気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

COMTA

魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?5

ico_grade6_4

「ふはっ 魔術師が他人をかばうのか?」

「他人じゃない こいつは俺の娘だ」

 

コミカライズ5巻。原作2巻が終わって、3巻のエピソードの序章を収録。順調に続いてくれそうで嬉しいですねー。

 

ザガンの居城を抜け出したフォル。

父竜が聖剣所持者に殺され、復讐のための力を求めていた彼女は魔王殿へと足を運び……

そこに、彼女の仇であるラーファエルが現れるんだから、ついてないというか。

ザガン達と出会った後だったからこそ、真実を知ることが出来たわけでそういう意味では最高のタイミングだったとも言えますが。

 

フォルがカッとなって攻撃をしかけたものの、聖剣の前に倒れそうになり……そこにザガンが駆けつけて。「察してやると言ったろう?」と言えるんだから、格好いいわぁ。こういう時バルバロスの転移便利ですよね、本当。

そして、娘に手を挙げた相手を許す道理もなく。魔王すら倒したという伝承すらある聖剣の炎を物ともせず打ち破るんだから、魔王の風格が出て来てる。

まだ試行錯誤の途中で完成は程遠いなと言ってますが、それで勝てるんだからもう……

 

フォルがザガンとネフィのところに居場所を見つけたように。

迷っていたシャスティルも、自分の道を見つけて。剣を手に戦場へと駆けつける様は聖騎士長らしくて良かった。

事件終わった後の一幕を見るに、ポンコツなのは相変わらずでしたけどね。

オマケで記されていた「シャスティル行方不明中の蒼天の三騎士」の巡回風景が笑えて好き。この三人は察しが良いな……

でも一番笑ったのはやっぱり、ラーファエル真実が明らかになって、4人が「は……?」と言ってるコマですね。絵が付くと更に笑えるなココ。

魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?11

ico_grade6_4

「情けない声を上げるな。貴様はいま、王の後ろにいるのだぞ。しゃきっとしていろ」

 

11巻ともなると、人間関係も落ち着いてきて、安心感がありますね。

いやまぁ、ザガンとネフィとかいつまで経っても初々しいカップルで、微笑ましいんですけど。

オリアスが、孫たちが可愛すぎてヤバいから帰るとか言い出すのも、ちょっと分かる。

信じられるか、これが魔王なんだぜ……?        

 

日常パートが癒しになっているのは確かですけど、アザゼルと言う脅威を確認した以上、ザガンも無策のままでいるはずもなく。

キメリエスを相手に特訓を重ねている模様。難度が高いのか、負傷したりもしてましたが。

疲労が溜まっているのを察してくれる配下がいるのは、本当にありがたいですね。

ザガンとネフィの夢を繋げたリリスはグッジョブ。扉絵が「高校生の俺が後輩エルフを嫁にしたんだが~」になってたのも雰囲気出てて良かったですね。バルバロスとシャスティルが居るのもポイント高い。

ファンタジー世界でも、夢の中なら現パロが出来るんだよ! 勉強になったね。

 

視力を取り戻した黒花が、シャックスとコンビで調査に派遣されて。

その経過報告を聞くため妖婦ゴメリが城を発つ間際、フォルに色々吹き込んで。

影響があちこちに飛び火してて笑う。愛で力の為なら本当に手段選ばんな、あの人。

ただ、それによってアルシエラの事情とかが少し見えてきたので、結果としてはいい仕事してるのが、なんだろう。認めがたいけど認めざるを得ない。

 

マルコシアス亡き後の魔王筆頭であった、アンドレアルフス。

その彼が失踪したことは、もはや魔王の中で知れ渡っているようでしたが。

最長老の喪には服すけれど、アンドレアルフスが失踪しようがしったことかと、全方位から嫌われているのは正直笑えた。

ただで死んだとも思われては無さそうでしたけど。このままだと最後にポカやって退場した間抜けになってしまうので、せめて反撃くらいはしてほしいですが、さて。

 

別件も合わさって魔王に空席が出来るかも、という事で。

2つの異名を持つ魔王ナベリウスがザガンに接触。当代で魔王候補と目された有力な魔術師をほとんど抱えているのもあって、次は誰が魔王になるか、なんて話をしてましたが。

ザガンと殴り合って死んでないバルバロスと、ビフロンスを退けた実績のあるフォルの名前を挙げていたのは納得。

そして、その二人と並んでザガンが推したのがシャックスだって言うんだから、最高ですよね。黒花とのやり取り、見ていて楽しいので好きなんですよ、シャックス。

ザガンが敵に回したくないくらいには評価している、と言うのもまた良い。

 

世界が閉ざされているという話と、アルシエラの役割。

その辺りも結構情報出て来てましたが、銀眼の王関連の情報が全て明かされたわけでもなく。むしろ、情報が出る度にどういうこと……? ってなって続きが気になる。

今回のエピソードでリリスが覚醒して、アルシエラを引き留めたのは本当ファインプレーですよね。一年前の戦いで多くが喪われて、過去を知る人は貴重ですから。



魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?4

ico_grade6_4
「だからお前にも同じ言葉を返す」

「いつでもかかってこい」
「負けるたびお前が働く時間は長くなっていくがな」


コミカライズ4巻! 

力を求めて魔王を襲った魔術師ウォルフォレ。ザガンから魔王襲撃の罰として、ネフィの仕事補助を振り分けられて。交流を通して二人を知って行くことに。

ザガンとネフィがまだまだ初々しくて、そこにフォルが加わることで良い変化が起きていて、楽しいですねー。

 

幼女な養女となったフォルがもうかわいいのなんの。

イチオシは78Pの「ちゃんと報告した」から「ザガンにほめられた」してる2コマ。

その後の「ここにいる」なんかも良いですね。

 

子どもの扱いに慣れてないザガンですが、要所で的確な言葉をかけてて、かなり真っ直ぐ主人公してるので好感が持てますし。

まぁ魔術師として、魔王として、容赦しない時はトコトンやるのでオンオフがハッキリしてますよね。

 

同じようにまっすぐでオンオフ切り替えてるのがシャスティルですが……

彼女、敵対している魔王を擁護して聖剣没収されたり、ザガン達とフォルの関係を誤解したり、絶妙にポンコツだからなぁ……

巻末オマケ、バルバロスは見た! ……じゃなくて「◆見張り」も1Pでかなり笑えたので、凄い。



魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい? 10

ico_grade6_4

「では、やるぞ。あれは俺たちの命を懸けて倒すべき敵だ」

 

大きい風呂が欲しい、というリリスからの要望と、部下の慰労、直近の配下たちの状況等を踏まえて、大浴場を建設する事を決めたザガン。

いやぁ、相変わらずの行動力と言いますか。なんで魔王が風呂工事してんの……? ザガン自身は生まれもあって、あまりそう言った生活習慣に興味がなく、リリス筆頭に配下たちから意見を聞いて、できるだけいいものを作ろうとしてる辺りは凄い。

生活に直結している分、以前の釣り竿よりは活用できる範囲広いよ! いや、あの釣り竿も使えはするんだろうけど、ザガンの拠点森の中じゃないですか……

 

黒花とラーファエル、ネフィとオリアスの事情。黒花とシャックス、ネフィとザガンの関係。そうした、ちょっとこじれかけていた問題を、見事に溶かしたといいますか。

先を見ればきりはないんでしょうけど、ザガン達の陣営がまた一つ幸せに近づいたような気がして、心温まるエピソードが多かったですね。

 

ただ、穏やかなばかりで済むはずもなく。

ビフロンスとシアカーンの同盟は、更なる一手を打つために、もう一つ魔王の刻印を求め始めるし。

ザガンが探し求めていた、マルク絡みの情報やザガンの両親に纏わる話なんかも漏れ聞こえて来て。まだまだ断片的で、全体像は見えませんが……

 

最長老と呼ばれた、前魔王のマルコシアスが関与した戦いの規模の大きさに震える。

ついに姿を現した敵の姿と、ザガンの領地に懲りずに踏み込んできたビフロンスが残した言葉が、不穏で仕方がない。

一番衝撃を受けたのは最後の挿絵があった場面ですけどね。正直途中から怪しいとは思っていましたけど、本当にやるとは……容赦ないですね。

『この先の戦い』とは何を意味するのか。ザガンは、配下たちを守れるのか。彼の活躍に期待したい。

 


魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?3

ico_grade6_4

「わたしは」

「そんなご主人様の支えになりたい」

 

原作1巻パートが終了して、そのまま2巻に入ってくれたのでほっとしてます。

絵が綺麗ですし、丁寧なコミカライズなのでこのま続いてほしいなぁ。

あと、抽選のアクリルキーホルダーの絵が帯に乗ってるんですが可愛くて辛い。一応応募しましたが、30名様は厳しい……

 

さておき本編について。

魔王に就任し、危険な自分の傍には置いておけない、とネフィを突き放したザガン。

ネフィの目が荒んでいて、涙が……

聖騎士シャスティルに遭遇し、服屋の店員マニュエラも駆けつけて。

 

女子3人で話をすることになってましたが。いやぁ、小説の最新刊読んだ後だと、ここのやりとりもまだぎこちないですねぇ。

「ちゃんと償ってもらいましたから」の場面でトーレスが木を怖がってる場面思い出してるシャスティルに笑う。

 

ネフィとシャスティルがそれぞれに覚悟を決めたところに、ザガンの名を騙る魔術師の邪魔が入って。

友達の為に、魔王の居城に踏み込むマニュエラが格好いい。

彼女のお蔭でザガンも吹っ切れたわけですしね。救助に行った先で魔術戦になってましたが、『魔術喰らい』の発動シーンがコミカライズで描写されると分かりやすくて素敵。

あれだけの物量を一瞬で書き返すとか、凄まじいな本当に。

 

おまけで入ってる、洞窟から脱出するザガンの図が、他人事だとすごい楽しい。笑える。

巻末の手島先生書き下ろしショートストーリー「ウォルフォレの〈魔王〉観察日記」も可愛くて良かった。

今回収録分だと、襲撃してきたウォルフォレ殴り飛ばした所で終わりなので手伝い部分のエピソードなのは、コミカライズしか読んでないとちょっと首かしげる感じになったのでは。……観察されてるザガンとネフィ可愛かったからいいか。

 



魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?9

ico_grade6_4
「では行くぞ。最期くらい、ちゃんと目を開けておけ」
 

ドラマCD付き特装版の発売が決定したそうで、今から楽しみですねー。

魔王シアカーンによる襲撃があったため、情報を集めるザガン。

オリアスに会いに行ったものの不在で、教会の総本部、聖都へ足を運ぶことに。

あらすじに「衝突を避けるため、二人は新婚夫婦に成りすます」と書いてありますが、いや「成りすます」も何も、そのものでしょう。

既に義理とはいえ娘もいるのに、何を今さら。じれったい二人が可愛くて素敵。

 

クリスマス回を入れたと思ったら、今回タピオカ出て来てて笑った。そしてそれ目当てに交易始めようとしてる所がさらに笑える。お前本当に魔王かよ……

基本的に観光のつもりだから、空気が緩いわぁ。のんびり。

まぁ、きっかけがあれば教会の深部に踏み込んでいく辺りは、流石というか。

 

ラーファエルの聖剣がザガンの手に落ちた、という情報が入り、聖都には十一人の聖騎士長が集結していて。

一年ほど前の騒動で、何人かが入れ替わって、まだまだひよこな聖剣の持ち主もいるようですね。

シャスティルがかつて枢機卿に殺されかけた事もありますし、教会も一枚岩ではないというのが改めて描かれて。大変そうですなぁ。

そんな中現れたザガン。ミヒャエルに話しかけた場面が最高でした。凄い笑えた。

まだ若い聖騎士団長が、実力に差がある中で、ザガンに一つ気づきを与えたというのが面白い。魔王として実力をめきめき伸ばしていった影響で、弱者の視点に気づかなかった。

それを自覚して、技を自発的に使って、また先へ進んだようです。

ついにオリアスとネフィが対面したところで、ザガンの両親についてネフィがどんな人だったのかと考えてましたが。

 

確かに、アルシエラに銀眼の王と呼ばれる彼がなぜ孤児になったのか。そこで出会ったのがマルクとステラって言うのも意味深ではあります。特にマルク。

キャラが増えて来たのもあってページがさらに増してます。これでも色々割愛したらしいんですが。

読者的には好きな作品を大ボリュームで読めるのは嬉しいですねー。フォルの成長や、シャスティルとバルバロスのやり取りとかも良かったですし。次回も楽しみです。



魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?8

ico_grade6_4

「獅子の牙は己の力を誇示するためにあるわけではありません」

(略)

「友のため、弱者のため、あるいは己が王と認めた強者のため、獅子はそのために牙を揮うんです」

 

4月刊行だけどクリスマス回だよ! という日常イベント回かと思いきや、それもちゃんとやるけれど、シリアスもしっかり入ってました。

まぁ、ファンタジー世界なので名称は「アーシエル・イルメーラ」となってましたが。

教会由来の、親しい間柄で贈り物をする日。

裏路地の孤児たちすら知っていた催しを知らない安定のザガンの不憫っぷりに涙が出そうになりました。

ちゃんとその後情報を得てプレゼント用意してましたけどね。ネフィをちゃんとデートに誘ったりとか、そういうイベント逃さないよな、ザガン。

 

フォルはザガン配下の魔術師達と、ザガンへのサプライズパーティを準備して。

ネフィやネフテロス、シャスティル達三人娘も贈り物の為にちょっとしたバイトをしてたり。

女性陣は準備に抜かりなく。ゴメリが愛で力が溢れてるとまたテンション上げてましたね。ぶれないな、あのお婆ちゃん。

 

サプライズを成功させるために、ザガンの注意を逸らすべく無茶をしたりもしてて……そこまで愛でる為に力を注げるなら、本物だよ。尊敬しそうになった。

……でも、師匠のオリアスの御仕置から女の子愛でるために逃げてきてるんだよなこの人……

あとさらっとキメリエスとの出会いの片鱗が描かれてましたが、え、昔はキメリエスあんな感じだったの?! 衝撃的だ……

 

そして今回初めて名前が出た、教会に派遣されているザガン配下の魔術師、シャックス。

治癒魔術が得意で……かつては別の魔王の下にいた過去を持っていて。

彼も中々いい性格してましたねー。ザガンから医療魔術の使い手としてネフィやネフテロスを例外とすれば「この世界でも五指に入る」とかなり高評価されてました。

 

表紙にも登場した黒花が、彼と出会い、祝祭の日に起きた騒動を経験し目を治そうと思えたのが何よりです。

ラーファエルが親バカ披露して、それを見たザガンがフォルの時に同じようにならない自信がない的な事を言ってて、聖騎士長や魔王の親バカは冗談にならんぞ……とは思いましたけど。

 

魔王シアカーン。

昔起こした騒動のせいでほぼ再起不能状態のようですが、ザガンの継承の時にはちゃんと来てたんですよね。アンドレアルフスみたいに影武者でもいるんでしょうか。

……あと魔王や魔王候補は名前を72柱の魔神から取ってると思ったのでちょっと意外。ゴメリみたいな例外もいますし、バルバトス、キメリエスみたいに魔神の名ついてても魔王じゃない例もありますが。

その弟子が72柱由来のシャックスって名前なのにはちょっと皮肉を感じると言いますか。

なんか厄介な同盟が結ばれていたので、シアカーン張り倒した後、シャックスが刻印継いだりしたら燃える展開かなーとは思いました。戦闘力ないから無理かなー。

 

シアカーンが何を望んで過去の事件を起こしたのか。望まれぬと分かっている願い、その結果世界が滅ぶかもしれない、という気になる部分が多いので、シアカーン絡みのエピソードはまたいつか掘り下げて欲しいですねー。


魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだがどう愛でればいい?2

ico_grade6_3h

「だからネフィ」

「そんな顔をするなよ」

「お前が必要だと 言っただろう?」

 

ネフィが表情豊かになっていってるように、ザガンも雰囲気明るくなってるんですよね。

自分の特技である魔術に関しては饒舌になるザガンも、不器用で良い。

そうやってゆっくりと関係を変化させていく中……教会が、ザガンの拠点に攻め込んできて。

 

下っ端騎士なら軽く蹴散らせる辺り、ザガンも魔王候補と呼ばれているだけのことはある。

戦いながら保身とか、後処理の事とか考えられる程度には余裕ありましたしね。

そこを突かれて怪我する事になって。ネフィが切れてましたが。制御できてない魔法は中々の迫力。

ある聖騎士にはトラウマ残したみたいですし(WEB最新話)。

 

「俺は悪だと言われた」のあとの「ええっ」って言ってるネフィが直前までとの温度差酷くて笑ってしまった。

あと巻末の「もしもバルバロスの訪問があと少し遅かったら」とかも笑えた。

ザガンが聖騎士相手に「恐怖がどう伝わるか」語っている時はまさしく悪人、って感じでしたし、シリアスもギャグもちゃんと楽しめるように描かれているのが流石。


魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?7

ico_grade6_4

「え、ちょっと待って。それって聖遺物とか聖剣級の道具ってことじゃ……」「竜とエルフと〈魔王〉がなんで釣り竿なんて作るの?」「こんな魔力と技術の無駄遣い初めて見た」

 

刊行は12月だけど、水着回だよ! という割り切り方が頼もしい。

個人的に一番の見どころは魔王一家が魔力と技術を駆使してアホみたいに高性能な釣竿を作っていた部分。何してんの。

 

フォルの療養もかねて、未だ海の都に滞在しているザガン達。

とはいえ、慣れぬ地慣れぬ環境。フォルは療養中でろくに動けなかった事もあり息抜きに出かけることに。

近隣の無人島に行って、水着姿で遊んだり釣りをしたりと満喫しています。

 

好きな子の水着姿にドギマギして挙動不審になってるザガンが微笑ましい。

というか、好きな子を直視できない→映像記録を残しそれで慣れよう→新しい魔術を作ろう(魔術を改良しよう)とか、何してるんだあの魔王と魔王候補ども…

ザガン謹製の釣り竿にツッコミ入ってましたが、あの「封書」の魔術も中々のものでは……

 

アザゼル絡みでかなり気になる情報……というか、それに至るためのヒントが出て来たり。

過去の巻の伏線が回収されたりと中々に読み応えがありました。

けっこう長く続けられそうなので、今後の為の伏線を仕込んだ、と後書きで触れられていましたし。今後がますます楽しみですねぇ。



魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい? 1

ico_grade6_3h

「あんなものは塵芥だ」

 

魔術師の極致、魔王。

13人いる魔王の一角が欠け、その遺産がオークションに懸けられることに。

悪友に誘われて、そのオークションに足を運んだザガンは、美しい少女と出会い……彼女を全財産で落札。

 

口下手魔術師と、奴隷少女の微妙にすれ違っているやり取りが微笑ましいというか。

ザガン、凄い不器用なんですよねぇ。

単純に一目惚れした少女を、他の相手に渡したくなかったから。

そしてその後は、仲を深めたいと思っているのに、上手く言葉を伝えられずにいる。

けれど、悪辣ではないんですよね。その性根を感じてか、少しずつ距離が近づいているのは和みます。

 

原作最新刊でのこの二人の進展度合いとかを思うに、スタートが感慨深い。

オークション参加者のキメリエスやゴメリ、ウォルフォレのカットも中々いい感じでしたし、続いてくれると嬉しいなぁ。



プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ