどね。

こういう、軽快なバカげたやり取りがやっぱり本作品の魅力なんじゃないかと。

ゆるーく楽しめる学園コメディ、みたいな感じで。

しかし雄二がFクラス代表になっていたからこそ、この物語は盛り上がっていますけど
……実力的にうっかりすると、雄二はEクラスの最下位とかになっていたかもしれないわけで。
 

実際Fクラスのバカさ加減から見るに、こいつらはどうして進級できているのか不安になるレベルのが紛れていますよね。吉井とか明久とか観察処分者とか。

それと比べると雄二はかつての神童と呼ばれた部分が残っていて、うまく指揮官としてやっていますけど、それが居なかったらFクラスって烏合の衆レベルがさらに向上して危険な領域にまで達していたんじゃないだろうか。

 

まぁ、合間に挟まるバカテストも中々面白いですし、たまにはこういう緩いのを読み返すのもいいですなー。

バカとテストと召喚獣 (ファミ通文庫)
井上 堅二
エンターブレイン
2007-01-29
 

バカとテストと召喚獣 フィナーレ記念お蔵出しミニブック

ico_grade6_3
「ば、馬鹿な! なぜ生きている!」


タイトル通り、最終巻を記念に配布された、非売品の特典。
配布方法は店ごとに違うと思いますが、俺は最終巻買ったら普通にもらえました。

収録されているのは、7.5巻収録の闇鍋エピソードの没ネタ版。
あとは 2巻発売時にFBOnlineで組まれた特集の「キャラクター紹介記事」。

7.5巻の闇鍋エピソードと違う部分は、キャラが少ないのと、諸々考えている部分が削られているというところでしょうか。
福引で良い商品当てて、結果として闇鍋になるのは変わらないんですけど。l
これが第一校で、完成すると7.5巻のエピソードになるのか、と納得できる感じではありました。

しかし、鉄人とFクラスメンバーが二者面談をする形式のキャラ紹介記事の方が面白かった。
あの短いスペースでよくいつものテンションでバカをやれるもんですね。
バカの一年ってことで、後半は高い点数取るようになってしまったので、初期のバカらしいバカな感じは面白いですねー。
近いうちに読み返そうかなー。
 

バカとテストと召喚獣12

ico_grade6_3
「負けるわけないさ」
坂本はそんな心配を軽く笑い飛ばした。
「お前らが協力してくれるなら勝てる」
(略)
「いいか、お前ら。俺たちは――」
「「「最強だ!」」」


シリーズ最終巻。
三年生相手の「戦争」も佳境で、それぞれの抱えている問題にも決着がついたりします。
それなりには面白かったです。ただまぁ、なんといいますか・・・
この、三年生が、いけ好かないというか。
前回からの、終わりに向けての畳み方が、どうにも微妙に思えます。

合間に挟まるバカテストも、最初の方が面白かったですし。
今回なんて前回までの焼き直しばっかりですからね。
長いシリーズならではの演出とも言えますけど、あのバカテストは一発ネタな面もあるから、こう、切れ味落ちてて。
全体的に、終盤に向けて、どうにも失速してきたように感じていました。
だからこそ、この最終巻でどうなるかには期待していたんですが、 

雄二が本領発揮して、味方を囮にする外道な作戦立ててたりとか。
明久がバカなりに行動力を発揮して、問題解決したりとか。
ムッツリー二は最後までムッツリーニだったけど、一瞬格好良かったりとか。
まぁ、それぞれにそれなりの場面があったので、いい最終回だったようには思います。

ただ、結局のところ「三年生から仕掛けられた戦い」で「二年生は引き分けでもいい」というような話が本文中にもありましたが。
モチベーションが上がる理由が、あまり無いんですよね。
足を引っ張っていたBクラスの根本は排除されてて、愉快でしたけど。
そりゃあ三年の代表が、色々手を出してきて不快だっていうのはあるんですけど。
あの不快さをブッ飛ばすほどの爽快感が感じられなかったのは、残念。

色々言っていますが、バカがバカを理由に、諦めるってことをしないで、味方で潰しあいをしていようと、いざという時には協力し合ってる、学園モノとしては良作ではあると思ってます。
王道で展開も読みやすいですけど、まぁ、バカがバカなりに行動する、っていうところが面白みなんで、それぐらいでちょうどいいでしょうし。
嫌いじゃないんですよ。ただ、嫌いじゃない分、最後のつまずいた感じが、惜しかったなぁ、と思うだけで。

また似たような、大規模なバカを高校生くらいの少年少女がやる話を予定しているそうで。
予定なんでどうなるかはわかりませんが。
次のシリーズに期待しますかねー。

バカとテストと召喚獣12 (ファミ通文庫)
井上堅二
エンターブレイン
2013-11-30
 
プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ