気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

魔王の娘を嫁に田舎暮らしを始めたが幸せになってはダメらしい。

魔王の娘を嫁に田舎暮らしを始めたが、幸せになってはダメらしい。2

ico_grade6_3h

「……お前は、なぜ笑っているのだ?」

()

「なんででしょうね。なぜか、気分がいいようです」

 

人見知り改善の為に、田舎の村で生活を続けるアストリッド。

いくらか村人たちとも交流が出来るようになり、改善の兆しが見えたかと思いきや。

勇者アスマから、王都で厄介事に巻き込まれているので手助けしてほしいという手紙が来て。

 

女神の遺産が関わっているらしいので、無視は出来ないとカズキも考えていましたが。

お手伝いします、と燃えるアストリッドが目的地が調和勢の中でも一・二を争うくらい大きな町だと聞いた途端、心折れている場面には笑いました。

一朝一夕ではいかないでしょうが、これ、改善の余地あるのか……? 実際行ってみたら戸惑いながらも、満喫してましたけど。

いやまぁ、隣にカズキが居れば彼女どこでも幸せそうな感じはしますけどね……

 

前回登場していた、独特な商人少女レミィが意外と重要人物だったり、先代勇者の仲間から色々と気になる情報が聞けたりしてましたが。

カズキが持っている魔剣は元々先代勇者が持っていたものだとか。

魔王との戦いの中で、別の女神の遺産を見たとか言う情報も出てましたし。

戦友の忘れ形見だとか、女神の遺産を守れとカズキに命じたりだとか、魔王様かなり重要な情報抱え込んでると思うんですが、何故それを秘しているのかは気になるところです。

成長を見守っている、というのが一番近いのかなぁ、と思いますが、さてはて。



魔王の娘を嫁に田舎暮らしを始めたが、幸せになってはダメらしい。

ico_grade6_3h

「お前等、俺になにか恨みでもあんの……?」

「まさか! そんなはずないじゃないですか?」

 

人間やエルフ、ドワーフのように秩序の女神に仕える調和勢。

魔王が率いる魔族、リザードマンやゴーストといった異形の者が集まる混沌勢。

ふたつの勢力が争いを続けている世界において、勇者という調和勢の希望の星を何度も撃退している混沌勢の四天王が一角、紅蓮の騎士、カズキ。

 

彼は魔王の信頼熱い四天王筆頭でありながら――本来調和勢に属する、人間で。

魔王に恩義があり、息子のように育てられたからこそ、その職務を全うしている。

カズキが使える魔王には娘が居て、高い魔力を備えるものの……人見知りが激しくて。混沌勢の異形達は見た目にインパクトもあるのがいけない。

それを改善させようと、敢えて敵地、調和勢の村に潜り込み社交性を磨こうという方向になっていましたが……

 

敵地に娘を一人では送り出せない。

故に、人間であるカズキを傍に置き護衛とする。……万一娘と間違いを起こしたら、息子のようにかわいがっていても容赦はしない、という言葉を添えていましたが。

親バカめ……そんなだから娘の人見知りレベルがどんどん上がっていったのでは……

オマケに潜伏時の設定が兄妹とかではなく、夫婦って時点で、色々とダメでしょう。

 

勇者の過去、女神の揺籠という遺跡で起きた事。あと、魔王様が何か考えている事。

その辺り踏まえて考えると、魔王様の失った友って言うのが先代勇者だというのが、一番おさまりがよさそうですけどねー。

しかし、それぞれの勢力の下で発達した技術や抱えている知識の違いを考えると、2勢力が争うのではなく手を取れば、この世界かなり平和になりそうですけど。

さて、どうなるやら。



プロフィール

ちゃか

 友人に「活字中毒っていうか読書中毒」と評される程度には本が好き。適当に感想を書いていく予定。リンクはフリーでコメントはご自由に。悪質と判断したものについては削除する場合があります。

アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索