気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

角川ハルキ文庫

菓子屋横丁月光荘 浮草の灯

ico_grade6_3h

「そういうこと。まわりの意見にとらわれていろいろ迷うけど、人は意外と自分のしたいことをはっきり持っている。それさえわかればいいと思うんだ。そのときにしたいことをするしかない。未来のことはわからないんだから」

 

「浮草の灯」、「切り紙」、「二軒家」の三話収録。

川越の街で、縁が出来て悩みを聴いて。それぞれの道を進み始めるお話。

人間どうしたって迷うことはあるもので。

今自分のいる場所は確かにある。けれど、これからもここにいるのか。いていいのか。はたまた別の道を探すのか。今回はそういう話が多かったですね。

 

たとえば「浮草」。『三日月堂』でも出て来た古本屋。

そこでバイトをしている女子大生は就活中だが内定がなく、病をわずらった店主から、店は残るからこれからも働いてほしいと言われた。

たとえば、木谷ゼミの先輩。実家は紙屋だったが親に反発しIT会社に就職。だが、勤める中で齟齬を感じていた。そこに企業を予定している人から声をかけられて。

あるいは幽霊話に惹かれて来た少年。彼の家で起きていた問題と、流れた涙のこと。

 

色々と条件、状況は違いますが。

結局は、冒頭で引用した先生の言葉が全てのように思います。

判断を迫られたとき。分岐に差し掛かった時。自分が、なにをしたいのか。

誰かに相談する事があっても、決断するのは自分なんだという話。

だからって他の人がどうでもいいなんで事ではなく。支えてくれたり、残してくれたものがあるからこそ踏み出せる事もあるわけで。

今は懊悩の闇にあれど、これまでの積み重ねは灯りとなって、これからを照らしてくれることでしょう。相変わらず優しく温かい物語でした。

菓子屋横丁月光荘 浮草の灯 (ハルキ文庫)
ほしおさなえ
角川春樹事務所
2019-06-12


菓子屋横丁月光荘 歌う家

ico_grade6_3h

――行っておいで。

「行ってきます」

 

同作者さんの「活版印刷三日月堂」も川越が舞台でしたし、ちょっと気になりますねー。

いつか行ってみたいです。

発売日に買ってたんですが、積んでるうちに2巻出ちゃって焦って読みました。

 

家の声が聞こえる。幼少期から不思議な力を持つ大学院生、守人が新たな住み家を見つけるまで。

両親を亡くし、祖父に引き取られて。祖父との折り合いも悪かったものの…先日亡くなって。大学院への進学が出来たものの、親族は早く家を出ないかと匂わせて来て。

もっと荒れててもおかしくない経歴ですが、かなり真っ直ぐ育った好青年といった感じ。

 

縁あって、川越にある古民家で住み込みの管理人をすることになって。

元々人当たりの良い青年でしたが、それでも過去のあれやこれは彼の心に沈んで澱のようになっていて。

心の固くなっていた部分が解されていくような、暖かい物語です。

 

菓子屋横丁月光荘 歌う家 (ハルキ文庫 ほ 5-1)
ほしおさなえ
角川春樹事務所
2018-08-09


プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ