気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

鏡遊

六人のイヴと神殺しの使徒3

ico_grade6_2h

「死ぬかもしれないから戦わないなんて、あたしにはそんな選択肢はないよ。もちろん死にたくはないけどね」

 

前回の戦いで、二人の少女の中に居るイヴが活性化して。

ジュカが宿しているアダムの力を使いまくったせいらしいですけど……まぁ、強敵相手に手を抜いても居られなかったのは確か。

反動で発情する場合が出てきたというのは、お約束、というか。

 

新たなイヴ候補として目をつけたのは、ジュカの古い知り合い。

今はなき妹の友人であり、引っ越したために災害を逃れた後輩で。

妹を助けられずにのうのうと生きてるジュカに辛辣に当たるあたり、最初の印象は今一つ。

そのあと妹を殺した相手が自ら過去を見せつけて来て。

 

神魔が持ち出して来たグラン・ノアという兵器やバベルの真実などなど。

勝ち目しかない戦いは楽しくないって言って対抗兵器作ろうとするあたり、本当神魔傲慢だな……

かなり畳みかけてきたなぁ、という感じ。イヴ関係のネタとジュカの復讐について、ひとつの区切りを見せてくれたのは良かったです。

 



六人のイヴと神殺しの使徒2

ico_grade6_3

「お前達はまだやり直せる。生きてるんだからな」

 

バベル悲願の、イヴの力を秘めた少女を見つけたジュカ。

6エデンに居ると目される他のイヴ候補を探すために行動していますが。

新たに都市を訪れた背徒トーコに監視されながら、神器使いに狙われと大人気ですねー。

 

しかし、ジュカ色々と物を知らなすぎというか。

他の背徒に呆れられてばっかりじゃないですかね……トーコは元々裏で動いていた側っぽいから情報量にはかなりの差がありそうですけど。

 

SOGに協力的な神魔サリエールも、自分の楽しみの為に状況を動かしてますし、ろくな事しないなホント……

巨大なカインズ、ベヒーモス。最強ともいわれる相手を前に、背徒と神器使いが共闘するという流れは良いですねー。こういう、敵対勢力との協力は結構好きです。

 



六人のイヴと神殺しの使徒

ico_grade6_3

「死なせてたまるか! 絶対に……死なせない!」

 

神魔という存在によって支配される都市、第6エデン。

彼らは人の魂を食らう性質があって、適度にいたぶったりして味付けした魂を食べる事も。

最もそれは裏側の話で、表向きは彼らに忠誠を尽くす組織があったり、その言葉を疑う事などない、絶対的な存在のようですけど。

 

人知を超えた存在故、軽々に人々の口に上がることもないようですが。

彼らの指示で、霊脈の上に独立した都市を作ったりしていて、存在は確かに信じられている、というか。

霊脈を通って現れる怪物がいたり、それに対応する武器を神魔が与えられた人もいたり。平穏とは程遠く。

神魔が災厄を起こすこともあり、それに反抗する勢力もまた存在した。

 

イヴの背徒が一員、ジュカがこの地を訪れて。

神魔に狙われた少女と一時共闘する事になったりしてました。

神魔の拠点に攻め込むための手がかりとなる可能性があるため、というのもありましたが。

復讐者である彼は、それとは関係なくても神魔斬りに行ったんだろうなぁ。

青い部分も見られますが、ジュカの今後に期待。

 



剣神の継承者

ico_grade6_2h
「俺はソーディの味方ってわけじゃねぇ。ただな、“人間側”につく理由もねぇんだよ」


剣に恋する種族、ソーディという異世界人によって支配されている東京。
一応人間側にも反抗精力はいるみたいですけど、どうにも迫力がないっていうか。
その実力の前に一敗地についている時点で、なんらかの対策が必須だと思いますが、太陽教の活動に今のところそれが見受けられない。
銃を持ち出したりしていましたけど、実力者には通じないし。
日菜子には何か秘密ありそうですけど、切り札それだけってわけにもいかないんじゃないかとか思いますが。

嫌いじゃないですけど、なーんかもうひと押し欲しい感じもする。
剣に恋するっていう種族特性上、結構な実力を持っているっぽい主人公は、人間っていうハンデがあっても、これから周囲大変なんじゃないかなぁ。

しかし、重要なのかなぁ、と思っていたキャラがあっさり死んだりしてびっくりというか。
その辺はシビアなんですかねぇ。
犯人が、犯行を自供する件は、あまり面白くなかった。
さらっと触れられていた事件が原因です、って言われてもなぁ。なんだかパッとしない。

ソーディの中でも実力者とされる7人の内の一人が主人公の師匠で、現状行方不明。
もう一人が、身元引受人だったけど、今回の事件を受けてこれも行方不明みたいなもんでしょう。
明確に反逆している以上、行方不明というよりは、称号剥奪もあるかもしれませんが。
まぁ、師匠の方はどうせ科話が進めば出てくるんでしょうけど。
主人公がそれまでにどうするか、ですかねぇ。

剣神の継承者 (MF文庫J)
鏡遊
メディアファクトリー
2012-05-24


プロフィール

ちゃか

 友人に「活字中毒っていうか読書中毒」と評される程度には本が好き。適当に感想を書いていく予定。リンクはフリーでコメントはご自由に。悪質と判断したものについては削除する場合があります。

アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索