気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

魔力の使えない魔術師

魔力の使えない魔術師4

ico_grade6_2h

「……後悔しないのか?」

「するかもしれないな。だけどそれは、お前を失う事よりずっとましだ」

 

シリーズ完結巻。

ルルリア側のエピソードから。

なぜあの場面に神子が乱入してきたのか。

神官長が出張って来た状況についてもふれられましたが……

 

最終的に、状況を悪くするだけ悪くして退場しやがったあたり、本当何しに来たんだ感はありますね。

神殿の背景とかが分かったぐらいしか良かった事ないのでは。

トップが消えた事で、事後処理はいっそ楽だったかもしれませんがねー。

事態が収拾してからユリスたち側とダイチ達側のそれぞれの状況を描写してくれたのは良かった。

 


魔力の使えない魔術師3

ico_grade6_2h

「自分の嫁に言う台詞くらい自分で言え。――俺の答えは、こうだ」

 

神子の手によって操られたユリス。

幸いそれによってみゆき達を傷付ける事はありませんでしたが……

ユリスを相手にしている間にみゆきは何者かにさらわれてしまって。

不穏な動きをとる神子を無視できないし、魔王を放置するわけにも行かない。

 

オルトの母親が先代の神子だとか言う情報も出て来て。

神子の思惑が逆に分からなくなった感もありますが。

オルトの故郷で待つという神子の様子を窺ってから、魔の森に入ることに。

そこでルルリアたちとは別行動をとって、ダイチは魔王の正体を薄々察し迷いながら進む。

道中では、トリスがついにユリスの秘密に切り込んで兄弟腹を割った会話をしたりしてました。あの場面結構好きですね。

 

ダイチの予想通りの相手が魔王城では待っていて。

即討伐って空気でもなくなり、対話するシーンになっていたのは、まぁ展開的には予想できた話ですね。

対話で片が付く状況になったかもしれないのに、乱入して来る輩が居て。

つくづくろくな行動とらないなあの神子……



魔力の使えない魔術師 2

ico_grade6_3
「ああ、えーと……。まあ、あまり神官に対しての言葉は避けたいところなので」
「ふうん? 神殿大好きか?」
「大嫌いですが」
あ。間髪入れずに答えてしまった。

小説家になろうの書籍化作品。
連載の方は、4か月くらい更新止まっているみたいでちょっともやもやしているんですけども。
2巻で意外と進んだというか、WEBで読んでるとそれなりにあったような気がしますが。
実際に書籍化してみると意外と短かったというのが何点かあるなー。
まぁ、長文を定期的に書く人と、短文を毎日書く人とかいるからその辺は作者さん次第の話か。

閑話休題。
すれ違っていた家族と話し合い、少し距離を詰めたユリス。
もうちょっとみんな器用に生きられないものですかね。
相手のことを大事に思っていることに嘘はないはずなのに。
立場やら思い込みやらが邪魔をしていて。
父親との対面の場所に叔父が居合わせてくれたのは良かったんじゃないだろうか。
あそこで下手したら話をできないユリスと、納得的ないユラとで決裂してたかもしれないわけだし。
うまくバランスとってくれた感じ。

そして、少し改善が見られたところで話は進んでいくわけで。
神様が救ってほしいと言っていた相手。勇者が召喚される運びとなって。
護衛の剣士としてファティマ。魔術師としてトリスが。さらには黒騎竜が必要だという事でユリスもついていくわけですが。
……ファティマとトリスだけだったら、無事に旅できなかったんじゃないかっていう壊滅具合。
どうしてただの料理があぁもグダグダになるのか。
もうちょっと、常識担当の要員とかつけられなかったのだろうか。
学生時代に道を違えてしまったファティマとも和解して勇者を支えるパーティーメンバーたちは中々いい感じの交流ができていましたが。

召喚された勇者は、巻き込まれた少女も含めて2人。
そのうちの片方が、ユリスの前世と深いかかわりのある少女で。
どうにもきな臭くなってきたというか、神様がユリスを引っ張り込んでいる時点で相当怪しい感じではありましたけども。
神殿や神子が怪しいなんて言葉じゃすまないくらい不信感煽ってきますけど、もうちょっと信頼されるための努力をしたほうがいいんじゃないのかなぁ……
暗躍するにしたって下っ端使うとか。神子本人が堂々と接触してきてアレとかどうなんだろうか。



魔力の使えない魔術師1

ico_grade6_3
俺は証明できない、ということがどれだけ相手の信用を損なうか知っていた。どれだけの言葉を重ねても、証拠がない、ただそれだけで状況が簡単にひっくりかえるということを、身をもって知っていた。
だからこそ黙っていた。
(耐えきれると知っているから)
そしておそらくこの考え方こそが、俺が神様に選ばれた理由の一つではあるのだろうなと……なんとなく、気付き始めていた。

小説家になろう連載作品の書籍化。
感想は書いてなかったんですが、WEB版は既読。
せっかく絵が付いたのに・・・個人的には微妙な感じがしたかなぁ。

あとは、結構今回で話進みましたよね・・・っていうか、そこで切るのかみたいな感じが。
もともと一話の分量が長いほうではありませんでしたが、家族に事情を軽く打ち明けるとこまで行ってるので。
その辺も少し引っかかるというか。

神様に魔法がある世界に転生させられた男。
だが、彼は一つのお願い事をされていた。
「魔力を使わないで貯めてほしい」。いつか来る、神の敵対者と相対する誰かの為に。
選んだ理由を話して、道具を渡して、なぜ魔力を溜めてほしいのかを放そうとしたところで時間切れ。

謎が残る状態で行われた転生。
魔力があるのが当然の世界において、魔力を溜め続けている彼は異端というか、魔力が道具に流れているためにその値が0と検出される異質な存在だった。
家が魔術師の家系というのも影響して、周囲からさんざん言われているようで。
それでも魔力を溜め続けている主人公は随分律儀というかなんというか。

WEBの連載がしばらく止まっていて、あぁ、このまま完結せずに消えていくのかなーと思っていたら、書籍化を機に連載の方も少し進んだので、なんとか完結までは言ってほしいと願います。


プロフィール

ちゃか

 友人に「活字中毒っていうか読書中毒」と評される程度には本が好き。適当に感想を書いていく予定。リンクはフリーでコメントはご自由に。悪質と判断したものについては削除する場合があります。

アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索