気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

青春ブタ野郎シリーズ

青春ブタ野郎はおでかけシスターの夢を見ない

ico_grade6_3

「受かると思ってる?」

()

「受かってほしいとは思っています」

 

12月が過ぎ、3学期。

麻衣との高校生活も残りわずかとなり……受験本番の季節。

それはつまり、三年の麻衣や同じ学校に行きたいと勉強するようになった咲太が望む大学受験だけでなく……高校受験も迫っているという事で。

 

花楓も、本調子ではないけれど、義務教育である以上卒業する事になってしまう。

故に彼女の進路問題も浮上してくるわけですが。登校を再開したばかり。

居なくなってしまった『かえで』が勉強していた分が『花楓』の中にも残っていて、全く勉強ができない、という状況にはなっていない。

故にいくらかは選択肢があるけれど、通学実績がないため内申点での評価がない等課題も多くて。

 

父親やカウンセラーがしっかり言葉を尽くして、説明会なども案内してくれて。

咲太がしっかり、花楓に対して兄として心配しつつ、応援する姿勢を取ってくれたのが、本当にいい兄だなぁ、と思いました。

本人的にはそういう自覚……というか自信はないようでしたけど。

今回のメインは花楓が前に進むために、何を選択するのか、という感じで咲太や麻衣もそれを応援し、見守るスタンスだったので、思春期症候群絡みのトラブルがあったこれまでと比べればかなり穏やかだった感じですけど……

まぁ、次に向けての伏線はしっかり引かれていましたけれど、今度はいったい何が起こるやら。



青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない

ico_grade6_3h

(前略)それでは麻衣のせいにしているみたいだ。

決めるのは咲太でなければならない。

(略)

立ち止まっていても答えが出ないのなら、歩き出すしか方法はなかった。

 

満を持して登場した、咲太の初恋相手「翔子さん」。

彼が知り合った中学生の翔子ちゃんとの関係がついに明らかになるわけですが……

今回はまた一段と重いなぁ。

思春期症候群によって、色々と抱え込んでいたものが表に引きずり出されるのはこれまでもありました。

 

翔子さんの事情を知り、咲太の胸の傷の秘密なんかも明かされて。

答えが分かってしまったら、どちらかを選ばなければいけない、というのは残酷だよなぁ。

どちらも大切で、時間ばかりが迫って来る。

そんな中で、咲太はまた自らの心に従って、答えを出していくわけですが。

今回ばかりは彼も結構悩み、涙する場面もありましたね。けれど、結局根幹の部分ではぶれていなくて。

 

けど、彼が行動したことで変わってきたことがあり。

大切にして来たものがある。だから、最後の展開はある意味で必然だったのだとは思いますが……

翔子の抱えている問題が解決したわけでもないのに、次の課題がやってきて。

今回大分悩んでいて、彼が出した答え。それが間違っていた、という事でしょう。だから、次の問いではよりよい答えを見つけてほしい所です。

シリーズ7弾目は10月に発売予定みたいなので、今から待ち遠しい。

青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない (電撃文庫)
鴨志田一
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2016-06-10
 

 

青春ブタ野郎はシスコンアイドルの夢を見ない

ico_grade6_3h
「咲太って生き方が無気力じゃん」
心外な発言だが、強く否定できる気もしない。
「がんばるとか、ダサいって思ってるのかと思ってた」
「他人の努力を笑うようになったら人間終わりだろ」


麻衣久しぶりに会えると思ったら、また思春期症候群に襲われて。
今回は、麻衣とその妹である新人アイドルの豊浜のどかの中身が入れ替わってしまって。
これが面倒なのは、麻衣ものどかもそれぞれに仕事を持っている所ですよね。
お互いのスケジュールを確認して、入れ違ったまま仕事に臨むことに。
ただ、思春期症候群が発生している時点で、うまくいくはずもなく。

のどかが麻衣の異母妹である点がさらにややこしくしているといいますか。
それが無ければ接点もなかったんだから、こんな現象に巻き込まれることもなかったわけですが。
麻衣の方は努力して、「アイドル・豊浜のどか」をしっかり演じ切ってました。
一方で、コンプレックスを持っていたのどかの方は、麻衣の仕事で一度失敗をしてしまって。
喧嘩もしていましたし、何とも面倒な状況ですね。
それでも咲太がいつも通りで安心したといいますか。
主人公の軸がぶれないので、読みやすいです。
咲太と麻衣の関係が、結構絶妙な距離感といいますか、二人とも楽しそうで見ていて心地よい。

あとは、毎度おなじみのさくら荘からのゲスト。
今回は生徒会長とはうはうでしたね。
咲太が中々見れないレアな場面に遭遇してましたが。
幸せそうで何よりです。
本編は、結局すれ違っていたようで、大切だった姉妹の絆のお話。
割とオチは読めますが、思春期症候群という非日常の要素がありながら、しっかり心情描いていたりとか安定して面白いです。
最後には翔子からの手紙が入っていて、また事態が動きそうですけど、どうなりますかね。

青春ブタ野郎はシスコンアイドルの夢を見ない (電撃文庫)
鴨志田一
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2015-05-09

プロフィール

ちゃか

 友人に「活字中毒っていうか読書中毒」と評される程度には本が好き。適当に感想を書いていく予定。リンクはフリーでコメントはご自由に。悪質と判断したものについては削除する場合があります。

アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索