気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

BUNBUN

神域のカンピオーネス5 黙示録の時

ico_grade6_3

「殺されたからって素直に死ぬような人に…神殺しなんて務まりません。すくなくともわたしが生きている間は、世紀の大魔王として君臨してもらわないと!」

 

アポロンの力まで獲得したアテナは世界を滅ぼさんと動き出して。

実際、蓮達が阻止しようとしていたものの、世界から人類消し飛ばされる規模の大きい事件発生してますしね……

まつろわぬ神や神殺しのやることは、どうしたって多方面に影響を与えるものですが。

それにしたって最大規模なのでは。アテナさん容赦ないわー。

 

追い込まれた蓮が、騒動の中で目覚めてしまったアイーシャ夫人の手まで借りてて、おいおい気を付けろその人爆弾だぞ、みたいな気分になりました。

実際、幸運の代償にかなり痛い反動を負う羽目にもなってましたしねー。

殺してもそうそう死なない「神殺し」の割に、蓮って権能少ないのもあって割と死線彷徨ってますよね…他のカンピオーネ諸氏のような、ぶっ飛び方はしてないので、今後成長に期待。いやまぁ、期待すると修正力さんとか大変ですけど、そこは諦めてもらう方向で……

 

梨於奈が蓮との関係に踏み込もうとしたのも、まぁいい塩梅なのでは……と思ったけど、『カンピオーネ』の5巻って恵那が出て来てさらに護堂の周囲に女子増えた巻なんですよね。それを思うと、蓮は経験豊富ではあれど、ネームドの彼女は少ないですね。ちょっと意外。



昨日の僕が僕を殺す

ico_grade6_3
「協力はしてやる。だがそこから先は自分で考えろ。道は教えられるが、歩き方やどの道を選んで進むか決めるのは自分自身だ」

 

表紙絵がBUNBUNさんで目を引いたので購入。

したのはいいんですが、残念、ちょっと苦手な雰囲気でした……

北海道、小樽が舞台。

厄介事に巻き込まれたときに、あやかしに助けられたルカ。

彼らとの交流や、周囲で起こる異変に対峙することとなるホラーミステリ。

 

母親が父親を殺すというトラウマじみた過去があって。               

親族はいるが、そこまで親しくはない微妙な関係。

厳しくしかり同時に褒めてくれた叔母が居たが……彼女も亡くなってしまった。

 

そういう喪失があって、彼自身が他の人と距離を測りかねている部分はあるでしょう。

過去を掘り返されたくなくて、人と関わらないようにしている。

彼自身の迂闊さがどうにも見ていてハラハラするというか、どうにも苦手。

渚もそうですが、もうちょっと言葉を尽くすと、いいのでは……

ホラー要素が強めではありましたが、あやかしと人、魔が差すということ。そうした怖さは魅力的だと思いました。

ただ、ルカ苦手なのは致命的なので、続きは手を出さないんじゃないかな……


神域のカンピオーネス4 英雄界ヒューペルボレア

ico_grade6_3

「大切なのは勝つか負けるかで、上手い下手はどうでもいい気がするな」

「言いましたね。ならば、あなたが往く道の正しさを――勝利を証し立てなさい!」

 

日本での騒動を何とか乗り越えた蓮たち。

アポロンにさらわれた王女カサンドラを助けるべく、新たな神域に踏み込んで。

まぁまた新しい文明圏の中で、強かに情報を集めてましたが……

今回の一番のポイントは、なぜかひょっこり紛れ込んでいた姐さんの方なのでは。

 

いやまぁ、侯爵が死なずに好き放題していたから、どこかで他のカンピオーネも出てくるんだろうなぁ、と思ってはいましたが

予想以上に早かったし、想像通り酷いことになったからな……どこにいっても徒弟を迎える定めなのか。いや、今回は門下に加えたわけではないので、徒弟というのも憚られますけど。

 

しかしオーディオドラマの方で、護堂が登場していたとなると惜しい事をしたな……いや、ちょっと金欠で通常版買ったんですよねぇ……

四巻の後日譚、追補編として描かれているようで。5巻の冒頭ででも軽く触れて欲しい……というか、護堂まで出てくるのなら、今の彼の力量を示してほしいような気も。

アポロンを追う傍ら、順調に攻略を進めている感。護堂よりもあけすけで、いつか後ろから刺されそうな……刺されても死にませんけどね……



神域のカンピオーネス3 黄泉比良坂

 ico_grade6_3h

「おっ。今の結構いいな。やけにかっこいい感じの見切り方だ」

「おのれ、ふざけたことを言う!」

「そんなことないさ。かっこよく戦えるってのはとても大切だと僕は思うよ。それだけ『正しい動き』をしてるってことだからね」

 

梨於奈との婚約話を進めるために、改めて日本を訪れた蓮たち。

八咫烏の神力を使う者として、日本を離れすぎるのはどうなんだ、とお偉方はご立腹。

気に食わないが、その能力は必要なので、機嫌を損ねすぎるのも不味い。

そこで彼女に隔意を持つ青年が、ひとつ懲らしめてやりますよ、と息巻いてましたが、あえなく失敗。

 

より凶悪な事態を引き起こして、自業自得ってこういう事かな、みたいな。

まぁ、神様絡みの騒ぎが起きた事で、蓮が能力を公然と使う口実も出来て、婚約話がトントン拍子で進みそうなのは何よりです。

神祇院の本部を見学している蓮が、封印の術式がかかった扉に触れて、手がぴりっとしたな? みたいなアトラクション扱いしていて、ちょっと笑ってしまった。

その後、強化した術式も無効化されてて、当代の術師たちは大変だな……とちょっと同情した。その御仁、常識が通じない神殺しだから、早めに諦めた方がいいよ……

 

ここで力を見せれば神祇院の人達は「忖度」してくれるよねぇ?

と、圧をかける蓮は、護堂とかよりも上に立つことにためらいがないというか、使えるものは何でも使いますなー。

作中に時事ネタ織り込んでいる辺り、作者的にも思う所はあったのでしょうか。

 

神様との戦いには横やりが入り、新しい権能を得ることはかないませんでしたが。

……次なる神様の戦いに繋がりそうなあたり、権能増えるのそう遠くはない気が。

ジュリオが、クオレ・ディ・レオーネを使ったりと、懐かしい名前も出てきてそこらへんも楽しかったですねー。4巻も予定決まってるようで、今から楽しみです。



神域のカンピオーネス2 ラグナロクの狼

ico_grade6_3h

「さらばだ、旅の仲間よ。ひとときの戦友にして、不倶戴天の宿敵であるはずの男とその供たちよ。願わくば、何処かで再会したときにも、友のままでいたいものよな!」

 

1巻の最後で、絶対あの人だ……とは思っていましたが。

案の定、ヴォパン侯爵が登場。いやもう、相変わらず好き勝手やってるな、この御仁。

しばらく死んでいた、ってのは多分魔王内戦時の時の事だと思いますが。肉体が滅び、魂が消滅寸前に行ってなお滅びず。

どうにか踏みとどまって、力を蓄え、転生したと。一部の権能を失ったとも言ってましたが。いや本当カンピオーネってどうやったら死ぬんだ、コレ。

転生までされたらお手上げじゃない?

 

飄々と生きている蓮がこれまでの神殺したちとはまた雰囲気が違って、見ていて楽しいですねぇ。

日々を楽しく生きているというか、何があっても動じないタフさがあると言いますか。

発生した特異点を解消した際使った出口は地中海のシチリア島とつながっていて。

蓮達は、つかの間のバカンスを満喫していますが。

梨於奈はあくまで日本に属する霊鳥の化身で、即座に帰国せよと日本のお偉いさんたちからの指示が出ている様子。

彼女はそうした上とのやり取りや柵をうざいと感じつつ、日本と深いつながりと持つがゆえに他所に所属を移すのもはばかられる、と。

 

ジュリオが中々愉快な提案をして蓮も乗り気なのにはちょっと笑いましたね。

これまでの同作者の主人公とは違う個性を持ってるなぁ、蓮。肉食系という意味では『クロニクル・レギオン』は相当でしたけど、征嗣ともまた違う感じの積極性というか。

しかし、彼の性格とステラの能力故ではあると思いますが、神々とも気安く交流しているあたりは大物ですねぇ。

 

神話世界で起きたトラブルを解消して、地上に迫っている災厄を未然に防ごうとしているわけですが。

……これが仮にドニとかがこの世界に来たら、神様連続斬りとか初めて、権能がとんでもないことになりそう。侯爵がそういう事しないかって言うと、全くそんなことないですけど。

今回だって、北欧神話の世界とつながって、フェンリル解放して暴れまわって、ラグナロクまでのカウントダウンを加速させたわけですし。

絶対また横やり入れてくるんだろうなぁ、と思うと。破滅予知の時計を管理しているジュリオの神経がもう少し細かったら絶対倒れてるぞ、コレ……。



神域のカンピオーネス トロイア戦争

ico_grade6_3

「決闘とかケンカなら、僕は別に弱くないんだ。むしろ強い方……いや。たぶん、かなり強い方だと思うね」

 

「カンピオーネ」を描いていた作者の新作。

タイトルからして薄々予想はついておりましたし、帯でそもそも「新たなる○○○のファンタジー」とか書いてる時点で裏表紙あらすじの「何の力も使えない素人」って部分は嘘だ! と思いながら読んでいましたが。

 

神話の世界とつながり、災厄を齎す異空間「サンクチュアリ」。

サンクチュアリ内で神々があれれば、それは地上にも影響を与える。

という事で、専門知識を持つ少女と、なんちゃって素人の蓮が内部に踏み込んで、空間の歪みをただすべく動いていますが。

 

こちらからサンクチュアリに踏み込んだ、って言うのもあるでしょうし。

今回の根幹がトロイア戦争だったって言うのもあるでしょうが、神々との距離がかなり近かったですねぇ。

そういう意味では蓮みたいに飄々とした性格の方が、この世界にはあってるんだろうなぁ、とか思いました。

 

こんな所に「カンピオーネ」世界の神殺し放り込んだ日には、ボーナスステージとばかりに権能増やしまくって手に負えなくなるのでは。

なんか最後、どこかで見た事あるようなエメラルドの瞳の狼のような男が出てきてましたが……え、あの人の若い頃なのアレ……?

今回はなんか機嫌よかったっぽいですけど、絶対なんかよからぬ騒ぎ引き起こしますって、あの御仁。

「カンピオーネ」のキャラ達とはまた少し違った獣の話、満喫しました。




クロニクル・レギオン7 過去と未来と

ico_grade6_3h

「はい。くわしいことはまたあとで。今はとにかく――わたくしたちの未来の為に、戦っていただきたいと思います」

「承知した」

 

シリーズ完結巻。

まだまだ続けられそうではありましたが、区切りとしてはいい感じではないかと。

照姫の暴走を鎮め、皇城に君臨した征継達。

衛青将軍も協力してくれて、陣営は更に強力になっていましたが、これまでの庇護者であるカエサルがそれらの行動を見逃してくれるはずもなく。

 

あちらも戦力を整えて、皇都に向けて進軍を開始して。

まぁ、志緒理たちも手をこまねいているはずがなく、大英帝国側の協力を得たりと根回しを進めていた辺りは流石。

カエサルもただやられるだけではなく、やり返してくるあたり厄介な御仁ではあります。

 

そしてカエサルが引っ張り出したローマの切り札、ジェベとブルータスという二人の復活者。

因縁の対決と、対応が困難な武勲とで征継も一度は倒れしまってましたが。

これまでの積み重ねもあって、何とか復活。……まぁ、当然のようにやることはやってたんだなぁ、という感じではありますが。

予想外の事がありながらも、目的を達成した志緒理達の奮闘にはただただ感心するばかりです。



クロニクル・レギオン6 覇権のゆくえ

ico_grade6_3h

「オレが衛青将軍の立場なら、もっと手段を選ばずに成り上がってみせるぞ」

 

積読消化―。

というか消化はしていたんですが、「読んだけど感想書いていない山」に埋もれてたんですよね。

……俺の部屋、本の山ばっかりだな……もうちょっと整理したいとは思っているんですが中々時間が。

 

閑話休題。

照姫の行動によって混乱している状況。

衛青将軍がローマ帝国から離れ、皇城を制圧。女皇を従えて実験を握ったり。

カエサルが呼び寄せた正体不明の英雄がリチャード獅子心王を打倒したりと、各地で騒動の種がつきません。

 

衛青将軍の行動は志緒理たちにとっても青天の霹靂ではありましたが。

そこで驚きながらも足を止めず、対策をきちんととれる辺り主人公たちの陣営は厚いですねぇ。

照姫は、その立場故に仕方ない部分はありましたが、頼れる側近とかいなかったからなぁ……

 

不利な状況に陥った中で、志緒理はまた命を削る決断を下して。

ここで迷わない辺りが彼女の覚悟を物語っていますけど。状況を鑑み、諦めないための一手として、自ら代償を背負うって言うのは、中々重いなぁ。

それを補佐するために、征嗣たちが尽力しているのでしょうけど。



ファイヤーガール3 「青銅の巨人」 下巻

ico_grade6_3

「力は諸刃の剣や。強くなっても人は守れんのや。いっくら強うなったところで、力では人は守れんで。むしろそうやって自分の身を危うくするもんや」

(略)

「じゃあ……じゃあ、どうしたら大事な人を守れるんすか」

「責任や――――務めを果たす。それだけや」

 

巨人への対策を取るために、選抜されたメンバーがすばる姫の元へ。

放浪者対策としてのすばる姫の城へ逗留しての警護。

そして、巨人に対抗するための情報をもとめての工匠を行っていました。

最も、警護の方に関してはすばる姫が放浪者とつながっていないか監視する目的も含まれているようですけど。

 

一年達の独自行動もスタート。

コラボの情報が洩れている疑いがあるので、連絡用の場所を設けて相談しています。

ほむらはいまだ迷いの中にありましたが。

妹の月に色々と言われてましたね。「昔と違う」、「すっかり縮んじゃったみたい」、「このままじゃ絶対よくない」とか。

なんだかんだ言いつつ姉の事とかその友人の事とかちゃんと見てるんですねぇ。

 

一年ズは、先輩から託された『紛失したことになっている転送輪』を活用して虚惑星へ。

……最終巻になってなお暴走している鼎は本当どうしようもないな……

強気なくせに、一番現実見えてないのは彼女なんじゃなかろうか。

彼女の無謀な行動が、最後の一手につながったわけだから、何とも言いにくい部分もありますが。

 

そして天竜代表の抱えていた秘密なんかも明らかになって。

……これ全然最終巻の雰囲気じゃないって言うか、もっと続けられただろう、みたいな雰囲気を感じる展開でした。

東野たちが一年生の間の物語としてキリがいいのは確かですけど。色々もどかしい部分残ったのは確かですねぇ。

 

ファイヤーガール3 「青銅の巨人」 中巻

ico_grade6_3

「日ノ岡さん。わたしも、堪えて、います。みんなが不幸、になる、夢を見て、泣きながら目覚める、ことも、あります。それでも、なんとか踏みとどまって、いられる、のは、わたし自身の勇気です。誰にもらったものでもありません。これだけは、わたしのものです」

 

虚惑星で生じ始めた異変。

すばる姫はそれを「青銅の巨人」が目覚めたからだ、と語り。

目覚めた傀儡師からも情報を得て、色々と動き出した感じですね。

商人である以上、そう簡単に情報を出してくれるはずもなく、ちょっとした駆け引きもありました。

 

ここに来て虚惑星側の情報が出てくるのがまた何とも。

すばる姫の事情とか思いとかも分かるだけにもどかしいですけど。

情報の出し惜しみをして見える、すばる姫の事をよく知らない探検部員もいるんだよなぁ、と改めて実感。

 

桃山荘の転移装置の残量を残すために、日吉坂のベースキャンプから帰還する事になって。

その帰り道に襲撃を受けるなど、虚惑星人達の行動があからさまになってきましたねぇ。

そして明確な敵対者が出てきたことで、探検部は一年生を当面の間で入り禁止とする方向で話が進んでるとか。

もっとも完全に出入り禁止と留守のではなく、安全な区域で転移して知識を深める、という案も出てるようで。

完全禁止よりは不満が出にくいという判断からか、後者の案が採用されてましたけどね。

 

謹慎がとけた鼎も他校でのミッションには参加していましたが。

……彼女は相変わらず無茶するなぁ、というか。ほむらとはまた違う方向で暴走気質ですよね。

そして東野たちが別の学校のベースキャンプでミッションに当たっていたら……近隣の遺跡で巨人が目覚め。

戒厳令が敷かれ、虚惑星への入星が全面禁止となってしまって。

一年生たちはその中で、独自の連絡網を作って動ける準備をしようとしていますが。

……東野だけは天竜代表から連絡を受け、正式に三等調査官となり、事件解決の方に駆り出されることになり、一年の輪から外れていました。

これだけ色々盛り盛りであと一冊で本当に終わるのかはちょっと不安ですなぁ。

 

 
プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ