気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

魔術師たちの就職戦線

魔術師たちの就職戦線2

ico_grade6_3h

「……そういうのは、ずっとまじめに勉強してきたヤツが出るもんだ。おれみたいな素人同然の人間が出たんじゃ相手にも失礼だし、クラスにも迷惑かけるだろ」

「キミ、妙なところで真面目だよね」

「妙なところじゃなく、基本的に真面目なんだよ、おれは」

 

前回はあまり出番がなかった少女、佐原閑丸。

彼女がユキナリに興味を持って距離を縮めてきます。

現状、一番ヒロインっぽい立ち回りをしているんじゃなかろうか……

将来を見据えて、自分の手札を隠しながら過ごしている点とか、状況を見極める目とか結構安定しているので、見ていて安心できる。

コレが香織里だと、ユキナリ絡みのネタですぐに視界狭くなるから不安になるんだよなぁ。

 

そして今回は、対抗戦というイベントがメイン。

年二回、夏と冬に行われているというクラス対抗戦。

クラスの代表として三人選出し、他の組の代表と戦うというイベント。

朱雀組は実力的に、香織里、ミオ、マルコが選ばれるところですが……マルコは手札を晒したくないと辞退して、ヤマザキがノリノリで推薦したこともあって、ユキナリが参戦する事に。

 

ヤマザキに特訓をつけてもらい……昨年香織里が去年引き分けた相手、金剛寺と戦う事になったユキナリ。

体格に優れ、術で防御力を上げている相手。対しユキナリはまだ術の引き出しが少なく、自分の身体を鍛える程度しかできない。

そもそも霊力の総量が少ないので、強化すると言っても限りがある。普通なら勝ち目があない感じですが……

 

一か所に攻撃を集中させ、少しずつダメージを蓄積させて倒す、という何とも泥臭い戦法で勝利。

いや、けどスペックで上回っている相手、一撃でも相手の本気の攻撃を食らったらアウト、って言う状況で地道に攻撃を当て続けられるユキナリの精神的なタフさは相当なものですよ。

これで、霊力の扱いにもっと慣れて行ったら相応の術師になれるんじゃないだろうか。

まぁ、それ以前に彼の場合、何やら秘めた力があってそれ絡みの騒動に巻き込まれる予感しかしませんし、相応の力量を身につけなければ死ぬんじゃなかろうか。



魔術師たちの就職戦線

ico_grade6_3

「……つーかよ、言葉でいって判らないなら、やっぱ――ブン殴って判らせるしかないだろ……?」

 

素養のある生徒を集めて指導している、退魔士育成機関「不動台術式高専」に転入する事になった雪也。

学校に到着するまでにいくつ騒動に遭遇してるんだってレベルでしたが。

元々、悪いモノを引き寄せる体質で、それ故に幼い頃から母親と二人で人気のない場所を渡り歩く生活を続けてきたそうで。

 

それ故に、日本に来る時のルートも、飛行機をチャーターしてましたが……それがトラブルが発生して、パラシュートで脱出。

池に落ちて……最初に出会ったのが、幼少期に判れた姉で。自分を置いて家を出て行った母と弟を許せずにいた彼女は、出会い頭に殴ってきて。

その後もかなり険悪な状況が続いてましたねー。

 

オマケに雪也は、そういう技を学ぶ学校に入っておきながら、呼び寄せる体質でありながら、退魔の技に詳しくなく。

何で入学を許可されたのかもわからない状況。

そんな中、姉と一緒にいる場面で何者かに襲撃されて。厄介ごとに首を突っ込んでいくわけですが。

教師陣が状況を把握しながらも、手を出さずにいてくれたのは、まぁ、良かったのかなぁ。

校長が雪也の事情を把握してそうですし、母の思惑も明らかではなく。おまけに今回の黒幕も分かってないわけで。なんともいいがたい終わりだなぁ。

 
livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索