気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

HJ文庫

精霊幻想記17 聖女の福音

ico_grade6_3h

「……ええ。その人達は私の身近にいてくれて、復讐のためだけに生きようとしていた私でも一緒にいたいのだと言ってくれました。それで気づかせてもらったんです。私は失ったモノと同じくらい、大切なモノを得ていたんだと」

 

ガルアーク王国に屋敷を貰ったリオ。

功績を上げ続けている名誉騎士を良く思わない輩はどうしても出てくるので、味方を増やしておくに越したことはない。

という事で、彼の有能さを見せつけるべくガルアーク王家が手を打った結果のようですね。

実際ハルト腕前もさることながら、リーゼロッテが欲しくなるほどの様々な物品を製造できる知識だとか、コネとか色々持ってますからね……。

 

正統に評価しつつ一線を守って交流し、好感度稼いでおくのは大事です。敵に回してられませんよ、こんなハイスペック男。

ある程度思惑があるとはいえ、ルシウスと言うコマを失った事で、レイス達も「当面は」という区切り次ながら手出しを控える事にしてますしね。

 

戦闘の講師を務める事となって、初回講習で実力確認のための実践をして、全員に危なげなく勝つ当たり凄い。

王女や貴族令嬢の側近で、弱い筈ないんですけどねぇ。ルシウスを復讐の相手として、腕を磨き続けてきたから当然と言えば当然なんですが。

指導を受けた面々からは好印象を持たれて、穏やかな日常を過ごしているなぁ、という感じでしたが。

 

統治体制を討ち滅ぼし、国を興した聖女がガルアーク王国へ接近。

その前に帝国に足を運び、皇帝二ドル相手にもひかずに自分の主張をする辺り、怖いもの知らずでもあるようで。

行動力のある狂人で、さらには聖装を持つ勇者とか、この世界の人々には易々と止められない怪物になってるじゃないですか。

以前描かれた支配層を打倒した場面から厄介さは健在でしたが、他国に出てこないで引きこもっててもらえませんかね……。

 

リーゼロッテを攫い、ガルアーク王国に対して実質宣戦布告をして。

結果としてリオと敵対するルートに入ったようなものですし、次の巻では思いっきり叩きのめしてほしいなぁ、正直。

タイトルにも登場した通り、聖女のインパクトが強くて、精霊の民の里で懐かしい顔と出会ったり、故郷に復讐の達成を報告に行くという一大イベントが霞んでしまったな……。

いや、それはそれでリオの今後にも影響するだろう重大事ではあるんですが。

次回予告的にも対聖女のエピソードが先に来そうですしねー。12月予定の新刊が楽しみ。

魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?11

ico_grade6_4

「情けない声を上げるな。貴様はいま、王の後ろにいるのだぞ。しゃきっとしていろ」

 

11巻ともなると、人間関係も落ち着いてきて、安心感がありますね。

いやまぁ、ザガンとネフィとかいつまで経っても初々しいカップルで、微笑ましいんですけど。

オリアスが、孫たちが可愛すぎてヤバいから帰るとか言い出すのも、ちょっと分かる。

信じられるか、これが魔王なんだぜ……?        

 

日常パートが癒しになっているのは確かですけど、アザゼルと言う脅威を確認した以上、ザガンも無策のままでいるはずもなく。

キメリエスを相手に特訓を重ねている模様。難度が高いのか、負傷したりもしてましたが。

疲労が溜まっているのを察してくれる配下がいるのは、本当にありがたいですね。

ザガンとネフィの夢を繋げたリリスはグッジョブ。扉絵が「高校生の俺が後輩エルフを嫁にしたんだが~」になってたのも雰囲気出てて良かったですね。バルバロスとシャスティルが居るのもポイント高い。

ファンタジー世界でも、夢の中なら現パロが出来るんだよ! 勉強になったね。

 

視力を取り戻した黒花が、シャックスとコンビで調査に派遣されて。

その経過報告を聞くため妖婦ゴメリが城を発つ間際、フォルに色々吹き込んで。

影響があちこちに飛び火してて笑う。愛で力の為なら本当に手段選ばんな、あの人。

ただ、それによってアルシエラの事情とかが少し見えてきたので、結果としてはいい仕事してるのが、なんだろう。認めがたいけど認めざるを得ない。

 

マルコシアス亡き後の魔王筆頭であった、アンドレアルフス。

その彼が失踪したことは、もはや魔王の中で知れ渡っているようでしたが。

最長老の喪には服すけれど、アンドレアルフスが失踪しようがしったことかと、全方位から嫌われているのは正直笑えた。

ただで死んだとも思われては無さそうでしたけど。このままだと最後にポカやって退場した間抜けになってしまうので、せめて反撃くらいはしてほしいですが、さて。

 

別件も合わさって魔王に空席が出来るかも、という事で。

2つの異名を持つ魔王ナベリウスがザガンに接触。当代で魔王候補と目された有力な魔術師をほとんど抱えているのもあって、次は誰が魔王になるか、なんて話をしてましたが。

ザガンと殴り合って死んでないバルバロスと、ビフロンスを退けた実績のあるフォルの名前を挙げていたのは納得。

そして、その二人と並んでザガンが推したのがシャックスだって言うんだから、最高ですよね。黒花とのやり取り、見ていて楽しいので好きなんですよ、シャックス。

ザガンが敵に回したくないくらいには評価している、と言うのもまた良い。

 

世界が閉ざされているという話と、アルシエラの役割。

その辺りも結構情報出て来てましたが、銀眼の王関連の情報が全て明かされたわけでもなく。むしろ、情報が出る度にどういうこと……? ってなって続きが気になる。

今回のエピソードでリリスが覚醒して、アルシエラを引き留めたのは本当ファインプレーですよね。一年前の戦いで多くが喪われて、過去を知る人は貴重ですから。



インフィニット・デンドログラムEX.1〈童話分隊〉

ico_grade6_3h

「また死ぬかと思ったー……」

 

電子書籍専売商品。

インフィニット・デンドログラムをプレイしている初心者プレイヤーのパーティが遭遇したとある事件について描かれています。

〈童話分隊〉の名前は、なろうの感想欄か有志のWikiかで見た事あって、気になっていたので購入。

 

元々BOOKWALKERで、期間限定の特装版として書き下ろされた部分のみ新ためて配信された感じのようです。

30ページくらいで。電子だから増えてもいいけど。

そう言われて三倍量書いている辺りは流石というか。それでOK出た辺りも凄い。

 

エンブリオやプレイヤー、連れているモンスターの名前から童話分隊というパーティーを付けて、一緒にクエストを受ける3人組。

ファンタジーな家具に目がなくて、つい散財してしまうソニア。

エンブリオの効果でモンスターを複数従えるものの、飼育費が馬鹿にならないアスマ。

ギャンブル狂いで装備の更新もままならないグリムズ。

 

何ともバラバラな3人組ですが、お金に困っているのは共通で。

新しいクエストを受けに行った所で、【豪商】のティアンから相談を受けて。

彼の父母が隠居している村への配達クエスト。

単純な配達の割にはシステムが判断した難易度が高く……案の定、トラブルに出くわしてますが。

本編主人公のレイとネメシスが関与していないところでも、事件は起きて、解決に奔走しているマスターが居る。

そんな一幕を描く番外編としては、良質だったと思います。

しかしまぁ……なにをどうすると乳母車のエンブリオが生まれるんだ……

 


インフィニット・デンドログラム13 バトル・オブ・ヴォーパルバニー

ico_grade6_4

「お前らがクラン作ればいいだロ?」

 

皇国から申し入れられた、講和会議。

王国側にとって、皇国と戦争を続ける事にはメリットは無く、戦争やテロによる感情問題を除けば、悪くはない提案。

とは言ってもそれは、真っ当に講和が成立すれば、の話ですが。

戦争結界や【誓約書】のように、システムによって約束された、破棄できない契約があるので、悪意なく結べばハッピーエンドになるのですが……

当然、策謀を練っていて。皇国側のトップが戦争に成る、と断言しているのが恐ろしい。

 

レイは、アズライトとの縁もあり、護衛を依頼されますが……

仮に戦争となって結界を展開する事になれば、ランカー以外は参加する事すら出来ない。

決闘と討伐のランキングは、今から食い込むのは難しく、クランランキングにランクインする所に傭兵のように一時所属を検討していましたが。

女化生先輩のクランは不動の1位ながら、女化生先輩いるからアウト。

けれど他にツテのある場所も、色々と不都合があり、これはもう危険と分かりながら〈月世の会〉に入るか、と悩むほど。

 

そこに迅羽が現れて、レイの周囲には有名どころ揃ってるんだから、自分でクラン組めばいいじゃないか、と提案してきて。

いやぁ、小学生女子のはずなのに、本当に頼りになりますね迅羽! 超級なのに、かなり真っ当な性格してますし!! ピーキーな人が多すぎるんだよなぁ、超級。だからこそ、上り詰めたともいえますけど。

 

本気の兄の問にも、まっすぐ答え無事にクランを結成していましたが……

名前がまぁ、アレなのはご愛敬と言うか。「素敵大好き・着ぐるみ愛好会」にならなくて良かったねとしか(WEB290話あとがきネタ)。

 

講和会議に際して、王国でも皇国でも手は打って。

さらにそれに加えて管理AIの中にも、元々与えられている役目を逸脱しない範囲ではあるものの、暴走を始めた奴までいて。

クロノとチェシャのバトルは結構好きです。VSクロノだと、その後のカシミヤがMVP過ぎるので、チェシャ今一つですけど、カシミヤが辿り着くまで時間稼げたから……

 

今回、たまたまBOOKWALKERで購入したのですが、特典SSがカシミヤのリアルに関するエピソードで大変満足。

幼い彼が、どうして《抜刀神》に就けるほど刀に習熟していたのか。その片鱗を垣間見ることができます。なるほど、エンブリオが抜刀補助のイナバに成るわけだ。
カシミヤ好きなので、登場頻度少ないのがちょい残念なんですよねー。まぁ、デンドロはキャラが多いから仕方ない。

あとは、チェルシーとジュリエットに会いに行ったとき。
クロウ・レコードで登場したマックスが加わっていたのは、ちょっと嬉しかった。

精霊幻想記16 騎士の休日

ico_grade6_3h

(私は、個人としても、貴族としても、リオの傍にいたいの【後略】)

 

王女二人を救助して連れ帰ったリオ。

その功績を讃えるべく王族にしか認められていないエリアに住居を用意するとか、ガルアーク国王は相変わらず狸ですね……

シャルロットが結構本気で、かなりグイグイアピールしてきてましたねぇ。

 

他のヒロイン達にも自分の考えを伝えてましたし。王族って事もあって一夫多妻にも理解があって、そういう可能性を示してくるのが上手い。

リオの復讐が終わったこともありますし、良い刺激を与えて状況を変化させていってくれそうで、割と好きですね彼女。

 

レストラシオンからも報奨を出さなくてはならない功績で、可能なら取り込みたい。

だからこそ、婚姻を勧めるというのは王道ですが、ユグノー侯爵の娘が候補に入ってるのはお世辞にも笑えない。

ベルトラム王国の王女二人に、本名バレしたのは痛いと思ってましたが。秘密を共有した分事情を汲んで配慮してくれるのは凄いありがたい。

 

セリア先生を補佐役としてハルト付きするという案を出したクリスティーナはグッジョブ。

リオの回りが更に華やかになりますねー。彼の人柄と実績によるものですが、サカタみたいにやっかむヤツはいるんだろうなぁ。

……サカタの場合は、リオでなくても色々と噛みつきまくる困った輩ですけどね……

 

そしてエピローグにて、第三勢力が描かれていましたけど……

口絵からするとあの女性が、六人目の勇者ですよね。とんでもない厄ネタが混ざっていたもんだ……えー、なにしてるのあの人。恐ろしい。

 

気分で動くサカタヒロアキ。レイスに取り込まれたレンジ。気落ちしているタカヒサ。

この辺り勇者の事、正直言ってどこまで影響を及ぼすか読めない爆弾だと思ってたんですが、実際に爆発した例を見ると彼らですらマシに思えてきたな……

ルイにしたって、彼自身は信頼できても、ベルトラム王国本国に不穏を感じているようですし。レイスの手がいつ伸びてくるかわかった者じゃないのが怖いですよね。

 

そう考えると、サツキが一番安全な場所にいるというか、上手く立ち回ってますね。王家との関係も良好ですし。

ガルアーク王国は、リオとも概ね良好な付き合いをしているので、トラブルがあったら助力が望めるというのも大きいですねー。

それにしたって、件の聖女は難物に過ぎる気がしますが、17巻のサブタイトルが「聖女の福音」で今から震えてる。こっち来ないでレイスと共食いしてくれないかな……

精霊幻想記 16.騎士の休日 (HJ文庫)
北山結莉
ホビージャパン
2020-03-29

魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい? 10

ico_grade6_4

「では、やるぞ。あれは俺たちの命を懸けて倒すべき敵だ」

 

大きい風呂が欲しい、というリリスからの要望と、部下の慰労、直近の配下たちの状況等を踏まえて、大浴場を建設する事を決めたザガン。

いやぁ、相変わらずの行動力と言いますか。なんで魔王が風呂工事してんの……? ザガン自身は生まれもあって、あまりそう言った生活習慣に興味がなく、リリス筆頭に配下たちから意見を聞いて、できるだけいいものを作ろうとしてる辺りは凄い。

生活に直結している分、以前の釣り竿よりは活用できる範囲広いよ! いや、あの釣り竿も使えはするんだろうけど、ザガンの拠点森の中じゃないですか……

 

黒花とラーファエル、ネフィとオリアスの事情。黒花とシャックス、ネフィとザガンの関係。そうした、ちょっとこじれかけていた問題を、見事に溶かしたといいますか。

先を見ればきりはないんでしょうけど、ザガン達の陣営がまた一つ幸せに近づいたような気がして、心温まるエピソードが多かったですね。

 

ただ、穏やかなばかりで済むはずもなく。

ビフロンスとシアカーンの同盟は、更なる一手を打つために、もう一つ魔王の刻印を求め始めるし。

ザガンが探し求めていた、マルク絡みの情報やザガンの両親に纏わる話なんかも漏れ聞こえて来て。まだまだ断片的で、全体像は見えませんが……

 

最長老と呼ばれた、前魔王のマルコシアスが関与した戦いの規模の大きさに震える。

ついに姿を現した敵の姿と、ザガンの領地に懲りずに踏み込んできたビフロンスが残した言葉が、不穏で仕方がない。

一番衝撃を受けたのは最後の挿絵があった場面ですけどね。正直途中から怪しいとは思っていましたけど、本当にやるとは……容赦ないですね。

『この先の戦い』とは何を意味するのか。ザガンは、配下たちを守れるのか。彼の活躍に期待したい。

 


インフィニット・デンドログラム12 アイのカタチ

ico_grade6_4

「――今から、そこに行く」

 

ついに娑婆にでてきた超級のハンニャ。

元彼に復讐するためにゲームを始め、カップル全員殺すマシーンのようになっていた彼女が……

ギデオンで開催される、恋愛関係のお祭りが開かれるタイミングでフィガロに会いに来ることに。

 

ソロ専門の決闘王者であるフィガロと、愛に狂うハンニャがどんな遭遇をするのか、周囲が戦々恐々としていましたが……最初こそ穏やかでしたが、途中で管理AI達が手を加えてくれてさらに混沌と化したんですよね……

でも、暴走したハンニャに近づこうと奮闘するフィガロは本当に格好良かったですよ。

お節介をかけた一人はまだしも、騒動を見学したかったり、大きなトラブルがあれば超級生まれないかな思考のAIはちょっと本当にもう反省してほしい。

 

WEB版とは構成が変わっていましたねー。

少なくとも、白球の対決と兄思いの誰かの話が無くて、新キャラで討伐ランキング三十位のキャラが登場。

童話分隊と遭遇したとか書いてありますし、特典小説派生のキャラかな……? 詳しくないので自信はないです。

WEB最新話でも名前が出てはいましたが、フランクリン寄りとレイに判断されるのも止む無し。ブレーキの無いキャラは本当厄介です。

 

不屈の名前の通り、格上相手に折れず勝ち星を挙げたレイに拍手。……いやまぁ、カンストも遠い新人で、戦う相手だいだい格上ですけどね。つまりいつも通りってことですけど。

いつも通り勝ってくれる彼の姿が、一つの希望になっているのも確かでしょう。服装がどれほど悪鬼のようであっても。挿絵ありましたけど、空気が完全に悪役なんだよなぁ……



精霊幻想記15 勇者の狂想曲

ico_grade6_3
「貴方は……、本当に、達観しすぎです」

 

ついに復讐を果たしたリオ。

王女二人を保護しようとしたところに、デュランが声をかけて来て。

ルシウスの作戦に乗っかりながら、明け透けにリオを勧誘できる辺り肝が太い。

ま、リオにあっさり断られてましたけど。ある程度問答した所で引き下がって、最後には次に会った時は友人として酒に付き合えと言える辺り、バランス感覚も良いと言いますか。

 

後にレイスと会話したときにも顕著でしたが、リオと言う戦力をしっかり評価してるのが見て取れる。

抱え込めれば最善でしょうが、無理そうなら敵対は避けようとした。うん、信用できないというリオの意見も分かりますが、割と嫌いじゃないですよデュラン。

やはり各国の王族はそれなりのキャラが居て、視野が広めなのがいいですね。その力を持って王侯貴族の近くに居る勇者諸君には是非見習ってほしい。

 

今のところマシなの紗月と瑠衣くらいで、他はそれぞれにトラブル起こしてるからなぁ。

瑠衣もまぁ、友人絡みでなんかあったみたいですけど、彼らの問題だし、立ち位置を弁えてる感じしますし。

……マシなの5分の2って暗澹たる気持ちになりますね。何のために勇者なんて呼びだしたのやら。

 

王女二人を助けたリオが、彼女達を無事に連れ戻そうとする一方。

神輿を失ったレストラシオンは結構ドタバタしていて。勇者サカタヒロアキはリーゼロッテとのお見合いをセッティングさせたり、相変わらずですねぇ。模擬戦一回くらいじゃ懲りないか……

 

今回はリオが本懐を遂げた後ということもあって、大人しめの話でしたねー。

王女二人に、リオの事情を話す説明回だったともいえる。いや、レイスがただで返すはずがなく、ルシウスの配下使って襲撃とかしてるんですが、相手がリオだと圧倒的に力不足だからなー。

護衛対象2人抱えて、勇者を交えた戦力に襲撃されて、するっと逃げられる辺り流石と言うほかない。次号予告が結構気になる感じなので今から楽しみです。

精霊幻想記 15.勇者の狂想曲 (HJ文庫)
北山結莉
ホビージャパン
2019-11-29


インフィニット・デンドログラム11 栄光の選別者

 ico_grade6_4h

「君にとって、彼との約束はあれこれ考えてやめてしまうようなものか!!」

 

アニメ化も決定し、好調の作品。

今回は、かつてアルター王国で起こった災害。

SUBM【三極竜 グローリア】編が描かれました。

WEB版では、過去編やユーゴ編などレイが絡まないエピソードも結構あるんですが、その中でも屈指のお気に入りです。

 

レイ以外のマスターも、それぞれに積み上げて来たものがあるのだ、と。

クラン第2位のバビロニア戦闘団。自分たちがホームにしている街へ災害が迫り、戦い抜いた彼らの姿が、鮮やかでした。

彼らが残した情報が、後の挑戦者たちの勝利につながったというのもにくい演出ですよね。

……そこに至るまでに、数多屍を積み上げて、惨状を生み出している辺り容赦ないですけど。

 

管理AI達の行動を想えば、絶対にこの世界ただのゲームじゃないわけですが。

……ゲームとして考えれば、1度しか登場しないレアエネミー相手にやすやすと共闘出来ないというのも分かるんですよねぇ。

AIにもそれぞれモットーがあって、フィガロをチェシャが焚き付ける場面とか熱くて好きです。

三本の首を持つ強大な竜を相手取って、フィガロが、月夜が、シュウが。それぞれ死力を尽くして戦う展開は必見です。

あの戦いぶり見ると超級凄いというか、大賢者の葛藤も少しは分からなくもないけど……フラグマンはフラグマンで事故案件だからなぁ……


覇逆のドラグーン 落伍竜機士は運命の姫と、暁の極光世界を翔け上がる1

ico_grade6_3

「是非、私達の姫様――いえ、女王になっていただけないかと」

 

年に二度、極光が空を覆う世界。

それは瑞兆とされており、妊婦たちが極光を浴びることで生まれる子ども達も祝福を得ると考えられていた。

しかし、火山の噴火によって空が灰に覆われ、極光の祝福を浴びられなかった世代が居た。

彼らは「祝福されざる者」として、蔑まれる事が多かった。もちろん、血を分けた子をちゃんと愛してくれる親も居たそうですが……

 

全ては、遠い昔の話。

「祝福されざる者」たちが16歳になった年の極光祭で、世界は変貌した。

大人たちが突然「祝福されざる者」を虐殺し始める、という狂気で覆われてしまったのだ。

軍学校に通っていた主人公クロウ達は、混乱の中で殺されかけていた王国の姫を助け……いったい何が起きたのかを、探り始める。

 

今回は完全に序章って感じですねー。これから面白くなっていく感じ。

クロウ達と同じで、何が起きてるのかがわからないまま状況がどんどん進んでいくので、ちょい困惑した。

学友が亡くなったりしている彼らの方が、衝撃は大きかったでしょうけど。

それでもただ逃げるのではなく、少しでも情報を得る為に行動できる彼らは強い。 


後半、明かされた変人の研究成果は、いろんな意味でおっかなかったですけど。

研究の為に許可を得たとはいえ何やってるんだとか。

その結果明らかになった事実も、規模が大きすぎておっかない。

マウスかなんかと思ってるのかよ……是非彼らには、首謀者をぶん殴って欲しい所です。



プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ