気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

魔法科高校の劣等生

魔法科高校の劣等生32 サクリファイス編/卒業編

ico_grade6_2h

――自分は弱さを、許されなかっただけだ。

 

シリーズ完結巻。

昨今では珍しい30巻を超えた超大作となりましたが、終わるんですねぇ。

……まぁ、直後から続編を刊行する予定なので、まだまだ続くとも言えるんですが。

光宣やパラサイトとの決着がメインではありますが、達也がその実力を広く知らしめたことで起きたあれこれに対する、事後処理と今後の為の根回しがほとんどでしたね。

確かに必要なことですが、最終巻でそれをやるあたりは勇気がある。

 

達也が多芸でスペックが天井突破していて、そんな彼を上手くあしらっている真夜を見ていると、十師族会議とか魔法協会の一支部長の反応とかもうちょっと頑張れと思ってしまうな……

まぁ大人全員が、真夜なり八雲みたいに達也にマウント取れる相手ばかりだったら、彼の活躍度合も変わってくるわけで。このシリーズに達也の活躍を期待していた身としては、いい塩梅だったと思うべきなのか。

 

そういう意味では、ラスボスが光宣なのはちょい物足りなかった感はある。

実戦経験などもあるので仕方がありませんが、順当に決着ついたなぁという感じ。

ただ、そこに至るまでの心情とかをくみ取れていなかったのは、年相応みたいなさじ加減にはなっていましたか。

……最終的に見出した解決方法が、技術者としての達也の真骨頂みたいで笑いましたが。何を作り上げているんだ君は……。

 

一年生からスタートして、順調に進学して後輩キャラも増えて……をやり続けた結果、気に入ったキャラの描写が減ったとかはありますが。長編シリーズの宿命でもありますからね、それ……

なにはともあれ、完結おめでとうございます。

魔法科高校の劣等生 司波達也暗殺計画3

ico_grade6_2h

「お前を助けた理由だったな。――何となくだ」

 

BOOKWALKER読み放題にて読了。           

キャンペーン追加タイトルで、対象期間は7月末日まで。

 

有希と奈穂は、情報屋の鰐塚と一緒に変わらずチームのように動いていて。

潜入とかもあるので、単独行動も多いですけどね。

本格的な作戦の時は打ち合わせしたり協力したりもしてます。

今回は応援で狙撃手も出てきた上に、暗殺を実行しようとしたら私怨で行動している調整体の魔法士に先を越されたり、新キャラの描写が多くて奈穂の活躍少な目でしたが。

 

調整体の魔法士が復讐しようとしている状況で、有希たちは依頼を実行しなくてはいけない。

途中で鉢合わせたりもしてましたが、極力干渉しないほうこうで話をまとめていた辺り、有希も意外と弁が立つ。

……いやまぁ、相手がわりかしチョロかったというのも、無きにしも非ず。その前に軽く一当たりして有希たちが勝ってるのも大きいですが。

 

リッパーと呼ばれている調整体の彼が、復讐に目が向きすぎてかなり猪だからなぁ……

今回もまぁ、達也を狙っている無謀な連中を先んじて刺しに行くわけですけど。

どうしてこう命を無駄にするんだ。……まぁ、リッパーみたいな復讐鬼もいたので、達也にちょっかい出さなくても、いずれ死んでいた気もしますけど。

周公瑾に注力していた時期のため、黒羽からのバックアップも最小限。肝心なところに間に合わせてくるあたり、地力の高さを感じさせますが。

標的を片したあと、後日談の修行パートからの実践がかなりスピード感あって笑った。

 

『暗殺計画』シリーズは『魔法科高校の劣等生』本編完結に合わせて終了の予定で、現在のスケジュールだと4巻出る前に本編の方が完結するそうです。マジか。

まだまだ本編の方でも不穏抱えてると思いますが、どう解決するんだろ……まぁ気長に待ちます。

 

 

魔法科高校の劣等生 司波達也暗殺計画2

ico_grade6_2h

(……あんな大魔王みたいなやつが高校生をやってるってのが、そもそもの間違いなんだろうけどな)

 

BOOKWALKER読み放題にて読了。           

キャンペーン追加タイトルで、対象期間は7月末日まで。

 

暗殺を生業とする少女、榛有希。

達也を狙って失敗し黒羽に組み込まれた彼女は、変わらず殺し屋として活動していた。

そんな有希の下に、四葉は桜崎奈穂という、少女を派遣してきて。

奈穂は護衛用に考案された、桜シリーズの調整体でありながら、複数人を守れるシールドをつくれなかった為、教育が暗殺者見習いの方向に切り替わったとか。

 

その最終試験として殺し屋の傍において、現場を経験させることになったみたいです。

家政婦としてのアレコレもこなせるようでしたけどね。ナッツの甘党っぷりに毎度驚いているのは正直笑った。

あと、彼女は四葉の関係者とはいえ、まだ「見習い」という事もあって色々と未熟な部分もあって新鮮でしたね。

本編だと達也がスペック高すぎるし、ブレないので、この辺りはスピンオフでないとできない描写だとは思いました。

 

本編の時間軸としては、達也が恒星炉の実験を披露した後。

それによって未来のエネルギーが確保されるかもしれず、電力会社のお歴々の中には当然面白くないと感じる人も居て。

おあつらえ向きに裏仕事をしているチームがあったため、彼らが、達也暗殺に動くことに。

まぁ周公瑾が依頼人と実行犯を繋いでいたり、いくつもの思惑が重なったうえでの計画のようではありましたが。

 

……だからさ、やめよ? わざわざ虎の尾を踏んだり竜の逆鱗に触れたりする必要ないじゃない……

恒星炉作った後のタイミングで情報を集めて、「戦闘力は大したことがないはずだ」なんて判断下すようじゃ、成功する可能性は0だよ……いや成功してほしいわけじゃないんですけど。

有希が大魔王って評してたのが的確すぎて笑えました。
面白いポイントは点在してましたが、ナッツが警戒してたのに罠にかかってる辺りとかはまだまだ甘い。これも奈穂と同じで、本編で失敗できるキャラ・場面が少ないってのはあるように思いますけど。

魔法科高校の劣等生31 未来編

 ico_grade6_3

「エドワード・クラークとベゾブラゾフは、これを期に抹殺する。後顧の憂いを断つためにも、あの二人は生かしておけない」

 

ディオーネー計画をはじめ、達也を排除するべく動いていたエドワード・クラーク。

かなり追い込まれた中で、それでも達也を打破しなくてはならない、と作戦を練る当たり筋の通った敵ですね。

システムに細工をして情報を集め、七賢人を気取っていたようですが、『利益があるから見逃されていた』というのが判明して小物感が増しました。哀れ。

 

ベゾブラゾフも、虚仮にされたと感じリベンジに燃えていました。

彼の権威はまだ国内で通じるので、それを以てクラーク達の動向を確認。彼らを利用し達也の手を塞いだ所で、攻撃を打ち込む準備を進めて……。

とはいえ、2人とも達也に手を出したのが運の尽き。抹殺宣言が出る前から、あぁ死んだなとフラグをバンバン立てていたので笑ってしまった。

 

特にベゾブラゾフはもうちょっと工夫しろと言いたい。自分の力に自負があるからこそ、トゥーマン・ボンバで蹴散らそうとしていましたが、達也相手に同じ手札を何度もぶつけたら、それは負けますよ。順当。

事情があって、理解の上で来たとはいえ、クラークの策略に巻き込まれた『ディアス少佐』は泣いて良い。これ以上達也に戦略級魔法みせてどうするつもりだ。またとんでもないもの作りかねないぞ……

ここ最近は色々妨害や足止めもあって爽快さが足りなかったと思っていたのですが、久しぶりの達也無双で楽しかった。

 

自分を標的とした他国軍の連動を、四葉家や深雪の援護があったとはいえ、『マテリアルバースト』を遣わずに、『自衛』を果たした達也は本当に怖い。敵に回したくないですねぇ。

とは言え、絶対的な戦力を見せつけた事で、兵器であることを強要されない可能性が遠ざかったのも明言されてしまって。

光宣の事も棚上げになっている状態ですし、その辺りでもう一波乱あるんだろうなぁ。


魔法科高校の劣等生30 奪還編

ico_grade6_2h

「これまで、およそ五年間。お世話になりました」

 

今回は、達也への妨害が少なくてストレスフリー。

新キャラが登場してバックアップしてくれたり、四葉からの支援などもあって、無事に水波を奪還できましたし、おおむね好調な感じかなぁ。

達也の恒星炉プロジェクトを評価してくれる人……つまり、現状の魔術師の扱いに異を唱えてくれる人が増えているのはいい感じですねー。

 

戦略級魔法が抑止力としてではなく、実際に兵器的運用されてる辺りに危機感を覚えている人も多いようですし。

佐伯少将がなーんか根回ししてるのも、不穏というか。大筋では正しいけれど、達也を駒扱いしてるのがあからさまというか。

海外では魔法の発動長考を察知して無力化する首輪、なんて代物まで開発が進められているそうです。奴隷扱い待ったなし。

 

佐伯が達也を畏れすぎている感じがしますがね……普通の人と同じで、彼にとっての地雷踏まなければ、とくに爆発しないんですが。

傍から見てると判断基準判りにくいしなぁ。一般人が魔法士を畏れるのも、同じような感じでしょうか。

水波は奪還したものの、光宣との決着はつかず。パラサイト側の騒動があって、姿を消したようですが、どこにいったやら。



魔法科高校の劣等生29 追跡編〈下〉

ico_grade6_2
「八雲師匠にも、同じことを問われました。それからずっと、考えています。ですが自分には分からない」


相変わらずというかなんというか。
いろんな状況が重なりすぎて、誰もかれもが自由に動けていない感じ。
光宣が手配していた人喰い虎の密入国。
それを察知していた風間達は、劉少尉を扱いかねていた上層部から手出しを禁じられて。

光宣への対応にしても、反応がかなり違ってきてますね。
「九」の魔法師として完成形に在る彼を惜しむ勢力が助力して来たり、逆にパラサイトという人外の存在が跋扈してるのが我慢ならないと国外に押し出そうとする流れまであって。

そんな中で達也は水波を取り返すべく新しい魔法の開発までしてのけてましたが……
そもそも、なんで使用人一人を追いかけるのにここまで労力をかけているのか、と黒羽貢から問われていたり。
八雲からは、光宣絡みの騒動であちこちに火種が散っているという指摘も。
達也が、人間らしい悩みを得た成長とも取れますが、柵がさらに増えて、歯がゆさが強い。


 

魔法科高校の劣等生28 追跡編(上)

 ico_grade6_2

「人喰い虎……呂剛虎! 今日こそ決着をつける!」

「望むところよ!」

 

まぁ、順調に下降しているというか。

スローペース進行ではありますねー。

幻惑魔術パレードを良く使いこなし、大陸古式魔術の知識を得ている。さらには周公瑾の隠れ家なども活用できる。パラサイトの横やりもあって達也の足止めが出来た。

 

そうしたプラスの要素が多くあっても、隠れ家にこもるのが限界で逃げきれない辺り達也が怖い。本当敵に回したくない相手です。

というか、今回の追跡劇を以てまた新しい着眼点を得てる辺りが本当に恐ろしい。

一条と吉祥寺の二人が『海爆』の件で英雄視されてインタビューを受けてましたが。そこで達也の名前を出すあたり、カーディナルも融通効かない、というか。

ここで今以上に達也に注目集めるのも得策じゃないと思うんですがね……まぁ、その辺は計算じゃなくて、これ以上借りを作りたくないというライバル心なのでしょうが。

 

光宣の段取りの甘さも際立つ、と言いますか。水波の決断を尊重すると言っている割に、余裕がなくなったらどうなるか分からない不安もあります。

達也の余裕を奪えないか、と敵性組織に手を貸したりしてる辺り、かなり引き返せないところまで言った感じが。

しかしまぁ、人食い虎呼び寄せて、達也に当てる想定だったのに……因縁の相手である千葉修次と相対して撃破されてたのには、ちょっと笑った。


魔法科高校の劣等生27 急転編

ico_grade6_2h

「それでもワタシは、同法の過ちに知らん顔をするつもりはありません」

 

この表紙絵で三校コンビが活躍しなかったら笑うわーとは思いました。

カーディナル・ジョージも基本コード見つけて凄いとか言われて、実際達也が送り付けてきたデータをちゃんと実用出来るようまとめることは出来るようですけど。

一条の方も戦略級魔法を会得して侵略を未然に防いだり成果を上げてましたが……何というか、中途半端ですよね。結局は達也の御膳立てだし。

 

そういう意味では、パラサイトとして手段を選ばなくなってきた光宣の方が敵としてのレベルは上がってきたかも。

手段を選ばなくなってきたのは一つ怖さが増してますが。不審な気配に集中を切らせるとか、まだまだ未熟な部分も散見されます。

 

しかしここにきて、さらにキャラが増えてきたのには辟易するな……

尊敬されていた閣下が死んだことでそれを慕っていた軍の一部も動き始めてるとか。

日本に亡命してきた人物が居て、その周囲でもまた騒動が起きそうだとか。

更にはUSNAが戦力を更に投入してリーナと対峙する展開まで発生して。

ベゾブラゾフが復活してまた色々と画策してましたが……懲りろよ……



魔法科高校の劣等生 司波達也暗殺計画

ico_grade6_2h
「次は、消す」

 

公式WEBで連載中作品の書籍化だとか。

WEBの方は未読。

タイトル見た時から「達也暗殺計画? 失敗するからやめとけよ……」とは思っていましたが。

達也を相手にするには、なにもかも足りなかったな、としか。

 

暗殺者の少女が、仕事の場面を達也に目撃されて始末しようとするというエピソードでしたが。

まぁ、当然四葉の知るところになって。文弥の教材にちょうどいいか、と黒羽に仕事が振られていました。

対処に奔走している文弥と殺し屋少女のやり取りがメインなのかなぁ。

 

本編前という事もあって、まだ文弥に至らない所があるのは、彼らしいかと思いました。

アンタッチャブルと呼ばれる四葉の人間の割に、達也に憧れていて自宅に押し掛けないように自省しているとか。ミーハーというか、何というか人間味が強い。

顧みるに、この段階で変わりなく完成されている達也の容赦なさよ……出自故仕方ないですが。



魔法科高校の劣等生26 インベージョン編

ico_grade6_2h

「それでも私は、今のお前を認めてやれない」

 

リーナ、何もしてねぇな。

スターズから離反者を出して、バックアップもない状況で、他国の戦略級魔術師がほいほい出歩けるはずもないって言うのは判りますけど……

このままだと、戦略級魔術師という立場でありながら、逃げ出した上に解決に寄与できず、良い所なしでパラサイト騒動終結後の居場所がないのでは……?

 

達也がベゾブラゾフを撃退した影響で、戦略級魔術師の圧力が弱まったと戦争吹っ掛けた国もありましたが……

この後反撃を受けるのかと思うと、何というか、ご愁傷様。

光宣と水波の問題、新たなパラサイト問題とそちらの対策に紙幅が割かれていて、ちょっと前までディオーネー計画で騒いでたのは何だったんだみたいな感じが。

 

新たなパラサイト達は、同類とみなした光宣と接触。

そこから悪影響を受けて、光宣も変質してしまったようですけど。

案の定闇堕ちか……前回まではまだ人間らしさ残ってましたけど、次達也と対峙したら止まらないんじゃないかなぁ、彼。




プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ