気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

黒星紅白

キノの旅XXIII

ico_grade6_4

「無理に死ぬ必要ないのに」

“今日は、傘は必要ないのに”と言うような、軽い口調で言った。

「いいや、私は死ななければならないよ」

 

帯文の『「みんながそう言っている」の“みんな”はあなたが選んだ人達だ。』が好き。

いやぁ、しかしキノの旅23巻ですって。ここまで出るラノベも減りましたよねぇ……と言おうかと思いましたが、最近完結したシリーズとかでもっと出てるのもありましたね。

まぁ、それはさておき。今回も、相変わらずな旅人たち(キノとエルメス、シズ一行、師匠たち、フォト)の日常が描かれてます。

 

一番気に入ったのだと第四話「愚か者は死んでもいい国」。

クーデターを起こした総統によって支配されている独裁国家。しかし、外面は良くしたいので旅人からは良い評価を下されている。

実際、監視網を確かなものとするために技術が発展し、キノとエルメスも満喫してましたしね。

 

そして、滞在中に総統が新しい政策についてのアンケートを取り始めて……

結末があっけないというか、予想外のオチがつきましたが、全部上手くいくわけじゃないもんなー。こういう、無情なところ好き。

 

他には、フォトのエピソードである第二話「ピンクの島」。

絵はがきでみた「全てがピンク一色に塗られた島」の写真を撮りに行ったフォト達が島で予想外の光景を見る話。

短いんですが、見え方とか文化の違いが感じられるの好きなんですよね。

虹の色って国によって6色とか7色だったり、太陽の色を日本では赤にするけど海外では白や黄色にするとか。

そう言う系統の表現見るの楽しいです。……まぁ、あの島の住人たちの現状とソウが評したRGBを見ると、皮肉も聞いてて別種の楽しみもあるんですが。


キノの旅 the beautiful world 2

ico_grade6_3h

「これからどうするのさ キノ」

「さあね どうしようか」

「どうしようか悩み続けようか」

 

シオミヤイルカ版キノの旅コミカライズ。

「多数決の国」、「平和な国」が収録。プロローグ・エピローグは「砂漠の真ん中で」。おまけで「森の中で.c」が載ってます。

原作でもかなり初期のネタですよねー。懐かしい。

 

砂漠で雨に降られて、笑い続けるキノから始まって、その旅路が描かれていくわけですが。

「多数決の国」は、革命が起き多数決で全てを決めるようになった国の辿った結末について。十年でよくもまぁ、と言う感じ。

城壁はあるが門番はおらず、門も空いている。さらに、都市には人影も無く……たまたま出くわした人物から事情を聴く話。

 

道中で多くの墓標を見て、生存者はいないだろうと思っても「一つの国に三日」と言うルールを守ったために、人と出会えた。

「それくらいがちょうどいいんだって」と言う、話を守っているのが良いんですよね……

 

次に訪れたのは「平和な国」。

こちらは、誰にも出会えないなんてことはなく、多くの人々に歓迎されてましたが……道中でキノとエルメスは多くのミイラを見つけて。

この国と、もう一つの国が得た欺瞞の平和は、人の業を煮詰めた感じで物語のネタとしては好き。的にされた方からすれば、たまったものではないでしょうけど。

 


答えが運ばれてくるまでに~A Book without Answers~

 ico_grade6_3h

人はそこにあると信じているものを見つける。

 

再読。

絵本シリーズ3弾。今回は20編収録。

幸せにしてくれるあるどうぐの話。

置かれ状況で感じ方がかわる「みえるものとみたいもの」の話などが収録されています。

 

「ふたつのこと」が好きな人に望む事としてはシンプルに美しいと思います。

皮肉成分満載の「じぶんにはないもの」は、笑い事じゃないけど笑ってしまう。

さて、結局返事はどうしたんでしょうねぇ。

「ともだち」のドラゴンの話はちょっと寂しい。

「じたばた」は、水難救助の話というと嘘になりますが。夏場海とか行く事が多いので、そうだよね…って思う部分があった。オチも綺麗で好き。


夜が運ばれてくるまでに~A Book in A Bed~

ico_grade6_3h

貴方は貴方の作品を書けばいい。

 

再読。

絵本シリーズ第二弾。今回は25編を収録。

たとえば、小さな村にすむ少年少女が、隣に住むおばあさんの家に遊びに行く話。

たとえば、人生を乗り物の運転に例えた話。

短くも素敵な話が今回もたくさん記されています。

 

「えごとえこ」みたいに皮肉交じりのエピソードも健在です。

「さくひん」・「てきとみかた」・「まんぞく」辺りが背中を推してくれる感じがして好き。

「つらいこと」で描かれた大人が、格好いいと思います。戯れに聞かれた質問に、何かを思い出し涙する事ができる。そして、それでも怒らず質問に答えてくれる。積み上げて来た時間が、幸いだったのだと感じられて良いですよね……

あとは「だいびんぐ」の最後の一行が、そりゃそうだ、って感じであっけらかんとしてて笑った。


お茶が運ばれてくるまでに~A Book At Cafe~

ico_grade6_3h
そう思ったことを、今からやりましょう。

 

再読。

『キノの旅』のタッグでおくる、18の掌編を収録した絵本。

元々キノでも風刺とかも上手く描かれていましたし、あのテイストが好きなら読んで損はない一冊。

 

「らぶれたー」の少しずつ長くなっていく文章が、最後短くなるのとか。

文章のレイアウトも工夫されていて、本当に絵本的というか。視覚情報が増えていて楽しい。

皮肉が効いてるのでいえば「はな」とか「あなたのいるばしょ」の登山家の部分とかか。

 

一番好きなのは「やりたいこと」ですかね。勇気をくれる。

「さくせす」とか「けいけん」なんかも、今見ても刺さるというか痛いので、頑張りたいですね……

あとは「りゆう」も短いながら、胸に来るので気に入ってます。

 


学園キノ6

ico_grade6_3h
「私、主役にはなれなかったけど……」

「けど」

「格好いい脇役にはなれたかな?」

 

8年ぶりの新刊。正直前の巻の記憶薄れて来てるんですが、問題なく楽しめましたね。

頭空っぽにして楽しむ系パロディ。

というか、キャラ紹介のところで「忘れている人は読み直してください。読み直さない人のために記しておくと~」とか書かれてて笑いました。

 

学園キノ世界でも写真を撮っている、フォト……じゃなくて帆戸が『謎の美少女ガン・ファイターライダー・キノ』の返信場面をたまたま写真に収めて。

スクープを求めて、木乃を追い求める帆戸。盗撮用の器具を買い求め、実際に盗撮しまくってるのがヤバい。

 

キノの名前は本名から取ったんだな、と気付いた時「とても難しい謎が解けた」と零し、地の文で「あら凄い。賢いわね貴方」って書かれている下りが最高でしたね。

難しくもなんともないよ……読んでいると知能指数が下がる音が聞こえる……

帆戸の隣にも喋るキーホルダーのソウがいて。変身能力を授けてましたが……温度差が凄かった。挿絵のインパクトもあって、腹筋痛かったです。

後半にあった「学園編第九話」の見開きがまた凄い。これ見よがしに紙幅を割いたのに、しれっと何事もなかったかのように会話を続けるんじゃないよ……

ツッコミが追い付かない。

学園キノ(6) (電撃文庫)
時雨沢 恵一
KADOKAWA
2019-10-10

キノの旅XXII

ico_grade6_3h
「ここからが本番よ!」

 

22巻ですって。

初めて読んだライトノベルなので、思い入れありますが。

もう20年書いてるとか。え、ちょっとなにをいってるのかわからない……

 

キノとエルメス、師匠と弟子、シズ達にフォト。

それぞれの旅や生活模様が、相変わらず楽しく、時に悲しく描かれていて、愛おしさすら感じる。

今回収録のエピソードだと六話の「来年の予定」が好きですねー。

 

三日間開催する音楽のイベントの撮影スタッフとして参加したフォトと、彼女につけられた補佐役のイザベラの話。

体格は良いが気が小さいイザベラが、失敗を続け落ち込んで……それでも、最終日に奮起して写真家として生き生きしているフォトの熱気に応える姿は眩しかった。

それに、彼女の武器も見つかったようですしね。頑張って行ってほしい。

 

しかしまぁ、フォトのいる国は平和でいいですねぇ。和む。

キノは猛獣バトルしたりしてましたしね。それで生き延びるあたり、流石としか言えない。

師匠たちの影響が残る「仮面の国」とか。二人が訪れた「取り替える国」のエピソードも中々でしたけど。

入国に際し武器を預けなくてはならなくて、荒事の時に弟子を武器にしたところは、思わず笑った。



ソードアート・オンラインオルタナティブ ガンゲイル・オンラインⅢ セカンド・スクワッド・ジャム〈下〉

ico_grade6_3
「よしっ! 行くよっ! ピーちゃん!」

 

いやぁ、中々に厚い。

500ページ超えのラノベはそこそこ珍しいのでは。いやまぁ、同じ電撃には1000ページ超えてくる化け物も居るのでアレですけど。

展開も熱いので、大満足。

 

ピトフーイ達が活躍している裏で、レンも当然ながら動いていて。

最短距離を通るために、ドームに踏み込んだら、内部はジャングルになっていて。

視界が最悪の状況で内部にいる三チームが結託しているという状況。

対ピトフーイ用の札を切る羽目になったとはいえ、2人で3チームを壊滅状態にするあたり凄まじい。

 

SHINCの方も、エムの盾対策を用意して、仲間を盾にすると言うゲームならではのトンデモ戦法を披露してましたが。

いやぁ、あれには驚かされました。第三回があるとしたらなんらかの対策が取られるのでは?

色々な助けもあってピトフーイに迫るものの、彼女は彼女で傑物で。気圧されてましたが、最終的に吹っ切れて勝利に突っ走る様は見ものでした。



ソードアート・オンラインオルタナティブ ガンゲイル・オンラインⅡ セカンド・スクワッド・ジャム〈上〉

ico_grade6_3

「頑張りますから期待していてください。“約束”――、忘れないでくださいね」

 

第二回、スクワッド・ジャムの開催が告知されて。

スポンサーが変わり、今回の出資者が大盤振る舞いをした結果、割とにぎわって開催されることとなったようですが。

第一回優勝者のレンは、特に出場するつもりもなかったものの……

「第二回スクワッド・ジャムの夜に人が死ぬ」という訴えを聞かされて。

ピトフーイを打倒する事でしか、それは止められないという事でしぶしぶ出場する事に。

 

それとは別にリアル割れして、第一回で戦った女軍人アバターの少女たちと仲良くなってたのには少しほっこりした。

いやあぁ、前回の動画をみて「どうやって殺した」のか考察する部分もあって、言葉だけ拾うと物騒極まりない会話もありましたが。

上手くなって次は勝つっていうのは、ゲーマーとしては正しいのでは。

 

今回エムはピトフーイ側の為、友人にコンバートしてきてもらって、なんとか2人チームで参加。

まだ不慣れなタッグなため、トラップ二引っかかったりもしてましたが、その後敵を殲滅するんだから恐ろしや。

まぁ、合同チームの襲撃を軽く蹴散らしてるピトフーイ陣営も怖くて仕方ないですけどね。レンあれを倒さんとならないのか……



キノの旅XXI

ico_grade6_3

「入国する前に離したじゃないか。〝ボクにとって、国に求める一番重要なことは何?“って」

(略)

「それは“のんびりできること”、だよ」

 

アニメ新作が放送されていたキノの旅。

放送局映らなかったので、ネット配信でちまちま見ました。

仕事の忙しさに追われていくつか見逃しましたが……

師匠と弟子が生き生きしてたエピソードが好きだったなぁ。

 

第一話「有名になれる国」は、国民全員がラジオを持っていて、受信だけではなく、自分が発信できることもできる、という多機能なもので。

ただまぁ、視聴回数を増やすために危険な行動をするものもいて……

第五話「満員電車が走っている国」は、ある事情から定期的に敢えて「満員電車」を走らせていて……

とこの辺りは、皮肉が聞いてていい感じでしたね。有名になれる国はSNSから着想を得たんですかね。

 

笑ったのは読書が盛んな「読書が許されない国」の話。

そう上手く運んだら苦労しない気もしますが……禁止されているからこそしてしまう、って言う人は一定数居るんでしょうねぇ。

細かい注意書きをするAIにも笑いましたが。責任逃れを計るAI……かなり優秀なのでは?

 



プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ