気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

HERO

ホリミヤ14

ico_grade6_3

「宮村は私の味方じゃなきゃやだ…」

 

堀家に馴染んでる宮村が、楽しそうだなぁというか。

姉弟喧嘩に挟まれたりしてましたけど、あれはあれで幸せの形ですよ。

「私の味方じゃなきゃやだ…」という堀さんが可愛かったので良し。

……その後、速攻で通常営業に戻ってる堀さんは流石。

 

沢田さんが、宮村を接点としてじわじわと先輩男子たちに慣れてきてるのがいいですねー。

まだまだ借りて来た猫というか、宮村盾にしてますけど。

そして先輩たちとばっかりつるんでるという事で、同学年の友人がまだ出来てないみたいでしたが。先輩女子たちが気に懸けてあげてるのが微笑ましい。

「つらいけどまだ大丈夫」と言える沢田さんに幸あれ。良い先輩に恵まれて、あんなふうに笑えるなら大丈夫だと思いますけど。

あと、タイミングがうるさいと突っ込まれてる井浦には笑ってしまった。河野さん辛辣。いやまぁ、うん、あれはタイミングうるさかったですけど。

ホリミヤ(14) (Gファンタジーコミックス)
HERO
スクウェア・エニックス
2019-12-27

ホリミヤ13

ico_grade6_3

「さぁて言ったらどうなるかな」

(略)

「レ ミ に 言 う な よ」

「言いません 死んでも言いません」

 

表紙にも登場した、井浦兄妹の出番が多め。

井浦兄に彼女が出来ないと相談を受けて「運」とばっさりいった宮村の潔さが好きです。

うるさくてふざけてて、テンション高い彼ですが。

ちゃんと「お兄ちゃん」としての顔もあるんだよなぁ、と思うとなんかほっこりしますねー。

……沢田に距離とられてて、ちょっと泣いた場面とか、表情が無になったりしてましたが。

 

あとは何だかんだ仲がいい生徒会三人組も好き。

なぜ井浦は分かっている地雷を踏みに行くのかなぁ……

夜の校舎に入りこんで肝試ししてるエピソードが好きです。

止めに来た仙石と、嬉々として怖がらせる堀さん。

その間に挟まれる宮村の図が傍から見てると笑えた。

ホリミヤ(13) (Gファンタジーコミックス)
HERO
スクウェア・エニックス
2019-02-27


ホリミヤ12

ico_grade6_3

「石川ぁ もっと優しい言葉かけろよー」

「やさ…しい…?」

「どうしてポンコツっぽくなってんの」

 

どんどんメンバーが仲良くなっていて、見ていて和む。

バスが遅れているって話を聞いて、バス通学の柳の様子を見に行ったり。

……レミがグラサンかけて柳をナンパしてましたが。楽しそうだね、君ら。

 

仙石からのメールがテンション振りきれておかしい時があるってメール晒したり。

廊下でだべったり、家に遊びに行ったり。

繋がりが増えて、変化していって。若い彼らの変化を、成長と呼ぶんでしょう。

宮村が堀さんの笑顔を見る方法とか、所々吹っ切ってるところもありますが。

……進藤に焚き付けられて「好きだ―」って叫ぶ場面は男前でした。

 

今の時点だと石川と吉川の、二人の関係が好きですねー。

石川が他の女子とは違う距離感で吉川と接しているあたりは、見ていてちょっと微笑ましいというか。

見守っていたい感じがします。

ホリミヤ(12) (Gファンタジーコミックス)
HERO
スクウェア・エニックス
2018-05-26


ホリミヤ11

 ico_grade6_3

「いやいいけど……好きじゃないの?」

「好きだよ!!!」

「恥ずかしいセリフ言ってる自覚をしてくれ」

 

仙石宅に泊まっている男子たち。

本当仲いいな君ら……そして、交流が続く中で仙石は宮村に興味を持つように……

頑なに服を脱がない宮村の服の下に何があるのか、を気にしているみたいで。

眠ってる宮村の服をめくろうとしてる場面を井浦に見られて誤解されたりしてました。から廻っている感じが見ていて楽しい。

 

というか宮村は、隠しておきたい割にガードが緩すぎるからな……

石川に打ち明けてなかったら途中でバレてたろうなー。まぁ、なんだかんだで付き合い続いてきますし、バレたとしてもそれで離れてくって事は無いと思いますが。

 

そして表紙に居る石川と吉川のエピソードも。

石川が仙石と井浦に、吉川の事どう思っているのか話すシーンは微笑ましかった。

その後で吉川が石川の家にゲームやりにいって、お手伝いの矢代さんに遭遇。

「透くん変な事してたら奥様にいいますよ」「矢代さん帰ってきたからもーしねーよ」とかやり取りしてましたが。

それを聞いた吉川が動揺しまくって……もう早く付き合ってしまえよ、って感じですけども。

ホリミヤ(11) (Gファンタジーコミックス)
HERO
スクウェア・エニックス
2017-08-26


ホリミヤ オフィシャルファンブック10.5

 ico_grade6_3h

「女の子だもんね」

 

10巻と同時発売のファンブック。

巻頭カラーで、人気投票の結果発表されてますが、まさかの井浦3位。

なんだかんだで愛されてるいじられキャラですしね。嫌いじゃないです。

 

それ以外ですと、好きなエピソードランキング。

1位はやっぱり9巻収録の告白の場面。

2位が1話で、3位が宮村が髪を切って登校したときの話。

大体順当な結果に終わってるんじゃないでしょうか。

ちょっと懐かしくなって読み返したくなりました。

 

キャラクターの初期ラフとかも掲載。

特別描き下ろし、メインキャラクターが大体出てくる「とある風の強い日」の話は出番なかった柳がどうなっていたのかちょっと気になる……あと3位なのに井浦いなかった。

……それは割といつもの事か。

巻末のイラストレーションギャラリーがカラーで掲載されていて嬉しかったですねー。



                                                                                      

ホリミヤ10

ico_grade6_3h

「――――ねえ宮村」「私達ずっと一緒?」

「――――ずっと一緒」「ずっと」

 

課題が出たので勉強する面々の話。

宮村と石川は進藤に教わって、由紀とレミは堀と河野さんに教わって。

勉強できない組の未来がちょっと心配だ……

 

クリスマスに思いのたけを打ち明けたというか。

思いが暴走して口走ってしまった感じですが。結婚しようと宮村が言ったことで、変に意識してぎこちなくなっていた二人ですが。

二年参りとかにいって、距離感を修正できたようで。やっぱり幸せそうでいいなぁ。

 

沢田との交流も進んでいて。

輪が広まって、「いつものメンバー」がどんどん増えていくのは青春してるなぁ、と言いますか。

……まぁ、沢田はクラスメイトとうまくいっていなくてちょっと大変そうですが。

まさか宮村が「宮村にはわかんない」「友達いっぱいいるじゃん」と言われる日がこようとは。

彼女の問題が解決したわけではないけれど……その言葉で、宮村は少し救われたんじゃないかなぁ。

 

仙石父と仙石が堀父に拉致られて、堀・宮村と堀家で対面するというよくわからない状況になってるエピソードもありましたが。

「親子そろって拉致られるプロなの?」とばっさり行かれてましたが、なんで父子揃って連行されてるのよ……

仙石父が、仙石の彼女の事を知らずにとても楽しい時間になっていましたが。仲いいな……

ホリミヤ(10) (Gファンタジーコミックス)
HERO
スクウェア・エニックス
2016-11-26
 

 

ホリミヤ9

 ico_grade6_3h

「どうせまた欲しい物でもあるんでしょ」

「アンタどうしても欲しい物って周りに言わないでしょ 何でか知らないけど」

「別にねぇ…何かを欲しがることなんて恥ずかしいことじゃないのよ」

「それが手に入るにしろ 手に入らないにしろ」

 

平然と堀家でくつろぐ宮村。

もう見慣れてきた光景ですが。今回は季節的にこたつが出てきて大活躍。

ギャグに使われ二人がいちゃつく場面でもこたつにみかんという定番アイテムあったりしましたし。

堀父に拉致されてこたつで寝てる仙石……いったい何をしているのか。

 

石川と吉川の二人組は亀の歩み……というか。

お互いに優良物件蹴って、どうしてか一緒にいる状態で。

捻くれてるというか、少し歪んでしまってる部分があって。

お互いの隙間に相手が上手い事入って、居心地よくなってる感じでしょうかね。

吉川姉がちゃんと妹のことを理解して、言葉をかけてくれるのはいいなぁ、と思いました。

 

クリスマスのエピソードも収録されていました。

上手くいっているところ。微妙に上手くいっていないところ。

カップルそれぞれに事情と課題とありますが。

仙石は昆虫ショックでちょっと挙動不審になってましたが。彼も扱い難しいよなぁ……

日々楽しく過ごしているようで、見ていて眩しい。

ホリミヤ(9) (Gファンタジーコミックス)
HERO
スクウェア・エニックス
2016-05-27
 

ホリミヤ8

ico_grade6_3h

「すっごい難しいことだけど 友達になれない人なんかこの世にいないと思うんだ」

「今は無理でも」

 

8巻のメインイベントは体育祭。

覇気のない生徒会長仙石の選手宣誓からスタート。

いつものメンバーが東西に分かれて競い合ってますが、緩―い西軍に対して、やる気満々な東軍の温度差。

……そして東軍で一人ダウナーな仙石が笑える。

 

堀と綾崎が同じレースで走ってましたが。

お互いのイメージの差がひどいなぁ。

特に綾崎の堀のイメージが「立ちふさがるものなぎ倒す」アマゾネスみたいな感じで。……結果としてハードル蹴散らしていったからあながち間違ってないのがまた。

けど、宮村が声出して友人たちの応援をしたり、と積み重ねで変わってきている姿がみえて、和みました。

……東軍の迫力は所々怖かったですけど。

 

堀が人気者なので、それと付き合っている宮村をよく思わない男子もいるようで。

……まぁ、堀は肩たたきが粉砕系な女子なので、油断してるとやられる危険性が。

半端な気持ちで好きになるんじゃない、と彼氏に遠い目で思われているあたりはさすがというかなんというか。

宮村が卒業アルバムを捨てずに良かった、と思えるようになったり。過去の因縁がある相手と仲良くなろうとしたり、どんどん変わって、世界が広くなっていってますね。

青春しているなぁ、という感じで読んでいて和みます。

 

ホリミヤ(8) (Gファンタジーコミックス)
HERO
スクウェア・エニックス
2015-11-27
 

ホリミヤ7

ico_grade6_3
「全力でかかってきなさいよ」
「私も全力でやるんだから」
「手ェ抜いたりしたら承知しないからね!!」

家族公認でワイワイやってる堀と宮村が好きです。
しかし、堀父は、しばらく出てこなかったと思ったら登場した途端あちこちで出張ってくるようになりましたね……
今回は表紙にもいる新キャラ、柳が登場。
WEBの方を読んでいるとついに出てきたかー、という感じですが。

堀と宮村はお互い解りあっている感じがいいと思うんですが、時々暴走するのがなぁ……
他人事として観察している分には楽しいですけど。
「どうしよう 俺の彼女が 意味不明」
ある場面で宮村が思わず一句読んでますが。
うん、これはまぁ……堀が悪い。いったい何をやっているんだこの二人は。
後は宮村の中学時代の同級生ズが堀を見た時の反応が愉快でした。

後半は、体育祭が近いという事で、その準備に追われています。
仙石とかは生徒会長ですしね。
まぁ、その生徒会長が一・二を争うほど体育祭にやる気ないんですけど!
堀曰く「昔からどんくさい所ある」らしいですが。
率先して雨乞いをしようとするあたり色々とアレです。よく生徒会長になれたな……
生徒会組は、恐怖の調理実習なんかもやってましたが。
仙石夫婦は、お互い壊滅的で、将来結婚とかした場合、料理とかどうするんだろうか…


ホリミヤ(7) (Gファンタジーコミックス)
HERO
スクウェア・エニックス
2015-05-27

ホリミヤ6

ico_grade6_4
「バカなのは 堀さんの方だ」
「俺が好きなのは「普通の女の子」じゃなくて 堀さんだから」

宮村が堀に対してイケメンすぎて辛い。
爆発すればいいのにと思うけど、過去が過去だからなぁ。
Page:38であったように、中学時代のクラスメイトからは結構な言われ様ですし。
あのエピソードで思ったのは堀が強いなぁ、と。
「今の宮村の防御力なめんな」とか進藤は言ってますが。
まぁ物理的な威力のこともありますが、複数人相手にして、自分の彼氏の為に前に出るとか中々できることじゃない。虫の居所が悪かったとはいえ。

今回は堀と宮村だけじゃなくて、周囲の友人たちのエピソードも結構収録されてましたね。
石川と吉川、河野の不器用なやりとりだとか。
会長初登場時はアレでしたけど、内面が見えてくるにつれて、好キャラになっていきますよね。
不器用で弱くて。でもレミを大事にしていて、守りたいって思っていて。
ハッキリ彼氏彼女になっている奴等は格好いいし、強いですね。
……これでプールに入りたくないとごねてなければ。随分と酷い理由で休んだなぁ。
宮村はまぁ……若気の至りがあるからさておき。会長はなにやってるのかと。

堀と宮村除いたメインキャラで言うと、吉川が結構好きですよ。
かなり不器用なところが。
堀評価でいうと、「本当に手放したくない者ほど 由紀は絶対口には出さない」ってあたりですが。
本人としては色々葛藤があって自分を醜いと思ったりしているみたいですけど。
そうやって一番大事なものを手放してしまっても笑える歪な強さが。もうちょっと弱ければ生きやすいのに、と思うけど。それができたら苦労しないって話ですよね……。

ホリミヤ(6) (Gファンタジーコミックス)
HERO
スクウェア・エニックス
2014-10-27

プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ